FishMasterのロゴ

TANAKA

失敗しないメバリングロッドの選び方!入門に最適な1本が決まる?

漁港などで手軽に楽しむことができるメバリング。初心者に人気の釣りで、各メーカーからは様々なロッドが販売されています。今回はそんなメバリングロッドの選び方と入門に最適な商品を厳選して紹介します。

当サイトおすすめ!
★ メバリングロッド人気ランキング ★

ヤマガブランクス ブルーカレント 74II

Amazonで詳細を見る

シマノ 18 ソアレ SS S76UL-T

Amazonで詳細を見る

ダイワ 月下美人 EX AGS 610LS-SMT・E

Amazonで詳細を見る

メバリングロッドはスピニングが主流?

出典:photoAC

メバルは他のソルトゲームの魚種に比べてサイズが小さく、大きいものでも30センチ前後が多いです。
そのためロッドは柔らかめで、メバルの小さなバイトをとれる繊細なロッドが多いです。
基本的には細いラインと軽いルアーが中心の釣りになるためスピニングロッドが定番ですが、近年はベイトフィネスリールの普及によりベイトロッドも徐々に増えてきています。
しかしはじめてメバリングに挑戦する方は価格も安価で扱いやすいスピニングロッドがおすすめです。

メバリングロッドの長さはどう選べばいい?

出典:photoAC

メバリングロッドは扱うルアーやフィールドに合わせてさまざまな長さのロッドが販売されています。
初心者にも扱いやすい定番の長さから特殊なルアーを扱うややベテラン向けの長さまで、ここではそれぞれの長さに適したルアーやフィールドについて見ていきます。
メバリングロッドを探す際に長さで迷われている方はぜひ参考にしてください。
なお、ルアーロッドの長さ表記は通常フィート(ft)(1ft=約30cm)という表記が使われます。

初心者にもおすすめ!メバリングロッドの定番7フィート台

メバリングロッドでもっとも定番とされている長さが7フィート台です。
漁港内で釣りをすることが多いメバリングにおいて、ロッドの軽さや取り回しのしやすさは大きなメリットになります。
またワームやルアーへアクションをつけやすいため、自分だけのアクションでメバルにアプローチしたいベテランアングラーにも人気の長さです。
7フィート台のロッドだけ見てもさまざまな長さのモデルが販売されていますが、初心者の方にはより軽く、取り回しのしやすい7フィート前半の長さが定番。
また釣りに慣れてきて細かいスタイルが確立されてきた方には自分に合った長さの調整がおすすめです。

尺メバルを狙うには遠投性能の高い8フィート

メバリングは軽いルアーを扱うことが非常に多い釣りであるため、沖目の竿抜けエリアで大型の尺メバルを狙うためには8フィート以上のロングロッドが必要です。
また仕掛けの全長が長くなりがちなフロートを使った仕掛けの際も8フィート台を使うケースがあります。

メバリングでは重くても10グラム以下のルアーを扱うことがほとんどであるため、ロングロッドを選ぶ場合も軽いルアーの操作性がよい柔軟なロッドがおすすめ。
また遠投した沖目のエリアでしっかりとメバルのバイトを取るために、高感度のロッドを選ぶことも大切です。
大型の尺メバルを狙う際はもちろん、多くのアングラーが入ることでプレッシャーが高くなっているメジャーフィールドを中心に釣りをされる方にも、ロングロッドの遠投性能は大きな武器になります。

メバリングロッドの硬さはどれを選べばよい?

出典:photoAC

メバリングロッドには主にULからMLまでさまざまな硬さがラインナップされています。
硬さは使いたいルアーはもちろん、アクションからバイトの取り方まで、釣果にも左右する重要なポイントであるためしっかりと選びましょう。
ここではメバリングで定番とされる硬さの特徴や扱えるルアーについて詳しく解説していきます。

ジグ単をメインに使用するにはUL

メバリングでは定番のリグとされる、ジグ単。
1グラム以下の軽いジグヘッドに小型のワームをつけたシンプルながらもっともメバリングで使用される人気のリグです。
ジグ単をメインに使用する場合はメバリングロッドの中でももっとも柔らかいULクラスの硬さがおすすめ。
それぞれのメーカーによって硬さは異なるものの、メバルのバイトも乗せやすく、軽めのルアーを中心に使いたい方には定番の硬さです。

プラグにおすすめ!操作性の高いL

ULに比べてルアーの操作性の高いロッドを探している方にはLクラスがおすすめ。
扱えるルアーウエイトも重くなっており、ジグヘッドはもちろん、プラグ類などの扱いにも長けています。
またULよりもハリがあるロッドが多いため、ルアーの操作性が高く、アクションをつけてメバルに食わせたい方にも最適な硬さです。
初心者にも扱いやすい硬さであるため、軽いジグヘッドまで扱えるLクラスロッドははじめてメバリングに挑戦する方にも人気です。

沖目に遠投をするにはML

メバリングロッドの中ではもっとも硬いMLクラス。
10グラム前後までのルアーウエイトに対応しており、重めのジグヘッドを使った遠投はもちろん、フロートリグやジグなども扱える遠投仕様の硬さです。
MLクラスは8フィート以上の長さのモデルが多いため、はじめての一本には不向きであるものの、遠投が必要なメジャーフィールドや大きめの尺メバルを狙いたい方には必要な硬さです。

メバリングロッドで扱うルアーウエイトは?

