FishMasterのロゴ

mondo

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りを徹底解説!これであなたも釣果アップ!

クロダイは関西地方でチヌと呼ばれ、古くから釣りの対象魚です。そして現在はウキを使った釣りが主流となり、釣り方も随分変わりました。そんなウキ釣りで釣るクロダイに的を絞って重点的に解説していきたいと思います。

ウキ釣りで狙うクロダイの魅力!

出典:visualhunt

ウキ釣りで狙うクロダイは、湾内を中心に堤防、船着き場、護岸、磯など幅広い場所がポイントとなります。春に産卵のための乗っ込み時期があり浅場で釣れはじめます。秋になると再び浅場で餌を捕食することから、春と秋に釣りのシーズンを迎えます。20cm級の小型から60cm近い大物まで釣れ、磯釣りに匹敵する釣りの醍醐味を味わう事が出来ます。

ウキ釣りでクロダイを釣る方法は大きく二種類!

出典:photo-ac

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りには2つのパターンがあります。クロダイは海底近くでエサを捕食するため、深場ではオモリで仕掛けを底に沈めて釣ります。逆に浅場では、オモリなしや小さいガン玉をうってのフカセ釣りです。どちらも同じウキ釣りですが、釣り方は全く違います。それでは順に説明していきましょう。

オモリを使ったウキ釣り

潮の流れの緩い深場では、1号~1.5号の棒ウキに同じ負荷の1号~1.5号のオモリを付け海底近くを狙います。その為ハリスはやや短めの2mくらいにします。潮の流れの緩い場所では撒き餌はほとんど投入地点付近に落ちる為、この釣り方が有効になります。一番重要なウキ下はどうやってわかるの?と疑問がわきます。この場合はウキ止めを誘導式にします。ハリスを付けずにウキ下を深くして投げ込んで棒ウキが立たなければオモリが底に付いています。ウキが立てばオモリが底を切っています。この要領で少しずつ探るとウキ下がわかります。警戒心の強いクロダイはウキを消し込むほどの鋭いアタリは出ません。小刻みに動いているような小さいアタリほどクロダイの可能性が強いので神経を集中させましょう。

ウキ釣りによるフカセ釣り

近年流行しているのが浅場でのフカセ釣りです。メジナのフカセ釣りから派生し、底の見えるような浅場でもクロダイが釣れるようになりました。メジナ釣り同様の円錐ウキ仕掛けで、ウキの浮力を殺し、ハリスを約3mと長めに取ります。そして潮の流れるポイントで刺し餌を先行させて流す釣りです。撒き餌につられ、深場から浅場によって来たクロダイを食わしてう行くという攻めの釣りです。

クロダイ釣りのタックルを徹底解説!

出典:photo-ac

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りのタックルは磯釣りのタックルとほぼ同じです。ただメジナ釣りよりは少しライトなタックルになります。それでは順に解説していきましょう。

竿(ロッド)

シマノ ホリデー磯 1.5号 530

全長(m):5.38
継数(本):6
仕舞寸法(cm):103.0
自重(g):205
錘負荷(号):1~4 適合ハリス(号):1.5~4

Amazonで詳細を見る

ダイワ リバティクラブ磯風 1.5-53・K

全長:5.33m
仕舞:101cm
継数:6本
自重:215g
錘負荷:1.5-4号
対応ハリス(ナイロン):1.5-4号

Amazonで詳細を見る

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りのロッドは、クロダイ専用なら1号クラスがベストです。
50cmオーバーの大物が出る海域では磯竿の1.5号クラスを使うと対応できます。
堤防であれば4.5mでも十分ですが、浅場や磯から狙う場合は5mクラスが好ましいです。
この50cmの差がシモリのある場所などで威力を発揮するんです。
堤防?磯?とこだわるより、5mのロッドにすればどちらでも対応できます。

リール

ダイワ フリームス LT2500

ギア比:5.3
最大ドラグ力(kg):10.0
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):75
自重(g):200
標準巻糸量:ナイロン(lb-m) 4-230、6-150、8-100 / PE(号-m) 0.6-290、0.8-200、1.0-190

Amazonで詳細を見る

ダイワ シグナス LBD 2500H-LBD

巻取り長さ(cm): 93
ギア比: 6.2
自重(g): 285
最大ドラグ力(kg): 8/ 最大ブレーキ力(kg): 14
標準巻糸量 ナイロン(号-m): 3-150

