FishMasterのロゴ

peoplepeople

大物カゴ釣りの竿受けはしっかり選ぶ!竿受けは場所で使い分けよう!

カゴ釣りの竿受けはどんなものを使っていますか?竿受けは何でもOKにしていませんか?たかが竿受け、されど竿受けです。適した竿受けは便利なだけじゃなく、釣果にも直結します。大物を狙うカゴ釣りに適した竿受けは何だ!というテーマで商品を紹介します。

カゴ釣りを極める!竿受けだって妥協しない

記事1710の画像93912

出典:visualhunt

カゴ釣りとは、波止や磯から撒き餌では届かないターゲットを狙った釣りです。仕掛けの中に撒き餌を詰めた「かご」をセットし仕掛けもろとも遠投します。

大きな仕掛けを遠投するので、竿は磯竿の3号以上です。投げる距離によっては磯竿遠投モデルを使います。

さて、カゴ釣りに使う竿。皆さんはどんな竿受けをつかっていますか?
ずっと手に持っていると疲れてしまいませんか?竿受けも釣りを楽しむ重要なアイテムです。釣り場に応じて適切な竿受けを選びたいし、妥協せずにしっかりと選びたいですね。

そこで今回はカゴ釣りに適した竿受けは何だ?というテーマに絞り商品を紹介します。

竿受けの名称は「竿受け」「ロッドホルダー」など色々

竿受けは、ロッドホルダーや竿たて、竿掛けなど様々な名称があります。使う場所によって形も違います。クーラーボックスに取り付ける物だったり、砂浜に立てたり、磯で専用に使うピトンというものもあります。

カゴ釣りはに必要な竿受けの条件は「しっかりした安定感」

カゴ釣りは波止や磯から竿を出すことが多い釣りです。時にはサーフから沖の潮目やしもりを狙うこともあります。長い竿を使うので、しっかりした安定感が絶対に必要です。
実際のAmazonの商品を使い、これがおすすめという商品を紹介しますので是非参考にしてください。

カゴ釣りにベストな竿受け!至極のおすすめ教えます!

記事1710の画像93914

出典:visualhun

カゴ釣りの竿受けには定番の三脚式がベスト!

ダイワ サーフスタンド 750 レッド

カラー:レッド
仕舞寸法(cm):74
全伸長(cm):127
軽量なアルミアーム採用。
上部が細く、下部が太い逆テーパー形状のため低重心で安定感抜群。
収納時砂のついた脚が外側になることで砂ガミしにくい。
メタルピンを脚先端に採用し食い付き向上。

Amazonで詳細を見る

足元がしっかりした波止やサーフでは安定感抜群の三脚式がおすすめです。
磯でも安定した足元が確保できるところならいいですね。

そしてこの竿受けはダイワ製です。ダイワが好きな方には特におすすめです。
他のメーカーと比較すると値段はやや高めです。

ただし広げたときにやや大きく、占有する面積も大きくなってしまうのが難点。
込み合っている釣り場では使いにくいです。

これはお得な竿受け!コストで選ぶならTAKAMIYA

タカミヤ H.BCONCEPT アルミ三脚 3段 CM-379

全伸長:約127cm
仕舞長さ:約56cm
使用時の高さ(オモリ2kg負荷時):1段/約51cm、2段/約81cm、3段/約111cm

Amazonで詳細を見る

コストパフォーマンスの高さで有名なTAKAMIYA。
この竿受けも安いです。ダイワ製の半額位です。

それにTAKAMIYAは日本の釣り具メーカーです。
いくら安くてもメーカーの誇りがあります。
安いだけで使えない!そんなアイテムではありません。ちゃんと使えます。

コスパで選ぶのならTAKAMIYAに決まりです!

