FishMasterのロゴ

junkyjoker

船釣り?おかっぱり?高級魚マゴチを狙うロッドは釣り方で選ぼう

夏が旬の高級魚マゴチ。白身魚で刺身だけでなく、焼き物や煮物など様々な料理で味わえます。マゴチを狙いたいけど、ロッドはどんなタイプがいいのか、という方のために船釣り、陸釣りで使えるロッドを中心に紹介しました。

マゴチの生態と狙い方について

出典:Visual Hunt

昨今では鮮魚店だけでなく、ネットマーケットなどでもよく見かけるマゴチ。夏が旬の味として料亭などで扱われる高級魚の白身魚です。刺身の場合はフグ(テッサ)にも匹敵する造りということで「テッサナミ」と言われることもあるほどです。食感は、ほんのり甘く歯ごたえがあります。
調理方法としては刺身だけでなく、焼き物、煮物、唐揚げなど様々な料理で味わえるのが特徴です。全長は50㎝を超える大きさになり、まれに80㎝前後の個体も見かけられます。

英語ではFlathead、全長50㎝を超える個体も

体の特徴としては、上から押しつぶしたように左右に平べったいことで、英語ではフラットヘッド(Flathead)と呼ばれます。口が大きく、下あごが上あごより前に出ています。日本では、日本海側が山形県以南、太平洋側が宮城県以南に分布しており、比較的暖かい海域を好みます。沿岸部の水深約30mの泥沼底に多く生息しています。肉食性で甲殻類や小型魚類などを食します。

釣り上げたマゴチの鋭いトゲにご注意!

マゴチは初夏が産卵期で、海岸近くの浅い場所で産卵します。稚魚は最初浮遊していますが、やがて底生生活を始めます。体の特徴で注意しなければならないのは、エラ付近などの頭部に鋭いトゲがあり、不用意に触ると刺さることがあることです。トゲに毒はありません。釣り上げても素手で掴まず、幾重にも折ったタオルか厚手の軍手で掴んでハリをはずすようにすることを忘れないようにしましょう。

マゴチの釣りのシーズンは6~10月

出典:Visual Hunt

マゴチは産卵期が初夏ということから釣りのシーズンは6~10月になります。水深30m前後までの海底に生息していますので、船からのでも沿岸からでも狙うことができます。特に船釣りの場合は、東京湾をはじめとする内海などでは、シーズン中にマゴチ狙い専門船が出るほどの人気となっています。また、汽水域で掛かることも多く、数キロさかのぼった河口での釣果も報告されているほどです。

マゴチを船から狙う場合のおすすめロッド

出典:Visual Hunt

まずは、船から狙うロッドについて説明します。長さは2m前後、7対3~6対4の調子で、ロッドを立てて魚を掛けること(合わせ)ができる胴の硬さがあったほうが良いでしょう。錘は15~20号がいいので、その負荷に耐えられることも重要です。

マゴチ専用ロッドを使う

船釣りでのロッドに関しては、釣り具メーカーからマゴチ専用ロッドが数種出ていますので、紹介します。まずはダイワのシリーズからです。使いやすさや対応力を追求した船竿シリーズの「アナリスター マゴチ」。食い込みやすさと感度の良さを追求し、マゴチ釣りに欠かせないフッキングパワーと操作性を兼備しています。

1.かすかなアタリを確実にフッキングに持ち込みやすいロッド

さらにねじれ防止の最適構造を採用、しなやかながら操作性があるうえ、パワーのある調子を備えています。
かすかなアタリを確実にフッキングに持ち込めるようなバランスを備えた1本です。
2.15mと2.35mの長さが違う2本が発売されており、継数は2本です。
自重は前者が100ℊ、後者が105ℊと軽量化されているうえ、錘負荷は10~20号を想定しています。
価格は27,000円と28,000円です。

ダイワ アナリスター マゴチ 215

全長:2.15m
継数:2
仕舞:112cm
自重:100g

Amazonで詳細を見る

ネジレ防止の最適構造「X45」で、しなやかながらも操作性とパワーのある調子を実現しています。
かすかなアタリを確実にフッキングに持ち込みやすいマゴチ釣りに最適なバランスを追求した1本です。

2.竿ブレすることなく、しっかりタナもキープできる1本

続く「マゴチX」は、エサをうまくコントロールする操作性に加え、専用ロッドとしてアタリを目感度や手感度で感知できるような食い込ませやすい調子を追求しています。
さらにねじれを抑え操作性、パワーをアップさせる「ブレーディングX」という強化構造を採用しています。
全長は2.1mと短めで継数は2、自重は107g、錘負荷は10~20号、価格は15000円となっています。

