FishMasterのロゴ

nuri

カワハギの餌の付け方はこれで完璧!エサ取り名人に取られない方法

カワハギ釣りで餌の付け方を間違えてませんか?エサ取り名人ともいわれている彼らを釣るためには、取られない餌の付け方をマスターすることが肝です。今回はその方法を徹底解説!これでカワハギの釣果を上げよう!

当サイトおすすめ!
★ カワハギ竿人気ランキング ★

ダイワ(DAIWA) 船竿 カワハギ X MH-180・R 釣り竿

Amazonで詳細を見る

ダイワ アナリスター カワハギ 82-175

Amazonで詳細を見る

プロックス LRD攻技競技カワハギSE MH-180 LSKKSMH18

Amazonで詳細を見る

釣り方次第で変えよう!カワハギ釣りに使われる餌3種類

記事70の画像28141

出典:visualhunt

カワハギはエサ取り名人と言われるほど、ハリについている餌を上手に食べていくため、知らない間に餌がなくなっていたという釣り人も多いのではないでしょうか。上記画像のように、おちょぼ口で口先が出ているため、餌を突くのがうまく、餌の付け方が緩かったりしたら強靭の顎ですぐ持って行ってしまいます。

また、カワハギは肉食で、虫や甲殻類などを好んで食べます。そのため釣り餌にはアサリ・イソメ・オキアミの3種類がよく使われています。

船のカワハギ釣りではアサリ

船釣りでよく使われる餌はアサリです。カワハギは数ある食べ物の中でも、最も貝を好みます。アサリは水管、ベロ、ワタの3つに分かれているため、かじられても一気に餌を持っていかれるということがありません。また、ハリがうまく収まる形状をしているため、ハリ付きが良いのもアサリが選ばれる理由です。

陸っぱりのカワハギ釣りではオキアミかイソメ

おかっぱりで使用する餌は、オキアミもしくはアオイソメがおすすめです。アサリを餌として使用する場合は鮮度が大事で、干からびないようクーラーボックスなどに保管し、濡れたスポンジなどに使う量を少しずつ出していくなどの工夫をする必要があります。船釣りの場合は、カワハギのいるポイントまで船が移動してくれるのですが、おかっぱりの場合は自分でポイントを探さなければなりません。その際、いちいちクーラーボックスを持って移動したり、餌の場所まで戻ってたりすると非効率です。

オキアミはアサリと比べて餌が取られやすいというデメリットがありますが、匂いでカワハギを誘うため、十分カワハギを釣ることができます。また、カワハギは活き餌を好むため、アオイソメやジャリメなどの虫餌も有効です。どちらの餌も長時間外に出しておいても問題ないため、おかっぱりで釣る場合はどちらかを選択しましょう。

付け方次第で変わる!アサリの餌付け方法

記事70の画像28489

出典:visualhunt

上記画像で殻からはみ出ている2本の穴が水管です。開いている側に沿って逆側にあるのがベロとなります。ワタは貝の根元部分にあります。この3つの部分を抑えておきましょう。

アサリは鮮度が大事なので、できれば殻つきのアサリを剥いて使用した方が良いです。しかし、殻剥きは大変なので、慣れていない人は無理せず剥き身を使いましょう。まず下処理が必要です。剥き身をザルに入れて、海水で洗い、ヌメリを取ります。普段はクーラーボックスに保管しておき、少量を湿らせたスポンジの上において使用しましょう。

アサリは水管と呼ばれる海水を吐き出す2本の穴がある部分と、ベロと呼ばれる水管の逆側にある管のような部分が硬いため、その2つを縫うように刺していくのがポイントです。

まずは水管の硬い部分にハリを貫通させます。次にハリの向きを変えて、反対側にあるベロの一番遠い部分にハリ指し、貫通させます。再度ベロに貫通させたあと、ハリを再度ひねりながら灰色になっているワタという部分に針先を収めます。

カワハギはアサリのワタを好んで食べるため、針先にワタがくることでフッキングしやすくなります。取られにくい餌の付け方をマスターすることで、釣果が変わってくるので、是非試してみてください。

初心者は難しい!?オキアミの餌付け方法

記事70の画像28487

出典:Foter

オキアミはまず尻尾の先端部分と頭の部分を取り、硬いお尻のところからハリを刺していきます。ハリの形状に合わせて通していけば完成です。ただし、オキアミはすぐ取られてしまうため、付けるのに慣れていない人は他の餌を使いましょう。

餌の選別が大事!イソメの餌付け方法

記事70の画像28488

出典:visualhunt

釣具屋でアオイソメを選ぶことができる場合は、できる限り細目のものを買いましょう。ジャリメなど細目の虫餌であれば尚良いです。イソメを付ける際は頭の横の部分からハリを刺し、そのままハリの形状に合わせて通していきます。イソメは胴体が長いため、ハリからはみ出した部分は切りおとしましょう。余分な部分があると、カワハギがそこを狙ってきて餌を取られてしまいます。

餌選びは釣果のカギ!

今回はカワハギを釣るために必要な餌とその付け方について紹介しました。エサ取り名人と言われるほど、餌だけ持っていくのが上手なカワハギ。そのカワハギを釣るためには餌選びが非常に重要です。船釣りではアサリ、おかっぱりではアオイソメもしくはオキアミを使ってカワハギ釣りをマスターしましょう!

当サイトおすすめ!
★ カワハギ竿人気ランキング ★

ダイワ(DAIWA) 船竿 カワハギ X MH-180・R 釣り竿

Amazonで詳細を見る

ダイワ アナリスター カワハギ 82-175

Amazonで詳細を見る

プロックス LRD攻技競技カワハギSE MH-180 LSKKSMH18

Amazonで詳細を見る

関連記事