FishMasterのロゴ

shun21

アオリイカ釣り仕掛けを徹底解説!これでウキ釣り・ヤエン釣りは完璧

釣って楽しい食べておいしいアオリイカですが、様々な釣り方で釣ることができます。その中でもテクニカルで奥が深いのがウキ釣りとヤエン釣りです。今回の記事では、アオリイカのウキ釣り・ヤエン釣り仕掛けについて徹底解説します!

アオリイカは色々な釣り方で釣れる!

出典:photo-ac

初心者からベテランまであらゆる層に人気のあるアオリイカ釣り。
手軽に始められるエギングが近年爆発的に人気ですが、アオリイカは「ウキ釣り」・「ヤエン釣り」でも狙うことができ、奥深さが人気の高い釣り方です。
アオリイカのウキ釣り・ヤエン釣りでは、生きたままのアジをエサに泳がせて釣ります。
どちらの釣りもアジを喰わせて、合わせるまでのタイミングが重要で、その間のなんとも言えないドキドキ感と焦ったさに、多くの人がハマっていきます。
非常にテクニカルで中・上級者向けの釣り方ですが、一度そのドキドキ感を味わってしまったらその奥深さの虜になること間違いなしです。

アオリイカのウキ釣り・ヤエン釣りではこんな魚も釣れる!

出典:photo-ac

アオリイカのウキ釣り・ヤエン釣りで釣れる魚は、やはり同じイカ系がメインになります。
アオリイカはもちろんですが、ケンサキイカを始めコウイカやタコまでもかかる時があります。
仕掛けごとでも、掛かるものはすこし違い、それに関しては下の仕掛けごとの項目でご説明します!
いずれにせよ、ウキ釣り・ヤエン釣りどちらの釣り方でも生きたアジをエサにするので、アジをエサとしているフィッシュイーターは釣れる可能性が十分にあります。

アオリイカのウキ釣り仕掛け

出典:photo-ac

アオリイカのウキ釣りで狙う場合は基本的に夜の釣りになるので、電気ウキを使ってその先に豆アジを付けて釣ります。
ウキが沈んだ後の合わせるタイミングがとても重要で、早合わせや遅過ぎる合わせのせいでバラしてしまうこともしばしばあるので、慣れが必要です。
ウキ釣り用の仕掛けに関しては、市販のものが販売されていますので、それを使うと便利です。

おすすめのウキ釣り仕掛けスペック

  • 道糸:ナイロン4号〜5号
  • ウキ止め
  • シモリ玉
  • 電気ウキ:2号〜4号
  • からまん棒
  • クッションゴム
  • ハリス:3号
  • グレ鈎:11号
  • カットウ鈎

こちらがアオリイカのウキ釣りの仕掛けのスペックになります。
道糸はナイロンの4号〜5号を使うのが一般的で、そこにウキ止め→シモリ玉→電気ウキ→からまん棒→クッションゴム→ハリス→グレ鈎→カットウ鈎の順番で付けていきます。

ウキに関しては電気ウキでなくても、ノーマルのウキにケミホタルをつけて使用しても問題ありません。
カットウ鈎は1つのものと2つ付いているものとありますが、1つしか付いていない仕掛けはイカに見つかりにくい代わりにフッキング率が低く、2つ付いている方はイカに警戒されやすい代わりにフッキング率が上がります。
イカの活性が高い時は2本鈎で釣果を伸ばし、イカの活性が低かったり水が澄んでいる時なんかは1本鈎でイカに警戒心を抱かせないほうがいいでしょう。
必要なアイテムが非常に多い仕掛けで、仕掛けを作りは慣れるまでは少し大変かもしれません。

アオリイカのおすすめウキ釣り仕掛け

初心者でも簡単に掛けられる!

カツイチ イカキャッチャーIII S-12 L

ハリス:ブラックハリス5号(80cm)

Amazonで詳細を見る

釣り具大手メーカーカツイチの仕掛けです。
エサが外れにくい、スタンダードなイカキャッチャーなので使いやすいです。
エサが弱らないので、イカの乗りも良いです。

視認性バツグンの電気ウキ

冨士灯器FF-13超高輝度電気ウキ2号

電池寿命:約15時間
サイズ(高さ×最大径):229×φ17
適合オモリ:2号

Amazonで詳細を見る

富士灯器から出ている電気ウキで、アオリイカのウキ釣り仕掛けにぴったりのウキです。
赤い色に大きく光るLED使用で、遠くからでも視認性がとてもよく、電池も15時間持つので夜通し釣りをしても安心です!

シモリ玉と言えばこれ

デュエル(DUEL)スーパーシモリ玉M

サイズ:M
入数:8

Amazonで詳細を見る

シモリ玉を買うなら、こちらのYO-ZURIのスーパーシモリ玉が一番です!
たくさん入っていてコスパも良く、オススメのアイテムです。

ウキ釣り仕掛けに必須!クッションオモリ

第一精工クッションシンカー2号

サイズ:2号

Amazonで詳細を見る

第一精工から出ているクッションシンカーです。
品質は大手メーカー第一精工の高品質で、2個入りセットなのでひとつロストしても安心できます。
アオリイカのウキ釣りするならm¥¥、クッションシンカーは必須です。

