FishMasterのロゴ

TANAKA

サーフヒラメにおすすめのリール10選!番手やギア比まで完全解説

ソルトゲームの人気ターゲットと知られているヒラメ。特に広大なサーフで狙う座布団ヒラメはソルトアングラーの憧れでもあります。今回はそんなサーフヒラメにおすすめのスピニングリールについて番手やギア比、おすすめモデルまで完全解説していきます。

サーフヒラメにおすすめのリールの選び方

出典:photoAC

サーフでヒラメを狙う場合、広大な沖目のポイントまでしっかりとルアーを送り込むことが前提となります。
そのため9フィートを超えるロングロッドを使うことが多く、遠投性能の高いスピニングタックルがおすすめです。
ここではそんなヒラメのサーフゲームにおすすめのスピニングリールのスペックを詳しくみていきます。
2019年にリニューアルされたスピニングリールも紹介していますので参考にしてみてください。

なぜスピニングリールがサーフヒラメに有利?

近年は遠投性能の高いベイトリールを数多く販売されており、シーバスゲームなどではベイトタックルを使うアングラーも増えてきています。
しかしサーフヒラメの場合、ショアからのルアーフィッシングの中でも特に高い遠投力を求められることが多く、フィールドによっては100メートルを超えるキャストが必要です。

そのためベイトリールのキャスティング精度よりも、比較的簡単に飛距離を稼ぐことができるスピニングリールが圧倒的に有利とされているのです。

サーフヒラメのスピニングリールには3000番

サーフヒラメに使用されているスピニングリールは3000から4000番が定番。
2018年にダイワとシマノのリールの番手が統一されてからは両メーカー共通して3000番が人気です。

サーフヒラメの場合9フィートを超えるロングロッドが使用されることが多いため、中型のスピニングリールを合わせたセッティングがもっともタックルバランスが取りやすく扱いやすいです。

もちろんフィールドによっては11フィートクラスのロッドを使用することもあるため、その場合は4000番、またはそれ以上の大型の番手が使用されることもあります。

サーフゲームでは剛性の高さが非常に大切

出典:photoAC

サーフヒラメの場合、ウェーダーを着用し波打ち際で遠投を繰り返すスタイルがもっとも定番。
そのためリールが海水に触れる機会が非常に多く、状況によっては砂がリールに付着することも珍しくありません。

基本的には釣行後のメンテナンスをすることである程度のケアは可能ですが、他の釣りに比べてリールに対する負担が大きい釣りであるためリールを選ぶ際はやや剛性や耐久性のあるモデルがおすすめ。

各メーカーの上位モデルでは近年リールの心臓部への海水や砂の侵入を防ぐモデルも多く販売されているため、初心者の方でもやや予算をあげて、剛性の高いリールを購入すれば一つのリールで長くサーフヒラメを楽しむことができます。

サーフヒラメには1号前後のPEラインが必須

サーフヒラメは遠投力が非常に大切な釣りであるため、使うラインはPEラインが定番。
扱うルアーやタックルによって太さはやや異なるものの0.8から1.2号の中から自分に合ったものを選びましょう。
初心者の方には細いラインは強度面でやや不安を感じるため、1号がおすすめです。

通常のソルトゲームに比べると、ロングキャストを繰り返す釣りになるため購入する際は200m巻きのものを選びましょう。

高品質が魅力の定番PEライン よつあみ エックスブレイド スーパージグマンX8

よつあみ エックスブレイド スーパージグマンX8 200m

規格:200m
号数:1号
ポンド数:20lb
カラー:5カラー

Amazonで詳細を見る

ショックリーダーはフロロカーボンが定番

サーフヒラメは砂や石などでラインがダメージに入ることが非常に多いです。
そのためPEラインを保護するためのショックリーダーはフロロカーボン素材がおすすめ。
1号のPEラインをメインラインに使う場合は14から16ポンドの太さが定番です。

リーダーの長さはフィールドの地形やストラクチャーなどに合わせて1から1.5メートルほど結束することが多いです。

フロロカーボンといえばシーガーは外せない! シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

クレハ(KUREHA)リーダーシーガープレミアムマックスショックリーダー30m16lb3.5号

素材:フロロカーボン
号数:3.5号
巻数:30m
実強力lb.:16
dia.mm:0.31mm
カラー:クリアー

Amazonで詳細を見る

サーフヒラメにおすすめのスピニングリール10選

出典:photoAC

ここでは各メーカーから販売されているスピニングリールの中からサーフヒラメにおすすめのモデルを10台ピックアップ、価格帯を分けて紹介していきます。

どのモデルも人気メーカーから販売されている高品質のリールばかりですので、はじめてサーフヒラメに挑戦する方はもちろん、上位モデルの中から最適のリールを探している方もぜひ参考にしてください。

