FishMasterのロゴ

blackhearts

ライフジャケットの選び方を徹底解説!安全に釣りに出かけよう!

ライフジャケットが着用義務化されました。安全に釣りに出かけて頂く為、ライフジャケットの法改正の解説、「桜マーク」使用海域の詳細からライフジャケットの選び方を徹底解説、またメリットやデメリットなども紹介していますので是非参考にしてみて下さい。

当サイトおすすめ!
★ ライフジャケット人気ランキング ★

ダイワ ライフジャケット ウォッシャブル ウエストタイプ手動・自動膨脹式 DF-2207

Amazonで詳細を見る

ダイワ フローティングベスト フロートゲーム DF-6206フリーサイズ

Amazonで詳細を見る

ダイワ ライフジャケット ウォッシャブル 肩掛けタイプ手動・自動膨脹式 DF-2007

Amazonで詳細を見る

実は多機能?釣り用ライフジャケットとは?

ライフジャケットとは、別名救命胴衣とも呼ばれています。着用者を水上に浮かせて頭部を水面につけないように保護する救命用具の1つです。主にプールや河川、湖、沼、海で使用され航空機にも装備されています。海難や水難事故の非常脱出用の装備で、小型船舶やプレジャーボート、釣り、カヌー等の水辺のレジャーには安全上欠かすことが出来ない装備です。また確実に救助を要請出来るように水濡れに強い単管タイプのホイッスルの装備も義務付けられています。

法律で着用が義務付けられている!

平成30年2月から「全ての小型船舶の乗船者」に桜マークつきライフジャケットの着用の義務化されています。ここでは、ライフジャケットの着用義務化について詳しく解説していきます。

どんな法律?

まず初めに、海中転落時の生存率ですがライフジャケットを装着していると生存率が2倍以上になります。法律改正は釣り人の命を守る法律でもあるのです。平成30年2月1日から、原則として小型船舶(但し11ft以下の免許不要艇の場合は適用外です)の船室外に乗船する全ての者に国の安全基準に適合したライフジャケットを着用させる事が、船長の義務になる法律です。小型船舶の乗船時に国の安全基準をみたしていない場合は、船長の違反になります。たとえ船長の指示がなかったとしても自分の命を守るために必ずライフジャケットは着用しましょう。

開始日

遊漁船に乗船する時、以前はライフジャケットの着用は努力義務でしたが、法改正によりライフジャケット着用が義務化されていますので、国の安全基準に適合したライフジャケットの着用をしなければなりません。 平成30年2月1日から施行されています。既に始まっている法律です!知らないでは済まされないので注意して下さい!

違反時の罰則

違反者については最大6か月の免許停止になります。乗船者に対してライフジャケットを着用させなかった船長には、違反点数2点が付され再教育講習を受講しなければならないのです。ライフジャケットですが、国の安全基準に適合したライフジャケットの着用をしなければなりません。これだけ厳しく罰則強化されていますので、規定のライフジャケットを着用していなければ乗船はさせてもらえないでしょう。
※違反点数は平成34年2月1日から付与されます。なので、この4年間で法改正を熟知するための期間ということです。

どんな時違反になるの?

法改正によりライフジャケットの着用が義務化されました。着用義務化というのは必ず着用しなさいという事で、従来の着用努力義務というのは、なるべく着用して下さいという事です。(後で詳しく解説しますがライフジャケットは桜マークの物に限ります。)ここではどのような場面で着用義務なのか?従来通りの着用努力義務なのか?新しい法律についてどのような行為が法律違反につながるかを詳しく解説していきたいと思いますのでして熟知して違反にならないように注意しましょう。

船室内にいる場合

船室内にいる場合はライフジャケットの着用は必要ありません。ただし屋根だけを有するスペースのような風雨にさらされている場所はライフジャケットの着用義務になりますので注意が必要です。

命綱・安全ベルトをしている場合

命綱や安全ベルトをしていて、海中転落の危険性がない場合はライフジャケットの着用の必要はありません。従来通りの着用義務となっています。

船外で泳ごうとしている場合

船外で泳ごうとしている直前の場合や船外での必要最小限の移動はライフジャケットの着用は必要ありません。わかりにくいのですが、要は遊泳するための動作ということです。ですが従来通りの着用努力義務なのでなるべくライフジャケットは着用しましょう。

