FishMasterのロゴ

bigpou

【2020年最新】人気のおすすめエギングロッド15本!新作も紹介

エギングを始めようと思ってる初心者の方。今よりちょっと良いモデルに買い換えてもっと楽しくエギングをしたい方。ここではそんな方々のために、買って後悔しない人気のおすすめエギングロッド15本を厳選しました。最新モデルや新作も紹介します!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

エギングロッドの特徴と選び方とは?

出典:photoAC

エギングの対象魚はアオリイカです。アオリイカは大きいサイズで4kgを超える場合もあり、エギングロッドもアオリイカのファイトに耐えられるパワーが必要になります。
かといって硬すぎるとイカの繊細なあたりを捉えきれず、掛けたとしても身切れの原因になってしまいます。

ではどんなロッドを選べばいいのでしょうか。
それはズバリ、8.3ft前後でM~ML調子、3.5号のエギが操作できる軽いロッドです。
詳しく見ていきましょう。

エギングロッドの長さとは?

エギングロッドの長さ、それはズバリ、”8.3ft(=約2.5m)"前後になります。
理由としては、キャストと操作の両立をするのに最適な長さだからです。
エギングは広くイカを探るキャストが必要な場面が多くある一方、エギをしゃくり続けるタフな釣りです。
長すぎるとしゃくりにくく疲れてしまう、かといって短いと飛距離が出ないと、この8.3~8.6ftがベストな長さになっています。

エギングロッドの調子は?

冒頭にも触れましたがエギングでは、エギを常にしゃくり続けなければいけません。
そのため、エギをしゃくりやすい(=操作しやすい)ある程度先調子のM~ML調子のロッドが中心になります。
極端に先調子だと大型のイカが掛かった時に身切れの原因になってしまう、胴調子だとしゃくりにくく合わせも利かない、という点があります。
ある程度先調子のM~ML調子のロッドが最適というわけです。

軽いエギングロッドがアドバンテージに!

エギングではエギをしゃくり続けます。
通常の釣りとは違い、一日竿を動かす釣りになるので疲労感が違います。
つまり、軽いロッドを選ぶことがイカに出会うチャンスになります。
ここぞのタイミングで疲れてしまっていては集中力が切れ、せっかくのチャンスを逃してしまうことに繋がります。
100g前後のロッドであれば軽量で、エントリークラスのロッドでも取り揃えがあります。
100g程度の重量という点も気にしてみましょう。

春秋、シーズンによるロッドの選び方

一般にエギングのターゲットとなるアオリイカには2つのシーズンがあります。
1つは産卵のために大型のイカが釣れることが多い春、もう1つは夏に生まれある程度のサイズとなり数釣りの楽しめる秋、この2つです。
春は3.5号~場所によっては4号程度のエギを使うこともあるので春をメインにする方は上記のロッドより1ランク強くすることをオススメします。
一方秋は2.5号~3号程度のエギを使うことが多いため、1ランク落としても問題ありません。

しかしオールマイティに使えるのは8.3ft程度、M~ML調子で100g前後の3.5号適合のロッドだということを覚えていてください。

【初心者】エギンガーへの第一歩!入門者におすすめエントリーモデル3選!

出典:photoAC

お待たせしました。
ここからは各価格帯におけるおすすめロッドを紹介していきます。
まずは初めての1本に!低価格でおすすめのロッドを一挙公開します。
低価格帯=実売価1万円台までのロッドと定義します。
この価格帯のロッドの特徴としては、やはり手ごろな価格になっており、まず初めての1本ということであれば、この価格帯のロッドを購入するとよいでしょう。
正直中高価格には何ランクも劣ってしまう部分がありますが、それでも専用ロッドなだけあって、とにかく1シーズンお試しでエギングをやってみたいならこの価格帯のロッドを買うことをお勧めします。

1.価格を抑えてマイロッドを!

遠里釣具 FridayEging 8.0F

・全長:241cm
・仕舞寸法:125cm
・自重:122g
・継数:2本 逆並継ぎ
・エギサイズ:2号~3.5号 鉛負荷6号まで
・適合ライン:PE0.8号~1.5号

Amazonで詳細を見る

とにかく、まず1回エギングとやらを試してみたい、そんな方にオススメの1本です。
ダイワやシマノといった大手メーカーのエントリーモデルの半値以下で買えるためとりあえず、というニーズにこたえられます。
扱えるエギが2号からと、秋の時期にピッタリです。
また3.5号までは投げられるため春の大型イカにも対応しています。

2.コスパ最強のエントリーモデル!

