FishMasterのロゴ

19900728tetsu

ジギング用タックルボックスの特徴をご紹介!おすすめもご紹介!

ジギング用タックルボックスとは、メタルジグや釣り道具を収納するケースのことをいいます。今回は、メタルジグ等の収納に便利なジギング用タックルボックスの特徴をご紹介します。また、おすすめのジギング用タックルボックスもご紹介します。

ジギング用タックルボックスの特徴や選び方をご紹介!

記事2026の画像85042

出典:photo AC

ジギング用タックルボックスはメタルジグを収納に便利で、更にメタルジグを色別、種類別に収納しているとメタルジグ交換時に探す手間を省くことができます。更に釣りで使用する道具を収納できるのでまとめて持ち運びが可能です。そのようなジギング用タックルボックスのメリット、デメリット、選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

ジギング用タックルボックスの3つのメリット

記事2026の画像85048

出典:forter

ジギング用タックルボックスにはメリットが3つあります。それは、以下の3つになります。

  1. メタルジグの保護が可能
  2. 交換時に素早く交換可能
  3. 釣りに必要な道具の収納に便利

この3つについて詳しく説明していきます。

1.メタルジグの保護が可能

メタルジグには塗装やめっきが施してあるため、仕切りのないボックスを使用しているとメタルジグ同士が干渉して塗装やめっきが剥がれてしまう可能性があります。ジギング用タックルボックスは、このようなことがないようにメタルジグを保護することができます。塗装やめっきが剥がれてしまうと魚へのアピール力を下げてしまうのと魚に違和感を覚えさせてしまう可能性があります。そのため、

2.メタルジグ交換時に素早く交換可能

タックルボックスを使用しているとどこにどのようなメタルジグが収納されているかわかりやすいため、釣れるとイメージしたメタルジグを瞬時に見つけ出すことができます。そして、メタルジグ交換時に素早く交換することが可能です。

3.釣りに必要な道具の収納に便利

ジギング用タックルボックスを使用することで数多くのメタルジグやプライヤー、針等釣りに使用する道具を収納することが可能です。そのため、豊富なメタルジグや道具をまとめて持っていけるため便利です。

ジギング用タックルボックスでは海水による針の腐食に注意

記事2026の画像85040

出典:pexels

ジギングでは海水でメタルジグを使用するため、使用後に針をつけたままメタルジグをタックルボックス内に放置していると針が腐食してしまう場合があります。腐食してしまうと他の針に伝染する場合があるため、釣りの間隔が長くあく場合はしっかりと手入れや工夫することが必要です。

ジギング用タックルボックスの選び方をご紹介!

ジギング用のタックルボックスを選ぶ際は、メタルジグが干渉しないようにしっかりと固定でき、保護できるものを選ぶと塗装剥がれやめっきはがれしないためおすすめです。また、スポンジ等緩衝剤が入っているとなお良しです。

道具保管に関しては現在釣り場にどのようなものを持って行っているかを考え、それがしっかりとタックルボックスに収まるかをしっかりと見ることが大事です。

ジギングにおすすめのタックルボックス5選

記事2026の画像85050

出典:forter

ジギングにおすすめのタックルボックスを5つほどご紹介します。

1.4段整理BOXにより様々な釣り具を収納可能!

タックルボックスフィッシング釣り具収納4段整理トレイ仕切り板付属工具文具ねじ釘分類整理メタルジグジギングエギング

タックルボックス
• 本体サイズ:幅280mm×高さ270mm×奥行き180mm
•トレーサイズ:幅230mm × 高さ35mm × 奥行114mm
•本体重量:約1310g
•材質:ポリプロピレン

Amazonで詳細を見る

このタックルボックスは上部収納スペースには水抜き用の穴を装備濡れたままの釣り具を入れても安心なタックルボックスです。また、コンパクトサイズにもかかわらず、4つのトレイが付属しており、ルアーやジグなどを分類し、コンパクトに収納可能です。

2.リールを傷つけないロッドスタンド付きタックルボックス!

MEIHO(メイホウ) VS7055×1&BM-250LIGHT×1オリジナルタックルボックスセットVS7055ベース

VS7055×1
BM-250 LIGHT(クリアブラック)×1

Amazonで詳細を見る

このタックルボックスにはロッドスタンドがついており、スタンドの調整が可能であるため様々な釣りに対応可能です。また、リールを傷つけないエラストマーキャップが付いているため、大切なロッドとリールも安全に持ち運び可能です。

3.座れる強度を持ったタックルボックスはこれ!

ダイワ(DAIWA)タックルボックスソルトウォーター専用ソルティガTB9000

本体外寸(cm):約54×34×35
•自重(kg):約3.6
•素材:耐衝撃性ポリプロピレン
•座れるタックスボックス!
•ソルトウォーター専用

Amazonで詳細を見る

収納性、堅牢度を備えたタックルボックスで座ることも可能です。タックルボックスのフタは両開きタイプのフタで、開けた時約90度で止まります。そのため、使い勝手が良いです。

4.釣り具の収納性抜群!

MEIHO(メイホウ) VS-3080 タックルボックス

【サイズ】
480×356×186mm
重量:2700g
【素材】
本体:耐衝撃性コーポリマー
蓋:インパクトスチロール

Amazonで詳細を見る

自分で収納しやすいようにカスタム可能な便利に使えるタックルボックスです。ラインからフック、ルアーなど様々な釣り具を収納可能です。更に持ち運びしやすいトランクタイプです。

5.オフショアからショアジギングに対応するならこれ!

MEIHO(メイホウ) ランガンシステムボックス VW-2070 タックルボックス

サイズ:434×233×271cm
•素材:本体・バックル・ハンドル/耐衝撃性コーポリマー
•素材:蓋/特殊ブレンドポリマー
• ワームプルーフ
•滑り止めゴム付

Amazonで詳細を見る

非常に持ち運びやすいサイズ感であるため、ショアからオフショアまで対応可能です。また、収納スペースもしっかりとあるため、様々な釣りスタイルに対応しています。

タックルボックスを使用して釣りを快適にしよう!

ジギング用タックルボックスについて紹介してきましたがいかがでしたか。タックルボックスを使用することで釣り具の保護や釣り具の持ち運びが非常に楽になります。そのため、ジギングをする方はタックルボックスを使用してみてはいかがでしょうか。

関連記事