FishMasterのロゴ

x1030ka

メバリングで使うならシマノのリール!ポイントは軽さと感度!

メバリングのリール選びに迷ったらシマノの商品にしませんか?シマノのリールはアングラーのスタイルや用途に応じて、満足のいくラインナップが揃っています。メバリングに必要な軽さ、感度、巻き心地、全て欲しいならシマノのリールで決まり!

当サイトおすすめ!
★ メバリングリール人気ランキング ★

ダイワ スピニングリール 16 リーガル 2004H PE付

Amazonで詳細を見る

シマノ リール 17 セドナ C2000S

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 18 ソアレ BB C2000SSPG

Amazonで詳細を見る

基本のメバリングはベイト狙いのメバルを狙ったワームやプラグでの巻きの釣り

出典:visual hunt

日本各地に生息し、海釣りのターゲットとして大人気のメバル。このメバルをルアーで釣ることを「メバリング」と言います。名前の由来となった大きく、くりくりとしたかわいらしい目からも想像できるように、視力がよく警戒心も強い魚です。その反面、甲殻類や小魚などのベイトフィッシュを捕食する獰猛な魚でもあります。大きいものは30センチを超え、引きも格別です。

メバリングの基本は、魚の警戒心が薄れ、積極的にベイトを捕食する夜に、小型のワームやプラグを使った巻きの釣りです。
しかし、最近では日中にメバルを狙うデイメバリングも人気があり、メタルジグやダート系ワームを使ったリアクションの釣り、日本の伝統的な漁法で使われるカブラを使った誘いの釣りも取り込まれ、一言に「メバリング」と言っても様々なアプローチ法があります。

真剣に取り組むと実に奥深いメバリングの世界。使うルアーも繊細に扱うことが多く、タックル選びも慎重に行いたいものです。
そんなタックル選びの中で、今回はリールの選び方とおすすめリールについてご紹介します。

シマノリールの魅力は、巻き上げ力、耐久性、軽さ、キャスタビリティの高さにあり!

出典:visual hunt

シマノスピニングリールの特徴

リールメーカーとして、世界的にも大きなシェアを誇るシマノのリールをご紹介します。自転車メーカーとしても世界的に有名な「シマノ」。金属やカーボンの加工技術、ギアなど回転部品の製造技術により「軽量かつ頑丈な素材」、「高い品質のギアと回転部品」を作るのは得意分野です。だからこそ、安心して使える高品質かつ高性能のリールを作ることができます。
ここでは、そんなシマノ製のリール、今回はメバリングに多用される「スピニングリール」の特徴について書きます。

滑らかな巻き心地と力強い巻き上げ

シマノといったら「ギア」と言うくらい、リール内部のギアに徹底的にこだわっています。プレス力を高めて生成された硬く粘り強い「HAGANEギア(ハガネギア)」、ギアの歯面設計を限界まで細かく仕上げ、ノイズがなくシルキーな巻き心地を実現させる「MICROMODULEギア(マイクロモジュールギア)」、ギアの位置を最適に配置し強靭なギアをかみ合わせリーリングを安定させる「XSHIP(エックスシップ)」、軽量で剛性の高い金属を用いてギアのかみ合わせを外から守る「HAGANEBODY(ハガネボディー)」と、とにかくギアにこだわり、変わらない巻き心地を実現させています。その進化は留まることを知りません。
また、水の浸水により中のギアが痛まないよう「コアプロテクト」や「Xシールド」と言った高い防水機能も備えています。
高いギアの品質があるからこそ実現する巻き心地なのです。

高い耐久性と軽さ

シマノを代表する素材に「CI4+(シーアイフォープラス)」と言う素材があります。これは剛性の高い軽量のカーボン素材であり、耐久性と軽さの両方を兼ねそろえたスペシャルな素材です。シマノの釣り具ではリールにはもちろん、軽さが求められるロッドのリールシートにも使われています。競技用の自転車のパーツとしても採用されており、その軽さと耐久性は折り紙付きです。

アングラーのスタイルに合わせたリールタイプ

シマノのスピニングリールは、中価格帯以上のものから2種類のリールに分類されます。それぞれに特徴があり、アングラーのスタイルに応じて使い分けが可能です。

〇コアソリッドシリーズ
剛性の高いローターを搭載しています。質感のあるシルキーな巻き心地と剛性の高いタイプのリールです。

〇クイックレスポンスシリーズ 
軽量なローターを搭載しています。巻き出しから軽い力で回り、感度の高いタイプのリールです。

あくまで例ですが、自分はガンガン釣りに行くからタフなリールがいい!と言う方はコアソリッドシリーズ、繊細なバイトでも感知して釣りたいという人はクイックレスポンスシリーズ、と言ったように釣り人の好みに合わせてリールのタイプを選ぶことができます。
※コアソリッドシリーズだと繊細なあたりがとれない、クイックレスポンスシリーズだと強度が低いという訳ではありません。

