FishMasterのロゴ

mino0526

幻の魚アラの釣り方決定版!胴付きかテンビン仕掛けで超高級魚を狙え

その入荷量の少なさから「幻の魚」とも呼ばれているアラ。食味の美味しさは抜群で、特に大型のものは高値で取引される魚として知られています。今回はそんな超高級魚・アラの釣り方や道具、ポイントまで詳しく解説していきます。

船から狙う釣法がアラの釣り方の基本

記事840の画像37700

出典:Visual Hunt

アラは食味の美味しさ、なかなか市場に出回らない希少価値から「幻の魚」とも呼ばれており、「一度は釣ってみたい」と思う釣り人も多いのではないでしょうか。成魚は約80センチですが、中には全長1メートル超、重量10キロオーバーという大物もいます。大型であればあるほど食味が良く、希少価値が高い魚として知られています。

アラはほぼ日本中の海域を生息地としており、太平洋側は北海道から九州、日本海側は青森県から九州で釣ることができます。岩礁部を好み、水深200メートルから300メートル前後に生息しています。水深が深い場所が生息域ですので、船で沖に出て狙う釣法が一般的です。

1年中釣ることができますが、トップシーズンになるのが1~4月です。寒い時期を乗り切るためにたっぷりと脂肪を蓄えたこの時期のアラは、食味が良いとされるアラの中でも抜群の味になります。釣った魚を味わうという観点からはトップシーズンに狙うのがおすすめです。

アラを狙うには2種類の釣り方がある

記事840の画像37701

出典:Visual Hunt

ここまでで、アラの魅力や概要、特徴などが分かったのではないでしょうか。次に、ここからはアラの具体的な釣り方について見ていきましょう。

先ほどもお伝えしたように、アラを狙うには船からの釣り方が一般的ですが、その中でも仕掛けによって2パターンに釣り方を分けることができます。水深が深く、狭い岩礁エリアを好むアラの特性を生かした仕掛けの「胴付き仕掛け」と、近年、特に相模湾などの関東地方で流行になっている仕掛け「テンビン仕掛け」の2種類です。

どちらの仕掛けにも共通していますが、アラは針がかりすると岩礁部のくぼ地に逃げ込もうとしてしまいます。そのため、当たりがかかったらすぐに底から離すようにしましょう。また、逃げ込んでしまったと感じたら、無理に引っ張らずにしばらくそのまま様子を見るのも手です。それでは、それぞれの仕掛けの特性やメリットについて詳しく見ていきましょう。

深くて狭い場所で狙う!~胴付き仕掛け~

アラはその特性上、水深が深くて岩礁部などの狭いエリアに群れが寄ってくることで知られている魚です。その特性を生かしたのが「胴付き仕掛け」です。全国的に最も一般的な仕掛けになります。

釣り方としては、仕掛けを投入したら一気に海底まで送り込みます。なお、投入時は錘からゆっくりと投入していきます。そして、錘が海底に着いたら、そのまま海底を這わせていき、様子を見ていきます。船が潮に流されて糸がピンと張ってきたら、その流れに合わせて仕掛けを流していきます。ある程度流したら糸を巻き取って、錘を浮かせます。

基本的には錘を海底に這わせる→流す→糸を巻き取り錘を浮かせる→錘を海底に這わせるという順序でこれを繰り返していきます。この中で当たりがあれば釣り上げていきます。当たりとも言えないような軽微な感触が何度か続いた場合、餌だけが取られてしまったケースが考えられますので、一度仕掛けを回収しましょう。

関東では主流!~テンビン仕掛け~

相模湾などの関東地方で主流になりつつあるのが「テンビン仕掛け」です。

テンビン仕掛けの釣りは、まず錘をゆっくりと投入し、海底に錘が着いたらすぐに1メートルから数メートルほど糸を巻き上げ、ロッド(竿)でしゃくります。これは餌に動きを与えるための動作で、このまま当たりを待ちます。

