FishMasterのロゴ

pokoni

アジングの飛距離は出しにくい!適切な飛距離と出す秘訣を伝授

大人気のアジング、手軽に行えて身近なターゲットであるアジを狙った釣り方ですが、軽いジグヘッドを使うことが多く、飛距離に悩ませられる方もおおいです。
実際にどれくらい飛ばせばいいか、どうすれば飛距離を稼げるかを解説していきます。

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

アジングの飛距離は出しにくい!飛距離が出せれば探れる範囲も広がる!

出典:foter

アジングの飛距離はどれくらい出せるのが理想か。
これが一番の悩み所でもありますね、おそらくはなんとなく飛距離を稼いでおきたいという気持ちがあると思います。
たしかに遠く遠くへジグヘッドを送り届ける方が探れる範囲も、アプローチ出来る範囲も広くなるのでそれだけ釣れる可能性は高まります。
なのでなるべく飛距離は出せた方がいいです。

ただここで重要なのはそこにアジが居るかどうかという事が何よりも大切で、遠くへ遠くへと投げていても沖にアジが居ない、寧ろ足元を回遊していた…なんて事になると意味がありませんよね!
あくまでその時期、その場所ではアジがどこに居るかを把握することが一番大事です。
それによって必要な飛距離がかわってくるのです。

情報に関しては近場の釣具屋さんや釣り場に居る常連さんに聞いたり、後は実際に釣れている人の飛距離を見て盗むのも大事です。

そもそもアジングでどのくらいの飛距離を出しているものなの?

出典:foter

実際にどの程度のグラム数でどの程度の飛距離が稼げているのかをお伝えします。
ここではジグ単という前提でお話させて頂きます、基本的にジグ単でアジングをする際に使われるグラム数は0.4グラムから1.5グラム程度です。
正直な話1グラム程度のジグ単では10メートル程度の飛距離しか稼げません。

  • 1グラムのジグ単で10メートル~20メートル弱程度
  • 1.5グラムのジグ単で15メートルから25メートル弱程度

個人差もありますが上記くらいが限界です、こういう風に数字にするとわかり易いですが、普段の釣行ではわかりにくかったりするので改めて知っておくといいです。

その状況でどの程度飛ばしたいか判断し、それに合った飛距離が出せそうなジグのウェイトを選んでいくと良いでしょう。

アジングで飛ばない時の対処法

出典:foter

さて実際に今の現状を知った所でこれからはアジが沖に居たり、少し遠くへ飛ばしたいけど届かない…なんて時の対処法をお伝えしていきます。
そんな時に必要な手段や必要なアイテムを知っておく事で釣果にも差が出ますので、覚えておいて損はありません。

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますのでそれぞれに別けて細かく解説していきたいと思います。

アジングのキャストを上達させる

これは個人技的な問題になってしまいますが、同じロッド、同じリール、ジグの重さもラインの太さも同じ状況下で、初心者と釣りを生業にしているプロの方では最大で10メートル程の差が出るでしょう。
それだけでもかなり大きな差になります。

キャスティングが上手く出来てないと言う方のキャストで良く見かけるのは、体全体で投げすぎている人や投げ込み釣りの要領で投げようとしている人です、精一杯遠くへジグを送り込もうとしすぎて力一杯投げすぎてしまい、逆に飛距離は伸びないというパターンがほとんどです。

アジングは使用するタックルを考えれば分かりますが、ロッドのバットパワーで重めのウェイトを遠方に投げ込むような体全体で投げ込むスタイルは不向きでしょう。

投げ方

アジングのキャストはどちらかと言えば、繊細な先調子のロッドで軽めのウェイトをティップのしなりにのせて、リールのストロークをなるべく少なくして飛ばすイメージです。
その為にはまず体全体を使うのは良くないです、体は前後すればするほど軽いウェイトに乗せるための力が分散されてしまいます。
理想はリールを軸に手首のスナップのみをつかい、竿先を円を描くように後ろに下げて、手前に振り下ろす、振り下ろす際も完全に振り下ろすのではなく投げたい方向に放射状に向かうイメージで竿先を止めましょう、大体45度くらいでしょうか。
この一連の動作で大事なのは素早くかつ、切れ良くする事です。
そうする事でロッドのしなりと反発を存分に利用したいいキャストが出来る様になります。

焦る気持ちを抑えて一つ一つの動作をイメージして的確に行うことが大事になってきます。
覚えてしまえば今後のアジングにおいて有利になりますので、キャスティングの技術は身に着けておきましょう。

タックルを変える事で飛距離を伸ばす

これも一つの重要な要素の一つですね、タックルを変えることで飛距離を稼ぐことが出来ます。
タックルのバランスももちろんですが、簡単な事から出来ることとしては、ラインを細くする事等です。
リールから放出される際の摩擦しかり、ガイドを通る時の摩擦も空気抵抗で受ける摩擦すべてがジグの飛距離に影響を及ぼします。