船外で専用のスポーツ・レクリエーションをする場合

船外で専用のスポーツ、レクリエーションというのは、専用の装備を用いたダイビング、水上スキー、ウェイクボード、シーウォーカーなどです。船上で専用の装備を着用している場合は着用の義務はありません。しかし、釣りをする場合は着用義務がありますので気をつけて下さい。また捕捉ですが、船外で専用の装備を用いた作業、潜水漁業、救助、調査、工事などの場合も着用義務はありません。

安全措置が講じられている場合

船上で儀式、祭礼、神事などを行う為、必要な服飾をしなければならない場合や、ヨットレース等の競技中、国際、国内で統一された安全基準に基づいて落下防止の設備、救助設備の設置、救助体制など安全措置が講じられている場合はライフジャケットの着用義務はありません。

防波堤内に係留された船にいる場合

防波堤の内側にある岸壁、桟橋、係船くいなどに係留中の船の上はライフジャケットの着用義務はなく従来通りの着用努力義務になります。必ず着用ではありませんが、船外に身を乗り出す行為や、釣りをする場合は着用義務となるので勘違いしないように注意が必要です。

船長が定めた安全場所の範囲内にいる場合

船長が指定した船外への転落の恐れが少ない場所の範囲内にいる場合は船長の了解を得てライフジャケットの着用義務から着用努力義務とする事ができます。転落の恐れが少ない場所の範囲ですが安全場所といいます。詳細は国土交通省参照の下記をご覧ください。

1) 安全場所が(船舶に)固定して施設される75センチメートル以上の手すりや固定された堅牢な椅子などで囲まれていること
(2) 次のすべての内容を記載した掲示物を安全場所に乗船している者から見える位置に掲示すること
(a) 安全場所の範囲を表した図
(b) 船長の了承を得た場合、安全場所内に限り着用義務が課されないこと
(c) 船長は、あらかじめ確認した気象及び海象の予報に基づき船体の動揺が著しく大きくなることが予見されない場合に限り了承すること
(d) 安全場所の範囲内であってもライフジャケットの着用に努めること
(e) ライフジャケットを着用せずに船外に身を乗り出す行為をしないこと
(f) ライフジャケットを着用せずに釣り等の作業※をしないこと
※船舶の種類に応じて、乗船者が行う可能性のある船外への転落のおそれを伴う作業を列挙すること
(g) 椅子の上で立ち上がらないこと
(h) (e)(f)(g)の行為をする場合はライフジャケットの着用義務が生じること
(i) 安全場所の範囲内であっても船体が大きく揺れるような荒天時には船長の指示に従いライフジャケットを着用すること
(3) 安全場所に乗船している者から掲示物が常に見えるよう必要に応じて複数の掲示物を掲示すること

出典:http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html

その他

ライフジャケットの着用義務ですが、負傷、障害、妊娠中、ライフジャケットの着用が療養上、健康保持上適当でない場合や、体系が大きいことなど身体の状態により適切にライフジャケットの着用ができない場合、1歳未満の小児はライフジャケットの着用は必要がありません。

桜マークのライフジャケットについて

ライフジャケットの着用義務化されましたが、ライフジャケットは何でもいいというわけではありません。「桜マーク」がついていない場合は法改正により対応不可です。国土交通省がこのライフジャケットは安全ですと認めた証拠が「桜マーク」なのです。釣り船を利用するときも「桜マーク」が入っていないと乗船出来ないので注意が必要です。
以下の項目にて桜マークのライフジャケットについて解説していきます!

「桜マーク」のライフジャケットとは?

上記でありました「桜マーク」のライフジャケットについて「承認」と「認証」の違いがあります。「桜マーク」ライフジャケットを使用できる海域はタイプA・D・F・Gの4種類があります。ライフジャケットは何でもいいわけではありませんので、ここでは「桜マーク」の注意点やタイプ別の海域などを見ていきましょう。

桜マーク使用できる海域ごとにタイプA・D・F・Gの4種類

定員が12名を超える釣り船ならば全ての海域でタイプAでなければならないので覚えておいて下さい。なのでライフジャケットを選ぶ際には桜マークがついたタイプAを選んでおくといいです。ですが、どれが「桜マーク」なのか分かりにくくなっています。いろいろな認定商品があります。「桜マーク」のライフジャケットにはパッケージや製品、説明書などに「国土交通省型式承認」、「桜マーク」と記載されていますのでよく確認しましょう。

タイプA

このタイプAはどんな船でも適応していて安全制が優れているライフジャケットです。全ての海域で使えますので船釣りのときはこのタイプAであれば問題ありません。膨張式のものがほとんどで、浮力が7.5キロ以上あり、生地が目立ちやすくてサーチライトを反射する反射材や笛が装備されています。よく見るタイプのもので救命胴衣もこのタイプAになります。