Amazonで詳細を見る

リールは2000番クラスのスピニングリールが最適です。一般的なタイプ?それともレバーブレーキ付?と悩む人もいると思います。判断材料はルアー釣りなどの他のジャンルに使いたいか否かです。レバーブレーキ付は他のジャンルには使えないので色んな釣りをしたい人は一般的なスピニングリールにしましょう。やり取りの際はレバーブレーキに分がありますが、一般的なスピニングリールでも慣れればドラグとリールの逆転を使えばレバーブレーキに負けないやり取りが出来ます。
もう一つハンドルは左が常識のようになっていますが、あくまでも自分の使いやすい方向がベストです。ストレスになる釣りはやめて、気楽に釣りましょう。

糸(ライン)

ダイワ(Daiwa)ナイロンラインジャストロンDPLS500m2号イエロー

糸グセが付きにくい、道糸専用の蛍光ラインです。2号であれば50cmクラスまでなら楽に対応できます。

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa)ナイロンラインジャストロンDPLS500m3号ピンク

糸グセが付きにくい道糸専用のナイロンライン3号です。50cm以上の大物に楽に対応できます。

Amazonで詳細を見る

クレハ(KUREHA)ラインシーガー150150m1号

フロロの王様シーガーです。最強のハリスと言われています。

Amazonで詳細を見る

クレハ(KUREHA)ラインシーガー150150m2号

フロロの王様、シーガーの2号はハリスです。これで大物もばっちりです。

Amazonで詳細を見る

道糸はナイロンラインの2号~3号を使います。道糸専用ラインが糸グセが付きにくく、さらに蛍光ラインを使うと常に道糸の状態が把握できます。ではPEラインは使えないの?と思われますが、長いロッドに軽く細いPEラインを使った場合、竿先に絡まったりなどのトラブルが多く発生します。釣り場でのトラブルほど嫌なことはありません。ウキ釣りの道糸はナイロン!これが鉄則です。
一方ハリスは伸びが少なく強度の強いフロロの1号~2号を使います。堤防の基礎部分に擦れたり、シモリに擦れたりするため、擦れに強いフロロが最適なのです。ハリスはフロロと覚えておきましょう。

ウキ釣で釣るクロダイの仕掛けを解説!

出典:photo-ac

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りの仕掛けは前述の通り2種類あります。潮の動きが少なく、やや水深のある堤防などでの、オモリを使ったウキ釣りと、浅場や磯などのフカセ釣りです。それでは順に解説していきましょう。

オモリを使ったウキ釣り仕掛け

堤防や船着き場などはやや水深があり、潮の動きが緩い場所が中心となります。このようなポイントでのクロダイ釣りは、刺し餌を底近くに落としての釣り方がメインとなります。ウキは誘導式の1号~1.5号の棒ウキをウキ止めになる2つのシモリ玉の間に入れます。サルカンの上にウキと同じ号数の1号~1.5号の中通しオモリを付けます。サルカンの下にハリス1号~2号を2mほどとり、ハリはクロダイ(チヌ)バリの2号~4号を使います。

フカセ釣りの仕掛け

磯から狙うメジナ釣りと同じです。ウキは誘導式ですが浮力を殺した円錐ウキを使います。道糸にサルカンを付け、1号~2号のハリスを3mとりクロダイ(チヌ)バリの2号~4号を使います。潮の流れが速い場所などではハリスの中間にガン玉を打ちます。

シモリ玉とウキ止め

ウキを誘導式にする場合なくてはならないものです。道糸にウキ止めを縛り付けます。ゴムタイプと糸タイプがあります。クロダイ釣りのロッドのガイドが小さいので、糸タイプで縛る方がスムーズにガイドを通ります。ウキ止めの下にシモリ玉をつけ、ウキを通し、その下にもシモリ玉を付けます。上のシモリ玉がウキ止めの役割をし、下のシモリ玉がオモリとのクッション代わりになります。ウキ止めは事前に道糸に縛り付けておくと釣り場でスムーズに釣りの準備が出来ます。

円錐ウキ

フカセ釣りで使うウキですが、ウキの下の部分にオモリが埋められていて、オモリは必要ありません。更にウキの中心に細いパイプが埋め込まれてあるものは、シモリ玉すら必要ありません。ウキの抵抗が極限まで抑えられたものなので、警戒心の強いクロダイに違和感を必要以上に与えない優れものです。種類が数多くあり、釣り具店で見るだけでも楽しくなるアイテムです。

クロダイ釣りのエサは何?