メジャークラフト ソルパラ エギング SPX-832E

推奨ルアー (g):2.5-3.5
ライン(PE) 0.4-1.2
アクション:レギュラーファースト
型番:SPX-832E

Amazonで詳細を見る

コストパフォーマンスに優れるメジャークラフトの入門ロッド”ソルパラ”からの1本です。
長さと硬さがちょうど良いオールシーズンに使えるエントリーモデルです。
一般的に多い漁港でのエギングに適したスペックで、あまりにも安すぎるロッドはちょっとな、でも1万円を超えるロッドは手が出せないな、といった方にオススメです。

3.ダイワの入門エギングロッド

ダイワ リバティクラブ エギング 862M

標準全長:2.60m
仕舞:135cm
継数:2本
標準自重:140g
対応エギサイズ:2.5~3.5号
対応ライン(PE):0.6~1.2号

Amazonで詳細を見る

ダイワのエギング入門者向けロッド”リバティクラブ”シリーズよりこの1本。
低価格ながら、操作性・軽さ・強度が全て揃っているコストパフォーマンスの高い商品です。
糸絡みが少ない設計となっているため、初心者でも問題なく使いこなすことができます。
8.6ftで飛距離を出せ、オールマイティな3.5号が扱える無難な調子になっています。

【初中級者に】中級者から初心者に送る、シチュエーション別ロッド6選!

出典:photoAC

ここからはあまり安すぎるロッドはなぁ、という初心者の方から、1万円を超えるがあまりにも高すぎないロッドに切り替えてみようかなと考える中級者の方向けにオススメのロッドを紹介します。
ダイワ・シマノといったメーカーものが登場し、ロッドの基本性能も徐々に向上してきています。
しかしながらまだエントリーモデル感はぬぐえないため、やりこんだ中級者の方では満足いかない部分が出てくるのも正直な感想ではあります。
価格帯は1~2万円台後半までで揃えました。
それでは見てみましょう。

1.ダイワのエギング専用モデルが生まれ変わって再登場

ダイワ エメラルダス 86M・V

標準全長(m):2.59 (8.6ft)
仕舞(cm):134
継数(本):2
標準自重(g):108
エギサイズ(号):2.5-4.0
適合ライン PE(号):0.5-1.2

Amazonで詳細を見る

エギングロッドのパイオニアのダイワより、エギング専用機種”エメラルダス・V”シリーズより、入門価格の1本をご紹介します。
7種類あるエメラルダス・Vの中では最もスタンダードなクラスに位置する86Mは、使用エギ3.5号を中心に、春の親イカを浮かせるバッドパワーや秋の新子を狙う際に使う小型エギを扱える繊細さも併せ持った、オールマイティなロッドです。
エギングロッドを1本購入検討中の初心者の方から、もう1歩突っ込んだロッドを購入検討している方にオススメです。

2.秋エギングにオススメの1本!

アブガルシア ソルティースタイルエギング STES-832ML-KR

全長:8.3ft
仕舞:129cm
標準自重:120g
適合ライン(PE):0.4-0.8
エギ(号):2-3.5号

Amazonで詳細を見る

アブガルシアより、ロッドの重量のみならず全体のバランスにまでこだわり作られたロッドです。
そのバランスの良さは、8.3ftと標準的な長さながら振り抜き感の良さから、全長より短いロッドを使っているのではないかと錯覚するともいわれます。
3.5号までのエギを使えるため春秋両方のシーズンに使えますが特にオススメなのは秋のエギング。
2.5~3号の軽量エギを扱いやすいです。

3.価格以上の性能!

シマノ セフィアBB S86M

全長(m):2.59
継数(本):2
仕舞寸法(cm):133.2
自重(g):107
適合エギサイズ(号):2~4
適合ライン PE(号):0.5~1

Amazonで詳細を見る

エントリーモデルの価格帯ながら、シマノの主要テクノロジーであるハイパワーXを搭載したロッド。
軽量で操作性が高く、芯がある強さを有しています。
デザインもカッコイイです。

4.ハイプレッシャーをものともしない!ソリッドティップモデル!

