FishMasterのロゴ

TANAKA

ロックフィッシュにおすすめのベイトリールとは?人気モデル9選

近年人気を集めるソルトゲーム、ロックフィッシュ。スピニングリールはもちろん、タフな釣りにもしっかりと対応できるベイトリールは定番のタックルとして使われています。今回はそんなロックフィッシュにおすすめのベイトリールについて詳しく見ていきます。

ロックフィッシュにぴったりのベイトリールの選び方

出典:photoAC

ベイトリールはスピニングリールに比べるとトラブルの多いアイテムであるため、ロックフィッシュに適したリール選びは大切です。ここではロックフィッシュにおすすめのベイトリールの選び方について見ていきます。

ロックフィッシュ用のベイトリールをはじめて購入する方はぜひ参考にしてください。

ロックフィッシュとのファイトを楽しむにはベイトリール

出典:Fishing Pro

ロックフィッシュはソルトルアーゲームで狙えるターゲットの中でも非常に引きが強い魚として知られています。
またルアーにヒットした際は、根や穴などのストラクチャーに潜ろうとするため、巻き上げが早くパワーのあるタックルが必要不可欠。
ベイトリールはスピニングリールに比べて巻き上げ力が強く、太いラインが使えるメリットがあります。
また合わせるロッドもMH以上の硬さをもつため、1オンスを超える重いウエイトのリグを快適に扱えるメリットもあります。

ロックフィッシュ用のベイトリールはギア比が大切

出典:photoAC

ロックフィッシュ用のベイトリールを選ぶ際はギア比が非常に大切です。
ギア比はハンドル一回転での巻き取り量に直結するため、ロックフィッシュを根から引き剥がすためにはハイギアのリールが必要です。

シマノ、ダイワの大手2メーカーのベイトリールはほとんどのモデルでノーマルギア以外にハイギアのモデルが用意されているため、必ずハイギアモデルを選びましょう。

またバスフィッシングの専用モデルやロックフィッシュ専用モデルではエクストラギアなど、よりギア比が高いモデルも用意されているため、そちらもおすすめです。

ロックフィッシュ用のベイトリールは剛性にも注目

出典:photoAC

ロックフィッシュに使用されるベイトリールはタフで剛性の高いモデルがおすすめ。
ベイトリールは近年軽いルアーの扱いに長けたモデルも多く販売されていますが、ロックフィッシュでは10グラム以上のリグを使うことが多いためおすすめできません。

逆に剛性の高いギアやフレームを採用し、ドラグ力のあるモデルは50センチを超える大型のロックフィッシュ相手にしたファイトでもリールを痛め難く強引なやりとりにもぴったりです。

ロックフィッシュ用のベイトリールを選ぶ際はスプール径に要注意

出典:Fishing Pro

ロックフィッシュ用のベイトリールを選ぶ際はスプール径に注意しましょう。
ロックフィッシュではフロロ、ナイロン素材で10から20ポンド。PEラインでは1から2号前後のラインをベイトリールに巻いて使うことがほとんどです。
そのためロックフィッシュ用のベイトリールを選ぶ際はこれらのラインを100メートル以上巻けるスプール径が必要です。

それぞれ使用するラインの太さはフィールドや扱うリグによって異なるため、一概には言えませんが、細いラインの使用を前提とした浅溝スプールなどとは相性の悪い釣りということを覚えておきましょう。

ロックフィッシュ用のベイトリールにはフロロカーボンが定番

出典:Fishing Pro

ロックフィッシュに使うベイトリール用のラインはフロロカーボンがもっとも定番です。
フロロカーボンはPEラインに比べるとトラブルが少なく、根ズレに強いためストラクチャーの激しいエリアや磯場でも抜群の強度を誇ります。
ベイトリールはスピニングタックルに比べると、根のきついエリアでの使用が前提とされているため、根ズレに強いフロロカーボンラインが特に相性が良いのです。

大型がヒットする磯場では16から20ポンド

出典:photoAC

大型のロックフィッシュがヒットする可能性の高い磯場はベイトリールにぴったりのエリアです。
根や岩などストラクチャーにも富んでおり、合わせるラインも太めのフロロカーボンが定番。
フィールドやタックルによって好みがわかれますが、16から20ポンドがおすすめです。

漁港などでは定番の14ポンド

出典:photoAC

磯場に比べるときつい根が少なく、フラットなエリアでもある漁港。
そのためラインもやや細めのものが使われることが多いです。
大きめの魚がヒットするフィールドでは14ポンドは必要ですが、アベレージが30センチ前後のフィールドは12ポンドでも問題ありません。

クレハ(KUREHA) シーガー R-18フロロリミテッド

クレハ(KUREHA)ラインシーガーR-18フロロリミテッド100m14lb

全長:100m
Test lb:14lb
最大強力:16.5lb
標準直径:0.310mm
参考号柄:3.5号
素材:フロロカーボン
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

意外と忘れがちな海水対応に要注意!