狭い場所には「ミニサイズ」の竿受けが便利

第一精工 サーフ三脚レバー式DX スーパーミニ 3号

スーパーミニ3号
狭い場所でも開脚可能
小さくコンパクトに収納可能

Amazonで詳細を見る

同じく三脚タイプの竿受けです。
商品名の通りミニサイズで全長は72㎝です。
狭い場所や混んでいる波止ではミニサイズが便利ですね。
コンパクトにたためるのも魅力です。

三脚式の竿受けには必需品の「水汲みバケツ」

プロマリン EVAハイパーメッシュ反転バケツDX 角18cm

サイズ:180×180×180mm
カラー:ブラック・ホワイト

Amazonで詳細を見る

三脚式の竿受けには必需品の「水汲みバケツ」です。
竿受けの中心部にフックがあり、そこに水汲みバケツをひっかけます。
水汲みバケツの重量で竿受けは見事に安定します。

かご釣りはコマセをいじるので手洗い用にもいいですね。

かご釣りの竿受け!足場が砂地ならコレがいい

記事1710の画像93925

出典:visualhunt

かご釣りの竿受け!足元が砂地なら「砂地専用」を選ぶべし

ベルモント リング&U型竿立(M)

原産国:日本
材質:ステンレス(カチオン塗装)
サイズ:12.7×60cm
新潟・三条製

Amazonで詳細を見る

足元が砂地の場合は「砂地専用竿受け」を選んでください。
砂地以外の物を使うと、砂が噛んで伸縮が出来なくなったり、不安定で転倒してリールが砂まみれ!なんて笑えない事態にもなりかねません。

砂地専用竿受けはU字型部分に1本の竿を受けることができます。
砂に埋めるタイプで安定度は抜群です。

便利なカビラナ付き!サーフから狙う竿受け

ベルモント ライトロッドスタンド(サーフ) MS-219

材質:本体/アルミニウム、竿掛け部/18-8ステンレス
サイズ:太パイプ/Φ13、細パイプΦ10、仕舞寸法/53㎝、伸し寸法/80㎝
重量:110g

Amazonで詳細を見る

サーフから沖のしもりを狙うカゴ釣りに、この竿受けが活躍します。
全長が80㎝なので深くまで埋めて固定できます。
シンプルな形状で軽量なので、持ち運びにも便利ですね。

カビラナ付きなので下に置きたくないものをちょっと掛けておくのにもいいです。

カゴ釣りの竿受け!波止から狙うならこのアイテムが優秀

記事1710の画像93930

出典:visualhunt

波止の壁に立てかけても傷がつかない「立てかけ君」

ダイワ タテカケ君

タテカケ君
二つ折り時サイズ:7×19×4cm
ソフト樹脂素材で大事な竿のキズ防止可能
角度調整可能なので置き場所にぴったり!
竿を保持しやすい波状デザイン

Amazonで詳細を見る

ダイワの立てかけ君。
この商品は波止の壁に竿を立てかける時に使う商品です。
波止の壁の角に「立てかけ君」をセットし、波型になった部分に竿を立てかけて、竿受けのように利用します。

アイデアグッズですが、壁の角で竿を傷付ける事はよくあるパターンなのでとっても便利です。

それに、チョイ移動したい時に、二つ降りにして邪魔にならないのもいいですね。ジーンズの後(尻)ポケットに入る大きさです。

カゴ釣りの竿受け!波止の「手すり」につける

第一精工 スーパーパイプ受太郎 W

有効取付径:40mm-100mm
本体:アモルファス樹脂製
クランプ:アルミダイキャスト製
波形アーム:硬質アルミ製
重量:650g

Amazonで詳細を見る

波止にある「手すり」。
落下防止の目的で海釣り公園などでよく見かけます。
この手すりを竿受けにする専用アイテムです。
竿受けを固定する部分が、湾曲してポールタイプの手すりを確実にホールドします。

カゴ釣りの竿受け!波止の壁に固定する

第一精工 スーパー受太郎

有効取付幅50~240mm
アモルファス樹脂製
幅広船ベリから車止めにもセット可能

Amazonで詳細を見る

船釣りの「へり」部分に固定によく使われるタイプの竿受けです。
これは船のヘリだけではありません。
波止にある壁に固定することもできます。
有効取り付け幅は50~240mmと余裕があります。

車止めにもセットすることができます。

カゴ釣りの竿受け!クーラーボックスを竿受けに

ダイワ CPキーパー マルチ ホワイト

カラー:ホワイト
サイズ(mm):長さ 約170×厚み 約55×横幅 約90(上)・約75(下)
底ありと底なしを自由に選択可能。

Amazonで詳細を見る

釣りは何かと手荷物が多くなります。
かご釣りは特にサビキも使うので特に道具が多くなります。
ダイワのCPキーパーはクーラーボックスに固定できる竿受けです。
クーラーボックスは必携なので、これと一体になる竿受けは秀逸です。

カゴ釣りの竿受け!磯で狙うならピトンを用意!