タイプD

こちらのタイプDは、目立つ色が省略されたもので、プレジャーボートの渡航区域の沿岸や限定沿海以下の場合に使用されます。遊漁船などは渡航区域に入っていない場合があるので、タイプAを選んでおくといいです。

タイプF

固定式、浮力体式のフローティングベストに多く、ライフジャケットとしては機能よりもデザインなど利便性重視に作られたもので目立つ色や反射材、笛は付いていません。遊漁船やプレジャーボートでは使用できませので注意が必要です。

タイプG

タイプFから浮力を減らしたもので、膨張式、浮力体式で販売されています。
フローティングベストであれば、浮力は小さく着心地が良く、膨張式ではさらに小さくコンパクトです。水上オートバイなどもこのタイプのライフジャケットです。遊漁船では渡航区域が平水に限定されるので使用はできません。小さな湖などで使うボートでは使用可能なタイプとなっています。

CSJCI承認とCE認証について

CSJICマーク」はJCI(日本小型船舶検査機構)の性能鑑定適合品のマークです。
CE認証はEU加盟国で外国製品の安全基準に適合しているかどうかを確認するための国際的な認証制度です。
「桜マーク」とは、別物なので法律改正で不適合になるので注意が必要です。

ライフジャケットの種類について

ライフジャケットには「桜マーク」であるかどうかとは他に、種類があります。ライフジャケットの分類として大きく2つに分かれています。浮力体式タイプと膨張式タイプです。特に膨張式タイプには「肩掛けタイプ」と「腹巻タイプ」とがあります。ここではタイプ別に紹介していきます。

浮力体式タイプ

浮力体式タイプとはベスト型で浮力体が縫い込まれているタイプです。自動膨張式タイプと違い確実に浮くようになっている為、安全性が高いものです。昔からあるスタンダードなタイプで救命胴衣です。水が激しくかかる場所でも使え船に備え付けれていたり、川下りなどに着用するタイプのものです。

膨張式タイプ

膨張式タイプとはボンベからガスを出し浮袋を膨らまし浮力を作るタイプのものです。浮力体式と違う所は、浮力材の厚みがなくて、軽くて動きやすいという所です。水に反応してに膨張してくれます。ジェットスキーなど水が激しくかかる環境には適していません。磯場で歩いていて落下してしまった場合、頭をぶつけて意識を失ったとしても自動で膨張してくれます。膨張式タイプのなかでも「肩掛けタイプ」と「腰巻タイプ」があります。

肩掛けタイプライフジャケット

肩掛けタイプ式ライフジャケットは、浮き姿勢の時、浮力体が首周りをカバーして水面上に顔が出てくれるので安全性が高いタイプのものです。崖のある磯で落下して意識を失ったときなど、効果を発揮する事ができるタイプのものです。

腹巻タイプライフジャケット

腹巻タイプ式ライフジャケットはウエストベルト型膨張式ライフジャケットの事です。ウエストに着用しベルトをしている感じになります。1番の特徴はよく動ける事です。肩掛け式タイプライフジャケットと違いかさばらなくてスッキリして動きやすいのも特徴です。

浮力体式タイプと自動膨張式タイプのメリットデメリット

浮力体式タイプ

◎メリット

  • 浮力体式タイプのメリットは浮力材が入っているので、ボンベが必要な膨張式タイプと違いどんな時でも、必ず浮くという所です。
  • 浮力体式タイプのメリットは、たくさんの釣り用具を収納できるポケットがあるタイプのものが多いという所です。
  • 浮力体式タイプのメリットは保温力があるライフジャケットなので冬場などは温かいという所です。

◎デメリット

  • 冬場は温かくていいのですが、夏場は暑く蒸れるという所がデメリットです。
  • かさばり動きにくいという所です。キャスティングやランディングしにくいという所がデメリットといえます。

自動膨張式タイプ

◎メリット

自動で膨張するので意識を失った場合でも作動してくれるという所です。特に腹巻タイプのライフジャケットだと小さくかさばりません。肩掛けタイプよりもコンパクトなので動きやすいというポイントは多くの方が思うのでメリットといえるでしょう。夏場でも蒸れるこがないという所も魅力的なメリットです。

◎デメリット

一度膨らむとボンベを交感しなければいけないのでメンテナンスが手間になるという所や、値段が比較的高いという所です。ポケットなどの収容できるとこがあまりないという所もデメリットといえます。大雨に感知して誤作動してしまう事もあります。安全性の面では浮力体式に劣るという所です。それは穴が開くと沈んでしまうからです。特に磯などは尖った岩など障害物が多いフィールドはデメリットが多いといえます。

ライフジャケットの選び方!ルアー・船釣り両方解説いたします!

