FishMasterのロゴ

TANAKA

アイナメのおすすめロッド8選!選び方と特徴を完全ガイド! 

近年人気を集めるアイナメのルアー釣り。各メーカーからはさまざまなロッドが販売されており、そのラインナップも豊富です。今回はそんな数多くのアイナメロッドの中からおすすめのモデルを厳選して紹介します。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

アイナメロッドはスピニング、ベイトどっちがおすすめ?

アイナメのルアー釣りは40センチ前後のアイナメを海底の根や障害物から強引に引き剥がす釣りです。
そのため通常のルアー釣りに比べても強めのロッドが使われることが多く、それぞれの釣り人のスタイルやフィールドに合わせてスピニング、ベイトの2種類のロッドを使い分けることになります。
スピニングロッドは初心者でも手軽に扱うことができることはもちろん、ベイトに比べて飛距離が出しやすく、沖目のポイントに遠投をかけたいシチュエーションなどにもおすすめ。
ベイトロッドはスピニングに比べるとパワーが強く20グラム以上の重めのリグを扱えるロッドがほとんどです。
そのため根のきついエリアや磯などのタフなフィールドにぴったりです。

漁港から磯まで!アイナメロッドの長さはどう選ぶ?

アイナメロッドは使うフィールドに合わせてさまざまな長さが使われます。
ここではアイナメが狙える定番のポイントを中心にそれぞれにあったロッドの長さを見ていきます。
アイナメロッドを購入する際の長さに迷っている方はぜひ参考にしてください!

手軽にアイナメを狙える漁港には7フィート!

出典:photoAC

全国のフィールドの中でもっとも定番とされる漁港。
スピニング、ベイト問わず取り回しがしやすく、アクションのつけやすい長さが求められます。
そのためアイナメのルアー釣りの中ではもっともベーシックな7フィート前後の長さがおすすめ。
また大型の個体が狙えるエリアではアイナメの引きにしっかり対応するためスピニングであれば8フィート以上の長いモデルを用意しても安心です。

テトラポットは8フィートのベイトロッドがおすすめ!

出典:photoAC

根や穴などアイナメが好むポイントが豊富なテトラポット。
大型が狙えるポイントなだけに、アイナメのルアー釣りでは積極的に狙いたいですが、強引なファイトが要求されるためベイトロッドがおすすめ。
特に穴に逃げ込もうとするアイナメの強引なツッコミは長いベイトロッドでしっかりと受けなければいけないため、8フィート前後のやや長めのモデルを用意しましょう。

磯場のランカーアイナメにはロングロッド!

出典:photoAC

大型のアイナメが潜む磯場。
地域によっては50アップが狙えることも珍しくないため、攻略するには長めのロッドが必要です。
ベイトロッドであれば8フィート後半。スピニングロッドであれば9フィートクラスが使用されることも多いです。
磯は根や岩場を回避するために長さがアドバンテージになりやすく、大型のアイナメとも互角のファイトができるメリットもあります。

ボートロックには短いロッドが必要!?

出典:photoAC

アイナメのルアー釣りではボートロックも人気フィールドの一つ。
磯同様大型のアイナメが狙えるため、ある程度のパワーがあるロッドは必要です。
しかしボートロックは遠投をするシチュエーションが少なく、船内で取り回しのよさを考えると短めの長さが定番。
ベイトロッドであれば6フィート、スピニングロッドであれば7フィート前半のクラスがおすすめです。

アイナメロッドにおすすめの硬さとは!?

