FishMasterのロゴ

x1030ka

チニングのジグヘッドは釣り方と食性に合わせて選ぶのがコツ!

チニングに使うジグヘッドの特徴は、重りと針が一体化し、ワームを使った釣りができるところです。自分の釣り方に合わせて、重さと形を選びましょう。おすすめのジグヘッドもご紹介します!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

チニングで使うジグヘッドは重りと針が一体化している!

記事1059の画像49188

出典:visual hunt

ジグヘッドは重りと針が一体化したもので、ワームを刺して使うことを前提としています。

糸を結ぶ部分を「アイ」、重りが進行方向についている場合、その部分を「ヘッド」と言います。

バス釣りやアジング、メバリングをしたことのある方ならジグヘッドなじみ深いものだと思います。釣具店に行くと数えきれないほどのジグヘッドが並べられていて、「何が違うんだろう?」と思うほどです。

チニングに最適なジグヘッドを選ぶため、必要な特徴をピックアップします。

軸が太く、針先は鋭いものを選ぼう!

チヌは甲殻類や貝類など、その強靭な顎の力と硬い歯で噛み砕いて食べます。また、タイの仲間なので引きも強いです。アジやメバル用のジグヘッドでは、バイトがあってもフックを潰されたり、伸ばされることもあり、最悪の場合、折られてしまい全く歯が立ちません。また、口元が硬いため、食い込んだバイトがあってもフッキングできないことがあります。

そのためフックの軸は太く頑丈なもの、針先は鋭く掛かりの良いものを選びましょう。

根がかりしにくい形状のもの(スナッグレス性能が高いもの)を選ぼう!

ジグヘッドを用いたチニングでは、チヌが小魚を偏食している場合を除き、基本的にはボトムをズルズルと引いて、チヌが好んで捕食する甲殻類や貝類、小型のハゼなどをイメージし狙います。ポイントはそういう生き物の多い、ゴロゴロとした岩や捨て石、ブロックなどが多いエリアになり、必然的に根がかりが多くなります。

ボトムを狙うチニングでは、根がかりにくいスナッグレス性能の高いものを選びましょう。

ジグヘッドは多種多様!

出典:visual hunt

ジグヘッドの形状は様々で、丸いものや聖型のもの、魚の頭を模したものもあります。チニングで用いるジグヘッドも、用途に応じて使い分けましょう。

ラウンド型

ジグヘッドの中でもオーソドックスな丸いヘッド形状のものです。巻いて使うリトリーブの釣り、リフトアンドフォールなどアクションを加える釣り等オールラウンドに対応します。

欠点としては「根がかりしやすい」ことです。丸いヘッド形状なのでボトムで放置すると、フックが横に倒れて障害物に引っ掛かりやすくなります。チヌがベイトフィッシュに反応している時に、巻いて釣る場合には問題なく使えますが、ボトムをズル引くことをメインとした釣り方には不向きです。

フットボール型

ヘッド部分がフットボール形状のジグヘッドです。ボトムで倒れることを抑える形状をしおり、根がかりを軽減できるため、ボトムでのチニングにおいては最もオーソドックスな形状です。また、リトリーブの釣りにも対応するので、ジグヘッドのチニングをするにあたってはまずこちらの形状から入るのが無難です。ただし、ジグヘッドの構造上、針先はむき出しになっているので、完全に根がかりを回避できるわけではありません。

カツイチデコイタンクヘッドSV-324-1/8

Amazonで詳細を見る

ダート型

ヘッド形状は聖型、正面から見ると三角形の形状をしているジグヘッドです。ワームを装着し、ロッドをあおることで左右へ動く「ダートアクション」を出すことができます。このアクションは反射的に魚に口を使わせる「リアクションバイト」を誘発することができ、日中に食い気のない魚や、ベイトフィッシュを捕食している時に有効です。アジやメバル、カサゴなど釣る時にも使われますが、日中のチヌにも効果的です。
ただし、巻く釣りには安定したアクションはさせづらく、ボトムのズル引きには適しません。

カツイチ(KATSUICHI)SV-51デルタマジック

Amazonで詳細を見る

ラバージグ型

バス釣りをされる方なら馴染み深いかと思います。ジグヘッドに細いラバーが巻き付けられたルアーです。一つのルアーという分類がされており「ジグヘッド」と言う分類に入れるのはいささか疑問ですが、形状としてはジグヘッドですのでご紹介いたします。
装着されたラバーがアピールと根がかり回避に役立っています。ボトムを釣るチニングにおいて、各メーカーからリリースされておりチニングに有効であることが証明されています。

カツイチフラッシュボム5gSV-40レッドタンク

Amazonで詳細を見る

その他

ジグヘッドを使ったチニングは先述した通り、ボトムを集中的に狙うので根がかりはつきものです。それを少しでも軽減しようと、各メーカーから様々なジグヘッドがリリースされています。盾形のもの、キューブ形状のもの、オフセットフックを用いたものなど統一して紹介できないのが残念です。後述する「おすすめジグヘッド」の中でいくつか紹介できればと思います。

スミス(SMITHLTD)エーアールリグ7gブラック01

Amazonで詳細を見る

ジグヘッド選びは場所と食性に合わせて

出典:visual hunt

さて、先にジグヘッドの種類についてご紹介しましたが、どのように選んだらよいのか、ウエイトを中心にお話します。

ボトムを狙って釣る場合

ジグヘッドとワームを使ったチニングは甲殻類等をイメージしてボトムをズルびくのが基本です。よって、ボトムを釣る場合、底に着いたのがわかる、巻いても底をキープできる、と言うのが必須事項です。