出典:photoAC

メバリングロッドでは主に0.5から10グラムまでの軽いルアーが使われます。
もちろん1本のロッドでこれらのすべてのルアーを扱えるわけではなく
0.5から5グラム前後まで扱えるULクラス。
1から7グラム前後まで扱えるLクラス。
3から10グラム前後まで扱えるMLクラス
に大分されることになります。
初心者には極端なウエイトのルアーを扱うことが難しいため、1から7グラム前後まで扱える汎用性の高いロッドがおすすめです。

ソリッドティップとチューブラーティップって?

出典:photoAC

メバリングロッドを探す際に気になる方も多いティップ。
ソリッドティップとチューブラーティップの2種類が販売されており、同じレングスと硬さでもどちらのティップを選べば良いか迷ってしまいますよね。
ソリッドティップは軽いルアーを投げるのに適したメバリングにぴったりのティップ。
チューブラーティップ比べるとアタリも取りやすく、ロッドが追従する形でフッキングができるため、初心者にもおすすめのティップです。
これに対してチューブラーティップは重いルアーの操作性に長けており、ジグやプラグなどの操作性に長けています。
チューブラーティップのような追従するフッキングはできないものの、自分からアクションをつけてフッキングしていく攻めのスタイルにおすすめのティップです。

入門におすすめの1本を選ぶ!〜7フィート前半・UL・ソリッドティップ〜

出典:photoAC

メバリングロッドを選ぶ際は、扱うルアー、使用するフィールド、自分のスタイル。
この3点が非常に大切です。
特に扱うルアーについては、ロッドの硬さやティップにも大きく影響するため、ロッド購入する前に最初に決めておきたいポイント。
またメインで使用することになるフィールドが、どのような場所なのかも明確にしておきましょう。
遠投が必要なメジャーフィールドの場合は7.9~8フィート台の長めのロッド、漁港で小場所をピンポイントで狙っていくには取り回しのしやすい7フィート前半のロッドが必要です。
また自分のスタイルによってティップの種類や細かい長さなどを煮詰めていくことで、より自分の感覚に近いロッドを手にいれることができます。

はじめてメバリングに挑戦する方には7.6フィート前後、ULクラスのソリッドティップがおすすめです。
近所の漁港で手軽にメバルを狙うためには、取り回しのしやすい7フィートクラスのロッドを使ったランガンスタイルが最適。
低価格で釣果実績も高いジグ単をメインに使うことで、メバリングの基本をしっかりと押さえながら数釣りも期待できます。
ティップはそれぞれのスタイルや好みにもよりますが、食わせ重視のソリッドティップが人気。
実際に店頭でロッドを触ってみてそれぞれのティップや硬さから好みのものを選ぶのもおすすめです。

入門に最適なメバリングロッド厳選7本

ここからはメバリングロッドを購入してみたい、と考える方に向けた、貴方に合った理想の1本を紹介していきたいと思います。
オーソドックスな調子は多めに紹介していますが、短め、長めとバラエティに富んだラインナップとしておりますので、癖のある竿が好きな貴方もきっと満足のいく1本が見つかること間違え無しです。
紹介文にも目を通してみてくださいね。

1. 【とりあえずの1本に!】ダイワの入門ロッド

ダイワ メバリングX 74UL-S

全長(m):2.24 / 仕舞寸法(cm):117
継数(本):2
自重(g):108
ルアー重量(g):0.5-5
ラインナイロン(lb):2-5
ラインPE(号):0.15-0.4

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されているエントリーモデルのメバリングロッド。
ソリッドティップです。
長さと素材の違う4種類がありますが、ここでは王道ともいえる調子の1本を紹介します。
0.5~5gのルアーを操作できるため、 ジグ単に最適。
メバリングの基本中の基本ともいえるジグ単を覚え、次なる1本への足掛かりにピッタリです。

10年ぶりに釣りを始めようと思い買いましたがこんなに使い易い竿がこの価格で買えるとはいい時代が来ました。メバリング入門者の自分には充分!メバリングならこれが1番!

出典:https://goo.gl/sjaiov

2. 守備範囲が広く万能な1本

シマノ ソアレBB S80L-T

全長(m):2.44
継数(本):2
仕舞寸法(cm):124.7
自重(g):82
適合ルアーウェイト(g):0.8~10
適合ライン:PE(号) 0.2~0.8 / ナイロン・フロロ(lb) 2~6

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているライトソルトゲームブランドの”ソアレ”シリーズ。
ソアレBBはその中でもっとも安価なエントリーロッドという位置づけで低価格ながら本格的なメバリングを楽しむことができます。
他メーカーのシリーズに比べると全体的に柔らかい印象で8フィート台のモデルであっても1グラム以下のルアーを快適に扱うことが可能です。
そのためジグ単にこだわらず、フロートやプラグを使ったマルチなメバリングができる他、ライトソルトゲーム全般に使える万能ロッドになっています。

3. ダイワのライトゲームロッドの定番!

