FishMasterのロゴ

altboost

カワハギ釣りのオモリの形状って?形状による特徴とおすすめを紹介!

カワハギは、エサより先にまずオモリを突きに来ることがあるほど好奇心の強い魚です。今回はそんなカワハギ特有の習性を知り、オモリの形状とそれぞれの特徴、選び方について解説します。

記事1366の画像74322

出典:Visual hunt

カワハギのオモリの重要性

記事1366の画像74133

出典:FishingPro

カワハギは好奇心が大変強い魚で、コンコンという音、キラッと光るもの、そして動いたりするものなど興味を惹くアクションに敏感に反応します。キャスティングしたあとにオモリを沈ませる間、さらにはシャクって海底からオモリを上げたり、その後オモリを海底に再着させたりという動きによってカワハギの興味を惹くことが、カワハギ釣りでの釣果に大きな影響を与えます。

カワハギオモリの形状

記事1366の画像76307

出典:pexels

カワハギの仕掛けの一番下につくオモリは、オモリ自体の動きやオモリの動きに伴う仕掛けの動きを司る重要な部分です。各メーカーから様々な形状のカワハギオモリが販売されていますが、ここでは代表的な小田原型、丸型、カジ付き型、そして潮受けを考慮した型についてそれぞれを形状ごとに解説します。

小田原型オモリ

マルシン漁具 六角シンカー 30号 グリーンゴールド

用途;六角・小田原 環付き
号数;30号

Amazonで詳細を見る

カワハギオモリの代表的な形は、六角錘の形をした小田原型のオモリです。
小田原型のカワハギオモリの特徴は、丸型と比べて細長い形状となっているため、水の抵抗を受けにくくなっています。
そのため、仕掛けをキャスティングするときに着床までのスピードを速めることができ、逆に仕掛けを回収するために巻き上げていく動作もスムーズに行うことができます。
さらに、海底に着床した場合にはオモリが横に倒れることによって仕掛けが安定し、効果的にカワハギを集めることができます。
反面、ラインが根に掛かりやすく、状況によっては根がかりがしやすいという欠点もります。

小田原型のカワハギオモリのキャスティング後のアクションは、丸型オモリと違い重心がオモリの中心とは異なる場所にあるため、違った動きを見せてくれます。キャスティングしたあと、小田原型オモリは重心部分が前後左右に激しく動くため、丸型のオモリと比較すると派手なアクションを見せて、カワハギを惹き付けてくれるのです。

丸型オモリ

フジワラ 座シンカー カワハギ 25号 シルバー

2ヶ入り

Amazonで詳細を見る

カワハギオモリの丸型のタイプは、見た目の通り球状で丸みを帯びています。
この形状の性質上、重心が下方向の一点に集中してくれるため、海底においてしっかりと底について安定してくれます。底打ちでカワハギを狙いたいシチュエーションで効果的です。
また、海底での動きに安定感があると、海流が比較的速い場所でも流されにくくなります。
必然的に動きが少なくなるために、カワハギ釣りでつきものの根掛かりがしにくくなるというメリットがあります。
反面、船上などの底揺れがするシチュエーションでは、丸みを帯びた形があだとなって、波の影響で転がりやすくなってしまいます。ですので、船上では仕掛けが絡まったりしないように注意しましょう。

カワハギオモリの形状は、キャスティングしてオモリを沈める際のオモリのアクションにも影響を与えます。丸型のカワハギオモリの特徴は、オモリの重心がオモリの中心部分と重なる部分にあるため、キャスティング後にはその重心を中心にアクションします。ですので、横からみると、中心部分にあるアイ状の装飾部分だけ動いていて、カワハギへのアピール力は少し軽減する傾向があります。

カジ付き型オモリ

ダイワ 快適船シンカー SK 30号 赤/金

用途;カワハギ 環付き
号数;30
商品重量;132g
梱包サイズ;11 x 6.5 x 2.2 cm

Amazonで詳細を見る

カジ付き型のカワハギオモリの最大の特徴は、オモリ側面にカジウィングが付いているために回転しにくく、さらにカワハギオモリがぶれることも少なくなるため、操作性があがることです。
仕掛けが安定することでカワハギの集魚効果もアップし、巻き上げも軽くなるという利点もあります。

潮受けを考慮した型

シマノ ステファーノ ドロップシンカー投棚(なげたな) RG-WF

用途;カワハギ
素材;鉛
カラー;ビビッドピンク

Amazonで詳細を見る

カワハギオモリでも特に潮受けを考慮した形です。
細長い棒状をしているため投影面積が小さくなり、水中での抵抗が小さくなるため、カワハギの棚釣りでアタリが出やすい構造になっています。

オモリの選び方

記事1366の画像74330

出典:Visual hunt

仕掛けの下につけるカワハギオモリを、形状で選ぶ時のポイントは、カワハギオモリのアクションの特性と釣る場所の海底形状です。小田原型や潮受けを考慮した型の方が投影面積が小さく水抵抗が少ないため扱いやすく、カワハギへのアピールアクションも丸型に比べて派手など利点が多いのも確かです。