ルアー釣り

ルアー釣りではウェーディングベストです。大事なのは浮力です。ベストに浮力7.5キロ/24時間以上の表記がある場合は、24時間以上成人男性を浮かせておける事を表しています。適正な体重なども表記されていますので自分で必ず確認するようにして下さい。
収納力が高いかどうかも欠かせないポイントです。釣り用具の予備が収納する事ができるからです。お持ちのルアーケースのサイズを確認しておくといいです。

船釣り

船釣りの場合は手動膨張式タイプか自動膨張式タイプにわかれます。手動式タイプは自分で紐を引いて対処しなければなりません。船釣りをするのであれば自動膨張式タイプのほうが安全面では優れているといえます。手動でも膨らます事ができて、ボンベが入っているので万が一の場合は自動で膨らんでくれます。値段は少し高めですが船釣りの際は安全です。

おすすめライフジャッケット

ダイワ ライフジャケット(肩掛自動手動) DF-2021 ブラックカモ

サイズ:フリー
カラー:ブラックカモ

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO)ライフジャケット肩掛けタイプ手動/自動膨脹式ラフトエアジャケットVF-051K釣り救命胴衣フリーサイズ【国土交通省認定品】レッド

サイズ:フリー(胴回り最大/130cm)
外側素材:ナイロン100%
気室素材:ナイロン100%+ポリウレタン加工
浮力性能:7.5kg/24時間以上
立体裁断により首から肩にかけて体になじむフィット感を実現。動作時もズレにくく快適
サイズ調整可能なウエストベルトと背面ベルトで様々な体型の方に対応
首まわりは肌触りのよい速乾メッシュ素材

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa)ライフジャケットウォッシャブルウエストタイプ手動・自動膨脹式ブラックDF-2207フリーサイズ

サイズ:フリー(ウエスト55~140cm)
カラー:ブラック
素材/表地:ナイロン100%、気室:ナイロン100%(浮力:膨脹時7.5kg/24時間以上)
小型化と耐久性アップを実現した新型充気装置を搭載。

Amazonで詳細を見る

がまかつ(Gamakatsu)ライフジャケットエアベストキッズ用ホワイトGM-2141

サイズ:キッズ用
カラー:ホワイト
素材:〈表地〉ナイロン100%(撥水加工)

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa)フローティングベストフロートゲームブラックレッドDF-6206

着丈サイズ(目安):33cm
サイズ:フリー
カラー:ブラックレッド
本体素材:ポリエステル100%
ポーチ素材:ポリ塩化ビニル(PVC)
浮力材:ポリエチレン独立発泡(浮力7.5kg/24時間以上)
ポイントを見極め、移動しながら魚を狙うアクティブなアングラーにオススメ。肩ベルトの一部を衝撃吸収材で切り替えることで、実釣中に生じる衝撃を吸収し、身体への負担やベルトのズレを軽減するサスペンション機能付き。お好みに合わせてセッティング可能なプライヤーホルダー、500mlのペットボトルを吊り下げ可能なカラビナ付きドリンクホルダー、止水ファスナーを搭載した大容量ターポリンポーチを装備。

Amazonで詳細を見る

シマノ ゲームベストライト VF-068T フリー

カラー:ネイビー
サイズ:フリー
大人用 浮力5.85kg

Amazonで詳細を見る

がまかつ フローティングベスト GM2191 ブラック L

素材:〈表地〉ナイロン100%
〈裏地〉ナイロン100%
〈メッシュ〉ポリエステル100%
〈浮力材〉NBR 70%、P.V.C 30%
4ポケットジャケット/2止水ポケット

Amazonで詳細を見る

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。このようにライフジャケットには様々な機能が備えられており、私達釣り人を万が一の場合に守ってくれる命のジャケットなのです。これを読んで法令を遵守してより安全に楽しく様々なフィールドで釣りを楽しんで下さい。

当サイトおすすめ!
★ ライフジャケット人気ランキング ★

ダイワ ライフジャケット ウォッシャブル ウエストタイプ手動・自動膨脹式 DF-2207

Amazonで詳細を見る

ダイワ フローティングベスト フロートゲーム DF-6206フリーサイズ

Amazonで詳細を見る

ダイワ ライフジャケット ウォッシャブル 肩掛けタイプ手動・自動膨脹式 DF-2007

Amazonで詳細を見る

関連記事