FishMasterのロゴ

forum8

堤防釣りにおすすめの竿を紹介!サビキ釣りからルアーロッドまで

堤防ではサビキ釣り、ちょい投げ釣り、ルアーフィシングなど様々な釣り方で、実に多様な魚を狙うことができます。今回はその堤防釣りにおすすめの竿を、リーズナブルで汎用性の高いはじめての釣りにも使えるモデルを中心に紹介します。

誰でも気軽に楽しめる堤防釣り

記事1312の画像93703

出典:Pexels

堤防釣りとは、港や防波堤などで行う海釣りのことです。比較的安全で、気軽な装備やタックルでもできることから、ファミリーの釣りやはじめて釣りに挑戦する方にも人気があります。

堤防では様々な釣り方ができますが、主にサビキ釣り、ちょい投げ釣り、ルアーフィッシングなどが代表的です。

「サビキ釣り」餌付け不要、投げ不要、初心者にも!

記事1312の画像93715

出典:Pexels

コマセで魚を誘うサビキ釣り

サビキ釣りとは、針とハリス、オモリの仕掛けに加えて、コマセカゴというコマセ(撒き餌)を入れるカゴを付けて行う釣りのことです。コマセカゴの中にオキアミなどのコマセを入れ、撒き餌によって魚を集め、サビキ針という疑似餌のついた針で魚を釣り上げます。

基本的に針への餌付けが不要なので、虫を触るのが嫌な方でもできて男女問わず人気です。また、すぐ足元でも釣れるので遠投も必要なく技術もいりません。それでいて、釣れる魚はサバやアジ、チカ、メバル、イワシ、カサゴなどたくさんの美味しい魚を釣ることができます。初心者にとって最適と言える釣りの1つです。

サビキ釣りにおすすめの竿

サビキ釣りは、重たいオモリを使うわけではありませんし、繊細な操作が必要なわけでもありませんので、やろうと思えばどんな竿でも可能です。

ただ、サビキ釣りに向いていない扱いづらい竿を使うと、重くて疲れたり、釣った感触も鈍かったりと釣りの楽しさを半減させてしまいます。ですので、できればサビキ釣りに最適な竿を使いましょう。

あくまで基準ですが、このような竿がおすすめです。

  • 磯竿
  • 長さ:1.6m〜5m
  • 錘負荷:5号〜15号

サビキ釣り専門という竿はありません。主に磯竿という軽量で扱いやすいものが竿が使われるのが一般的です。

長さは1.6mから5mくらいまでのものを自分の好みで選びましょう。短い竿は軽くて扱いやすいので女性と子供にもおすすめです。しかし、遠くまで狙うことができなくなりますし、長い仕掛けを使った時に扱いづらくなるデメリットがあります。逆に長い竿は広い範囲を探りやすく釣果が期待できますが、その分重くなるので疲れやすくなります。3m〜4mくらいが万能に使いやすいのでおすすめです。

錘負荷は5号〜15号くらいのものだとアタリを感じやすく、また、ちょい投げ釣りとの併用も可能ですのでおすすめです。

サビキ釣りにおすすめの竿3選

1.格安のコンパクトロッド!初心者・女性・子供におすすめ

約2000円という格安価格で、非常にコンパクトに収納できるお手軽なコンパクトロッドです。サビキ釣りの他、ちょい投げ釣りにも使えるので、はじめて購入する竿としても最適な一本と言えるでしょう。

慣れない内は長いと逆に扱いづらく、扱いを間違って破損させる可能も高いので格安モデルでも十分です。最低限の機能は十分に持っているで安心して使ってください。

初心者用釣り入門ロッド釣り具投げ投げ竿サビキ釣竿メバルファミリーフィッシングお子様用にも簡単な操作

メーカー:PiDiEn
全長:2.1m、2.3m
仕舞寸法:37cm
自重:176g

Amazonで詳細を見る

2.安心のシマノ製!サビキ釣りに最適なエントリーモデル

国内最大手の釣り具メーカーシマノから一本おすすめを紹介します。シマノの磯竿のラインナップでエントリーモデルとして位置づけられるホリデーは、そのリーズナブルな価格とは思えない高品質で、高い性能を持っているのでおすすめです。