アイナメロッド用ロッドにはさまざまな硬さのモデルがラインナップされています。
スピニングロッドであればLからMH。
ベイトロッドであればMからXH。
それぞれの扱うリグのウエイトやフィールドによって使い分けが必要です。
ここではそんなアイナメロッドで特に汎用性の高い硬さを紹介します。

さまざまなリグに対応するスピニングの定番”M”

アイナメロッドのもっとも定番の硬さとも言えるスピニングの”M”モデル。
5から20グラム前後までのウエイトを扱えるモデルがほとんどで、5グラム前後のジグヘッドでのスイミングから漁港内での14グラム前後のテキサスリグを快適に扱える硬さです。
初心者から上級者まで扱いやすい定番の硬さと言われており、はじめての一本にもおすすめです。

ベイトロッドは "MH"と"H"が主流?

スピニングロッドに比べるとやや硬めのモデルが多いベイトロッド。
近年は大型のアイナメを狙ったロッドも数多く販売されており、扱うルアーウエイトも24グラムまで高まってきており、ベイトロッドも"MH"や"H"クラスが主流です。
漁港内で使える汎用性の高いモデルであれば"MH"。
漁港内はもちろん、磯やテトラ帯などのタフなフィールドまで視野を広げるのであれ"H"
それぞれのロッドのスペックを見ながら自分にあったモデルを選びましょう。

磯を攻略するためには"XH"も必要!

大型のアイナメを磯場で狙う場合は"XH"クラスのロッドも必要不可欠。
特にランディングが難しいエリアでは、抜き上げをするためのパワーも必要となります。
ベイトロッドでは近年"XH"クラスのモデルも増えてきており、30グラムを超えるリグも快適に扱えます。
またスピニングロッドも9フィート以上の"H"クラスを用意することで同等のパワーファイトを楽しめます。

アイナメロッドに必要なルアーウエイトは?

アイナメは他のロックフィッシュに比べても底につきやすく、どんな状況でもしっかりと底をとれる釣りが大前提となります。
そのためスピニング、ベイト共に最低でも10グラム以上のウエイトを扱えるロッドが必要です。
もちろんフィールドによって使うウエイトが微妙に異なりますが、スピニングロッドであれば5から20グラム、ベイトロッドであれば7グラムから35グラムまでに対応しているモデルを選択することが無難です。
これらの適合ウエイトはロッドの硬さや長さ、それぞれの釣りのスタイルによっても変化するため、あくまで目安として考えましょう。

アイナメロッドを選ぶ際のポイントは?

ここでは数多くのアイナメロッドの中から自分にあった一本を選ぶ際のポイントを紹介していきます。
これまで解説してきた長さ、硬さなどと合わせてみることで、より自分にあったロッドを絞り込むことができますよ。

もっとも大切なロッドのスペック!

アイナメロッドだけではなく、すべてのロッドを選ぶ上で大切にあるポイント。
長さ、硬さ、ルアーウエイト、自重などの基本的なスペックはもちろん。
曲がるロッドなのか?どのようなフィールドに向いているか?どんなルアーの扱いに長けているか?
それぞれ自分のスタイルはもちろんフィールドなど合わせてしっかりと選ぶことが大切です。

それぞれの予算に合わせた価格帯!

ロックフィッシュロッドは現在10,000円以下の安価なモデルから50,000円を超える高価格モデルまでさまざまなロッドが販売されています。
もちろんアイナメロッドを購入する際はこれらの価格帯の中から自分の予算を決め、予算内でロッドを探さなければいけません。
基本的にははじめてアイナメロッドを購入する初心者の方には10,000円前後。
本格的なアイナメ釣りを楽しみたいと考えてる方には20,000から30,000円前後。
トーナメントなどにも開催するベテランアングラーには50,000円前後のロッドがおすすめです。

モチベーションと所有欲を満たすためのデザイン!

さまざまなアイナメロッドの中から自分好みを一本を選ぶ際に大切なポイントがデザイン。
近年なバスロッド顔負けのデザイン性の高いモデルも販売されているため、自分の気に入ったモデルを妥協せずに選びましょう。
釣果に直接影響を与えるものではありませんが、自分好みの一本を使って釣りをすることは釣りのモチベーションを高め、所有欲を満たすことができます。
意外と見落としがちですが、自分の右腕となるロッドを選ぶ上で忘れてはいけないポイントです。

初心者必見!初めての1本にはこれ!

