FishMasterのロゴ

19900728tetsu

バス釣りの定番!フロッグの基礎知識とおすすめのフロッグ5選

フロッグはトップウォーターの一種で、蛙やネズミのような形をしているルアーです。また、フロッグは、水面に浮くため、目で認識しやすく初心者にも扱いやすいルアーとなります。そこで、フロッグの特徴やおすすめするフロッグについて紹介していきます。

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

フロッグとは蛙型のルアー

出典:photo AC

フロッグは、バス釣り用のルアーとして多く用いられています。フロッグとは、トップウォーターの一種で蛙やネズミの形をしたルアーであり、非常に人気のルアーとなります。ウィードやリリーパッド付近で使用すると効果的であり、ドックウォーク等のテクニックを用いることで、ブラックバスにも見切ることが難しく、バスアングラーには優しいルアーとなります。

トップウォーター

出典:photo AC

トップウォーターとは、ポッパーやペンシルベイト、ジターバグ、フロッグ等の水面に浮くルアーの総称をトップウォーターと言います。トップウォーターは、ブラックバスのバイトシーンを間近で見ることができ、非常に面白いルアーのため、ファンが多いジャンルです。

ドッグウォーク

出典:photo AC

ドッグウォークとは、トップウォーターを使用する上で基本的なテクニックで、そのテクニックはフロッグにも必要です。ロッドを縦にテンポ良く動かすと、トップウォーター系のルアーは首を振るように動いてくれます。この動作テクニックをドッグウォークといいます。

フロッグにはメリットが3つ!

記事753の画像54600

出典:DAIWA

フロッグには、メリットが3つありますので紹介します。
・カバー(アシ、ウィード、リリーパッド)を攻めやすい
・初心者にも扱いやすい
・ビックバスが狙える

1.カバーを攻めやすい理由はフロッグの構造にある!

フロッグは、通常のルアーとはフックの付き方が異なり、フックが上を向きフックの返しが隠れていることにより、アシや、リリーパッドでは根掛かりが起こりにくいように工夫されています。また、アシやリリーパッドからの抜けが良いように先端の形状が工夫されています。

2.初心者にも扱いやすい理由は、アタリを目で感じれるため

クランクベイトや、ワームなどは水中でアクションを起こして釣るため、ロッドでアタリを感じなければなりません。それに対し、フロッグは、水面に浮いており動きを把握しやすく、バスからのバイトも目で見てわかります。そのため、初心者でも扱いやすいルアーです。

3.ビックバスが狙える理由は、カバーの狙いやすさにある!

ビックバスは、アシやウィード、リリーパッドなどのカバーに多く潜んでおり、そのカバーに隠れて獲物を狙っています。フロッグは、その獲物を狙う行為を逆手に取ることができるため、ビックバスを釣ることができます。

フロッグのデメリットは2つ

出典:pexels

メリットもあり、バスアングラーには人気のフロッグですが、フロッグには、2つのデメリットがあります。
・硬めのロッドが必要
・太めのライン選定が必要

1.硬めのロッドが必要な理由は、フッキングが難しいため

フロッグは、根掛かりがしづらいフックの付き方であることからブラックバスからのアタリがあった際にしっかりとフッキングを行い、ブラックバスの口にしっかりとかけなければなりません。柔らかいロッドでフッキングを行うとルアーへの伝達が鈍感になるため、フッキングが甘くなりがちです。そのため、硬いロッドを使用し、ルアーへの伝達を敏感にすることが必要です。

2.太めのライン選定が必要な理由は、パワー負けしないためにある

フロッグにはカバーを攻めやすい特徴がありますが、細めのラインを使用しカバーを攻めるとブラックバスがかかったさいに、カバーに巻かれてラインブレイクとなりかねません。したがって太めのライン選定が必要です。

フロッグの種類は、ポッパーとフローティングの2タイプ

記事753の画像54644

出典:DAIWA

フロッグは、ゴムでできており、中空となります。フロッグは、さまざまなメーカーによって販売されており、形はさまざまで、メーカーよってコンセプトが異なり、設計に違いがあります。例えば、以下が挙げられます。
・アピール力重視(主にポッパータイプ)
・操作性重視(主にフローティングタイプ)