サーフヒラメの初心者におすすめ、入門用の低価格帯リール

出典:photoAC

まずは初心者におすすめの低価格帯のリールを紹介していきます。
基本的に1万円以下のモデルをピックアップしていますが、安かれ悪かれのアイテムではなく、低価格ながら長く愛用しているコストパフォーマンスの高いモデルです。

剛性や軽量などの面ではやや上位機種には劣るものの、はじめてサーフヒラメに挑戦する方はこちらのモデルから選ぶことをおすすめします。

【2020年最新版】低価格帯の雄!ダイワ レブロス

ダイワ レブロスLT3000S-CH-DH

ギア比: 5.6
1回転巻取り長(cm): 84
標準自重(g): 240
最大ドラグ力(kg): 10.0
ハンドル長(cm): 90
ハンドルノブタイプ: I
ベアリング数(ボール/ローラー): 4/1
標準糸巻量(ナイロン lb-m): 4-230/6-150/8-100
標準糸巻量(ブレイド 号-m): 0.6-290/0.8-200/1.0-190

Amazonで詳細を見る

【一部省略】
レブロス15自体がコスパ面で圧倒的な支持を得たリールでしたが、LTモデルになり更にコスパがぶっ壊れたリールへと進化したと思います。
また、番手も1つ上のPE3号が300m巻けるモデルが追加されたので、カバーする範囲が広くなっています。
釣りにハマったビギナーに最もおすすめできるリールです。

出典:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B08235YYLB/ref=acr_dp_hist_5?ie=UTF8&filterByStar=five_star&reviewerType=all_reviews#reviews-filter-bar

ダイワから販売されている低価格帯のスピニングリール。
エントリーモデルの価格帯ながら抜群の巻き心地を誇り、他メーカーと比較してもこの価格帯であれば抜きん出たの性能を誇る人気アイテムです。

デザイン性も高く初心者の方がはじめて購入するリールとしてはおすすめの一台です。

シマノが誇るハイコストパフォーマンスリール シマノ ナスキー

シマノ ナスキーC 3000HG

ギア比:6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):250
ナイロン糸巻量(号-m):2.5-180、3-150、4-100
フロロ糸巻量(号-m):2.5-160、3-130、4-100
PE糸巻量(号-m):1-400、1.5-270、2-180
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):91

Amazonで詳細を見る

とても使いやすく、オールラウンドに使えるリールだと思います。ボディもしっかりしていて気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01J99ZN5Y

シマノから販売されている低価格帯のスピニングリール。
レブロスよりやや値段は張りますが、その安定した性能の高さは上位モデルに比べると遜色のないハイスペックな一台です。

ソルトゲームにおいてはサーフヒラメだけではなく、さまざまな釣りに使える癖のない汎用性の高さも魅力です。

アブガルシアのソルトゲームエントリーモデル アブガルシア OCEANFILD

アブガルシア OCEANFILD 3000H

自重(g):288 最大ドラグ力:5kg
ギア比:5.8:1 最大ライン巻き取り長(cm/ハンドル1回転):82
本体スプール:ラインキャパシティ(m) ナイロン・フロロ/PE:0.285(12lb) 150m /PE2 150m
替えスプール:ラインキャパシティ(m) ナイロン・フロロ/PE:0.235 (8lb)-110m / PE1.2-150m
ボール/ローラーベアリング:6+1

Amazonで詳細を見る

アブガルシアから販売されている低価格帯のスピニングリール。
ダイワ、シマノに比べると品質にややばらつきがあるものの、ソルトゲーム専用モデルとして販売されているモデルであるため、サーフヒラメに特化したアイテムを探している方にはおすすめです。

