FishMasterのロゴ

nuri

エギングで風が強い時はどうする!?もたらす影響と対処法を紹介!

エギングをしようと思ったら風が強くてうまくコントロールができない!今回はそんなときに知っておきたい対処法を6つ紹介します。風が強い時ほど釣り人が少ないので釣果が出るかもしれません。色んな状況でエギングをもっと楽しんでみましょう!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

エギングは風速5m前後あると釣りにくくなる

記事1227の画像111064

出典:visualhunt

エギングはPEラインと10~25g前後のエギを用いて釣るため、風が強い場合、うまくコントロールできず諦めてしまう釣り人が多いです。特にPEラインは釣りのラインに使われる他の素材と比べて比重が軽く、水に浮くため、風に流されやすいです。また、エギもミノーやメタルジグなどのハードルアーと比べると軽めなので潮に流されやすく、風が強い日は底を取りにくくなります。

多くの釣り人がエギングしにくいなと感じる風速は5m前後といわれています。その日の風の状況を見てエギングに出かけるか決める人も多いです。しかし、せっかくの休みの日にエギングに行こうとして風が強いということもよくあります。その場合は風の強い日はエギングをしている人が少ないとポジティブに捉えましょう。風の強い日のエギングを攻略していればイカの釣果をより上げることが期待できます。

風がエギングにもたらす影響3つ

風が強いときにエギングをするとどのようなトラブルが起きるのでしょうか。ここではその影響を3つ解説します。

1.糸ふけが起きる

出典:photo-ac

一番気にしないといけないのが糸ふけです。PEラインは風に流されやすく、糸ふけが起きやすいです。通常、エギングはキャスティングした後、糸ふけを取ってエギが着底したのを確認してからアクションをかけていきます。しかし、風が強いと着底するまでの間にPEラインが風に流されてしまい糸ふけが発生し、着底の感覚が取れなかったり、エギのアクションの感覚を掴みにくくなってしまいます。また、イカのアタリを感じることができず、釣果が落ちてしまうこともあります。

2.エギのアクションが伝わりにくい

風が強いときは潮の流れも速くなっています。糸ふけと潮の流れに伴ってエギが水中でどのように動いているか把握しにくく、イカにちゃんとアピールできているのかがわかりません。慣れている人はいつも通りアクションさせれば良いですが、初心者の場合は知らない間に表層でエギをシャクっていたということもあります。

3.フォール時にエギが流されやすい

エギは最もよく使われる3号で15g、秋口によく使用される2.5号で10gとなっており、潮の流れがある場所でエギングをする際、流されてしまうことが多いです。特にフォール時にエギが流されてしまうと不自然な動きをしてしまい、イカに違和感を与え釣果が出ないということがあります。

風があるときの対処法6つ

風があるときのエギングはコントロールが難しいことを解説しました。ここからは対処法を6つ紹介します。是非諦めずに色々試してみましょう!

1.風の影響が少ないポイントを探す

出典:photo-ac

まず一番最初にやってほしいのが、風の影響が少ないポイントを探すことです。エギングは風のない環境でやるのが一番良いです。内湾になっているポイントなどを探して風の少ない場所を見つけましょう。また、風向きも重要で、向かい風や横風よりは、追い風になる場所がおすすめです。どこにいっても風が強い場合は追い風になる場所で釣りましょう。

2.重めのエギを使う

出典:photo-ac

風の強い場所で軽めのエギを使うと流されてしまいますので、1サイズ上のエギや、同じ号数でも重めのエギを使ってみましょう。アクションは悪くなりますが、エギに専用のオモリを付けて釣るのも良いでしょう。

底を確実に取りたいときに!ヤマシタ エギ王QLIVEサーチディープ

通常の3.5号は20g前後ですが、こちらの商品は22.5gと少し重めになっています。
潮の流れのはやい場所でもある程度安定して使うことができるのでおすすめです。
価格は1,000円前後となります。