1.ポッパータイプのフロッグは、アピール力が良い○

アピール力重視の、フロッグは、フロッグの先端形状にあります。フロッグの先端形状がカップ形状になっているため、水を噛む力により、音でアピールすることが可能です。

2.フローティングタイプのフロッグは操作性が良い○

操作性重視のフロッグは、ドッグウォークがしやすいように、水をかき分ける力がバランスよくなるように設計されています。また、フックが、カバー等に引っかからないようにフロッグ先端がフックを守るように設計されています。

フロッグを使うと効果的な状況

出典:pexels

フロッグは、夏に有効となります。なぜならば夏は暑いためブラックバスは、シェード(日影)に集まりやすくなります。フロッグは、ウィード、リリーパッド、アシを攻めやすいため夏には、おすすめのルアーの一つです。

1.アシがある場所

出典:pexels

アシが濃い場所にフロッグは有効です。アシが濃い場所は、ブラックバスからすると非常に涼しく冷房が効いている場所と同じ感覚です。アシがおいしげっている場所にフロッグを投入するとブラックバスが釣れる可能性が高いです。

2.ウィードがある場所

出典:photo AC

ウィードは、水の中に生えている草のことを指します。ミノーやクランクベイトといったルアーを使用すると必ず根掛かりします。そのため、根掛かりしにくいフロッグを使用することで、ウィードを攻め、フロッグをアピールさせることでブラックバスを釣ることができ、ウィードを攻略できるでしょう。

3.リリーパッドがある場所

出典:pexels

リリーパッドは、水草の一種で水面に葉っぱが浮いている状況です。リリーパッドもウィードと同様にルアーでは、根掛かりを起こすため攻めづらいです。しかし、フロッグでは、葉っぱの上を通し、リリーパッドに下に隠れているブラックバスを狙うことも可能です。

フロッグは3つのポイントで選ぼう!

出典:pexels

フロッグの選び方は、根掛かりしにくい構造にはなっていますが、根掛かりが全くしないわけではありません。フロッグで根掛かりをすると効率が悪いため操作性重視で選ぶと良いです。操作性重視で選ぶことでキャスティングリズムが良くなり、キャスティング効率が上がります。

1.フロッグの色は、同系色がおすすめです!

フロッグには、他のルアーと同様にグリーン/レッド/ピンク/ベージュなどさまざまな色のフロッグが発売されています。おすすめのカラーは、カバーと同系色が良いです。カエルは、その環境に応じて色を変化させることができます。あまりにも色に違和感があるとバスに見切られてしまう可能性があります。

フロッグの大きさは50㎜以上がおすすめ!

フロッグは、約7mm~約100mmとなっており、小さいサイズから大きいサイズです。サイズは、メーカーや型式によってさまざまです。フロッグの大きさによっては、釣れるブラックバスの大きさも変わってきます。ビックサイズのブラックバスを釣りたい場合、50mm以上のフロッグを使いましょう。

フロッグの重さは、14g~18gがおすすめ!

フロッグの重さは、10g~20gであり、主にベイトタックルで使用されます。例外としてスピニングタックルでも扱いやすい重さのフロッグもあります。軽すぎるとキャスティングしづらいため、14g~18gのフロッグを使用すると扱いやすいでしょう。

フロッグ使用時のおすすめタックルはコレだ!

出典:pexels

フロッグ使用時のラインはバススーパーPEライン

SUNLINE/サンライン バススーパーPEライン 24-66lb

ライン太さ:24-66lb
糸巻き量:77yd
超低伸度で超高感度。
独自の表面加工により、スベリ性がよく飛距離もアップします。
カムフラージ効果重視のディープグリーンカラーを採用。

Amazonで詳細を見る

このPEラインは、フッキング成功後にカバーに引き込まれた際に強引にブラックバスを引きづり出すことができるパワーを持っています。このバススーパーPEラインはフロッグゲームには必須のアイテムです。

