FishMasterのロゴ

shun21

エギングロッドでライトショアジギングが楽しい!選び方とおすすめ!

軽いメタルジグを使って気軽に青物の強烈な引きが楽しめるライトショアジギング。専用ロッドもありますが、実はエギングロッドを流用してる人が結構多いんです!今回は、ライトショアジギングにおすすめのエギングロッドとその選び方を紹介します。

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

ライトショアジギングはエギングロッドでも楽しめる!

出典:photo-ac

青物などを岸から狙うショアジギングですが、最近人気になのが20g〜50gくらいの軽いメタルジグを使ったライトショアジギングです。
ライトタックルを使って気軽に青物を狙えるので、誰でも始めやすいルアーフィッシングです。
使用するロッドは専用ロッドもありますが、初心者の人や他の釣りも楽しみたい人はエギングロッドを流用する人が増えています。
エギングで狙うアオリイカは時に青物のエサになることもあり、アオリイカのポイントで青物が釣れることもよくあります。
エギングロッドを使えば、エギングの合間にライトショアジギングをしたりと、青物とイカの両方を楽しむことができます!

ライトショアジギングに求められるロッド性能

  • メタルジグを遠投できる「長さ」
  • 青物がかかっても負けない「硬さ」と「パワー」
  • ロッドをしゃくり続けられる「しゃくり易さ」

こちらが、ライトショアジギングに求められるロッドの要素です。
一般的にエギングロッドは柔らかく、特に穂先がソリッドティップになっているものもあります。
ライトショアジギングではメタルジグを大遠投するので、そのような柔らかすぎるロッドやティップは折れてしまう可能性があり、あまり向きません。
むしろ遠投できるように長く、青物の強烈な引きに耐えられる硬さとパワーを持ったロッドの方が向いていますね!
あとは、メタルジグをずっとジャークし続けなくてはいけないので、しゃくり易さもロッド選びでは重要になってきます。
以下では細かいロッドの違いとライトショアジギングに向いているエギングロッドの選び方をご紹介します!

ライトショアジギングとエギングに使うロッドの違い

出典:visualhunt

おすすめロッドをご紹介する前に、エギングロッドとライトショアジギングロッドの違いについてご紹介します。
主な違いは4点あり、「ルアーウェイト」・「硬さ」・「長さ」・「グリップエンドの長さ」です。

ルアーウェイト

ライトショアジギングロッドは20g〜50gのルアーを扱えるように設計されていますが、エギングロッドは、エギの適合ウェイトが2.5号〜4.0号に設定されているものが一般的です。
これはグラム数でいうとおおよそ10g〜25gくらいで、春イカや深場攻略対応のエギングロッドであれば4.5号(約33g)まで対応しているのもあります。
少し軽めのルアーウェイト設定になっているので、エギングロッドで釣りをする時は使用するジグも20g〜30gくらいのものがいいでしょう!

硬さ

2つのロッド間には硬さの違いもあります。
青物とのやりとりに特化したライトショアジギングロッドは、全体的に硬い調子に作られてますが、イカの繊細なアタリを取れるように作られているエギングロッドは柔らかい調子になっています。
強烈な青物の引きに備えて、ライトショアジギングをする時は、MH(ミディアムヘビー)かH(ヘビー)くらいのエギングロッドを選ぶと良いでしょう!

長さ

ショアからのジギングでは、遠投すると遠くの深いポイントを狙えるので、遠投すればするほど有利になります。
ライトショアジギングでもそれは同じで、できるだけ長いロッドを使うのがおすすめです。
エギングロッドを流用する場合ですと、あまり多くはないですが10ftくらいのものがあれば相当遠投できるので有利になりますが、扱いには慣れが必要です。
8ft台後半のロッドであれば十分に遠投することができますし比較的扱いやすいので、初心者アングラーにはベストな長さです!