出典:photoAC

ロックフィッシュでは専用リールはもちろん、バスフィッシング用のリールを流用するアングラーも珍しくありません。
バスフィッシング用のリールの中には海水に対応していない淡水専用モデルもあるため要注意です。
淡水専用のモデルを海水で使用すれば内部に海水が浸入し、錆やゴリ感などのトラブルにも発展します。
ダイワ、シマノ、アブガルシアなどから販売されているベイトリールには必ず海水対応の有無が記載されているため購入する前にチェックをすることを忘れずに!

ロックフィッシュにおすすめのベイトリール9選

出典:Fishing Pro

ここではロックフィッシュにおすすめのベイトリールを価格帯別に紹介していきます。
ベイトリールはスピニングリールに比べると、価格帯が性能の良し悪しに直結しやすい釣具です。
そのため初心者であってもやや高価なアイテムを購入することでより快適な釣りを楽しめます。

今回は安価なエントリーモデルを含めて9つのリールを紹介しますが、価格帯の目安としては2万円を超えるアイテムであればトラブルも少なく初心者にも扱いやすいため、はじめて購入する方は参考にしていただければ幸いです。

ダイワ タトゥーラTW

ダイワ タトゥーラTW 100XH

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):86
ギア比:8.1
自重(g):195
最大ドラグ力(kg):5
標準糸巻量 ナイロン(lb-m):14-115、16-100

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されているバス用ベイトリールのエントリーモデル。
15000円前後の価格帯となっており、ロックフィッシュに流用できるベイトリールの中ではリーズナブルなアイテムです。
ライントラブルを防止するTWSが搭載されているので初心者でも安心してお使い頂けます。

シマノ (SHIMANO) 17 バスワン XT

シマノ(SHIMANO)ベイトリール17バスワンXTハンドル

ギア比:7.2
最大ドラグ力(kg):210
スプール寸法(径mm/幅mm):34/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているバス用ベイトリールのエントリーモデル。
ダイワのブレイゾンよりも安い7000円台という価格帯となっており、大手メーカーの中でロックフィッシュ用のリールを探すとしたらもっとも安いモデルといっても過言ではありません。
素材面ではややブレイゾンに劣るものの、7000円という価格には感じられないデザインとベイトリールに必要な最低限の性能を合わせもったアイテムです。

ブレイゾンと同じく性能にこだわらずベイトリールを使ったロックフィッシュゲームをはじめて楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ダイワ(Daiwa) タトゥーラ SV TW

ダイワ TATULA SVTW 103XHL

巻取り長さ(cm): 81
ギア比: 8.1
自重(g): 190
最大ドラグ力(kg): 5

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されているベイトリールの人気シリーズタトゥーラ。
バスフィッシングの本場アメリカで培った剛性とダイワの最先端技術が交わったロックフィッシュにもおすすめのアイテムです。
上位モデルにも搭載されているTWSが採用されていることにより、遠投性能が非常に高く重いリグを扱うことの多いロックフィッシュにはぴったりです。
またSVスプールが採用されていることによりバックラッシュを最小限に抑える効果もあります。

価格は1万円台後半となっておりロックフィッシュ用のリールをはじめて購入する方にもおすすめです。

シマノ (SHIMANO) 17 クロナーク MGL

シマノ(SHIMANO)ベイトリール17クロナークMGL150XG右ハンドル

ギア比:8.1
最大ドラグ力(kg):4.5
自重(g):190
スプール寸法(径mm/幅mm):34/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):86
ハンドル長(mm):48

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているスタンダードベイトリール。
マグナムライトスプールとSVSインフィニティによる相乗効果で抜群の遠投性能を誇り、北海道や東北などのハードロックフィッシュが盛んな地域で人気を集めています。
ロックフィッシュではもっとも定番とされる14ポンドラインを100メートル巻けるため、スプール径のバランスが良い点も魅力です。

価格は2万円台となりますが、本格的なロックフィッシュをベイトリールで楽しみたい方は買って後悔しないアイテムとなっています。

シマノ スコーピオン DC

シマノ スコーピオンDC 151XG LEFT

ギア比:8.5
最大ドラグ力(kg):5.5
自重(g):225
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):91

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているベイトリールの定番アイテムスコーピオンのDCモデルです。
DCはデジタルコントロールを使ったブレーキ制御によってバックラッシュなどのライントラブルを最小限まで抑制する機構。
スコーピオンはそんなDCモデルのベイトリールの中では購入しやすい価格帯で販売されており、ロックフィッシュの初心者、中級者にもおすすめです。