シマノ(SHIMANO)磯竿17ホリデー磯3号300サビキ釣り

メーカー:シマノ
全長:3.0m
仕舞寸法:85cm
錘負荷:10号〜15号
適合ハリス:2〜5号
自重:115g

Amazonで詳細を見る

3.信頼のダイワ製!長めでサビキ釣りにピッタリの磯竿

シマノと並ぶ大手釣具メーカーダイワからも一本紹介します。リバティクラブはダイワのエントリーモデルの竿です。
4m強の長さはサビキ釣りで高い釣果を狙いたいなら最適なサイズです。リーズナブルな価格とは思えない軽量設計となっているのでコスパの高さは最高です。サビキ釣り入門のための1本と言っても過言ではないでしょう。

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングリバティクラブ磯風2-45・K釣り竿

メーカー:ダイワ
全長:4.46m
錘負荷:2〜6号
仕舞寸法:1.01m
適合ハリス:2〜5号
自重:172g

Amazonで詳細を見る

様々な魚を狙える「ちょい投げ釣り」

記事1312の画像93706

出典:Foter

本格的な遠投はしない簡単な投げ釣り

ちょい投げ釣りとは、投げ釣りほど大きなオモリを使わず、気軽なタックルでそこそこの遠投で楽しむ釣りです。投げ釣り入門としても最適な釣り方と言えるでしょう。また、竿も様々なタイプで代用ができ、サビキ釣りでも使える磯竿、ルアーロッドでもちょ投げ釣りにはピッタリです。

そんな気軽にできるちょい投げ釣りですが、釣れる魚はたくさんいます。投げ釣りでお馴染みのキスやカレイも十分狙えますし、ハゼやメバル、カサゴ、アイナメなど実に多様な魚が釣れてくれます。

投げ釣りにおすすめの竿スペック

ちょい投げ釣りは飛ばしても50mくらいの遠投ですので、投げ釣り用の竿まで使うと、スペックオーバーで持て余してしまいますし、アタリも感じづらくなるので、ライトなスペックの竿が使われます。

基準となる長さを錘負荷は以下のとおりです。

  • 長さ:1.6m〜3m
  • 錘負荷:5号〜15号

使われる竿の種類に決まりはなく、磯竿の遠投モデルや、ライトゲーム用のルアーロッドなどは万能に使えるのでちょい投げに最適です。長さは1.6mくらいの短いものから長くても3mもあれば十分なスペックとなります。扱うオモリは5号から15号くらいで、それ以上になると投げ釣りの領域に入ってくるので重くても15号くらいが扱いやすくておすすめです。

ちょい投げ釣りにおすすめの竿3選

1.何にでも使える万能竿!ちょい投げに最適

このモデルは、船の小物から堤防の釣りまでのあらゆる釣りが可能な万能竿というコンセプトで作られています。ちょい投げ釣りにとっても最適なスペックを持っていて、何より品質の高いシマノ製で約6,000円というコスパの高さが魅力です。

シマノ(SHIMANO)スピニング/ベイト兼用ロッド17ホリデーパック(防波堤船)10210T

メーカー:シマノ
全長:2.1m
仕舞寸法:44.5cm
自重:130g
錘負荷:5〜20号

Amazonで詳細を見る

2.遠投性能も高い万能竿

上記のシマノ ホリデーパックのワンサイズ長く、錘負荷もワンランク上のモデルです。より重いオモリを扱えるので、「遠くまで飛ばしたい」「いずれは本格的な投げ釣りをしたい」という人におすすめです。

シマノ(SHIMANO)スピニング/ベイト兼用ロッド17ホリデーパック(防波堤船)20240T

メーカー:シマノ
全長:2.4m
仕舞寸法:44.5cm
自重:150g
錘負荷:15〜30号

Amazonで詳細を見る

3.ルアーからちょい投げまで!ワンランク上の高性能ロッド

操作性と感度が抜群で、ルアーを使ってもよし、天秤を投げてもよしの高性能モデルです。オールインワンタックルで、リールや道糸も付属しています。
ちょい投げだけでなく、ルアーにも挑戦してみたい人にとっては最適なモデルでしょう。

ダイワ DV1

ロッド全長(m):2.60
ロッド仕舞(cm):66
ロッド自重(g):135
ロッド適合ライン(号/lb):1.5~3/6~12
リール標準糸巻量(号-m):ナイロン 2-150
バッグサイズ(cm):長さ 70×幅 13.5×高さ 13.5

