FishMasterのロゴ

mocchi

愛用者が語る!ルアーフィッシング用フックカバーの4つのメリット

フックカバー。ルアーフィッシングを楽しむ人であれば大概の人はその存在を知っているかと思います。
しかし実際に使っている人となるとどのぐらい居るでしょうか。
今回はフックカバーの愛用者が改めてそのメリットについて考えてみました。

そもそもフックカバーとは?

記事468の画像15048

出典:DAIWA

フックカバーとはその名の通りルアーのフックをカバーするものです。
筆者も普段から何気なく使っていますが、
使わない人からはめんどくさい、何のために付けるの?などと言われその必要性を感じることは少ないでしょう。
しかし改めて考えてみると、フックカバーを付けることによるメリットが多数存在しました。

フックカバーを使う4つのメリット

記事468の画像15263

出典:FOTER

1.ルアー本体の保護

皆さんは新品のルアーを買ってすぐにタックルボックスに入れ、しばらくして使おうとした時にルアーにキズがついていた経験はありませんか?
これはタックルボックス内でルアー同士がぶつかることによってついたキズです。
特にフックの先端はとても鋭く尖っているためキズがつくのは当然です。
大事なルアーを保護する目的からもフックカバーを付けることは非常に意味があります。

2.フックポイントの保護

フックがルアーに当たることによりルアーにキズが付くのは当然ですが、フックの方にも悪影響を及ぼします。
フックの先端の尖った部分のことをフックポイントと呼びます。
フックが何度もルアーに当たるうちにフックポイントが丸くなってしまい、いざ魚をフッキングする時に刺さりにくかったりします。
そうした状況を未然に防ぐためにもフックカバーの使用をおすすめします。

3.怪我の防止

皆さんはフックが着ている洋服や手に刺さってしまった経験はありませんか?
特にタックルボックス内のルアーを取ろうとした時などによく起こります。
大事な洋服に穴が空くだけでなく手に刺さってしまうと、最悪の場合は病院に行き処置してもらうことになります。
普段からフックカバーを付けていれば、未然に事故を防ぎせっかくの楽しい釣行を台無しにしなくても済むかもしれません。

4.ルアー交換の時間を短縮

タックルボックスにフックカバーを付けていないルアーがたくさんある場合、
いざルアー交換をしようとした時、フック同士が絡んでしまい解くのに時間がかかってしまいます。
特にバイブレーションなどの絡みやすいルアーは何個も連なって解くのに大変なストレスとなります。
脱着に多少手間がかかりますが、それだけでルアー交換の時間短縮となり大切な釣行時間を有効に使えます。

フックカバーを使う上での3つの注意点

記事468の画像15047

出典:PEXELS

1.フックサイズに応じたフックカバーを使う

フックカバーにはそれぞれのフックに応じたサイズがあります。
サイズの合わないフックカバーを使った場合、フックカバーがはずれてしまったりフックの先端が出て大変危険です。
きちんとフックサイズに合ったフックカバーを使うようにしましょう。

2.サビに注意

ルアーの使用後、フックが乾く前にフックカバーを付けてしまうとサビの原因となります。
サビてしまうとフックとしての性能は低下してしまいます。
サビ防止のため水抜き用の加工が施されたフックカバーも存在しますが、
使用後は完全にフックが乾いたのを確認してからフックカバーを付けましょう。

3.タックルボックスの容量に注意

フックカバーを付けた状態でタックルボックスにルアーを入れると、付けてない状態に比べどうしても収納出来る個数が減ってしまいます。
大きなフックカバーは特にかさばる傾向にあります。

おすすめフックカバー3選

1.ダイワ トレブルロッカー2

ダイワのフックカバーでサビ防止のベンチレーターが付いており、且つ着脱しやすいよう持ち手が付いています。
使い手の気持ちがよく考えられており、筆者も1軍のタックルボックスのルアーにはこちらを使用しています。

ダイワ(Daiwa)フックキーパートレブルロッカー2L407991ルアーフック用

サイズ:L
適合フックサイズ:#6-#4
入数:7本
セーフティー着脱のプルリング付き
フックの錆付きを防止するベンチレーター
※各メーカーによってフックサイズが異なることがございます。

Amazonで詳細を見る

2.メイホウ VERSUS VS-52

タックルボックスを販売するメイホウのフックカバーです。
こちらのフックカバーの最大の特徴は、なんと言っても装着した時の安定感です。
サイズ選びは若干シビアですが、きちんとサイズに合ったフックカバーを使用すればがっちりロックしてくれます。

メイホウ(MEIHO)VERSUSVS-52Mサイズランカーパック65ヶ入グレー

サイズ:M
適合フックサイズ:#4-#6
入数:65個

Amazonで詳細を見る

3.メイホウ セーフティカバー 

こちらもメイホウのフックカバーですが、最大の特徴はそのコストパフォーマンスでしょう。
フックカバーとしての機能は十分に備わっており筆者も保管用のタックルボックスにはこちらを使用しています。

メイホウ(MEIHO)セーフティカバーブルーMサイズ

セーフティカバー M ケース100ヶ入り■フックサイズ:#6~#10■ケースサイズ:縦98×横178×高さ30■カラー:ブルー●大切なルアーの針先をしっかりガード●人気のセーフティカバーのLサイズが100個ケースに入っています。●ケース単体としても使用可能。

Amazonで詳細を見る

まとめ

記事468の画像15257

出典:FOTER

今回はタックルとしてはあまり注目されることの少ないフックカバーについてフォーカスしてみました。
筆者自身も昔からフックカバーの愛用者ですが改めてそのメリットを確認することが出来ました。
これだけ多くのメリットがあることを考えると、脱着の手間は大したデメリットではないように思います。
まだ使ったことない人は一度使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事