FishMasterのロゴ

agasacat

テンヤマダイのロッド選びのポイントは?おすすめロッド10選ご紹介

高級魚マダイを釣るのに人気の一つテンヤ。
これからテンヤマダイを始めたいと思っている方に向けて、ロッド選びのポイントを解説します。
実際におすすめのロッドもご紹介します。

テンヤマダイは初心者にも始めやすい釣り!

記事615の画像49688

出典:Foter

テンヤマダイとは、「一つテンヤ」とも呼ばれ、江戸時代から続く伝統的な釣法です。
テンヤと呼ばれる錘(オモリ)と針のついた仕掛けにエビをつけて、マダイを釣る方法です。
仕掛けを落とす、しゃくり上げるの繰り返しなので、海釣り初心者にも簡単に始められる釣り方です。
細いラインを使うライトタックルなので、釣り上げたマダイの重量感をダイレクトに感じることができ、大鯛も狙えるゲーム性の高さからも人気が上昇中の釣りです。

テンヤマダイロッドは感度と柔軟性を重視しよう!

記事615の画像49687

出典:Visual Hunt

テンヤマダイのロッドについてご説明します。
テンヤマダイは軽量な仕掛けと細いラインを使うので、ロッドも繊細な穂先です。急なツッコミを見せるマダイをいなせるよう、ブランクスは柔軟性がありよく曲がります。
ライトタックルなのに、びっくりするような大鯛がかかっても負けないパワーも求められます。

このようにライトタックルながら大型魚とファイトすると言う条件を満たしているロッドはやはり専用ロッドがおすすめです。

長さは2.4mがベスト!

テンヤマダイロッドはだいたい2.3〜2.5mの長さが多いです。
まず、最初の1本という方には2.4mをおすすめします。船上での取り回しもよく風の影響も受けにくい長さです。
浅場用・深場用・キャスティング用など、様々な用途に合わせて長さの適性が変わってきますが、オールマイティに使いやすい長さが2.4mです。

初めの1本は3〜10号、調子は先調子がおすすめ!

細いラインを使うタイテンヤの仕掛けは狙う魚の大きさに比べて、軽い錘を使うのが特徴です。軽い錘をゆっくり落とす最中に食わせるのが基本です。
だいたい1.5号(5.6g)から15号(56.25g)です。最初の1本なら3号(11.25g)〜10号(37.5g)ぐらいのものを選びます。
ロッドの許容範囲の中でいくつかテンヤを用意していき、その日の潮の具合に合わせて取り替えて使います。

専用ロッドの調子は先調子中心に各メーカー絶妙なバランスで出しています。
テンヤの合わせのコツは「アタリ即あわせ」と言われています。そのため、繊細なアタリを捉えやすい、繊細なトップが専用ロッドでは用いられています。

硬さは釣り場の深さ・潮の流れに合わせて決めよう!

ロッドの硬さはL(ライト)、M(ミディアム)、H(ハード)の記号で表します。
柔らかいロッドは軽めの錘が、硬いロッドは重めの錘が向いています。

マダイテンヤ用ロッドの硬さはだいたいML(ミディアムライト)からH(ハード)で展開されています。釣り場が深い場合・潮の流れが早い場所ではしっかり沈めるために重い錘を使うので硬め、逆に浅い場所・穏やかな場所では柔らかめを選びます。
まず最初の1本はM(ミディアム)・MH(ミディアムハード)くらいが使いやすくておすすめです。

テンヤマダイでおすすめのロッド厳選10選

記事615の画像49685

出典:DAIWA

ではいよいよ、具体的におすすめのテンヤマダイロッドをご紹介します。
入門用からハイクラス、メーカーも各種選んでいますので参考にしてください。

1.アブガルシア オーシャンフィールド HITOTSU-TENYA

ジャンル別に展開しているオーシャンフィールドシリーズの一つテンヤ専用モデルです。
穂先はソリッドティップで繊細に、ブランクスはカーボンXテープで補強されているので大型魚とも渡り合えます。
お求め安い価格ながら、一つテンヤロッドとして十分なスペックで、これからテンヤマダイに挑戦したいという方におすすめです。

アブガルシア(AbuGarcia)ロッドスピニングオーシャンフィールドHITOTSU-TENYAOFHS-250MS

ロッドタイプ:スピニング
全長:2.5m
継数:2本
仕舞:128cm
自重:124g
テンヤ負荷:3-12号(11.25-45.00g)
ライン(PE):0.4-1.2号

Amazonで詳細を見る

2.ダイワ 紅牙 テンヤゲーム

マダイ専用シリーズ紅牙 テンヤ用の入門モデルです。
チューブラー穂先で柔軟にアタリをとらえ、マダイの口に確実にフック。ブランクスにはねじれ防止の「X45」を採用してパワーと操作性にもこだわっています。

ダイワ 紅牙 テンヤゲーム H-240・V

全長(m):2.40
継数(本):2
仕舞(cm):125
自重(g):128
テンヤ負荷(号):3-20
PEライン(号):0.6-1.0

Amazonで詳細を見る

3.アルファタックル 海人 TENYAMADAI

微かなアタリも捉える高感度カーボンソリッドトップ搭載。
3モデルのラインナップで全国のテンヤマダイをカバーします。
入門価格ですが、パワーファイトにも対応しています。