ヤマシタ エギ王Q LIVEサーチ ディープ 22.5g 3.5号 B02BPK

重量:22.5g
サイズ:3.5号
全長(針ヌキ):105mm
カラー:B02 BPK
フォールスピード:1.8~2.2秒/m

Amazonで詳細を見る

手持ちのエギに簡単装着!ダイワ 仮面シンカー

エギのヘッド部分に装着するだけで重さを追加できるエギ専用のシンカーです。
2gと軽いタイプから20g前後まで揃っているため状況に応じて使い分けることができます。
7gタイプで価格は450円前後となります。

ダイワ 仮面シンカー

サイズ:7g
入数:2

Amazonで詳細を見る

3.長めのロッドを使う

糸ふけを極力なくすため、風の強い場所でのエギングは長めのロッドを使いましょう。ロッドの穂先が水面ギリギリまで伸びる長さがおすすめです。釣り場も足場が高い場所ではなく、ロッドの長さに合わせた場所を選ぶのもポイントです。

8.6ftの万能ロッド!ダイワ エメラルダス86M

8.6ftと少し長めのエギングロッドは、足場の高い堤防で糸ふけを出さずに使いたいときにおすすめです。エギも2.5~4号と春から秋までどのシーズンでも使うことができる万能タイプを選びましょう。価格は16,000円前後となります。

ダイワ(DAIWA)エギングロッドスピニングエメラルダス86M・Vエギング釣り竿

長さ:8.6ft
重さ:108g
硬さ:M
エギサイズ:2.5~4号
PEライン:0.5~1.2号

Amazonで詳細を見る

4.大きくゆっくりアクションをかける

風が強いときは水中でのアクションが捉えにくくなります。通常エギングは強く早く2~3回しゃくりますが、風が強い時はできる限り大きく、ゆっくり動かしましょう。そうすることでエギの動きをしっかりと捉えることができます。

5.フォール時に糸ふけを取る

エギをしゃくった後のフォール時は基本ロッドを数秒休ませるのですが、風の強い時はフォール時に余分な糸を巻くのがおすすめです。糸を巻かないとすぐに糸ふけが出てしまいます。ロッドの穂先を水面ギリギリまで近づけて余分な糸を巻きながら着底するのを待ちましょう。

6.ナイロンやフロロをメインラインにする

通常はPEラインをメインに、ショックリーダーとしてナイロンやフロロカーボンを使いますが、風の強い時は水に沈む比重のナイロンとフロロカーボンをメインラインに使うという方法もあります。PEラインと比べて糸ふけが発生しにくいためエギの扱いやすさとアタリの感じやすさが向上します。PEラインの扱いに慣れていない方には特におすすめです。

色々使えるナイロンライン!ヤマトヨテグス ビギ2

糸グセが付きにくいルアー専用のナイロンラインです。600mと長いので他の釣りと兼用で使用することができます。価格は900円前後となります。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ナイロンラインビギ2600m2号8lbパールブルー

サイズ:2号
長さ:600m
カラー:パールブルー

Amazonで詳細を見る

使いやすいフロロカーボン!クレハ フロロマイスター

こちらもルアー専用のフロロカーボンラインとなります。80m毎にマーキングがついているため糸の出具合も把握しやすくおすすめです。価格は1,000円前後となります。

クレハ(KUREHA)ラインフロロマイスター320m12lb

太さ:3号
長さ:320m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

風が強くてもエギングは楽しめる!

記事1227の画像111184

出典:visualhunt

今回は風がエギングにもたらす影響と、風が強い時にエギングをやる場合の対処法6つを紹介しました。まずは風が少ないポイントを探してみて、ない場合は追い風になる場所を選びながら、長めのロッドで水面ギリギリに穂先をつけて釣りましょう。エギが扱いにくい場合は専用のオモリを付けながらゆっくり大きくアクションをかけ、フォール時に糸ふけを取るのがポイントです。PEラインが扱いにくい場合は、思い切ってナイロンやフロロカーボンをメインラインに使いましょう。風が強い時でも工夫すればエギングを楽しむことができます。対処法を覚えてもっと釣りを楽しみましょう!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

関連記事