グリップエンドの長さ

一般的なライトショアジギングロッドは、青物青物とファイトしたり、長時間メタルジグをジャークしたりしても疲れにくいようにグリップエンドを長くして脇に挟める仕様になっています。
エギングでは細かいしゃくりの方が重要なので、エギングロッドでグリップエンドの長いものを見つけるのは難しいですが、できれば脇に挟めるか握りやすいグリップのものを選ぶとエギングロッドでも疲れにくく快適に釣りが楽しめます。

エギングロッドに合うメタルジグはこれだ!

出典:photo-ac

ここでは、エギングロッドをライトショアジギングに使う時のおすすめルアーをご紹介します。
エギングロッドは一般的なライトショアジギングロッドに比べてルアーウェイトが軽めな上に柔らかいので、20g〜30gくらいの少し軽めのメタルジグがおすすめです!
エギングロッドを使用する際は、ロッドに記載されているルアーウェイトをチェックするようにしましょう。

初心者でも使いやすいメタルジグの定番!

メジャークラフト ジグパラショート

重量:20g
色:イワシ
・フロントに高強度、超防錆の日本製オリジナル伊勢尼フック搭載
・リアはこだわりのゲイプで掛り抜群の防錆日本製トレブルをセット
・全部のアクションに対応可能

Amazonで詳細を見る

まずご紹介したいのが、ルアーマンを中心に人気が広がっているメジャークラフトから出ている「ジグパラ」です!
ジグパラはジャークはもちろんタダ巻きでもしっかりとアクションしてくれるので初心者でも扱いやすいジグです。
どれを買うか迷ったらまずはジグパラをおすすめします。

かっ飛びの飛距離で沖のポイントを独り占め!

シマノメタルジグコルトスナイパーイワシロケットJM-C20R/JM-C30R/JM-C40R

サイズ:30g
カラー:ブルピンイワシ

Amazonで詳細を見る

シマノの大人気メタルジグが、 「コルトスナイパー」で、後方重心でずば抜けた飛距離を遠投することができます。
また、後方重心のおかげで小魚のナチュラルな動きを再現します。
タックルボックスに1つ入れておきたい大人気ルアーです。

スリムボディが青物に効く!

JACKALL(ジャッカル)メタルジグビッグバッカーJIG/SLIDESTICK30gイワシグローベリー/ボーダーホロ.

サイズ:30g
カラー:イワシグローベリー/ボーダーホロ

Amazonで詳細を見る

ジャッカルの「ビックバッカージグ スライドスティック」は細長い形状が特徴のメタルジグです。
キレのあるジャークと滑るように落ちていくフォールは青物に効果抜群!
ルアーローテーションには必ず入れておきたいおすすめメタルジグです。

スローなアクションで誘いたいとにはコレ

メジャークラフト ジグパラスロー ライブベイトカラー

重量:30g
フロントフック:伊勢尼#12×2
リヤフック:#12
塗装面UV仕様
リヤフック:#12
塗装面UV仕様

Amazonで詳細を見る

さきほどご紹介したメジャークラフトの「ジグパラ」シリーズで、スローな動きを得意とするメタルジグです。
フォールは木の葉のようで、ショアから話題のスロージギングが楽しめます。
青物だけでなく、マダイなどにも効果的です!

オーロラシート付きで青物のバイトを誘う!

AbuGarcia(アブ・ガルシア)メタルジグルアーショアスキッドジグ30gSSSHRSJ30-BPKブルーピンク

サイズ:30g
カラー:ブルーピンク

Amazonで詳細を見る

アブガルシアの「ショアスキッドジグ」は、オーロラシート付きのフックが標準装備で魚のバイトを誘ってくれます。
アクションはゆらゆらリトリーブと振り子フォールを得意とし、青物・ヒラメ・マゴチ・シーバス等オールマイティーに活躍するルアーです!

ライトショアジギングにおすすめの厳選エギングロッド!