出典:photoAC

アイナメのルアー釣りの初心者におすすめしたいロッドはずばり”7フィート台のMクラススピニングロッド”です。
スピニングロッドは初心者でもトラブルなく扱うことができ、手軽に扱えるタックルです。
7フィートMクラスのロックフィッシュロッドであれば、20グラムまでの適合ルアーのモデルが多く、軽いリグから10グラムを超える重めのリグまで快適に扱えます。
またさまざまな重さのルアーを使い分けられるため、これら自分だけのスタイルを確立していく人にもぴったりです。
曲がるロッドはファイトの際のやりとりがやや難しくなるため、やや硬めのモデルを選択することをおすすめします。

アイナメロッドおすすめ8選!各メーカーの人気ロッド完全ガイド!

今回はさまざまなロックフィッシュロッドを販売する8メーカーのおすすめロッドを厳選して紹介します。
どのロッドもアイナメのルアー釣りには最適の専用ロッドとして自信をもっておすすめできるものばかりです。
価格帯はもちろん、デザインやコンセプトなど、自分にあったロッドを選ぶ参考にしていただければ幸いです。

アブガルシア ソルティースタイル

AbuGarcia(アブ・ガルシア)ソルティースタイルロックフィッシュSTRS-802MH-KR.

タイプ:SP
継数:2
全長(ft/cm):8'0"/2.44
仕舞(cm):125.5
標準自重(g):163
先径(mm)/元径(mm):1.8/14.3
ルアー: 7-30g

Amazonで詳細を見る

10,000円前後の価格帯で買えるロックフィッシュロッド。
スピニング、ベイトの2種類のモデルがそれぞれラインナップされています。
アブガルシアは古くからロックフィッシュに特化したロッドを数多く販売しており、本モデルはその中でもコストパフォーマンスの高い一本です。
これからアイナメ釣りをはじめて挑戦したい方にも自信をもっておすすめできます。

購入して早速ボートロックに行き
48㎝のアイナメをゲットできました。
使用感も特段問題もなく釣行を終えることができました。
購入して正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/Abu-Garcia-ソルティースタイル-ロックフィッシュ-STRS-802MH-KR/dp/B0746L9C33/

メジャークラフト 3代目クロステージ 

メジャークラフトロックフィッシュロッドベイト3代目クロステージ根魚CRX-822H/B8.2フィート釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:ベイト
使用可能な釣種:ロックフィッシュ
長さ(ft):8'2"
ルアー荷重(g):10-50
PEライン(号):1.0-2.5
アクション:レギュラー ファースト

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトから販売されている10,000円台で購入できるロックフィッシュロッド。
この価格帯のシリーズでは珍しい88XHの磯モデルも販売されており、安価な磯用ロッドを探している方にもおすすめ。
全体的にやや軽めの自重となっており、取り回しのしやすさも魅力の一つです。

アングラーズリパブリック ラークシューター

パームス ラークシューター LSGC-710MH+

Length:7.10ft
Lure: 12-35g
Line:10-24lb

Amazonで詳細を見る

アングラーズリパブリックから販売されているロックフィッシュ専用ロッド。
10,000円台後半の価格帯で手軽にロックフィッシュを楽しむをコンセプトに作られており、初心者から中級者まで満足できる扱いやすいさが最大の魅力。
感度を重視した小口径のガイドが特徴の一つで、フロロカーボンラインをメインに使用するベイトロッドは特におすすめです。

ダイワ HRF 

ダイワ HRF 710MS

全長(m):2.39
継数(本):2
仕舞(cm):124
自重(g):132
ルアー重量(g):5-30
適合ライン ナイロン/フロロ(lb.):10-20
適合ラインPE(号):0.6-2.0