高いキャスタビリティ―(飛距離が出る)

シマノのスピニングリールには低価格帯のものから高価格帯のものまで全てに「AR-Cスプール(エーアールシースプール)」が搭載されています。このスプールは、スプールエッジがキャスティングの時のライン放出の妨げにならない形状をしており、どの機種でも高いキャスタビリティを実現しています。

メバリングには小型かつ軽量のリールがベスト

出典:visual hunt

それでは、メバリングにおけるスピニングリールの選び方についてお話します。使うルアーや狙うエリアによって選び方は異なりますが、いくつかの項目に分けてご紹介します。参照いただければ幸いです。

サイズ(番手)

シマノのスピニングリールのサイズの見方

シマノのスピニングリールのサイズは数字とアルファベットで表してあります。現行で一番小さいものは500番、大きいものは30000番と様々ですが、メバリングで多く用いられるのは1000番から2500番位のものです。リールの大きさは使うラインの細さと巻く長さ、ターゲットとなる魚の大きさ、ロッドとのバランスで選びましょう。小さすぎるとタックルとのバランスや、シーバスやチヌといった不意な大物が来た時に対応ができません。逆に大きすぎると、タックルが重くなり感度・操作性の低下や、ライン放出時の抵抗が大きくなり飛距離の低下につながります

最適なサイズはC2000番

一番多く使われているサイズはC2000番です。Cはコンパクトのことでボディサイズは一つ下の1000番と一緒ですが、ラインキャパシティが2000サイズと同じになります。C2000番であれば、メバリングで使う十分なラインキャパシティと不意な大物に耐えれるドラグ力があります。

ただし、この番手がメバリングにおいて万能なわけではありません。フロロカーボンラインを使用したメバリングの場合、巻き癖がつきトラブルがどうしても起こります。小型のリールの場合そのトラブルが顕著に現れます。そんな時は2500番台に細いフロロカーボンラインを巻くことで巻き癖の間隔が広くなりトラブルを軽減できます。

また、キャロやメタルジグを遠投するための長いロッドを使用する際は、小さいリールだとタックルバランスや、必要なラインキャパシティがとれません。この場合も2000番から2500番のリールをセットすることでバランスがとれ快適にメバリングができます。

他にも、磯場でメバリングをする場合なども、防波堤のメバリングと比べて太めのライン、長めのロッドをセレクトした方が、キャッチ率が上がりますので、併せてリールの番手を上げるとよいでしょう。

ギア比(巻きスピード)

メバリングの基本はゆっくりとした巻きの釣りがメインになります。
巻きスピードにはPG(パワーギア)、標記なし(ノーマルギア)、HG(ハイギア)、XG(エキストラハイギア)があり後者になるほど巻きスピードが速くなります。よって、基本はノーマルギアのもの、もっと繊細にゆっくり誘いたい、という時にはパワーギアを使うとよいでしょう。
 
また、キャロやメタルジグといった遠くに投げたり、素早く動かす釣りには、早い巻き取りができるものが有利です。この時はハイギアのリールをセレクトするとよいでしょう。

ちなみに筆者はメバリングの際には3タックル用意して出かけます。ジグヘッド用ロッドとプラグ用ロッドにそれぞれフロロカーボンを巻いた2500番のノーマルギアリール、キャロ・ジグ用ロッドにPEラインを巻いたC3000のハイギアリールを付けています。トラブルもなく快適にメバリングができていますので、ご参考程度に紹介します。

メバリングに最適なシマノリール6選!高品質揃いです!

さて、最後にシマノリールの中でメバリングにおすすめのリールをいくつか紹介します。
メバリングは小さなワームやプラグを扱うことが多い釣りです。そのようなルアーを水流の変化を感じながら釣るためには、シマノの「クイックレスポンスス」シリーズが、巻きの軽さや水中の変化の感知のしやすさから、大きなアドバンテージを得ることができます。

今回はエントリーモデルから中価格以上のクイックレスポンスシリーズを中心にご紹介します。

ナスキー

シマノスピニングリールのエントリーモデル代表格。
どんな釣りもまず「ナスキー」からと言うくらい豊富な番手が揃っています。
価格は1万円台前半ながらも、「Xシップ」とシマノの最先端のギア「ハガネギア」が搭載されており、タフな使用にも耐えれる耐久性と「コアプロテクト」により高い耐水性も持ち合わせています。
高いリールは予算的に厳しい…学生でお金がないけどメバリングにチャレンジしたい!そんな方はもちろん、よく釣りに行く人でも、シマノの高い技術を用いて作られたこのリールは「本当にエントリー機種?」と言う品質を誇ります。