出典:photo-ac

ライトショアジギングにおすすめのエギングロッドをご紹介します。
エギングロッドを流用するときは、できるだけ硬めのロッドを選ぶことが重要です。
今回は5つのロッドを厳選しましたので、みなさんのロッド選びの参考にしてみてください!

コスパ抜群!ダイワのエントリーモデル

ダイワ(DAIWA)エギングロッドスピニングリバティクラブエギング862MHエギング釣り竿

標準全長:2.60m
仕舞:135cm
継数:2本
自重:145g
対応エギサイズ:2.5~4号
対応ライン(PE):0.6~1.2号

Amazonで詳細を見る

大手釣り具メーカーダイワから出ているエントリーロッドシリーズ「リバティクラブ」のエギングモデルです。
エギのウェイトも4号まで対応しているので、25g程度のメタルジグもキャストすることができます。
1万円以下と非常にリーズナブルな価格でなので、釣り初心者にはぜひおすすめしたい1本です!

Newソルパラでライトショアジギングを楽しもう

メジャークラフト2代目ソルパラXエギングSPX-862EH

標準全長:8.6ft
継数:2本
ルアー (g):3.0-4.0
ライン(PE) 0.6-1.5

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトの大人気シリーズ「ソルパラ」の2代目エギングモデルです。
エギはもちろんメタルジグを快適にキャストできるキャストフィールと、手に馴染むグリップでライトショアジギングでも疲れにくくなっています。
初代のソルパラから改良を重ね、1万円を切る低価格でありながら本格スペックが体感できる絶対オススメのロッドです。

力あるブランクでメタルジグのジャークも完璧!

アブガルシア ソルティースタイル エギング STES-862M-KR

全長:8'6"
仕舞:132.5cm
標準自重:127g
適合ライン(PE):0.5-1
エギ(号):3-4号

Amazonで詳細を見る

力あるブランクが特徴のアブガルシアの「ソルティースタイルエギング」は、ブランクにパワーがありつつも全体的にベンドするM調子に設計されているので、青物とのやりとりも疲れにくいロッドです。
また、高弾性カーボンを使用することで、キビキビとしたキレのあるジャークが可能です。

春イカ・ショアジギにも使える優れもの!

メジャークラフトエギングロッドスピニングN-ONEエギングモデルNSE-862EH釣り竿

標準全長:8.6ft
継数:2本
エギ:3.0-4.0号
ライン:PE0.6-1.5

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトの「N-ONE」シリーズは、初心者にはもちろん中・上級者にも人気のロッドです。
東レの“ナノアロイ®”技術を適用した「ナノパワー・テクノロジー」でエギングロッドの中でも最強クラスの強度と軽量化を実現しました。
独自「クロスフォース製法」で巻かれたバットは、春イカはもちろん青物も十分に釣り上げることができます。

エギングもハイレベルでしたい人は絶対コレ!

シマノエギングロッドセフィアSSRS806MH

全長(m):2.59
継数(本):2
自重(g):105
適合エギサイズ(号):3.0~4.5
適合ラインPE(号):0.6~1.2

Amazonで詳細を見る

シマノから出ている大人気エギングブランド「セフィア」のエギングロッドです。
わずか105gという軽量な自重で、ショアジギをしても疲れにくいのはもちろん、本来の目的であるエギングもハイレベルで楽しめる1本です。
ライトショアジギングはしたいけど、エギングも高いクオリティーで楽しみたい中・上級アングラーにおすすめのロッドです。

エギングロッドでエキサイティングな青物ファイトを!

出典:photo-ac

いかがだったでしょうか?

ライトなタックルを使って気軽に青物のエキサイティングなやり取りを楽しめるライトショアジギング。
しっかりとポイントを押さえて選べばエギングロッドでも十分に楽しむことができます。
新しくロッドを買う人も、すでにエギングロッドを持っている人も、誰でも気軽に始められるライトショアジギングは絶対におすすめです!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

関連記事