アルファタックル 海人 TENYAMADAI 230MH

全長:2.3m
継数:2本
仕舞:118cm
錘負荷:3-15号
継数:2本
錘負荷:3-15号

Amazonで詳細を見る

4.シマノ 炎月 一つテンヤマダイSS

高スペックながらリーズナブルな価格設定のシリーズです。
「ソフチューブトップ」で穂先は食い込み性と操作性を備えています。ブランクスは「スパイラルX」でブレを解消し、パワーを逃しません。

シマノ 炎月SS一つテンヤマダイ 240MH

全長(m):2.40
継数(本):2
仕舞寸法(cm):123.0
自重(g):113
錘負荷(号):2~15

Amazonで詳細を見る

5.ジャッカル 青帝PRIZA

シリーズ中の各モデルは全く異なる設計で個性を際立たせています。
長さは2.1m〜2.6m、トップも個性に合わせてチューブラーティップ・ロングソリッドタイプ・ショートソリッドタイプと使い分けています。
テンヤマダイのスタンダードであるスピニングモデル4種に加え、ベイトモデル2種の展開です。

ジャッカル 青帝 PRIZA STPC-210H-TT

Length:2.10m
Power:HEAVY
weight (optimal weight):MAX130g
Line:0.6-1.2号/PE
Type:TUBULAR TIP

Amazonで詳細を見る

6.ダイワ 紅牙 テンヤゲームMX

ダイワのテンヤマダイ専用ロッドのスタンダードモデルです。
穂先には軽量カーボンソリッド穂先の「メガトップ」・超弾性チタン合金穂先の「メタルトップ」の2つをラインナップしています。
また、穂先のみダイワ独自の技術「AGS(エアガイドシステム)」を採用し、軽量・高感度を実現しました。
テンヤマダイをこれから始める方、入門モデルからステップアップしたい方におすすめです。

ダイワ 紅牙 テンヤゲームMX MH-240・R

全長(m):2.4
継数(本):2
仕舞(cm):124
自重(g):101
対応テンヤ(号):2~15

Amazonで詳細を見る

7.シマノ 炎月 一つテンヤマダイ

シマノのスタンダードモデルとして、フルモデルチェンジしXガイドなど新技術を搭載しました。
7機種のラインナップです。
オーソドックスな1本を、自分の行きたい場所に合わせた個性的な1本をと自由に選択できます。

シマノ 炎月 一つテンヤマダイ 225MH

全長(m):2.25
継数(本):2
仕舞寸法(cm):115.5
自重(g):127
錘負荷(号):2~15

Amazonで詳細を見る

8.がまかつ がま船ひとつテンヤ真鯛Ⅱ

がまかつならではのハイスペックな攻めのテンヤマダイゲームを楽しめるロッドです。
超高感度・超高強度のスーパートップ穂先と張りをもたせた元部で、先調子を実現しました。大鯛がかかっても余裕のあるパワーを備えながら、シャープな操作性の軽量バランスロッドです。

がまかつ がま船 ひとつテンヤ真鯛II H-250

標準全長(m):2.5
標準自重(g):110
仕舞寸法(cm):130.5
モーメント:6.1
継数(本):2
錘負荷(号):6~20

Amazonで詳細を見る

9.ダイワ 紅牙 テンヤゲームAIR AGS

AIRという名の通り、軽量化に加え感度と操作性を追求したシリーズです。
超弾性チタン合金穂先の「メタルトップ」と「AGS(エアガイドシステム)」の組み合わせで操作性アップと高感度を実現しています。

ダイワ(Daiwa)タイテンヤロッド紅牙テンヤゲームエアMH-238MT

ロッドタイプ:スピニング
全長:2.38m
継数:2本
仕舞:124cm
自重:99g
テンヤ負荷:5-15号(18.75-56.25g)

Amazonで詳細を見る

10.シマノ 炎月リミテッド 一つテンヤマダイ

一つテンヤの理想を突き詰めた、炎月シリーズの最高峰です。
スパイラルXコアとハイパワーXで締め上げ、強くて軽い高感度ブランクスを実現。
穂先はソリッド部を短く設定したタフテック∞にエキサイトトップを融合した繊細な高感度仕様。

シマノ 炎月リミテッド 一つテンヤマダイ 240MH

全長(m):2.40
継数(本):2
仕舞寸法(cm):123.1
自重(g):102
錘負荷(号):2~15

Amazonで詳細を見る

まとめ

記事615の画像49684

出典:Foter

テンヤマダイは魚のサイズに対して、細いラインと軽い錘を使います。
専用ロッドは強い引き込みをいなす柔軟性と曲がっても折れない強さを持たせた設計になっています。この特徴に合致する代用ロッドは中々見つけられません。
まずは入門価格でもいいのでテンヤマダイ専用のロッドを使うことをお勧めします。
高級魚のマダイ、釣りの後も美味しい楽しみが待っています。
ぜひ皆様も「エビでタイを釣る」を実際に体験してみてください。

関連記事