Amazonで詳細を見る

一度やれば病みつき!「ルアーフィッシング」

記事1312の画像93707

出典:Stockvault

ゲーム性が高いルアー・フィッシング

ルアーフィッシングとは、餌を使わずルアーという疑似餌を使う釣りのことです。金属製のジグ、魚を模したミノー、柔らかい素材で虫を模したワームなど様々なルアーを使います。

ロッド操作によってルアーにアクションを与え、ルアーをまるで生きている餌や小魚のように魅せるルアーフィッシングは、餌釣りにはないゲーム性の高さが魅力です。また、ルアーやアクションを変更することで様々な魚を釣ることができるのも魅力で、堤防からでもワラサなどの大物青物を狙うことも可能ですし、アジやメバル、サバなどのゲーム性の高い釣りを楽しむこともできます。

ルアーフィッシングでおすすめの竿スペック

記事1312の画像93720

出典:Foter

ルアーロッドは狙う魚によって扱うルアーや必要な強度が違いますので、かなり細分化されてモデルが発売されています。ですので、狙う魚によって竿も選ぶのが最適です。

ですが、初心者の方など狙う魚を決めるのも難しいですし、色々なことに挑戦したいですよね。ですので今回は堤防で万能に使えるルアーロッドを紹介します。

  • エギングロッドもしくはシーバスロッド
  • 長さ:2.4m〜2.7m(8ft〜9ft)
  • 適応ルアー重量:7g〜40g

万能なルアーロッドと言われるのは、エギングロッドやシーバスロッドです。長さや適応ルアー重量などもちょうどいいので汎用性が高いです。2.4m〜2.7m、適応ルアー重量7g〜35gくらいが堤防では使いやすいスペックです。

ただ、アジやメバル狙いの場合は、大きくスペックが異なります。軽量のルアーを使いアタリも繊細ですので、これだけは専用の竿を使うことをおすすめします。

おすすめのルアーロッド3選

1.汎用性の高い万能ルアーロッド

あらゆる釣りを目的に作られた万能竿です。
ベースはルアーロッドですが、ちょい投げ釣りやサビキ釣りでも使いやすく様々なことに使えるので、初心者の方にもおすすめです。

エントリーモデルの万能竿ですが、その性能は高くてシーバスや青物などの大物を釣りあげることもできます。

ダイワ CROSSBEAT SW 907TM

継数(本): 7
対応ルアー重量: 7~35g (エギサイズ: 2.5~4.0号)
対応ライン(: lb) 8~16/ PE(号) 0.6~1.5

Amazonで詳細を見る

2.万能に使えるエギングロッド

格安のエントリーモデルルアーロッドで、万能な性能を持つエギングロッドですので、レベルと問わずおすすめのモデルです。胴調子で大物にも対応可能で遠投もしやく、これ一本であらゆるターゲットを狙っていけます。

プロマリン(PROMARINE)CBモバイルマスター906ML

メーカー:プロマリン
全長:2.7m
仕舞寸法:52cm
自重:144g
適応ルアー重量:7〜35g
適応ライン:8〜16lb

Amazonで詳細を見る

3.アジやメバル狙いにはこれ!コスパの高いアジングロッド

アジやメバル狙いの場合は、軽量のルアーを扱える専用の竿を使うのをおすすめします。操作性が高く扱いやすいのでアジングメバリング入門には最適です。また、ライトゲームの小物狙いなら十分使えるので、ルアーフィッシング初心者にもおすすめです。

メジャークラフト NEWソルパラ SPX-T732L

推奨ルアー (g):0.5-7
ライン (lb)1-6 ライン(PE) 0.2-0.6
アクション:ファースト

Amazonで詳細を見る

堤防はどんな釣りも気軽に楽しめる!

記事1312の画像93716

出典:Visual Hunt

堤防釣りの魅力はなんと言っても気軽に楽しめることです。本格的な装備やタックルも必要なく、美味しい魚が釣れる堤防は初心者にもピッタリで、レベルを問わず楽しめます。

今回紹介した竿は、リーズナブルでコスパが高いものばかりです。おすすめの竿は釣果が期待できるだけでなく、何より釣りをより一層楽しくさせてくれますので、是非今回紹介した竿を持って、様々な楽しみが広がっている堤防に行きましょう!

関連記事