出典:visualhunt

かつては色々なエサが使われていましたが、今ではオキアミが最強のエサです。どんな魚も食べるオキアミはクロダイにとっても大好物なわけです。刺しエサには生のオキアミ、撒きエサには生のオキアミにクロダイ(チヌ)用の集魚剤を混ぜて使います。クロダイ用の集魚剤は沈下速度が速く、海底近くを移動するクロダイを寄せ付け、刺しエサのオキアミで食わすのです。そしてウキ釣りの場合は他の釣り同様、撒きエサと刺しエサの同調が基本です。いかにクロダイを撒きエサで寄せるかが重要なポイントです。

マルキュー(MARUKYU)チヌパワースペシャルMP

大ヒット集魚剤がパワーアップしました。

Amazonで詳細を見る

ダイワ新鮮パックアミノX爆増チヌ5倍深攻め974356

5倍に膨らむ、経済性にも優れた集魚剤です。

Amazonで詳細を見る

ウキ釣りで釣るクロダイを狙うべきポイントは多種多様!

出典:photo-ac

クロダイのポイントは無限にあります。実績のある海域や場所であれば、堤防、船着き場、護岸、地磯など全てがポイントになります。また渡船で行く、穏やかな湾内の離れ磯などもあります。堤防などでは釣れ出すと連日釣り人が繰り出します。クロダイ釣りは撒きエサの切れ目がクロダイの切れ目と言われるくらい、撒きエサが重要な役割をしています。つまりポイントは自分で作るということですね。エサの集まるところにクロダイは集まります。
堤防などの人工構造物のあるポイントでは、海底に変化のあるポイントが一番です。とはいっても海底も見えない場所ではどこがいいかわかりません。こんな時は堤防の上を見て行きましょう。撒きエサを流した跡が必ず付いています。昔から釣れるポイントは、釣り人がいつもいます。エサで汚れた場所こそポイントです。
地磯や浅場では、シモリの状態や、海底の状態が見えるはずです。シモリが点在し急に深くなっている場所などは絶好のポイントです。
渡船でいく離れ磯の場合は船頭さんに聞くのが一番です。
昔から釣れるポイントは何時でも釣れると言う事を理解すれば、ポイントがおのずとわかりますね。

あると便利な道具

出典:photo-ac

クロダイ釣りは磯釣りと同じような道具が必要です。ここではあると便利な道具の紹介をしましょう。

スカリ

オージーケー 玉網 パイレン ホース巻 スカリ PG849 50cm×3段

サイズ規格:50cm×3段

Amazonで詳細を見る

穏やかな堤防や船着き場などでは、クーラーに入れず、釣ったクロダイをスカリに入れて海に漬けると、釣りの終わりまで活きています。
ロープをやや長めに取ります。
引き潮時にスカリが空中にぶら下がらないためです。分かっていても釣りに夢中のあまりやってしまう人がいるので注意してくださいね。

ストリンガー

カザックス DXストリンガー ステンフック 8本付

ステンフック:8本付き
ステンフック:100mm
ロープ:φ2.3mm×2m
素材:ステンレス

Amazonで詳細を見る

ストリンガーはスカリと違い、1尾ずつエラから口にフックを通し海中で活かすことが出来る道具です。
堤防だけでなく、磯でも使えます。
ただし磯の場合は波の穏やかな場所に活かすことが肝心です。

この釣り方で釣れる魚たち

出典:visualhunt

クロダイ釣りは湾内を中心に釣るので、色々な魚が釣れます。
まずクロダイと間違ってしまうのが、画像にあるヘダイです。同じ鯛の仲間なので味は良いです。食べておいしい魚では、ハギ類、カサゴ、グレ、鯛、コショウダイ、ベラなどです。
逆に嫌がられる魚ではフグ、キタマクラ、アイゴなどです。
特にウキが気持ちよく消し込まれるとほとんど外道です。外道がいるからクロダイもいると言う事をお忘れなく!

まとめ

出典:visualhunt

ウキ釣りで狙うクロダイ釣りはいかがでしたが。昔から難しいと言われているクロダイ釣りも、ウキ釣りで狙えば、手軽で簡単な釣りだと言う事がお分かりいただけたでしょうか。近年海域によってはクロダイの放流事業も増え、時期と場所さえ選べば、良型の数釣りが可能な釣りになってきています。あなたもウキ釣りで狙うクロダイ釣りで、大物とのやり取りを満喫しませんか。

関連記事