替えスプールが標準搭載されているため、ライントラブルやラインの太さを替えたい時にはスプールを交換することで簡単に対応できるメリットもあります。

サーフヒラメのスタンダードモデル、中価格帯リール

出典:photoAC

低価格帯のアイテムに満足できなくなってきた方や、他のルアーフィッシングの経験者がサーフヒラメに挑戦する際にぴったりのスタンダードなスピニングリール。

この価格帯からは剛性や軽量に特化したアイテムも増えてくるため、よりロッドや自分のスタイルに合わせたリールを選ぶことができます。

フラッグシップに迫る、驚異のスペック ストラディック【2019年最新版】

シマノ 19ストラディック 4000XG

ギア比: 6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg): 6.0/11.0
自重(g): 280
糸巻量:PE(号-m) 1-490、1.5-320、2-240
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 101
ハンドル長(mm): 57
ベアリング数 BB/ローラー: 6/1

Amazonで詳細を見る

シマノから驚異のスペックのリールが登場しました。2019年リニューアルされた、中価格リールの定番”ストラディック”から、サーフヒラメに最適な4000XGの紹介です。
手の届きやすい価格にもかかわらず、スペックには一切の妥協がありません。
通常のギアより、さらに繊細で巻き心地・感度が大幅にUPする”マイクロモジュールギア”、防水機構の”Xプロテクト”。その他にもサイレントドライブ・HAGANEギア・ロングストロークスプールとこの価格帯では信じられない性能を持っています。
初心者の方はもちろん、中上級者の方にまでオススメのまさに”驚異”の1台。
使ったら2台目が欲しくなること間違いなしです。

注意点として、4000XGはサーフでメインで使うと想定されるPE1号が490m巻けます。そのため下巻き用ラインを同時に購入することをオススメします。

シマノ 19ストラディック C3000HG

ギア比: 6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg): 3.5/9.0
自重(g): 225
スプール寸法(径/ストローク)(mm): 47/17
糸巻量:PE(号-m) 1-400、1.5-270、2-200
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 89
ハンドル長(mm): 55
ベアリング数 BB/ローラー: 6/1

Amazonで詳細を見る

ワンサイズ小さい3000番台のストラディックの紹介です。
タックルバランスから軽量なほうがいい、4000番台までは必要ない、といった方はこちらがオススメです。

スタンダードリールの決定版 ダイワ カルディア

ダイワ カルディア LT3000-CXH

ギア比:6.2
最大ドラグ力(kg):10.0
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):93
自重(g):205
標準巻糸量:ナイロン(lb-m) 8-150、10-120、12-100 / PE(号-m) 1.0-200、1.2-190、1.5-170

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている中価格帯のスピニングリール。
2021年にモデルチェンジを行い、最新鋭のダイワテクノロジーが詰まったアイテムとして生まれ変わりました。

LTコンセプトにより、かなり軽量です。
3000番台にもかかわらず自重205gで、キャスト&リーリングを繰り返すヒラメ釣りにはアドバンテージになります。
タフな使用シーンが多くなるヒラメ釣りにおいてリールを長持ちさせる手助けをしてくれる”マグシールド”、座布団級のヒラメや、予期せぬ大物がヒットしても安心してやり取りできる”ATD”、水流の変化すらも感知できる感度を達成する手助けとなる”エアローター”など、必要十分なスペックが備わっています。

フラッグシップに迫る軽量モデル ダイワ ルビアス

ダイワ ルビアス LT3000S-CXH

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 93
ギヤー比: 6.2
自重(g): 180
最大ドラグ力(kg): 10.0
標準巻糸量:ナイロン(lb-m) 6-150、8-100/ PE(号-m) 0.8-200、1.0-190

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている中価格帯のスピニングリール。
フラッグシップモデルに次ぐ軽量リールとして販売されており、ロングロッドが中心となるサーフヒラメでは自重の軽さが大きな武器になります。

マグシールドによる、海水、砂などへの対応力もあるためこの価格帯で軽量リールを探している方にはおすすめのアイテムです。

シーバス用リールはサーフヒラメにもぴったり!シマノ エクスセンス CI4+

シマノリールスピニングリールシーバス18エクスセンスCI4+C3000MHG

ギア比:6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):195
スプール寸法(径/ストローク)(mm):46.5/14.5
ナイロン糸巻量(lb-m):8-130、10-110、12-85
フロロ糸巻量(lb-m):8-110、10-90、12-80
PE糸巻量(号-m):0.8-300、1-220、1.2-150

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているシーバス用スピニングリール。
シマノが誇る軽量素材Ci4+を使用しているため、非常に軽くスムーズな巻き出しが魅力です。