メジャークラフト トリプルクロス エギングソリッドモデル TCX-S862EL

継数:2本
全長8.6ft
エギ:2.0~3.5号
アクション:エクストラファースト
対応PE:0.4-1.0

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトから発売されている”トリプルクロス”シリーズより、エギングモデル7種類の中から本ロッドを紹介します。
本製品はソリッドティップロッドです。
繊細に攻めることができるので、ハイプレッシャーフィールドや、喰い渋っているときなどにおすすめです。

5.軽快かつオートマチックな操作性!

シマノ セフィアTT S86M

全長(m):2.59
継数(本):2
仕舞寸法(cm):133.0
自重(g):105
適合エギサイズ(号):2~4
適合ライン pe(号):0.5~1

Amazonで詳細を見る

エギングでもっとも重要なテクニックであるジャークを、軽快かつオートマチック感覚で操作できることを重視したハイパフォーマンスロッド。
手首を軽く動かすだけで簡単にジャークをすることができます。

6.強風でも絡まないインターラインモデル!

ダイワ エメラルダスMX IL 83ML・N

全長(m):2.51
継数(本):2
仕舞(cm):130
自重(g):92
適合エギサイズ(号):1.8~3.5
適合ライン PE(号):0.4~1.0

Amazonで詳細を見る

上の4本はアウトガイドモデルでした。
これは今では珍しくなったインターガイドのロッドです。
珍しくなったとはいえ、未だに現役で活躍できるロッドです。
特にライントラブルが心配なナイトゲームや強風時には強いです。
本ロッドは1.8-3.5号と軽量エギを扱うことが容易で、秋の新子をランガンで狙うスタイルから、低活性時エギをドリフトやスローなジャークにも対応しているため、インターラインモデルを探している方にはちょうどいい1本です。

【中上級者に】これなら納得!高機能ロッド!

出典:photoAC

ここからは、今のロッドに満足できない中級者の方、買い替えを検討中だが、実際の使用者の声を聞いてみたい、という上級者の方までにお送りするロッドになっています。
この価格帯からは各メーカーの上級技術が投入され始めているため、どのロッド1本をとっても同じものはありません。
自分の好きなメーカーから1本、好きな長さから1本、使用するエギの大きさから1本と、ご自身の中で選ぶ軸を持ってロッドを選択する必要が出てきます。
ここで紹介するロッドはもちろん他にも種類があるため、興味があるようであればさらにリサーチを進めてみるのもいいでしょう。
実売価格4万円前後までのものが中心になっています。

1.タフテックα採用ロッドで今までにないアタリを体感せよ!

シマノ セフィアCI4+ S806M-S

全長(m):2.59
継数(本):2
仕舞寸法(cm):132.9
自重(g):94
適合エギサイズ(号):2~4
適合ライン PE(号):0.5~1

Amazonで詳細を見る

まずはその穂先に搭載された”タフテックα”により、今までに出なかった繊細なアタリを、視覚的に捉えられるようになりました。
また繊細な穂先が波や風を吸収してくれるため波風によってエギが引っ張られる心配もなく、またアタリと波風の違いをしっかりと伝えてくれるようになりました。
キャストのしやすい8.6ftでかつ適合エギの範囲も広く、オールマイティに使える万能ロッドです。

2.ロングキャストでライバルの外からイカを掛けられる!

ダイワ エメラルダスAIR AGS 89M

標準全長(m):2.67(8.9ft)
仕舞寸法(cm):138
継数(本):2
標準自重(g):95
適合ラインPE(号):0.5-1.2
エギサイズ(号):2.5-4.0

Amazonで詳細を見る

エギングロッドの中でも長い部類に入る8.9ftの本ロッド。
ただ長いだけでは重いですが、それをカバーするダイワの技術が搭載されています。
カーボンにより成形されたガイドがもたらす感度と強度と軽量化。もちろん飛距離にも寄与する”AGS”ガイド。
従来よりひずみ・突っ張り・パワーロスを大幅に減した”V-ジョイント”。
軽量化・パワーUP・細身化を実現する”高密度HVFカーボン”
と、これら技術のおかげで、8.9ftながらも100gを切る軽量化を達成。
適合エギサイズも2.5-4号と、全シーズンにオールマイティに対応可能です。
いままで届かなかったあのポイントに届く仕様になっています。
普段のポイントがハイプレッシャーで飛距離が求められる、いいポイントが60m以上先にある、長いロッドが純粋に好き、といった方にオススメです。

3.軽快かつ快適な操作性!