ただし、丸型には根掛かりに強いという大きなメリットがあります。海底の形状が複雑な場所でカワハギ釣りを行う場合、他の型が海底の窪みなどにはまってしまった場合、根掛かりを起こす危険性があります。一方で、丸型のオモリであれば、窪みにはまってしまった場合でも、他の型よりも長さがなく回転しやすいため、根掛かりをおこす危険性が低くなります。カワハギオモリを選ぶ際には、釣る場所の海底状況に合わせてオモリの形状を替えるのがよいでしょう。

オモリ紹介

小田原型オモリ

ダイワ 快適船シンカー S RV 30号 ケイムラ 金

サイズ:30号
カラー:ケイムラ金

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている快適船シンカーの小田原型です。
オモリのラトル音がカワハギの好奇心や捕食本能をかきたてて、カワハギを引き寄せてくれます。
また、オモリの両サイドがフラットにされているため、船上で転がりにくく、エサ付け等もスムーズに行えます。

ハヤブサ 目玉集魚シンカー 舵型 40号-3 アカキン

サイズ;40-3 アカキン
商品重量;163g
梱包サイズ;13.1 x 6.8 x 2.7 cm
釣りの種類;船釣り

Amazonで詳細を見る

ハヤブサから販売されている目玉集魚シンカー舵型は、断面が刃物のように設計されており、水切りのよさが特徴です。
水から受ける抵抗力を軽減できるため、キャスト時、また巻き上げ時の操作性が向上しています。
潮の速い場所でも水を切りやすく、安定性が保たれるのも大きなメリットです。
フラッシングするホログラムシートによってカワハギへのアピール力も保たれています。

がまかつ 競技カワハギ ヒラ打チシンカー 30号 FK139 パールホワイト.

号数;30号
商品重量;122 g
梱包サイズ;12.4 x 7.4 x 2.2 cm

Amazonで詳細を見る

水切りのよい鋭角なフォルムと大きなフラット面があることで、鋭敏なヒラ打ちアクションを起こし、同時に側面の全面フラッシング構造が強烈なキラキラとした光を発します。
底面はステンレスリベットが施され、海底の関知能力も向上しています。

丸型オモリ

ヤマシタ 目玉シンカー 25号 夜光

サイズ: 25号
カラー:夜光

Amazonで詳細を見る

ヤマシタ社独自のまん丸形状により、根に挟まりにくく根掛かりの危険性を大幅に減少してくれます。
丸型の難点である船縁での転がりやすさも、サイドをフラット化されているために軽減されているところも嬉しいところ。
レーザーシートも装着され、アピール度もアップされています。
号数は25号、30号の2種類があり、それぞれに4種のカラーレパートリーが存在します。

ダイワ 快適船シンカー SR 25号 金

用途;カワハギ 丸型 環付き
商品重量;99.8g
梱包サイズ;11.1 x 5.2 x 2.9 cm

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている快適シンカーSR。
オモリの側面に2箇所ホログラムシートが取り付けられ、キラキラとして複雑な反射を見せてカワハギを惹き付けてくれます。
側面にフラット形状加工も施されていることから、船上での安定性に優れ、エサ付けも簡単にすることができます。

ヤマワ産業 グローアップシンカー ホロシルバー 30号

色;ホロシルバー
サイズ;30号
用途;カワハギ カサゴ カレイ 丸型 ルアー用シンカー
商品重量;118 g

Amazonで詳細を見る

ヤマワ産業から販売されているグローアップシンカーです。
ケミホタル25に対応しており、光を使ってカワハギを寄せてくれます。

カジ付き型オモリ

ダイワ 快適船シンカー SK 30号 夜光/ライム

色;夜光/ライム
用途;カワハギ カサゴ アジ イサキ マダイ ナス型 環付き
商品重量;118g
梱包サイズ;19.3 x 11 x 2.2 cm

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている快適船シンカーのカジ付き型のカワハギオモリです。
カジウィングが付いているため、回転しにくく仕掛けが安定するのが特徴。
オモリ下部分にアイが付いているので、海底との接地面が小さく、海底の状況も分かりやすい工夫が施されています。

潮受けを考慮した型

シマノ ステファーノ ドロップシンカー 投棚(なげたな) RG-WF

用途;カワハギ
素材;鉛
カラー;ビビッドピンク

Amazonで詳細を見る

上記でもご紹介したシマノからリリースされているステファーノシリーズのシンカー「投棚」です。
投影面積が小さいために水抵抗も空気抵抗も小さく、操作性を向上させた商品となっています。

まとめ

好奇心の強いカワハギへとアピールし、釣果をあげるためには、オモリのアクションによって惹き付けることもまた重要です。今回は形状ごとに小田原型、丸型、カジ付き型と潮受けを顧慮した型をとりあげ、それぞれの利点と注意点について解説しました。また、仕掛けの上につける中オモリも、魚を集める機能があります。それぞれのオモリの利点を知って、カワハギ釣りを楽しんでください!

関連記事