産卵が終わり浅瀬にチヌが入る6月から9月までがこの釣りが有効になるシーズンです。狙うエリアは1メートルから深くても5メートルくらいのエリアがメインとなるかと思います。ジグヘッドは軽すぎると底をとれませんし、重すぎると根がかりしますし、ワームが不自然な動きをしてしまい魚が警戒する原因になります。

主に3.5gから7g、10gジグヘッドまで用意すれば十分です。浅く、流れも緩やかな場所では軽いもの、少し水深があり流れが速い場所では重いものを使いましょう。底を切らないで、底の質(ゴロタ石だ、岩がところどころある)などが感知できるぎりぎりのウエイトがワームも自然に動きベストな状態です。まずは5gくらいのものを使い、底がとれない場合は重く、底に当たりすぎて引っ掛かりが激しい場合は軽くするなど、状況に応じてウエイトの調整をしましょう。

小魚を偏食している場合

浅瀬にチヌはいるのにボトムを引いても反応がない、小魚が回遊している時にチヌが追いかけまわしている、そんな時有効になるのが、巻きやダート系のジグヘッドを用いた釣りになります。

こちらも水深や流れにより様々ですが、巻きの場合はラウンド、フットボール型の1.5gから5g程度、ダート系であれば3gから7g程度のものがあれば、大抵のパターンは攻略できます。巻きに関しては一定のレンジをキープすることができる重さ、ダート系に関しては、リアクションを求めるため、少し重めのものかよいでしょう。

おすすめジグヘッド6選

出典:visual hunt

さて、チニングのジグヘッドについてお話してきましたが、次は各メーカーさんからリリースされているおすすめジグヘッドをご紹介します。

アルカジックジャパン BM.Contact(ビーエム・コンタクト)

フットボール形状のジグヘッド。アルカジックジャパンさんはBMシリーズ(Bottom&Bream 「底」と「チヌ」の意味)から数種類のチニング用ジグヘッドをリリースしており、ジグヘッドのチニングを行うには充実のラインナップです。このジグヘッドはベーシックなフットボール形状をしており、底の釣りから巻く釣りまで対応ができ、ボトムパンピングやシェイキングと言った小技も利かせることができるスグレモノです。

ArukazikJapan(アルカジックジャパン)BM.コンタクト3.5g-#2

ウエイト:1.5g、2g、2.5g、3.5g、5g、7g、10g、14g

Amazonで詳細を見る

ジャズ 尺ヘッドDtype

ダート型のジグヘッドです。立ち上がりが良く効率よくリアクションバイトをとることができます。針先も鋭く、ウエイトの種類ん豊富なうえに価格もリーズナブルです。バックに忍ばせておけば役立つこと間違いなしのジグヘッドです。

JAZZ(ジャズ)尺ヘッドDXマイクロバーブDタイプ5g#44ケ入り

ウエイト:1.5g、2g、3g、4g、5g、7g、10g

Amazonで詳細を見る

アルカジックジャパン BM.Keel(ビーエム・キール)

BMシリーズから、ボトムチニング特化型のジグヘッド。フックの中央部に付けられた扇形のウエイトはボトムでのスナッグレス性能も高く、ウィードエリアでも安心して使用ができます。また、アイにワームキーパーがあり、ボトムの状況に応じて、根がかりを軽減するため針先を隠せるオフセット、フッキングを重視し針先を出すジグヘッド方式の2パターンのセッティングができます。

ArukazikJapan(アルカジックジャパン)BM.キール3.5g#1

ウエイト:1.5g、2g、2.5g、3.5g、5g、7g

Amazonで詳細を見る

アルカジックジャパン BM.Cube(ビーエム・キューブ)

BMキールの兄弟分、ウエイトの形状がキューブ型で、BMキールでも引っ掛かってしまうような荒い底質でも倒れることない高いスナッグレス性能を持っています。アルカジックジャパンのジグヘッドを使い分けることで釣果倍増間違いなし!

ArukazikJapan(アルカジックジャパン)BM.キューブ7.0g#1/0

ウエイト:1.5g、2g、2.5g、3.5g、5g、7g

Amazonで詳細を見る

シマノ ネガカリノタテ

シマノが作ったラバージグタイプのチニング専用ルアー。盾状のウエイトにラバーとシングルフックがセットされており、専用のトレーラーと合わせて使うことで、根がかり回避とアピールアップが可能です。ウエイトとフックが一体ではないのでアクション時はジョイントルアーのような艶めかしいアクションが出ます。

シマノ(SHIMANO)メタルジグチニングクロダイルアーブレニアスネガカリノタテ7gOL-207R01Tラメラメパープル

ウエイト:5g、7g、10g、13g、16g
カラー:全10色

Amazonで詳細を見る

ジャッカル チビチヌヘッド

バス釣りで有名なジャッカルからもチニングルアーがリリースされています。盾状のシンカーにシングルフックがセットされており、高いスナッグレス性能に高いフッキング性能と相反する性能が詰め込まれたルアー。カラーも豊富で価格もお手頃。根がかりの多いこの釣りにとって強い味方。

JACKALL(ジャッカル)ジグヘッドチビチヌヘッド7.0gシャッキリコーン.

ウエイト:2g、3.5g、5g、7g、10g、14g
カラー:全6色

Amazonで詳細を見る

まとめ

出典:visual hunt

今回は、チニングに使うジグヘッドについてご紹介いたしました。形や重さが様々なジグヘッドですが、状況に応じて使い分ければ、きっとチヌを攻略できるはずです。この記事が釣果をあげる手助けとなれば幸いです!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

関連記事