ダイワ マゴチX 210・R

全長(m):2.1
継数(本):2
仕舞(cm):109
自重(g):107
錘負荷(号):10~20

Amazonで詳細を見る

3.マゴチ釣りで最高の性能を発揮できるよう設計されたロッド

出典:foter

次の「テンヤマゴチX」は、マゴチ釣りで最高のロッド性能を発揮できるよう設計された1本です。
ロッドの穂先先端は、やや硬めながら適度な仕上がりでアクションをつけやすいのが特徴です。このため、食らいついたマゴチを離すことなくフッキングできるようになっています。
全長は2.15mで自重は130ℊ、テンヤ負荷は3~15号となっています。
価格は16,500円です。

ダイワ テンヤマゴチX 215

標準全長:2.15m
継数:2
仕舞寸法:112cm
標準自重:130g
テンヤ負荷:3~15号
適合ライン PE:0.6~1号

Amazonで詳細を見る

ひとつテンヤのタックルで、操作性の高さと感度を兼備し、マゴチを狙うために設計された1本です。

4.ひとつテンヤ釣りでハイスペック攻撃型のロッドとして人気

マダイ向けながら、ひとつテンヤ釣りロッドとして、マゴチも狙えます。
ハイスペック攻撃型のロッドとして人気があります。
マダイ並みの大きなマゴチの口にもフッキングできる遊びのなあいベリーに加え、トップ絡みを提言するオリジナルセッティングのトップが特徴です。

ノリーズ ハイブリッドテンヤ真鯛 HTM710ML

長さ: 239cm
継数:2
適合ルアー:7~30g テンヤ:2~8号
適合ライン(号):PE:#0.4-0.8 リーダー:1.5-2
自重:127g

Amazonで詳細を見る

やや深場で巻きテンヤをする時に、硬すぎない全体調子で深いアタリを出すことができるのが特徴です。

5.感度を追求したマゴチ専用竿

感度を追求し、積極的に攻めるエビ&ハゼ餌をメインに想定した8:2調子に設定されています。
ハイフレックス・カーボンソリッドを搭載することで、よりしなやかな曲がりと超高感度を実現しています。
全長は2.05m、自重は115ℊで錘負荷は10~20号というスペックです。
価格は15,000円前後です。

アルファタックル 海人 マゴチ 205/82

■全長:2.05m
■継数:2本
■仕舞:106cm
■自重:115g
■錘負荷:10-20号

Amazonで詳細を見る

サーフや磯、堤防などの陸から狙うロッドは?

以上、船からマゴチを狙うのに特化したロッドを紹介しました。続いて、サーフや磯、堤防などの陸から狙うのに勝手がよいロッドをピックアップしてみました。陸からマゴチを狙うロッドは、基本的にはヒラメやシーバス用のロッドで代用できます。つまり、柔らかめの磯竿で長さは2~3mといった感じになります。以下に陸側からのマゴチ釣りのロッドをピックアップし、特徴や価格をまとめました。泳がせ・ぶっこみとルアーから、それぞれ5本ずつです。まずは泳がせ・ぶっこみからです。

6.コンパクトに収納でき、携帯にも便利な「シマノ ホリデーパック」

船からの利用だけでなく、防波堤など陸からのちょい投げなどまで幅広く使える万能振出ロッドです。
コンパクトで持ち運びにも便利なのが特徴です。
マゴチであれば全長2.7mの10270Tがおすすめです。
継数は9本で自重は175ℊ、錘は5~20号になります。価格は8,000円前後です。

シマノ ホリデーパック 10 270T

全長:2.70m
継数:9
仕舞:44.5cm
自重:175g
錘負荷:5~20号

Amazonで詳細を見る

7.長時間、高い集中力を発揮できる軽くて長いロッド

遠投性を考慮した3.10mという長さを持ちながら、それを感じさせない軽さが自慢のオールラウンドに使える1本がこのロッドです。
長くて軽いことから、長時間にわたって高い集中力を発揮させることに貢献できるので、ヒットチャンスを生み出します。
価格は20,000円前後です。

シマノ ネッサBB S1002M

全長(m):3.1
継数(本):3
仕舞寸法(cm):110.3
自重(g):186
プラグウェイト(g):10~45 / ジグウェイト(g):MAX52
適合ライン PE(号):0.8~2

Amazonで詳細を見る

8.ねじれに強い構造を採用、マゴチにも威力を発揮

シーバスシーンで必要不可欠な調子、パワー、ラインアップを考慮したねじれに強い構造を採用、遠投はもちろん、汽水域の大きな河口といったフィールドでのマゴチ釣りでも威力を発揮できる長さ3m超のロッドです。
軽量で糸絡みを軽減する機能を搭載しています。
価格は22,000円前後です。

ダイワ ラテオ・R 100ML

標準全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞(cm):157
標準自重(g):137
ルアー重量(g):7-35
適合ライン ナイロン(lb):8-16
適合ライン PE(号):0.6-1.5

Amazonで詳細を見る

9.実釣性と機能美の両立を追求したハイパフォーマンスなロッド

ネジレを抑える強化構造「ブレイディングX」と「HVFカーボン」を搭載したハイパフォーマンスなロッドです。
96MLは、大型堤防などからの遠投に特化しているため、マゴチも狙えるロッドとして使える1本です。
価格は16,000円ほど。

