FishMasterのロゴ

agasacat

シマノのヒラスズキロッドをご紹介!選び方・必要なスペックを解説

日本を代表する大手釣具メーカーのシマノ!
そんなシマノから出ているヒラスズキ釣りに適したロッドを一挙にご紹介します。ちょっと上級者向けのイメージが強いヒラスズキ釣り、この機会に攻略してみてはいかがでしょう

シマノのロッドを支える独自テクノロジー

記事640の画像75348

出典:Shimano

「もっと自然へ、もっと人へ」を企業理念に掲げたシマノは、釣具メーカーとしては日本のみならず世界にも知られた老舗企業です。

そんなシマノのロッドは釣り初心者にも手を出しやすい低価格から、ランカーをも満足させる高級ロッドまで様々なクラスに対応する豊富なナインナップです。

ブランクスを形成する素材のカーボン技術一つとってもシマノ独自の技術である「ハイパワーX」・「スパイラルX」といった高度な基本構造がが開発されています。
このテクノロジーはロッドのパワーアップと軽量化という相反する要素を効率的に高める役割を果たしています。

ヒラスズキ用ロッドは長めでパワー重視!

記事640の画像75347

出典:freeimages.com

ヒラスズキはメインとなる釣り場が磯です。神経質なヒラスズキは波がぶつかって白く泡立つ「サラシ」の中で捕食します。そのため、波が高く荒れている方が釣れやすいという特徴があります。
必然的にヒラスズキゲームのポイントは足場が悪く、強風や高い波に晒されることになりますので、海釣り初心者よりは上級者向けのゲームになります。

ヒラスズキ専用として出ているロッドはまだまだ少ないのが現状です。シーバス用・ショアキャスティング用からスペックに合う物を選びます。
適合ラインPE1.5〜2号、適合ルアーウェイトMAX40-60gぐらいから選びます。

ヒラスズキ用に最適の長さは11フィート以上

足場の悪い磯場で行うヒラスズキ釣りに必要とするロッドは長めです。
10フィートから12フィートくらいの範囲で、荒磯を想定する場合は11フィート以上の長さが必要になります。

長めのロッドなので、車に積み込んだり足場の悪い磯場を移動するときも考慮して選ぶ必要があります。仕舞寸法もしっかりチェックし、自分の移動に無理のないサイズを選びましょう。

パワフルなヒラスズキに対抗できる硬さはMH以上

ヒラスズキはシーバス(マルスズキ)以上に体長があり引きも強いので、よりロッドにはパワーが必要になります。
「MH(ミディアムヘビー)」以上の硬さがおすすめです。

荒波を相手に岩にラインが擦れるとすぐに切れてしまいます。しっかりと捌くためにも張りと硬さは重要です。

シマノのヒラスズキ用ロッドを価格帯別に一挙紹介

記事640の画像74468

出典:Shimano

シマノのヒラスズキ用ロッドを価格帯別にご紹介します。

実売価格ベースに以下の目安で価格帯を分けています。
入門価格帯:1万円台
中価格帯:2万円台〜3万円台
高価格帯:4万円以上

ヒラスズキ釣りは難易度が高く上級者向けの釣りなので、中価格帯以上のラインナップが豊富になります。

まずはここから!ヒラスズキ用入門価格帯ロッド

1万円台の入門価格帯のロッドをご紹介します。

条件の悪い磯場で行うヒラスズキ釣りは、不慣れな間はロッドを傷つけたり、波に取られて流されたりする危険があります。
まずは、手頃な価格で操作に慣れてから、より上のクラスのロッドに進むことをおすすめします。

1. 入門に最適!ソルティーアドバンス ショアジギング

ショアジギングモデルはS100M・S100MH・S100H・S96MH・S96MHの5種類があり、どれもヒラスズキ用に使用できます。
最初はこのくらいのクラスから始めるのがおすすめです。

シマノ ソルティーアドバンス ジョアジギング S100M

全長(m): 3.05
仕舞寸法(cm): 157.0
継数(本): 2
自重(g): 240
適合ジグウェイト(g): MAX60/ 適合プラグウェイト(g): MAX40
適合ラインPE(号): MAX2

Amazonで詳細を見る

2. ハイコストパフォーマンス!コルトスナイパーBB

ブランクスにネジレに強い強化構造「ハイパワーX」を採用し、遠投性能と強靭なパワーを実現しています。
ラインナップの内、「S100M」・「S100MH」の2モデルがヒラスズキにマッチします。

シマノ コルトスナイパーBB S100MH

全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞寸法(cm):157.0
自重(g):293
プラグウェイト(g):MAX 65 / ジグウェイト(g):MAX 80
適合ライン PE(号):MAX 3

Amazonで詳細を見る

タイプ色々!ヒラスズキ用中価格帯ロッド

記事640の画像77260

出典:Shimano

実売価格2万円台から3万円台の中価格帯ロッドは、汎用性の高いシリーズやショアキャスティングのシリーズからヒラスズキに適合するロッドをご紹介します。

シマノのこのクラスは、上位のクラスと遜色ないくらいのハイスペック揃いです。

1. クラスを越えたパワー!ディアルーナ

より軽く・より強くを目指して進化しました。
「スパイラルX」・「ハイパワーX」に加え「マッスルカーボン」も採用で軽量と高い強度を実現しています。

スピニングモデル15種類・ベイトモデル3種類の全18種類の豊富なラインナップです。
スピニングモデルの「S96MH」・「S100MH」・「S106MH」の3機種がヒラスズキに対応しています。