からまん棒の定番!釣研

釣研からまん棒

全長:16.5mm

Amazonで詳細を見る

釣り具小物と言えば釣研と言っても過言ではないくらいメジャーな釣研から出ているからまん棒です。
こちらも非常に安く買うことができるので、予備があると安心です。

ウキ釣りで釣れる魚

ウキ釣り仕掛けで釣れるアオリイカ以外の魚は、前述のとおりイカ系がメインになってきます。
捕食傾向や捕食の方法もアオリイカに似ていることから、上がってくるまでわからないことも多いです。
イカ系以外には、アジを捕食するワカシやカンパチ・サゴシ・太刀魚などのフィッシュイーターや、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュも狙うタナやポイントによっては釣れることがあります。
特に夜のウキ釣りとあって、秋シーズンは太刀魚がかかっているのをよく目にします。
ウキ釣りの場合、ヤエン釣りとは違ってアジのすぐ近くにフックがついているので、魚が喰ってきてもかかりやすく、外道で魚が釣れる可能性はヤエン釣りに比べ多少高くなります。

アオリイカのヤエン釣り仕掛け

出典:foter

ヤエン釣りの仕掛けは比較的シンプルですが、野猿を入れる対イングが難しい釣り方になります。
ヤエンの種類もさまざまで、状況に応じて使い分けていきます。
ウキ釣り同様エサを使うので、イカが食い渋っている時などはエギングよりも反応がいい傾向にあります。

おすすめのヤエン釣り仕掛けスペック

  • 道糸:ナイロン4号〜5号
  • ヤエンストッパー
  • チヌ鈎:2号〜3号
  • ヤエン

こちらがアオリイカのヤエン釣り仕掛けのスペックになります。
ヤエン釣りでは、アオリイカがアジを食ったら野猿を通す必要があるため、ウキ釣り仕掛けに比べて非常にシンプルなつくりになっています。
しかし、イカがアジをくわえてからヤエンを投入するまでのタイミングが非常に難しく、こちらも慣れと経験が必要になります。
ヤエンストッパーは、ヤエンが針のところまで行ったら逆戻りしないために付けるもので、必ずつけておきましょう。
また、ヤエンは主に3種類ありそれぞれの特性に合わせて使うといいでしょう。

挟み式ヤエン ヤエンのハリが上下に分かれており、アオリイカを上下から挟んでかけるヤエン フッキング率が高く初心者におすすめ
跳ね上げ式ヤエン ヤエンの中ほどがくの字に曲がっているタイプのヤエン こちらもフッキング率が高いが、沖掛けした時などは角度がつき過ぎるので不向き
オカサンヤエン 一番スタンダードな一直線のヤエン 沖掛けした時でもフッキングしやすい

これ以外にも、ローラーの有無や1刀・2刀ヤエンなど、ヤエンの種類は多種多様です。
慣れていくうちに複数持って、その時のあたりの位置や状況で使い分けるといいですが、初心者の人は挟み式がフッキングしやすいのでおすすめです。

アオリイカのおすすめヤエン釣り仕掛け

初心者でも使いやすいヤエン

あおりねっと 挟み式ヤエン(標準型) ブラック

長さ:350mm 
重量:約22.5g

Amazonで詳細を見る

こちらのヤエンはフッキング率の高い挟み式になっているので、難しいヤエン入れが初心者でも簡単に行うことができます。
初心者だけではなく、ベテランでもジブい状況の中で1杯掛けたい時にもおすすめです。

跳ね上げ式ならシマノのヤエン

シマノヤエンA-RBラインローラーヤエン跳ね上げ式YA-111GシルバーLL

サイズ:LL
カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

こちらはシマノから出ているヤエンで、跳ね上げ式のタイプです。
ハリ先が跳ね上がることで、イカのバラシを最小限に抑えることができ、ガッチリとフッキングします。
ローラー付きなので、糸に角度がなくても楽々ヤエンを送り込むことができます。

ヤエン釣りの王道!

ヤマシタ(YAMASHITA)アオリヤエンM

サイズ:M(30cm)
針:3段針
オモリ重量:2号

Amazonで詳細を見る

ヤマシタから出ているこちらのヤエンは、スタンダードな一直線のヤエンです。
ワンタッチでラインに取り付けることができるので、ヤエン取り付け中にイカをはバラしにくくなっています。
あらゆる状況で使えるものを選ぶなら、王道のヤエンで勝負です!

ヤエンストッパーは必ず付けましょう!

カツイチ(KATSUICHI)ヤエンストッパーブラック

Amazonで詳細を見る

ヤエン釣りにおいてバラしの多いタイミングのひとつが、ヤエンがかかりきらず後退した時です。
そんなことにならないためにも、ヤエンストッパーを付けてしっかりとヤエンを止まらせてフッキングしましょう!

ヤエン釣りで釣れる魚

ヤエン釣りで釣れる魚は、ウキ釣り同様イカ系がメインになります。
ケンサキイカやコウイカは、アオリイカと同じようにアジなどの小魚を食べるので、よく釣れることがあります。
魚類は釣れないこともないですが、ウキ釣りではエサのすぐ近くにフックがあったのに対して、ヤエン釣りではアジを掛けているハリしかないので、アタリはあっても乗らないことがほとんどです。

ウキ釣り・ヤエン釣りでアオリイカを釣ろう!

出典:foter

いかがだったでしょうか?

非常にテクニカルで奥が深いアオリイカのウキ釣りとヤエン釣り。
仕掛けが複雑でどちらかというと中級者以上向けの釣り方ではありますが、初心者でも市販の仕掛けを使えば行うことができますので、ぜひ初心者の方も挑戦してみてください。
ウキ釣り・ヤエン釣り特有のドキドキ感は、一度味わったらやみつきです!

関連記事