ラインを見直そう

飛距離においてラインはかなり大事です。
例えば同じ強度(ポンド)でもナイロンとPEでは細さが違いますよね、飛距離を考えるのであればリーダーは必須になりますがPEラインにするべきです。
気を付けないといけないのは、PE特有のライントラブルに見舞われるというデメリットもあるという事です。
PEラインで一番のトラブルはラインのよりや捻じれによって、PEラインが仕掛けに絡まりお祭り状態になってしまう事です、特に仕掛けが複雑であればあるほどトラブルが起きた際の収集がつかなくなって、結局仕掛けを作り直す事にもなります。
時合なのに仕掛けを作り直していて投げれない…なんて事にもなってしまいますのでラインの管理は毎投ごとにチェックしましょう。
特にラインのよりには注意しましょう。

デュエル アーマードFアジ・メバル 100m

材質 ポリエチレン
色 オレンジ
釣り糸タイプ ブレイド
ブランド DUEL(デュエル)
線の太さ 0.4号

Amazonで詳細を見る

ロッドを見直そう

次にロッドですが、アジングをするポイントではそこまで手回しを考える必要も無いので、飛距離を稼ぐためにはロッドを長くした方がいいです。
ロッドの長さを長くすればそれだけ飛距離にも影響がでますのでタックルを変えようと検討している方なら参考にしてみて下さい。
PEラインに合わせてガイドもPEの摩擦をなるべく軽減してくれるガイドを搭載したものを選ぶと良いでしょう。

リールを見直そう

最後はリールですが、リールで飛距離の差を出そうとすると一番お金がかかる上にそこまでの差は期待できないのでタックルを変更するタイミングかつ金銭的にも余裕がある方は検討してみてください。
ベアリングのみチューンアップするのも手軽でいいですよ。

最終兵器フロートリグでアジングに遠投性を持たせる

最終手段はフロートリグでトータルの重量を増すことによって遠投を可能にするという手段です。
フロートリグは重量的には10グラム程度あるので50メートル程度の遠投が出来る様になります、沖に回遊しているターゲットを狙い時には必ずと言っていいほど必要になってきます。
フロートリグとは自重と浮力を備えたウキをアジングの仕掛けに取り付ける事によって遠くに1グラム程度のジグを遠方の沖へ届けるだけではなく、その浮力を活かしたゆえのアプローチも可能です。
ウキのタイプにもフローティングタイプやサスペンドタイプ等あり、使うジグの重さにもより使い分けが出来ます。

フロートリグ特有のドリフトという流し釣りがあります、フロートリグ特有の沈まない仕掛けを使い、潮の流れに乗せて更に沖へ沖へと届けることが出来ます。
そうすることで更に飛距離ではないですが、遠くへ送り込む事が出来ます。
ウキの沈まない特製を利用したカーブフォールなどもアプローチには有効なので、更に釣りの幅は広がります。

ただジグ単を前提にしたタックルでは到底扱うことは難しくなりますので、それなりにタックルの変更も必要になってきます、そこもしっかり考えて判断しましょう。

ArukazikJapan(アルカジックジャパン)フロートブッ飛ビロッカーⅡLLHF

細分化されたタイプと残浮力が、様々なシチュエーションとアプローチに対して、よりベストな対応を可能にします。

Amazonで詳細を見る

飛距離を伸ばしてアジングで探れる範囲を広げよう!

出典:foter

飛距離を稼げる方法をいくつか紹介してきましたが、飛距離を出す為の方法を片っ端から実践するのも良いでしょう。
ルアーフィッシングである以上、キャスト時における飛距離は間違いなく正義なので、飛距離は常に出せるようにしておいて間違いは無いでしょう。
ただ紹介してきた方法を全て実践するのは金銭的にもかなり負担がかかります、簡単に実践できる方法としてはキャストの練習をしていく事が一番ではないでしょうか。

更に言えば飛距離で一番大事なのは、アジが居る所に届けられるかどうかです、簡単な話ですが結局遠投が可能になったとしてもそこにアジが居ないと意味がありません。
なのでアジがどこに居るかが最大の鍵で、そもそもアジングはジグ単を大前提として飛ばせて30メートル飛ばせるかどうかですので、その範囲でターゲットの回遊しているアジを探すことが重要です!
つまり遠投をせずともアジが釣れるポイントを探すのが釣果を出すのには必要になってくるでしょう。

近くの釣具屋さんや現地で情報を収集したり、今はインターネットでも調べれば情報は出てきますので、ジグ単でアジング可能なポイントを探しましょう。

探したうえで近場にそんなポイントがなかったり、どうしても沖に良いサイズのアジが回遊していてそっちを狙いたい!というのであればフロートリグなどを準備していけばいいでしょう。

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

関連記事