シマノ ナスキー C2000S

ギア比:5.0~6.2
サイズ:500、1000、C2000S、C2000SHG 他8種

Amazonで詳細を見る

ソアレBB

シマノのライトゲーム専用機「ソアレシリーズ」のエントリーモデルである「ソアレBB」。
エントリー機種ながらもボディーには軽量かつ耐久性の高い「CI4+」を採用しており、ライトなロッドに装着してもバランスも完璧。また、エントリーモデルながら軽量で巻きの軽さを実現した「クイックレスポンス」シリーズに属しているリールです。
ライトゲーム専用機と言うこともあり、ラインナップも1万円台で、メバリングにばっちり対応する番手が揃います。

シマノ ソアレBB C2000SSPG

ギア比:4.3、6.0
サイズ:C2000PGSS,2000HG

Amazonで詳細を見る

ヴァンフォード

シマノのMGLシリーズの中価格帯のリールで、実用的な番手が全てラインナップされた最強の中核リールです。
特筆すべきは、MGLシリーズの代名詞であるMGLローターを搭載しているところです。
従来の巻き出しの軽さをはるかに超えた巻きの軽さは、軽量なルアーを扱うメバリングに置いてアドバンテージしかありません。
価格は2万円台ながら、フラッグシップモデルにも迫るその性能は、購入して後悔することはありません。

シマノ ヴァンフォード 2000S

ギア比:5.1
実用ドラグ力(kg):2.0 / 最大ドラグ力(kg):3.0
自重(g):150
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69
糸巻量:ナイロン(lb-m) 3-125、4-100、5-75 / フロロ(lb-m) 3-110、4-85、5-65 / pe(号-m) 0.6-150、0.8-110、1-80

Amazonで詳細を見る

コンプレックスXR

シマノのコンプレックスといえば、バスフィッシング専用機として認知されているのでメバリングのおすすめとしては疑問に思うかもしれません。
しかし、2021年にデビューしたコンプレックスXRはソルトゲームOKなので、メバリングなどのライトゲームでも大きな戦力になります。

C2000サイズには細糸の強度を極限まで引き出すハイレスポンスドラグが採用されているので、性能としてもメバリングにピッタリです。

シマノ コンプレックスXR C2000 F4

ギア比:5.1
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
自重(g):155
ナイロン糸巻量(lb-m):4-110、5-90、6-70 / フロロ糸巻量(lb-m):3-130、4-100、5-80 / PE糸巻量(号-m):0.6-180、0.8-110、1-90

Amazonで詳細を見る

ソアレCI4+

シマノのライトゲーム専用機「ソアレ」シリーズのフラッグシップモデルで価格は3万円前半。
しかし価格以上の性能を持つことを保証します。
2017年にモデルチェンジし、「MGLローター」、「ハガネギア」等、シマノの最先端技術を惜しみなく注ぎ込まれています。
番手はもちろんメバリングにジャストフィットのラインナップばかり。
尺を超える大型のメバルやアジはもちろん、不意にヒットした大物にも安心してやり取りができる「リジットサポートドラグ」を搭載しており、メバリングを代表するライトゲームでの使用に、全く死角はありません。

シマノ ソアレCI4+ C2000SS

ギア比:4.3~6.0
サイズ:500S、C2000SSPG、2000SHG

Amazonで詳細を見る

ヴァンキッシュ

シマノの「クイックレスポンス」シリーズのフラッグシップモデルです。
最高峰のフラッグシップですので、シマノの持つ最高の技術全てが凝縮されています。
先に紹介した技術は当然組み込まれており、さらに巻き心地や繊細に水中を感知できるよう「マイクロモジュールギアⅡ」を搭載、死角は全くありません。
使うと今まで感知できなかった水中の状況、流れの変化、魚の動きすら感知でき「釣りが上手くなった」と錯覚させるほどの高性能です。
一度手にしたら後戻りできない、手放すことができない最高のリールです。

シマノ ヴァンキッシュ C2000SHG

ギア比:6.1
自重(g):145
実用ドラグ力(kg):2.0 / 最大ドラグ力(kg):3.0
ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75 / フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65 / PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82

Amazonで詳細を見る

まとめ

出典:visual hunt

今回は、メバリングに最適なシマノのリールをご紹介いたしました。
今回ご紹介したリール以外にも、シマノにはアングラーのスタイルによってメバリングに最適なリールは他にもあります。自分に合ったリールを見つけることができれば、メバルの釣果アップにつながること間違いなしです!自分のスタイルに合うリールを見つけて、メバリングを楽しんでください!

当サイトおすすめ!
★ メバリングリール人気ランキング ★

ダイワ スピニングリール 16 リーガル 2004H PE付

Amazonで詳細を見る

シマノ リール 17 セドナ C2000S

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 18 ソアレ BB C2000SSPG

Amazonで詳細を見る

関連記事