数分おきに錘を着底させる→糸を巻き上げる→ロッドでしゃくるという一連の動作を繰り返して当たりを待ちます。

なお、今回紹介した胴付き仕掛け、テンビン仕掛けの他にも、近年ではジギング(メタルジグという金属製のルアー釣り)でも釣れる魚としても知られています。ゲーム性の高さからジギングファンの間でも人気の魚になっています。

アラを狙うにはさまざまなタックルがある

記事840の画像37704

出典:Visual Hunt

アラの釣り方の概要が分かったところで、次はアラ釣りにおすすめのタックルについて解説していきます。

一口にアラ用のタックルと言っても、さまざまな種類のタックルがあり、さらにアラ専用タックルというのも一般的ではありません。特に初心者は「自分にどういったタックルが合っているか分からない」という方がほとんどではないでしょうか。

そこでここでは、アラ釣りで最も一般的に使われているタックルを紹介します。ここで紹介するタックルを基本に、自分にぴったりのタックルを探すことをおすすめします。

アラ釣りの竿(ロッド)は底物竿の中から選ぼう

ジャッカル BIN-BINSTICK VCM BSC-511M-VCM.

Length:5ft11inch
Power:MEDIUM HEAVY
Lure(g):MAX200g/DOTERA 45~300g
Line:PE 0.6-1.5号

Amazonで詳細を見る

アラを狙う竿(ロッド)にはさまざまなタイプがありますが、基本的には底物釣り用の底物竿の中から選べば間違いありません。なお、胴付き仕掛けでもテンビン仕掛けでも使用する竿は変わりません。

アラ釣りに最もよく使われているのは以下の竿になります。

長さ:2.4~2.7メートル
調子:先調子(7対3)
錘負荷:120~200号

初心者の方は特に上記の長さ、調子、錘負荷を基本ラインとして、まずはさまざまな竿を触ってみて、自分に一番しっくりくる竿を見つけていくことをおすすめします。

なお、アラは置き竿で十分釣れますので、竿の重さに関しては自分が扱える範囲であればあまり神経質に気にする必要はないでしょう。

リールは電動リールを

シマノ プレイズ4000

ギア比:3.2
最大ドラグ力(kg):15
自重(g):1230
巻糸量(号-m):[PE (パーワープロボートゲーム)] 5-600、6-500、8-300、10-270 / [フロロ] 5-610、6-530、7-360、10-290
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):68

Amazonで詳細を見る

アラ釣りでは電動リールを使うのが一般的です。水深200~300メートルを狙うことが多いため、500~600メートルほど巻けるものであれば安心してアラ釣りを楽しむことができます。

他の魚とは違い、一日中竿を持って釣りをするわけではなく、置き竿式が一般的なため、重さはあまり気にする必要はないでしょう。

とはいえ、あまりにも重いものだと釣り上げる際に大きな負担になってしまいますので、竿とリールを合わせてどれくらいの重量なら自由に扱うことができるかを計算に入れて選ぶことをおすすめします。

糸(ライン)は汎用性の高いPEラインでOK

シマノ オシア EX8 コンセプトモデル

全長:500m
6.0号
マルチカラー
最大強力:99.0lb(45.0kgf)

Amazonで詳細を見る

糸も竿、リールと同様に、専用のものは必要ありません。汎用性の高いPEラインを使用します。6~8号であれば、十分な強度があります。また、約300メートルの水深を狙うことが多いアラ釣りでは、500~600メートルの長さが必要になります。

アラ釣りに欠かせない仕掛けと錘

記事840の画像38223

出典:Visual Hunt

ここでは、アラ釣りに欠かすことのできない仕掛けや錘について解説していきます。仕掛けと聞くと特に初心者の方は難しく考えてしまいがちですが、いずれも釣具屋などで簡単に買えるもので作れ、多くのベテランアングラーは自分に合った仕掛けを自作しています。万が一、自作が難しい場合でも、仕掛けや錘を貸してくれる船宿もありますので、安心してください。それでは早速、アラ釣りの仕掛けについて詳しく見ていきましょう。

