FishMasterのロゴ

deepdiver

スロージギング入門に超最適!好敵手タチウオを仕留めよう!

近年流行中のスローピッチジャーク。関東ではスロージギングとも呼ばれていますよね。タチウオはルアーへの反応も良く、スロージギングにも好反応を示すので入門するなら最適なターゲットになります。

スロージギングで釣るタチウオの魅力

出典:Foter

それではタチウオのスロージギングについて解説します。タチウオという魚はルアーに好反応を示す魚で、ジグにも非常によく反応してくれる魚です。通常のジギングでもタチウオは釣れますが、スロージギングでも反応が良く、時にはスローのアクションの方が反応が良い場合があります。
スロージギングの基本は1ピッチ1ジャークで、ジグに弱った魚のような動きを演出させる事。反応を見ながら、1/2、1/4、1/8ピッチに変更したり、フォールアクションを入れたりして魚の動きを演出します。

タチウオジギングのタックルの仕組み!

タチウオのスロージギング用タックルについて解説していきます。スロージギングの場合は専用ロッドが重要になります。他の釣りから流用するという事があまり出来ないので、まずはロッドから揃えると良いでしょう。リールやラインはサイズが合えば使う事が出来ますよ。それでは個別に道具について見ていきましょう。

まずはロッドを選んでみよう

最近では多くのメーカーから多種多様なスロージギング用ロッドが販売されています。「スロージギング対応」や「スローピッチ対応」と銘打ってあるものなら予算と好みで選んでもらえれば大丈夫です。長さも専用品なら6ft~7ft以内の商品が多いのでその中から選んでみて下さい。番手に関してはそのシリーズの中でも一番柔らかい番手か、2番目位までがタチウオには適しています。固い番手でジグを大きく動かす等、欲を言えば全サイズ欲しい所ですが、数十万円単位になってしまうので、まずは1~2番を選んでみましょう。

リールは流用可能!基本はベイトリール

リールはいわゆるジギング用ベイトリールであれば大丈夫です。スロージギングではドラグ性能が重要で、滑らかなドラグが装備されていないリールだと勝負できない場合がありますが、タチウオの場合はそれほどドラグは使わないので、入門~中堅機種で十分です。糸巻き量に関しても細糸を使うので、通常のジギングリールであればほぼ対応しています。ジギング用ベイトリールの場合、レベルワインダー無しの物が多いですが、タチウオの場合はどちらでもよく、ジギング初心者であればレベルワインダーが付いているものを選ぶとトラブルが少なく快適に釣りが出来ます。

切られても安心、糸巻き量には余裕を!

スロージギングの場合はPEラインを使用します。サイズは0.8~1.2号程度まで。1号あたりが基準の太さになります。長さは使用する海域にもよりますが、深くて50mまでなら200m、深くて100mまでなら300m、200m以上の水深を攻めるのであれば600m準備していけば安心です。
スロージギングはジグの動きを重要視している釣りになります。自分でアクションを入れる以外にもラインの太さでフォール姿勢が変わったりするので、故意に太いラインを使用してフォールを遅くしたりします。上記のラインサイズを使用しておけば、問題はありませんが、慣れてきたらジグのアクションを考えてラインサイズを選んでみて下さい。

リーダーやジグについて

ここではメインラインよりも下の部分について解説していきます。基本は普通のジギングと変わりませんが、よりスローのアクションに合わせたセッティングを紹介します。近年は専用のジグやフックが数多く発売されているのでどのようなものがあるのか釣具屋さんでチェックしてみて下さい。

リーダーについて

歯の鋭いタチウオはすぐリーダーを切ってしまうので、通常ジギングの場合は太めのリーダーを使うことによってラインブレイクを防いでいます。およそ30~40lb(8~12号)を使いますが、あまり太いと食いが悪くなったりジグの動きがおかしくなったりします。リーダを太くしても切られるときは1発でブレイクしてしまうので、スロージギングの場合は、あまり太くせずに20~30lb(6~8号)程度で良いでしょう。気になる場合はリーダーの先に太いラインを20cm位結んでおけばある程度はラインブレイクを防ぐ事が出来ます。