ダイワ シーバスハンターX 96ML・R

全長(m):2.90
継数(本):2
仕舞(cm):149
自重(g):134
ルアー重量(g):7~35
適合ライン:ナイロン(lb) 8~16、PE(号) 0.6~1.5

Amazonで詳細を見る

10.携帯性に優れ、手軽に投げ釣りを楽しめるショートモデル

仕舞寸法が短いことから、携帯性に優れ、手軽に投げ釣りを楽しめるショートモデルです。
振りぬけや取り回しの良さから、女性や子供、シルバーエイジの方でも、防波堤からサーフまで軽快なキャストができるのが特徴です。
価格は8,000円前後となっています。

シマノ ホリデースピン ショートモデル (振出) 335HXTS

全長:3.35m
継数:5
仕舞寸法:79.5㎝
自重:232g
錘負荷:10~20号
標準錘負荷:15号

Amazonで詳細を見る

11.幅広いルアー向きでコスパも良いロッド

幅広いルアーに向いているうえ、コストパフォーマンスも良いロッドです。
長さは2.74mで、自重は190ℊ、適合ルアーは6~28号です。
適合ラインはPEなら0.6~1.5号、ナイロンの場合は12~30号です。

シマノ ルアーマチック S90ML

全長:2.74m
自重:155g
適合ルアーウエイト:6~28g
適合ライン:PE 0.6~1.5号、ナイロン4~16lb

Amazonで詳細を見る

12.多用途に柔軟に対応するハイバリューモデル

さまざまなルアーゲームの多様な用途に柔軟に対応するハイバリューモデルです。
テレスコピックなので、携帯性に優れているのが大きな特長です。
967TMHは魚種の守備範囲が広いこともおすすめで、もちろんマゴチもオーケーです。
全長は2.9m、自重は175ℊ、継数は7で52㎝まで縮みます。
ルアーは10~40gまでと幅広く対応しています。
価格は10,000円ほどです。

ダイワ CROSSBEAT SW 96MH(7本継)

継数(本): 7
対応ルアー重量(g): 10~40
対応ライン(: lb) 10~20/ PE(号) 0.6~2.0

Amazonで詳細を見る

13.より軽く、より強くがキーワードのオールラウンドモデル

引きが強いマゴチなどに最適のバットパワーを持つパワーオールラウンドモデル。
12~14cmクラスのミノーをはじめ、40g超のメタルジグなどに適応します。
すべてのシーンを追求できるロッドとして、より軽く、より強くをキーワードに登場した新生ディアルーナです。
シマノが持つ最新技術スパイラルXとハイパワーXに加え、マッスルカーボンの採用により、強度やパワーはそのままに軽量化を実現しています。
価格は23,500円ほど。

シマノ ディアルーナ S96M

全長:2.90m
継数:2
仕舞:148.6cm
自重:141g
適合ルアーウェイト:8~45g

Amazonで詳細を見る

14.ミノーやジグに最適、塩水使用を前提に設計されたロッド

ルアーのうち、ミノーやジグに最適なロッドで塩水での使用を前提に設計された1本。
飛距離が必要な遠浅のサーフで、波からのラインへの影響を抑えるのに適した長さです。
軽快に使えて1日投げて巻き続けられるというのも魅力。
全長2.9m、継数2で仕舞寸法1.485m、自重180ℊ、適合ルアーウェイト7~30ℊというスペックです。
価格はコスパの良い13,000円ほどです。

アブガルシア ソルティースタイル フラットフィッシュ STFS-962MH-KR

全長2.90m
継数:2
仕舞:148.5cm
自重:180g
PEライン:0.8~1.5号
適合ルアー: 7~30g

Amazonで詳細を見る

15.飛距離ではなくピンポイントキャストに力点を置いたモデル

全長があるわりに取り回しが良いことから、飛距離ではなくピンポイントキャストに力点を置いたモデルです。
高次元のカーボンを融合した素材だkでなく、握り込みやすいグリップに加え、高性能リングと軽く信頼性の高いフレームのガイドが人気の1本です。
価格は16,300円。

メジャークラフト トリプルクロス シーバスモデル TCX-862ML

全長:2.62m
継数:2本
ルアー:10~30g
対応PE:0.8~2.0号

Amazonで詳細を見る

長いロッドでの投げ釣りも魅力な陸からのマゴチ釣り

出典:Visual Hunt

マゴチ専用として、魚名が付いたロッドが大手メーカーから出ているほど人気の高いマゴチ釣り。もっぱら船から狙う魚というイメージですが、汽水域にも生息していることを考えると、遠浅のサーフからの遠投や大きな川岸からルアーで狙う投げ釣りも魅力でしょう。味は夏が旬というマゴチ、旬狙いのマゴチは船から行きますか、それともサーフから?

関連記事