フロッグ使用時のロッドは弁慶

メジャークラフトバスロッドベイトBENKEI<弁慶>1ピースフロッグ専用モデルBIC-69FR釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:ベイト
使用可能な釣種:バス釣り
主なターゲット:ブラックバス
ルアー:1/4~2oz
ライン:14~30LB (PE40-60LB)
アクション:レギュラーファースト

Amazonで詳細を見る

このロッドを用いることで、フッキングが難しいフロッグでもフッキング成功率を向上させることができます。おすすめが、メジャークラフトバスロッドベイトBENKEIです。このロッドはフロッグ専用でパワー負けしないロッドです。

フロッグ使用時のリールは、スコーピオン

シマノ スコーピオンDC 150 RIGHT(ギア比6.2)

ギア比:6.2
最大ドラグ力(kg):5.5
自重(g):215
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

Amazonで詳細を見る

シマノのスコーピオンDCは、トラブルレス性能が高く、高耐久で回転効率が良いため、ブラックバスを速攻で引きづり出すことが可能なリールです。

おすすめする5つのフロッグはコレだ!

フロッグゲームには持って来いの、厳選フロッグを5つ紹介していきます。

1.JACKALL(ジャッカル)フロッグガヴァチョフロッグ

JACKALL(ジャッカル)フロッグガヴァチョフロッグ18g69mmマルハタマッカチン

色:マルハタ マッカチン
サイズ:69mm
重量:18g
用途:ブラックバス

Amazonで詳細を見る

ガバチョフロッグは、ポッパータイプのフロッグです。俺達。で有名の秦拓馬プロが使用しているガヴァチョフロッグです。フロッグゲームには、欠かせないフッキング性能があるため、フッキングは、バス釣りメーカトップクラスを誇ります。

2.エバーグリーン ポッパーフロッグ EVERGREEN POPPERFROG

エバーグリーン ポッパーフロッグ EVERGREEN POPPERFROG 【1】

色:#167 ラット
サイズ:60mm
重量:18.1 g
用途:ブラックバス

Amazonで詳細を見る

ポッパーフロッグは、ポッパータイプのフロッグです。普通のフロッグで、バイトが来ないという時に持って来いのフロッグです。アピール力が非常に強くアピール力はフロッグトップクラスです。

3.ダイワ スティーズ ポッパーフロッグJr.

ダイワ スティーズ ポッパーフロッグJr.

サイズ(mm):55
標準自重(g):10.5
カラー:グリーントード

Amazonで詳細を見る

ダイワ スティーズ ポッパーフロッグJr.は、コンパクトなフローティングタイプのフロッグです。
このフロッグは、ドッグウォーク、ポッピング等多彩に使える芸達者なので1つ持っておくと重宝します。

4.ダイワフロッグスティーズポッパーフロッググリーントード

ダイワフロッグスティーズポッパーフロッググリーントード

カラー:グリーントード
サイズ:65mm
重量:15g
用途:ブラックバス

Amazonで詳細を見る

スティーズポッパーフロッグは、ポッパータイプのフロッグです。どんな状況下でも扱えるオールマイティーなフロッグです。ポッパータイプでアピール力、操作性やフッキング性能も兼ね備えています。

5.JACKALL(ジャッカル)釣りよかコラボルアーフロッグボトラーグリンチ

JACKALL(ジャッカル)釣りよかコラボルアーフロッグボトラーグリンチ96mm15g

カラー:釣りよかくん.
サイズ:96mm
重量:15g
用途:ブラックバス

Amazonで詳細を見る

フロッグボトラーグリンチは、フローティングタイプのフロッグです。人気のYouTubeチャンネル釣りよかでしょうと人気ブランドジャッカルがコラボしたルアーになります。釣り好きが考えたアイディアとジャッカルが考えたアイディアが盛り込まれている簡単に操作できるルアーです。

フロッグでバックバスを釣ろう!

今回は、フロッグについて紹介させていただきました。フロッグは、誰にでも扱いやすいように設計されており、カバー等を積極的に攻めることができたり、アピールできるように工夫されています。そのため、誰でも使用できる簡単なルアーです。カラーやどのタイプのフロッグを使うかはその環境をよく見て不自然ではないように選択してください。フロッグで、ビックバスが釣れるように頑張りましょう。

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

関連記事