FishMasterのロゴ

bigpou

ビッグベイトロッド解説!必要なスペックから選び方、おすすめまで!

ビッグベイトロッドに必要なスペックは、重たいビッグベイトをキャストする強さと、ルアー本来の動きを生かせる操作性が重要になります。ビッグベイトの重さやダブルハンドルグリップなど必要な性能とおすすめ商品を解説します。

ビッグベイトは強靭なベイトロッドが基本!

出典:Visual Hunt

ビッグベイトとは、リアルな魚(ベイト)をイミテートした重たいルアーで、直線で攻めるI字系アクションと揺らいで誘うS字系アクションの2タイプがあります。使用するロッドは、ビッグベイトを扱えるロッドの強さと操作性がキモとなります。バスフィッシングの場合、軽いルアーはスピニングタックル、重たいルアーはベイトタックルを使用するのがセオリーですが、ビッグベイトの場合もベイトロッドを使用します。

ビッグベイト用のロッドの長さと調子はズバリこれだ!

出典:写真AC

オカッパリとボートでロッドの長さは変わる!

ビッグベイト用ロッドは、市販されているものが7フィート以上が多く、ほとんどがオカッパリに適しています。逆に、ボートから使用する場合、オープンウォーターのような広い場所にキャストするのは問題なく使えますが、オーバーハングのような狭い箇所に入れるには、少し距離があるところからサイドキャストで狙うしかありません。しかし、7フィートを超えるロッドが多い中で、ボートの方にも扱いやすいショートレングスモデルも少しずつ増えてきました。

ここでは、オカッパリで扱いやすいタイプと、ボートから扱いやすいタイプに分けて、ビッグベイトロッドの長さについて解説いたします。

オカッパリで使用するビッグベイトロッドの長さ

ビッグベイト専用で市販されているロッドは、バスロッドでロングレングスとして扱われる7フィート以上のものが多く、大体のモデルがオカッパリに適しています。一番ポピュラーな長さが7〜7.5フィート前後、広いオープンウォーターでビッグベイトをかっ飛ばしたい場合は8フィートを超えるクラスがおすすめです。

ボートで使用するビッグベイトロッドの長さ

ビッグベイトを扱う短いロッドは全くないわけではありませんが、とても稀少です。メーカーによっては6.5フィート前後、中には6フィート以下のロッドもあります。ボートだけでビッグベイトを扱うのであれば、6.5フィート前後のロッドをおすすめしますが、ビッグベイトをロングキャストしたいというのであれば、ボートでも7フィート前後が適したロッドの長さになります。

ビッグベイトロッドに適したロッドの調子はレギュラーからファースト

出典:Visual Hunt

ビッグベイトに適したロッドの調子については、レギュラーファースト〜ファーストテーパーをおすすめします。硬いロッドなのでファーストテーパーだけでも良いかもしれませんが、ビッグベイトはリアルな魚(ベイト)を意識て作られたものが多く、その動きはナチュラルな動きが求められるので、ミディアムテーパーだと、魚の艶かしい動きが演出しやすくなるのです。

ビッグベイトのロッドならではの重要な性能はダブルハンドルグリップとビッグベイト本体!

出典:Visual Hunt

ダブルハンドルグリップは必須!

片手で飛ばせるシングルハンドルグリップのロッドでビッグベイトは扱いません。理由は、ルアーのウェイトで手に負荷がかかり、キャスティング精度が落ちるからです。ビッグベイトは、安定したキャスト、そして手にかかる負荷を軽減させる点からもセミダブル〜ダブルハンドルグリップのロッドを使用します。

ビッグベイトは3オンスまで想定しよう!

出典:Visual Hunt

ビッグベイトは、大きなボディでかなり重たいルアーですが、例えば同じシリーズのビッグベイトで、3cmほどサイズが大きくなるだけで1/2〜1オンス(約14〜28グラム)ぐらいサイズが変わりします。モンスターバスが潜む琵琶湖のような大きなフィールドで使う場合は、4オンス以上のビッグベイトを使用する場合もあります。

一般的に一番使われるサイズの範囲は1.5〜2オンスのビッグベイトが主流です。しかし、ビッグベイトはちょっとしたサイズの変化でウェイトが変わるので、ルアーウェイトが3オンスまで対応しているロッドであれば安心して使えます。ただし、ビッグベイトでもフィネス要素が高く、そこまで大きいサイズをキャストしないのであれば、2オンスまで対応しているロッドで良いでしょう。

ビッグベイトロッドの選ぶ時、大切なのはバットパワー・操作性・軽量!

出典:Visual Hunt

ビッグベイトロッドを選ぶポイントは、バットパワー・操作性・軽量の三拍子が揃っているロッドであれば、心地よく重たいビッグベイトを扱うことができます。まず、バットパワーの強さは必須。2オンスや3オンスといった重たいビッグベイトを何度もキャストすると、弱いバットの場合ロッドが破損します。

操作性は、ビッグベイトでリアクションバイトを狙う際に重要になります。例えば、見えバスがビッグベイトに注目していて、瞬時にロッドをトゥイッチし、一瞬のヒラ打ちで食わす。このような場合でも、ただ硬いだけのロッドより、レギュラーファーストテーパーぐらいのロッドだと操作しやすくなります。1日通して、ビッグベイトをキャスト&リーリングすることを考えると、少しでも軽いタックルであれば、負担が少なくなります。

初めてビッグベイトロッドを選ぶならバットパワー重視!

