FishMasterのロゴ

arusu

メバリングでのアシストフックについて解説!簡単な自作手順も!

メバリングゲームでアシストフックを使ったことはありませんか?アシストフックとはルアーに取り付ける1本針の事です。これを付けるとメバリングゲームの釣果が上がるかもしれませんよ。今回は、そのアシストフックの効果とおすすめを紹介します。

メバリングでのアシストフックはこんな時に役に立つ!

記事1781の画像115516

出典:Visual Hunt

まずは、メバリングにおいてアシストフックがどういう役目をしてくれるのかを書いていきます。

いい事ばかりでなく注意点も書いていくので、合わせて参考にしてください。

アシストフックはメバルのショートバイトを拾ってくれる!

「メバリングでショートバイトばっかりでなかなかアワセられない」なんてことはありませんか?「アタリがあるけどショートバイトばっかりで、結局ボウズで帰る」なんて悲しすぎますよね。

そういったことは、アシストフックが解決してくれます!アシストフックはルアーのジグヘッドの針の部分に付けるだけの簡単装着で、釣り人が気にしなくてもどんどん小さなアタリを拾ってくれます。

場合によってはアシストフックだけにかかっているなんてこともあるので、ショートバイトに悩まされている方はアシストフックの使用をおすすめします!

ジグヘッドの動きを制限してくることに注意

アシストフックはメリットだけではありません。デメリットだってあります。

ジグヘッドの針部分に付けるという事は、激しいアクションでラインに絡まるという事にもなります。なので、激しいアクションが出来なくなるなんてことにもなりかねません。

ラインに絡まってしまうと逆にヒットしなくなるので、ある意味中級者以上向けなのかもしれません。

他にも、針が増えるという事はその分根掛かりが増えるという事にもなります。こういった場合はアシストフックを外すという選択肢もある事を知っておきましょう。

メバリングアシストフックはサイズで選ぶ

記事1781の画像115517

出典:Visual Hunt

メバリングでの針やハリスのサイズを考えて、小さめのサイズを基準に選ぶ事になります。普通ならSサイズ、メーター級のメバルが釣れる事が分かっているならMサイズを選びましょう。

他には、メーカーによって針に夜光を施している場合があり、その場合はアシストフックにかかりやすくなります。アピール力も上がるので、おすすめです。

メバリングアシストフックのおすすめ2選

記事1781の画像115519

出典:Visual Hunt

それでは、メバリングでおすすめの商品を紹介します。
今回はワームでの使用を前提としたアシストフックを紹介します。

1. 着脱簡単なアシストフックで手返しを早く!

がまかつ(Gamakatsu)アシストフックサポートフック鬼爪ケイムラスペシャルS5本68321

入数:5個入り
針号数:5号
針仕様:マイクロバーブ

Amazonで詳細を見る

付ける時はジグヘッドの針に通してアシストフックの針を引っ張り、外すときは糸を引っ張るだけという、着脱かとても簡単なアシストフックです。手返しが速くなります。
さらに夜光もあり、アピール力も損なっていません。

2. バーブ付き釣り針でも、フッキングがスムーズ

エコギアダブルコバリM.

入数:3個入り
フックサイズ:M(3pcs.)

Amazonで詳細を見る

バーブとは、針の先端近くにある内向きの突起物の事です。これがあるとフッキング後に外れにくくなります。しかしバーブ部分がない針をバーブレスやスレ針と言います。こちらはフッキングがスムーズです。

しかし、このアシストフックはバーブ付きであるにもかかわらず、バーブレスのようなスムーズなフッキングを実現します。それでいてバーブ付きの外れにくさも持っており、とにかく針掛かり性能が高いです。

3. ワームの動きを邪魔せず、ショートバイトをきっちり捉える

OWNER(オーナー)MA-01マイクロアシストフックシングルNo.11783ショート釣り針

入数:6個入り
適合ワーム:1.5inch前後

Amazonで詳細を見る

アシストフックはワームをはじめルアーの動きを邪魔するといわれています。しかしこのアシストフックはルアーの動きを邪魔しません。それでいてショートバイトをしっかりと捉えます。アシストフックについて否定的な方も使ってみては?

バーブレスフックなので、吸い込みがスムーズです。

メバリングアシストフックは自作も簡単!

記事1781の画像115521

出典:Foter

アシストフックはあまり高いものではありませんが、自作をすると安く済ませられる場合があります。浮いたお金でジグヘッドも購入出来たりしますよ。
という事で、最後にアシストフックの自作方法を紹介します。

用意するもの

Amazonにて必要な物を紹介します。

ここから揃えると、1,300円程度で100個のアシストフックが作れます。

1. 適当な糸

バリバス メバルゲート 100m

号数:1号
全長:100m
強度:4lb
カラー:ミルキーピンク

Amazonで詳細を見る

アシストフックの糸部分です。糸はどのラインでも結構です。結びやすいナイロンライン、擦れに強いフロロカーボンライン、呑み込みの良いPEライン、お好きな物をどうぞ。号数もお好きな物を選んでください。1号程度で大丈夫です。

2. メバル針

川せみ針(KAWASEMI)メバル専用 100本入 J-1 白

100個入りです。

Amazonで詳細を見る

アシストフックになくてはならない、針の部分です。メバル専用の物を選びましょう。

自作手順

自作手順も簡単です。

  1. まずは糸と針をチモト部分で結びます。ここは普通に結んで大丈夫です。
  2. 糸の、先程針のチモト部分で結んだ反対側の端、そこを玉結びします。
  3. 糸の中央部分に、糸で輪っかを作ります。
  4. その輪っかに針を通します。
  5. 針を引っ張って糸を締めこんで、完成です!

使い方はがまかつの鬼爪と同じく、ジグヘッドのフックに糸を通して針を引っ張れば締められ、結び目部分を引っ張れば緩みます。

ショートバイト対策にぜひアシストフックを!

記事1781の画像121962

出典:Visual Hunt

メバリングのアシストフックはいかがでしたか。
ジグヘッドのアクションがしずらくなったり根掛かりが多くなるなど要らないという方も多いですが、ショートバイトをものにするためにもメバリングでは必要な物です。

アシストフックを使用してメバルが釣れる事を祈っております。

関連記事