ヤマガブランクス メビウス 85ML

Length:2555mm
Weight:93g
Section:2pcs
Lure:2.5~3.5号(~24g)
Line:PE0.5~0.8

Amazonで詳細を見る

ヤマガブランクスより、メビウス 85MLの紹介です。
エギングにおける様々な操作において軽快さと快適さを追求したモデル。
小刻みな誘いからスラックジャーク、ビシバシジャークまで多彩な誘いのバリエーションを駆使することが可能。

【上級者】使いこなせば鬼に金棒!フラッグシップモデルを紹介!

出典:photoAC

ここからはメーカーのフラッグシップモデルを紹介していきます。
もちろん価格は効果になりますが、各メーカーの技術の粋を結集させたロッドになっています。
全ジャンルの釣りに対応するオールマイティロッドから、状況特化ながらハマるとすさまじい力を見せてくれるロッドなど、その種類は様々です。
オールマイティロッドをメインロッドにするもよし、今のロッドをメインにし、この価格帯の尖った性能を持ったロッドをサブロッドにするもよし、アングラーの選択次第で今のエギングフィールドは格段に視野が広くなります。
各メーカー至高の1台をご覧ください。

1.【2020年最新版】

シマノ セフィアリミテッド S89ML

全長(m): 2.67
継数(本): 2
仕舞寸法(cm): 137.2
自重(g): 104
先径(mm): 1.6
適合エギサイズ(号): 1.8~3.8
適合ライン PE(号): 0.4~1

Amazonで詳細を見る

シマノのフラッグシップモデル”セフィアリミテッド”より、2020年に追加された本ロッドを紹介します。
本ロッドはエギングロッドとしてはロングロッドに入るの8.9ftです。
足場の高い堤防や不安定な磯場などで大活躍のこのロングロッドは、エギの状況・ボトムの形状/状況・潮流を寸分の狂いなくアングラーの手元に伝えてくれます。
そして特筆すべきはエギのしゃくりやすさです。
ロングロッドのためシャクリにパワーを必要とするのではないかと考えるかもしれません。
しかしこのロッドは手首を軽く動かすだけでエギを操作できる高い操作性を持っているため長さを感じさせないしゃくりやすさを実現。
長いのに何でもわかる、新たなエギングフィールドへようこそ。

2.僅か0.6mmの超高感度をその手に!

ダイワ エメラルダス ストイストAGS 80LM-SMT

全長(m):2.44(8.0ft)
仕舞(cm):126
継数(本):2
自重(g):99
先径/元径(mm):0.6/10.4
適合エギサイズ(号):2.5-4.0
適合ライン(号):0.4-1.0
カーボン含有率(%):99

Amazonで詳細を見る

ダイワのフラッグシップモデル、”エメラルダス STOIST AGS”より本ロッドを紹介します。
特筆すべきはダイワエギングロッド史上、最も細い0.6mmのティップを装備している点です。
これにより、今まで感じることのできなかった水流の変化、僅かなイカパンチまで捉えることができます。
基本のキャスト性能・エギの操作性から、ロッドの操作によりエギを潮に乗せ広範囲を探るバックドラフトやイカを掛けた後の取り込みまでの操作性、全てが従来のエメラルダスの数倍上といっても過言ではないです。
ダイワのロッドを普段使っている方、ティップの変化やラインの変化といった視覚的な釣りをされるアングラーの方にはぜひ使ってもらいたい、そんなロッドに仕上がっています。

3.軽快さとパワーの融合!

ヤマガブランクス カリスタ 82M TZ Nano

レングス:2485mm
ウェイト:99g
セクション:2pcs
ルアー:2.5~4.0
ライン:Pe 0.5~1

Amazonで詳細を見る

軽快な使用感とパワーを融合させたロッド。
高いキャスタビリティーと操作性を持ち、繊細なティップとパワーのあるベリーとバットを組み合わせています。
クイックジャークからスラックジャークまで幅広く対応しています。

自分に合うエギングロッドを選んで最高のエギングライフを!

エギングロッドはエントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広くあります。入門者の方は、コストパフォーマンス重視で構いません。ある程度エギングの経験を重ね、スタンダードモデルに移行すると、さらにエギングを楽しめます。また、すべての釣りにあてはまりますが、ロッドの質と価格は比例するので、より質が良く、軽量・高感度・粘りのあるバットパワーなどを感じてエギングを楽しみたい方はハイエンドモデルをおすすめします。

お気に入りのエギングロッドで、思い出に残る1杯を釣り上げましょう!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

関連記事