シマノ(SHIMANO)シーバスロッド18ディアルーナS106MH

全長:10'6"(3.20m)
仕舞:163.5cm
継数:2本
自重:175g
適合ルアー:10-56g
適合ライン(PE):1-2.5号
ロッドタイプ:スピニング

Amazonで詳細を見る

2. 高い基本性能!コルトスナイパー

ショアジギングのスタンダードロッドです。
「ハイパワーX」に加え、「スパイラルXコア」採用でブレ、ネジレを激減させています。
2本継10種類、3本継3種類の計13ラインナップです。

ヒラスズキ対応機種は「S96MH」・「S100MH」・「S96H」・「S100H」・「S106MH」・「S106H」・「S100MH-3」・の7種類です。

シマノ コルトスナイパーXR S100MH

全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞寸法(cm):157.0
自重(g):313
プラグウェイト(g):MAX70
ジグウェイト(g):MAX90
適合ライン PE(号):MAX4

Amazonで詳細を見る

3. ミドルクラスのキャスティングに!ボーダーレス振出キャスティング仕様

シマノが提唱するフィッシングスタイルの境界を飛び越えて展開するボーダーレスシリーズの中からもご紹介します。

多種多様に展開するシリーズの中、特にロングモデルの「345H5-T」をおすすめします。

シマノ ボーダレス(振出キャスティング仕様) 345H5-T

全長(m):3.45
継数(本):3
仕舞寸法(cm):147.5
自重(g):275
ジグウエイト(g):MAX75
プラグウエイト(g):MAX54
適合ラインPE(号):MAX2
錘負荷(号):8-18

Amazonで詳細を見る

4. ショアキャスティングのスタンダード!ルミナス

ショアキャスティングの人気シリーズです。
さらなる軽量化を求めてブランクスには「マッスルカーボン」を採用しました。
「パーフェクションシートCI4+」・「カーボンモノコックグリップ」など、細部までこだわって軽量化しています。

「S106M」・「S110M」の2機種がヒラスズキに適しています。

シマノ ルナミス S110M

全長(m):3.35
継数(本):2
仕舞寸法(cm):171.9
自重(g):170
適合ジグウェイト(g):MAX45
適合プラグウェイト(g):7〜35
適合ラインPE(号):0.8〜2

Amazonで詳細を見る

納得のハイスペック!ヒラスズキ用高価格帯ロッド

ハイスペック揃いの実売価格4万円以上の高価格帯ロッドをご紹介します。

ゲーム性の高いヒラスズキ釣りをとことん追求したい方におすすめします。

1. シーバスロッドの最高峰!エクスセンス ジェノス

シマノ最新鋭のロッドテクノロジーを惜しむことなく注ぎ込み、それぞれの個性 を磨きあげたロッドです。
S100MH/Rは、遠投性能を高め、広大なフィールド攻略を重視したモデル。
計算されたロッドの”硬さ”は曲げ込むほどに強大な反発力を発揮し、そのレングスからは想像もできないほどの遠投が可能です。

シマノ エクスセンスジェノス S100MH/R

全長(m):3.05
継数(本):2/仕舞寸法(cm):156.3
仕舞寸法(cm):156.3
自重(g):152
適合ルアーウェイト(g):8~48
適合ライン PE(号):0.8~2.0

Amazonで詳細を見る

2. ヒラスズキ専用モデル!エクスセンスジェノス 磯マル・ヒラスズキモデル

エクスセンスジェノスのヒラスズキの釣りに特化した専用モデルです。
S116-130M/RFは45cmズームを採用し、ズームインした11’6”は足場の低い場所や、操作性重視、近~中距離のポイントを狙うシーンに活躍してくれ、ズームアウトした13’0”は足場の高い場所や、遠距離のポイントを狙うシーンに活躍してくれます。

シマノ エクスセンスジェノス 磯マル・ヒラスズキモデル S116-130M/RF

全長(m):3.96
継数(本):4
仕舞寸法(cm):122.2
適合ルアーウェイト(g):8~45
適合ライン PE(号):0.8~2.0

Amazonで詳細を見る

ヒラスズキ用ロッドは習熟度で選ぶ

記事640の画像75349

出典:PEXELS

ゲーム性の高さから人気上昇中のヒラスズキ、アングラーにとって一度は挑戦してみたい憧れの魚です。

磯場の荒波が相手になるヒラスズキゲームは初心者には難易度が高く、危険も伴う釣りです。高難易度のゲームだからといきなり高価格のロッドを投入するのは危険です。
荒磯での釣りはぶつけてロッドを破損したり、波に取られて流されるリスクが少なからずあるからです。

初めて挑戦する場合は、ロストしてもあきらめられる価格のロッドで、費用は磯に備えた装備に振り分けることをおすすめします。もっとも、高スペックが要求されるヒラスズキ用のロッドは総じてお値段高めなのが悩ましいところです。

磯釣りの装備選びには、以下の記事も参考にしてください。

関連記事