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている大型のロックフィッシュ専用ロッドシリーズ。
ブレーディングXなどによるパワーの底上げはもちろん、こだわりをもったデザインにも注目です。
価格は10,000円台後半と初心者の方にはやや高めですが、こだわりをもったモデルをお探しの方にはおすすめです。

シマノ ハードロッカーXR

シマノ ハードロッカーXR S76ML+

全長(m):2.29
継数(本):2
仕舞寸法(cm):118.2
自重(g):106
適合ルアーウェイト(g):6~24
適合ライン:PE(号) MAX1.5 / ナイロン・フロロ(lb) 4~10

Amazonで詳細を見る

シマノのロックフィッシュロッド。
すべてのモデルで30,000円前後の価格帯になっており、本格的なロックフィッシュロッドを探している方にもおすすめです。
同価格帯のロッドの中では自重も軽く、しっかりとしたパワーを兼ね備えながら曲がるロッドに仕上がっているため、大型のアイナメとのファイトを楽しみたい方にはぴったりのアイテムです。

バレーヒル サイファリスト HRX

バレーヒル サイファリストHRX CPHS-78L

■全長(m):2.34
■仕舞寸法(cm):120
■自重(g):110
■ルアーウエイト(g):2-10
■ライン適合(lb):3-10
■適合PEライン(号):0.3-0.6

Amazonで詳細を見る

バレーヒルから販売されている人気のロックフィッシュロッド。
20,000円台の価格帯ですが、トーナメントに参加するアングラーからの評判も高い実践派のアイテム。
スピニング、ベイト共にボート、漁港、磯などのさまざまなシチュエーションで活躍する豊富なラインナップも魅力です。
またコルクとEVA素材を組み合わせたグリップやブルーの差し色などデザイン性もピカイチです。

アピア Brute'HR

アピア ブルートTP 77ML

全長: 7' 7フィート
ライン: PE#0.3-0.6
ルアー: 1.5-10g
スピニング
自重(g): 105g
継数: 2本
仕舞寸法: 119.5cm

Amazonで詳細を見る

ソルトロッドの人気ブランドアピアから販売されているロックフィッシュ専用ロッド。
ロックフィッシュロッドの中では珍しいしなやかさが魅力で、しっかりと曲がりながら大型のアイナメとのファイトが楽しめます。
価格は30,000円前後のモデルとより専門性とスペックを高めたTPモデルがあります。
やや高めの設定になっていますが、サイファリスト同様トーナメントシーンでも活躍する実践派ロッド。
黒を基調にオレンジを差し色にした個性的なデザインは、自分らしいロッドをお探しの方にもおすすめです。

ノリーズ ロックフィッシュボトム パワーオーシャン

ノリーズロックフィッシュボトムパワーオーシャンRPO711LS2RPO711LS2

Total length - cm (ft)241 (7'11")
Piece:2
Closed Length:124cm
Line(PE号)/ LEADER(lb.):#0.6-#1.0 / 4-10lb.
Lure:5-18g
Taper:Fast
Power:Light

Amazonで詳細を見る

ノリーズから販売されているロックフィッシュ用ロッドの最高峰モデル。
50,000円を超える高価格帯のロッドですが、多くのロックフィッシュアングラーに愛されるアイテム。
北海道と東北で開催されるアイナメをメインターゲットとした”パワーオーシャンカップ”の制するためのロッドです。
感度や曲がりながらもしっかりとアイナメを寄せるパワーが最高レベルで備えられており、ベテランアングラーも満足できる逸品です。

まとめ

今回はアイナメのルアー釣りにおすすめのロッドとその選び方について見ていきました。
これからはじめてアイナメのルアー釣りに挑戦する方はもちろん、新しいロッドを購入したいと考えている方にも参考にしていただければ幸いです。
自分だけのお気に入りロッドを使用することで、より充実したアイナメ釣りが楽しめること間違いなしです!

関連記事