シーバス用タックルはサーフヒラメに使われることが多く、エクスセンスリールはサーフヒラメに流用するアングラーも多い人気アイテムです。

シンプルなデザインであるため、スタイリッシュなアイテムを好む方にもおすすめです。

サーフヒラメの上級者におすすめ、高価格帯リール

出典:photoAC

最後にサーフヒラメの上級者におすすめの高価格帯リールを紹介します。
今回紹介する3つのアイテムは巻き心地、剛性などサーフヒラメに必要な要素をすべて備えた各メーカーを代表するリールです。

予算を気にせず、自分が満足できるハイスペックのリールを探している方はぜひこの3つのモデルを候補の一つとして検討してみてください。

ダイワリールを代表する高剛性モデル ダイワ セルテート【2019年最新版】

ダイワ セルテートLT4000-CXH

標準巻糸量:PE(号-m) 1.5-200
自重(g):235
ギヤー比:6.2
最大ドラグ力(kg):12
ベアリング (ボール/ローラー):10/1
ハンドルアーム(mm):60
ハンドルノブ仕様:ラージT型 ハイグリップライト

Amazonで詳細を見る

2019年リニューアルされた高級機種の1つであるセルテートから、サーフヒラメに最適な4000-CXHの紹介です。
感度・剛性・所有感、今まで紹介したダイワのリールの中では一番です。
高級機種と言いつつ、全く手が出ないものではないため、リールの買い替えを検討している上級者はもちろん、次のリールを検討中の初中級者の方にこそ、選んでいただきたい1台です。

まずは”ダフデジギア”。リールの心臓部ともいえるギアを考え抜き、滑らかな回転が続くよう作成。これによりノイズのない巻き感度を達成。僅かな水流の変化などを掴むことができ更に攻撃的な釣りを仕掛けることができます。
またタフな使用シーンに効果を発揮する”マグシールド”は、ギアとラインローラー部に搭載。ボディ部は既に他の技術により高い防水性を誇っているため更に防水性が高まりました。
もちろん、下位機に搭載されている”ATD”、”エアローター”などアングラーの釣りをサポートする機能はすべて搭載。

今までの釣りの世界が変わること間違え無しです。

ツインパワーのソルト仕様! シマノ ツインパワーXD

シマノ ツインパワーXD C3000HG

ギア比:6.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):89
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):200
ナイロン糸巻量(号-m):2.5-180、3-150、4-100 / フロロ糸巻量(号-m):2.5-160、3-130、4-100 / PE糸巻量(号-m):1-400、1.5-270、2-200

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されている高価格帯のスピニングリール。
高剛性の高いリールとして古くから人気の高いツインパワーシリーズの剛性をさらに高め、サーフや磯などでのタフな釣りに対応させたXDモデルです。

サイズ展開もサーフヒラメに最適な番手がラインナップされており、ロッドの長さを問わず合わせられる点も魅力です。

日本が誇るスピニングリールの最高峰 シマノ ステラ

シマノリールスピニングリール18ステラ3000MHG

ギア比:5.8
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):225
スプール寸法(径/ストローク)(mm):47/17
ナイロン糸巻量(lb-m):8-130、10-110、12-85
フロロ糸巻量(lb-m):8-110、10-90、12-80
PE糸巻量(号-m):1-190、1.2-150、1.5-120

Amazonで詳細を見る

シマノから販売されているスピニングリールのフラッグシップモデル。
日本を代表するスピニングリールの最高峰として多くのアングラーに愛されているアイテムです。

その性能の高さは剛性、軽さ、巻き心地とあらゆる点で他のリールを凌駕し、アングラーの所有感も満たしてくれる特別なリールです。

サーフヒラメ用のリールとして最高のリールを探している方はぜひステラをお手にとっていただきたいです。

それぞれに合ったリールを使ってサーフヒラメを楽しもう!

今回はサーフヒラメ用リールの選び方とおすすめのアイテムとして各メーカーの10台のリールを見ていきました。

サーフヒラメは初心者の方であれば3000番台の中型スピニングリールが定番。
1号前後のPEラインを200メートル巻けるスプール径が必要であるため、購入する際の糸巻き量はしっかりとチェックしましょう。

また剛性の高いリールの方が長持ちするタフな釣りであるため、予算が多少高くなってもマグシールドなどの搭載モデルを購入することで、より長く快適に釣りを楽しむことができますよ。

あなただけのお気に入りの一台を購入する際の参考にしていただければ幸いです。

関連記事