アラ釣りで一般的な2つの仕掛け

アラ釣りでは、一般的に2つの仕掛けが多く使われています。先ほどもお伝えしましたが、「胴付き仕掛け」と「テンビン仕掛け」がその2つです。2つの仕掛けの概要は以下の通りです。

●胴付け仕掛け
胴付け仕掛けの特徴は、針が多く使われていることです。通常、アラ釣りに使用する胴付け仕掛けの針は3~6本が一般的です。針の太さは、親針がソイ針の20号、孫針がムツ針の12~18号を使用します。また、仕掛けと道糸をつなぐにはサルカンを使います。直結でも仕掛けと道糸を結ぶことができますが、初心者の方は難易度も高く強度の面からもサルカンを使用した方が無難でしょう。

仕掛けの軸になる幹糸は道糸と同様のPEライン、太さは道糸よりも太い10号程度のものを使用します。また、幹糸から走らせるエダスは10~12号の太さ、長さは70センチから80センチのものを用意しましょう。

●テンビン仕掛け
テンビン仕掛けのテンビンは、長さ60センチ程度の大型方テンビンを使います。2本針が主流ですが、仕掛けるポイントによっては1本針も併用します。針の種類と太さは、親針がソイ針の20号、孫針がムツ針の12~18号を使用します。ハリス、エダスともにフロロカーボン製で10~12号の太さのものを使用します。

仕掛けによって使用する錘が違う

水深300メートル前後の海底を狙うアラ釣りにとって、仕掛けと同様に錘も必要不可欠な存在です。アラ釣りに必要な錘の重さは用いる仕掛けによって変わってきます。胴付き仕掛けは、200~250号、テンビン仕掛けの場合は150~200号の錘を使用します。

アラが好む餌は青魚やイカ

アラ釣りでは、通常、イワシや小鯖、サンマなどの青魚やスルメイカやヤリイカなどのイカが餌として使用されます。餌の仕掛け方は、青魚の場合は下あごから上あごへと縫い刺しします。イカの場合は、親針を胴の先に、孫針を胴の裾につけます。この時、針先は必ず外側に出すように注意してください。

ほぼ日本全国で釣ることができるアラ

記事840の画像38227

出典:Visual Hunt

アラが釣れる海域は北海道の日本海側以外のほぼ日本全国の海域です。具体的には、太平洋側は北海道から九州、日本海側は青森県から九州で釣ることができます。なお、関東では相模湾が釣り場として有名です。

水深は最も浅い場所で70メートル、深い場所では300メートルを超えます。1年中釣ることができる魚ですが、最も数が多く、さらに食味が美味しいのは1月から4月の冬場になります。せっかくアラを釣り上げるのであれば、やはり美味しいアラの方が良いですよね。寒さが厳しいですが、アラ釣りにおすすめのシーズンはやはりトップシーズンの1~4月になります。

アラ釣りで釣れる外道たち

アラ釣りの仕掛けや餌で釣れるのは、アラだけとは限りません。アラ以外にも釣れる魚がたくさなります。たとえば、メバル、鯖、オニカサゴなどの食味が美味しい魚たちが外道として釣れることがあります。アラ釣りで目当てのアラが当たればもちろん嬉しいですが、もしアラが釣れなくてもこうした美味しい外道たちを釣り上げることができれば、それはそれで嬉しいものですよね。

まとめ

今回は、流通量の少なさや、その食味の美味しさから「幻の魚」とも呼ばれるアラの釣り方について詳しくお伝えしてきました。アラの大物を釣るために釣行しているベテランアングラーも多数いるほど、アラは人気の魚です。確かに、幻の魚と言われるだけあって、大物を釣り上げることは決して簡単ではありません。ですが、それだからこそ面白いという面もあります。ぜひこの記事を参考に、アラの大物釣りにチャレンジしてみてください。

関連記事