メタルジグ

メタルジグはスロージギングですのでスロー専用のものを選んでください。普通のジグでも釣れますが、よりスロージギングのアクションに合ったもの(専用品)を選ぶ方が、この釣りに慣れる近道になります。水深100mまでなら100~200gのジグを、水深200mまでなら150~250gまでのジグを必ず複数個用意してくださいね。カラーはタチウオの場合、ピンクや紫、グローやチャート系がお勧めです。

アシストフックについて

通常のタチウオジギングではトレブルフックを使う場合が多いですが、スロージギングの場合はジグの動きによりマッチするアシストフックがよく使われます。ジグ上下のアイにダブルフック(地獄仕様)のアシストを取り付ければOKです。最近は市販品も多く、お手軽に使う事が出来ます。
船宿によってはオマツリ防止の為にアシストフック仕様を禁止している場合もあるので、トレブルフックとアシストフック両方準備していくと安心です。

タチウオの釣れる場所、基本は縦の釣り

出典:foter

タチウオは普段深場にいますが、シーズンに入ると釣りで狙える浅場に群れで入ってきます。浅い場合は30m位で釣れますが、深い時は100m以上の水深に居る事も。基本は縦の釣り(バーチカルジギング)になるので、どの水深にタチウオが居るのかを知ることが釣果への近道になります。船長のアナウンスや釣れている方を参考にしながら、良く釣れる水深を探し当てて下さい。

スロージギングでタチウオを釣る!

タチウオ釣り共通して言える事は「棚を探る」という事。まずは魚のいる層を把握する事が大切です。棚さえわかれば、それ以降の釣りを組み立てる事が出来ます。ジギングは棚を探りやすい釣法なので、釣り始めは船長の指示棚を参考に素早く色々な棚をサーチしてみて下さいね。

ジグの合わせ方① リフトアップとフォール

タチウオは活性が高いと何も工夫しなくても簡単に釣れてしまう魚ですが、釣り方を合わせていかないとなかなか釣れない場合もある気難しい魚です。特にジギングの場合はリフトアップ(巻き)で食うかフォールで食うかその日によって差が激しく、見極めていく必要があります。
スロージギングではフォールアクションに特徴があるジグが多いです。セミロング系のジグならリフトアップで水平姿勢を演出する事も出来るので、色々なジグを使ってみてその日の状況に合わせていって下さいね。

ジグの合わせ方② カラーローテーション

タチウオ釣りにおいてジグのカラーローテーションはかなり重要です。通常のスロージギングでもカラーは重要ですが、意外と自分の好きな色で釣果が出る場合も多いです。がタチウオの場合はしっかりとタチウオの気分に合わせてやらないとまったく釣れないことも。
同じアクションのジグでもカラーが合っていないだけで釣れなかったりするので、色々なカラーのジグを使ってみて下さい。実績の高いものとしては、ピンク・紫・オレンジ・赤金・グロー・チャート・メッキ等になります。

ロッドアクションとリトリーブについて

通常のジギングとは違う、スロージギングのキモとも言える部分になります。スロージギングは如何にジグを弱った魚に見せるかを追求している釣りになります。その為ジグも水中で水平になりやすい形状であったり、弱った魚がヒラヒラとフォールしていく様子を演出しやすい形状になっています。それらをイメージしながらジグに合わせてロッドアクションをしてみて下さい。
リトリーブに関しても1ジャークで1回転から1/2、1/4、1/8回転を使い分ける事によってタチウオの食いやすい早さを見つけ出すことが出来ます。最適なロッドアクションとリトリーブスピードを見つけ出すことがタチウオの数を伸ばす秘訣になります。

まとめ

タチウオのスロージギングについて概要を説明してきましたが、如何でしたでしょうか?通常のジギングと併用して挑んで貰えれば、入門しやすいかと感じます。スロージギングでしか反応しないパターンもあるので、習得して損はありませんよ。
ちなみにスロージギングはタチウオだけでなく様々なターゲットに有効であり、現在も進化を続けている釣法です。まずは釣りやすいタチウオで基本を押さえてみて、色々なターゲットを狙っていきましょう!

関連記事