通常のベイトリールに比べて圧倒的にバックラッシュのリスクを減らすことができるため、はじめてベイトリールを購入する方にも安心して使っていただけるアイテムです。

アブガルシア(Abu Garcia) BIGSHOOTER COMPACT

アブガルシア(AbuGarcia)ベイトリールBIGSHOOTERCOMPACTバス釣り

ボールベアリング7/1 ラインキャパ:16lb-125m/20lb-100m/25lb-85m 自重:239g アルミフレーム
チタンコーティングアルミサイドプレート 大口径ブラス製デュラギアII 95mm長,4mm厚クランクハンドルアーム ドラグクリッカー
7+1 HPCR ベアリング EVAミドルラウンドノブ マグネットブレーキ 最大ドラグ力:7Kg
ギア比:8.0:1 最大ライン巻取:83cm

Amazonで詳細を見る

アブガルシアから販売されているロックフィッシュ対応ベイトリール。
大手メーカーでは珍しいロックフィッシュでの使用を前提としたモデルになっており、磯ロックで有名なハンター塩津氏なども愛用している人気アイテムです。

剛性の高いボディや大型のハンドルなど、50センチクラスの大型のロックフィッシュとのファイトを前提としているため、磯場などのフィールドメインにベイトリールを使ったゲームを楽しみたい方にはぴったりのリールです。

またアブガルシアらしい個性的なデザインも魅力の一つで、個性的なベイトリールを探している方にもおすすめです。

ダイワ(DAIWA) HRF ソニックスピード

ダイワ(DAIWA)リールHRFソニックスピード9.1R-TW

巻取り長さ(cm):102
ギヤー比:9.1
自重(g):230
最大ドラグ力(kg):6
標準巻糸量 PE(号-m):1.5-180、2.0-150
ハンドル長(mm):100
ベアリング(ボール/ローラー):10/1

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されているロックフィッシュ専用ベイトリール。
価格は3万円台半ばと高価ですが、ハードロックフィッシュゲームを前提としたスペックとなっており、9.1という圧倒的なハイギア設定が抜群の巻き取り力を生み出します。
またベイトリールには珍しいPEラインの使用にも特化しており、TWSなどと相まってロングキャストも最高レベルの性能を期待できます。

デザインはやや個性的ですが赤を基調にしたダイワHRFロッドシリーズとも相性が良く、ダイワの専用タックルでロックフィッシュを楽しみたい方にはぴったりのアイテムです。

シマノ メタニウム

シマノ メタニウム HG

ギア比: 7.1
最大ドラグ力(kg): 5.0
自重(g): 175
ナイロン糸巻量(lb-m): 12-100、14-90、16-80、20-65
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 76

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているバス用ベイトリール。
1オンスクラスのリグからベイトフィネス顔負けのライトリグまで扱えるシマノのバーサタイルモデルの最高峰となっており、ロックフィッシュトーナメントなどでも使用するアングラーの多い人気アイテムです。

合わせるロッドによって、さまざまな用途に使えるため重いテキサスリグを使ったボトム撃ちはもちろん、近年ブームとなっている防波堤の際での巻物など、一つのリールでさまざまな釣りを楽しみたいベテランアングラーにもぴったりです。

シンプルなデザインも魅力の一つで、どのメーカーのロッドに対しても合わせやすく所有感も満たされること間違いなし。
価格は3万円前後とやや高価ですが、ロックフィッシュで使うバーサタイル性の高いベイトリールを探している方には間違いなくおすすめです。

シマノ 18 アンタレス DC MD

シマノリールベイトリール18アンタレスDCMDXG

ギア比:7.8
最大ドラグ力(kg):6.0
自重(g):235
スプール寸法(径/幅)(mm):38/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-165、14-145、16-120、20-100
PE糸巻量(号-m):3-130、4-100、5-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):93

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているベイトリールの最高峰モデル”アンタレス”。
アンタレスDCMDはそんなアンタレスの中でも大型の魚種に特化したアイテムとなっており1オンス以上のリグはもちろん、磯ロックで多様される40グラムクラスの遠投も快適にこなせます。

また遠投性能の高さだけではなく、巻き取り量や剛性など、ハードロックフィッシュに必要なあらゆるスペックが最高レベルで備わっているため、50センチを超える大型のロックフィッシュと磯場などで強引にファイトするにはこれ以上のリールはありません。

価格は他のベイトリールとは一線を画する7万円台となっていますが、トラブルも少なく、14グラムクラスのリグも問題なく扱えるため、予算を気にせずに最高レベルのアイテムを求めている方にはおすすめです。

ロックフィッシュのベイトリールはやや高価なモデルがおすすめ!

今回はロックフィッシュにおすすめのベイトリールとして、その選び方や各メーカーの人気モデルについて見ていきました。
ロックフィッシュ用のベイトリールは剛性が高く、14ポンドラインを100メートル前後巻けるハイギアモデルが必要なスペックの目安でもあります。

はじめてベイトリールを購入する方にはやや予算が高くなってしまいますが、ダイワのタトゥーラSVTW、シマノのクロナークMGLなどはトラブルも少なくより集中して釣りを楽しむことができること間違いなしです。

今後ロックフィッシュ用のベイトリールを購入する際の参考にしていただければ幸いです。

関連記事