記事1710の画像93933

出典:visualhunt

磯釣りをする方にはお馴染みのピトン。ピトンとは、もともとは登山用品です。崖を上るクライマーが利用したアイテムです。

このピトンが磯での竿受けに進化しました。ピトンを磯に打ち込み竿や道具を固定します。急な高波に流されない為です。

磯でのカゴ釣り!シンプルなピトン型の竿受け

ナカジマ ステンレス製 磯ピトンZ

素材:ステンレス+アルミ合金
磯での竿受けに
先端部マイナス型

Amazonで詳細を見る

ピトン型の竿受けです。
シンプルで安いのが人気です。
先端部は埋め込みやすいマイナス型です。

磯のカゴ釣り!結合部も丈夫な金属製竿受け

第一精工 ロックピトン

支柱は回らない六角形
材質:ステンレス製
対小魚:全魚種

Amazonで詳細を見る

第一精工のロックピトンです。
壊れやすい結合部まで金属で出来ています。
支柱は回転を防止するために六角に加工されています。

磯でカゴ釣り!本格派の竿受けロックピトン

ベルモント ステン石鯛ピトンDX MR115

原産国:日本
材質:オールステンレス、塩ビ皮膜
サイズ:本体/70×100×230mm、ピトン/14×320mm
重量:750g
新潟・三条製

Amazonで詳細を見る

オールステンレス製!こだわる釣り師にお勧めします。
ハードな石鯛釣りを想定した、支える力が屈強なピトンです。
オールステンレスでサビに強く劣化しにくいです。

カゴ釣りの竿受け!ピトンにはコレがあると便利

磯でかご釣りをする場合にはピトン型の竿受け。このピトン型竿受けに合わせて使いたいアイテムを3点紹介します。

竿受けを高くしたい!延長用ピトン軸

ナカジマ ステンレスピトン 軸600mm

サイズ:13×600mm
ステンレス製
延長用ピトン軸

Amazonで詳細を見る

竿受けが低くて使いにくい場合はこれです。
延長用ピトン軸。
短いピトン軸と交換することで高さを調整します。
60センチのピトン軸なので腰のやや下あたりでしょうか?
しゃがまずに手の届く範囲ですね。

竿受けピトンをしっかり固定する「ハーケン」

昌栄 アシストハーケン V型 (3本セット) NO.553-1

ステンレス製
サイズ:8mm・10mm・13mm
長さ:いずれも130mm

Amazonで詳細を見る

ピトンを岩に打ち込んでも隙間が大きく、ピトンがグラグラと固定出来ない場合に使うのが「ハーケン」です。
ハーケンはピトンと岩の隙間を埋めるために使います。

V型に加工されたハーケンの先をピトンに沿って打ち込み隙間を無くし安定感を確保します。

竿受けピトンを固定する「ピトンヒッター」

ベルモント ピトンヒッター(ペグハンマー) MS054

原産国:日本
材質:本体/18-8ステンレス、グリップ/EVA
サイズ:全長180mm、頭部63mm
重量:475g
新潟・三条製

Amazonで詳細を見る

竿受けピトンを打ち込むためのハンマーです。
これが無いとピトンは使えません。

カゴ釣り用の竿受けは釣り場に応じて選ぶ

かご釣りの竿受けを紹介しました。かご釣りは大物をターゲットにする釣りで、竿もリールも大きく丈夫なものを使います。
竿受けもしっかりしたものが欲しい所です。安定感のあるものを選びたいですね。

波止から狙う場合は釣り場に応じて色々な種類の竿受けがあります。磯釣りの場合は本格的なピトンを使います。

それぞれの釣り場に応じた適した竿受けを使えばもっと釣りは楽しくなります。

関連記事