ダイワ 月下美人 メバル 74UL-S・N

標準全長(m):2.24
継数(本):2
仕舞(cm):116
標準自重(g):66
ルアー重量(g):0.3~5
適合ライン:ナイロン(lb) 1~3 / PE(号) 0.1~0.3

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている人気ライトソルトゲーム”月下美人”シリーズより1本。
リーズナブルな実売価格ながら7種類のロッドが用意されており、自分の細かいスタイルに合わせたロッドを探している方にはぴったりのシリーズです。
ソリッドティップのため、食い込みの良さがあり、かつ7.4ftという長さがキャスト性能も担保してくれます。

4. ランガンに最適!7ftという短ロッドが作り出す機動力の高さが魅力

メジャークラフト 3代目クロステージメバル CRX-S702UL7.0フィート

長さ(ft):7'0"
ルアー荷重(g):0.4-5
PEライン(号):0.1-0.6
アクション:エクストラファースト
ライン(lb):1-5

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトから販売されている人気ソルトルアーゲームロッドクロステージ。
メバリングロッドにはソリッド、チューブラー合わせて10種類のロッドがラインナップ。
近年注目を集めるフロートリグに特化した9フィートモデルなど、ベテランアングラーも唸る細かい長さ設定も魅力です。
その中から、7フィートというメバリングロッドとしては短い1本を紹介します。
下は0.4g、上は5gとライトなリグを操作し、狭い漁港や障害物周りをタイトに攻める際に使える1本です。
ガンガンランガンをしていく、攻めるスタイルの方にはこういった短いロッドを持っていることも面白いです。

5. ロングキャストや尺超えメバル対応!

メガバス 礁楽 SL-82MLS

Length : 8'2”
Weight : 115g
Lure capa : MAX 16g
Line capa : MAX 12lb. PE 1.2
Taper : MEDIUM FAST

Amazonで詳細を見る

メガバスから販売されている礁楽シリーズ。
スプリングバックの収束性を極限まで早めた新型シャフトが、これまでよりも軽快なフットワークで展開する新次元の「攻めの釣り」を実現します。
磯やサーフからフロートリグを大遠投し、広範囲を効率よくサーチする釣りを快適にこなし、メバルとの遭遇チャンスを飛躍的に向上させます。

6. ヤマガブランクスの純国産ロッド

ヤマガブランクス ブルーカレント3 69

Length:2070mm
Weight:66g
Section:2pcs
Lure:MAX7g(JH0.3~7g / Plug1.6~5g)
Line:PE 0.08~0.4号 / NY・FC1~4lb

Amazonで詳細を見る

ヤマガブランクスから販売されているメバリング専用ロッド。
純国産のこだわりを持ったブランクスを使用しながらコストパフォーマンスを追求したモデルになっており中価格帯ながら上位モデルにも劣らない性能です。
6.9フィートで66グラムという驚異的な自重も魅力的で、本格的にメバリングを楽しみたい方にまずおすすめしたいロッドです。

7.AGSガイド搭載。本格派には是非の1本

ダイワ 月下美人 EX AGS 76MLS-T・E

全長(m):2.28
継数(本):2
仕舞(cm):117
自重(g):71
ルアー重量(g):1.5-10
適合ライン ナイロン(lb):1.5-5
適合ライン PE(号):0.15-0.5

Amazonで詳細を見る

ダイワの人気メバリングロッド、月下美人の上位モデル。
ダイワの最新テクノロジーの一つでもある、カーボンによってガイドを成型した”AGS”を搭載し、軽量化と抜群の感度を実現。
ガイドのトラブル軽減によって、軽量ルアーでも抜群の遠投性能を誇ります。
チューブラトップであるため、待ちではなく攻めのメバリングをするのに絶好の1本。
・もうメバリングの虜になってしまっている
・釣りは形から入るスタイル
・高級ロッドでバリバリ最初から釣りたい
そんな貴方にベストマッチの1本です。

選び方を理解して自分に最適な1本を!

今回はメバリングロッドの選び方とおすすめロッドとして7本のロッドを紹介していきました。
はじめてメバリングロッドを購入する方はもちろん、新しいロッドを探している方もその基本を見返す形で参考にしていただければ幸いです。
また今回紹介した7本のロッドはそれぞれ価格帯は異なるものの釣果実績や使用感の高い人気ロッドばかりです。
ロッドの購入を迷っている方はぜひ選択肢の一つとして、検討していただければ嬉しいです。

当サイトおすすめ!
★ メバリングロッド人気ランキング ★

ヤマガブランクス ブルーカレント 74II

Amazonで詳細を見る

シマノ 18 ソアレ SS S76UL-T

Amazonで詳細を見る

ダイワ 月下美人 EX AGS 610LS-SMT・E

Amazonで詳細を見る

関連記事