出典:写真AC

ビッグベイトロッドの選ぶポイントでは、バットパワー・操作性・軽量の三拍子が大切と解説しましたが、初めてビッグベイトロッドを選ぶ場合のおすすめスペックとして、「バットパワー」と「長さが7フィート前後」であることをおすすめします。理由は、バットパワーさえ強ければビッグベイトをキャストすることができるので、いろんなスペックがついているより、バットパワーのみを重要視すればコストパフォーマンスの点からもおすすめです。そして、7フィート前後という長さをおすすめする理由は、オカッパリからもボートからもちょうど扱いやすい長さだからです。ルアーウェイトも3オンスまで対応していれば十分です。

ビッグベイトロッドおすすめ6選!

初めてビッグベイトを使う方におすすめ!

メジャークラフト BENKEI<弁慶> BIC-68BB

ルアー:1~3oz
ライン:16~30LB

Amazonで詳細を見る

バットパワーが強いだけでなく、レギュラーファーストテーパーにより、ビッグベイトの艶かしいアクションも演出できます。
しかも、価格もビッグベイトロッドの中では安価で、気軽にビッグベイトフィッシングができるエントリーロッドです。
大きなランカーバスがかかっても安心なガイドを使用。長さも6.8フィートで、オカッパリ&ボートで扱いやすい長さになっています。

ボートからのビッグベイトにおすすめの6.7フィートモデル!

アブガルシア ホーネットスティンガープラス HSPC-671X-BB

全長:6.7フィート
自重:155g
対応ルアーウェイト:4オンス(MAX)
対応ライン:10〜30ポンド
アクション:レギュラーファースト

Amazonで詳細を見る

7フィートを超えるビッグベイトロッドが多い中、ボートから狙うビッグベイトロッドで使いやすい6.7フィートモデル。
とくに、ボートからビッグベイトで見えバスを狙う場合、繊細なラインコントロールを必要とされますが、少しでも短いロッドのほうが操作しやすく細かくコントロールできます。
また、4オンスまでのルアーウェイトに対応しているので、ほとんどのビッグベイトを使うことができます。

ビッグバスハンターがつくる専用ロッド!

シマノ バンタム 1711H-SB

長さ:7.11feet
適合ルアーウエイト(g):14-100
適合ライン:[ナイロン/lb]12-25、[PE/号]MAX5
継数(本):2
仕舞寸法(cm):204.0
自重(g):167

Amazonで詳細を見る

バンタム1711H-SBはビッグバスハンターで知られる奥田学氏がプロデュースしたロッド。
遠投性能やパワーはもちろん、強度を維持したまま軽量化にも成功しています。
ティップは柔軟でキスバイトにも追従し、掛けたあとは強靭なベリー・バットでビッグバスに主導権を渡しません。

ビッグベイトゲームに必要な精度を磨き上げた!

シマノ エクスプライド 176H-SB

全長(m):2.29
自重(g):130
継数(本):2
仕舞寸法(cm):195.3
適合ルアーウェイト(g):14~56
適合ラインナイロン、フロロ(lb):12~25

Amazonで詳細を見る

ビッグルアーゲームに必要不可欠な飛距離と精度を磨き上げたロッドです。
クセのないレギュラーファストテーパーにより、サイトレンジからディープレンジまで的確にルアーも動きを感知することが可能です。
ハイパワーながらとても扱いやすいロッドになっています。

繊細なビッグベイティングにはコレ!

ダイワ ブラックレーベルSG 701XHSB-SB

全長(m):2.13
継数(本):2 ※グリップジョイント
仕舞(cm):182
自重(g):138
ルアー重量:14~156g (1/2~5・1/2oz)
適合ライン:16~35lb / PE(#) MAX 6

Amazonで詳細を見る

ハイプレッシャーフィールドでビッグフィッシュ攻略に効果的なリップレスビッグベイティングに対応したテクニカルロッドです。
ラインテンションに機敏なリップレスビッグベイトに対してスラックラインを繊細にコントロールする繊細なビッグベイティングが可能です。

強靭なバットパワーのビッグベイト専用機!

レジットデザイン ワイルドサイド WSC-75XH

全長:7.5ft
標準自重:245g
適合ルアー:MAX112g(4oz)
適合ライン:16-30lb

Amazonで詳細を見る

人気バスロッドメーカーのレジッドデザインからリリースされているワイルドサイドシリーズのビッグベイト専用機。
アラミド繊維を採用したブランクは粘り強く、キャストのしやすさ、アクションの付けやすさどれをとっても最高です。

ビッグベイトのアクションはロッドできまる!

大きくて重たいビッグベイトは、その大きさからは考えられないほど繊細な釣りで、ちょっとした操作のミスでバスに見切られてしまいます。もちろんビッグベイト自体の性能も重要ですが、ビッグベイトフィッシングで一番釣果に差が出るのがロッドです。まずビッグベイトロッドで必要なのは強いバットパワーですが、最近は、各メーカーともにバットパワーが強いロッドが開発されています。

その次に操作性です。例えば、バスがビッグベイトに注目していて、ビッグベイトの首振りだけでバイトに持ち込みたいときに、ロッドの穂先が硬すぎると、ビッグベイト全体が動いてしまったり、うまく操作できなかったりします。本気でビッグベイトをはじめたい方は、ただビッグベイトを扱えるだけでなく、思い通りのアクションが実現できるロッド選びが大切になります。

関連記事