FishMasterのロゴ

x1030ka

エギングに使うシマノのスピニングリールを紹介!おすすめ7選

エギングに適したリールの特徴は軽さと剛性。シャクリの動作を長時間続けることができ、リールにかかる負担に耐えることができるリールを選ぶことが重要です。条件を兼ねそろえたシマノリールを厳選しました。

当サイトおすすめ!
★ エギングリール人気ランキング ★

ダイワ スピニングリール 17 セオリー 2508PE-DH

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニングリール 2500 フリームス(2018) LT2500S-XH

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 16 ストラディック CI4+ 2500HGSDH

Amazonで詳細を見る

エギングとはエギを使ったイカ釣りのこと

出典:visual hunt

エギングは、日本の伝統的なイカ漁に使う「餌木(エギ)」を用いて、ルアーロッドでイカを釣る方法です。メインターゲットとなる「アオリイカ」は日本の沿岸に生息する大型に成長するイカで、食べてもおいしく人気のエギングターゲットです。秋の数釣りから春の大型狙いまで、防波堤や磯から手軽に狙えることからも、全国的にエギング人気が爆発しています。また、船から重いエギを使って釣る「ティップランエギング」も大型が狙えることから人気があります。

シマノのスピニングリールの特徴

出典:simano

リールメーカーとして、世界的にも大きなシェアを誇るシマノのリールをご紹介します。自転車メーカーとしても世界的に有名な「シマノ」は、金属やカーボンの加工技術、ギアなど回転部品の製造技術により「軽量かつ頑丈な素材」、「高い品質のギアと回転部品」を作るのは得意分野です。だからこそ、安心して使える高品質かつ高性能のリールを作ることができます。
ここでは、そんなシマノ製のリール、今回はエギングに多用される「スピニングリール」の特徴について書きます。

永く変わらない滑らかな巻き心地

シマノリールは内部のギアに徹底的にこだわっています。プレス力を高めて生成された硬く粘り強い「HAGANEギア(ハガネギア)」、ギアの歯面設計を限界まで細かく仕上げ、ノイズがなくシルキーな巻き心地を実現させる「MICROMODULEギア(マイクロモジュールギア)」、ギアの位置を最適に配置し、強靭なギアをかみ合わせリーリングを安定させる「XSHIP(エックスシップ)」、軽量で剛性の高い金属を用いて、ギアのかみ合わせを外から守る「HAGANEBODY(ハガネボディー)」と、とにかくギアにこだわり、タフな使用にも耐え、永く変わらない巻き心地を実現させています。

また、海水の浸水により中のギアが痛まないよう「コアプロテクト」や「Xシールド」と言った高い防水機能も備えています。
高いギアの品質があるからこそ実現する巻き心地なのです。

高い耐久性と軽さ

シマノを代表する素材に「CI4+(シーアイフォープラス)」と言う素材があります。これは剛性の高い軽量なカーボン素材であり、耐久性と軽さの両方を兼ねそろえたスペシャルな素材です。シマノの釣り具ではリールにはもちろん、軽さが求められるロッドのリールシートにも使われています。競技用の自転車のパーツとしても採用されており、その軽さと耐久性は折り紙付きです。

アングラーのスタイルに合わせたリールタイプ

シマノのスピニングリールは、中価格帯以上のものから2種類のリールに分類されます。それぞれに特徴があり、アングラーのスタイルに応じて使い分けが可能です。

コアソリッドシリーズ

剛性の高いローターを搭載しています。質感のあるシルキーな巻き心地と剛性の高いタイプのリールです。

クイックレスポンスシリーズ

軽量なローターを搭載しています。巻き出しから軽い力で回り、感度の高いタイプのリールです。

高いキャスタビリティ―(飛距離が出る)  

シマノのスピニングリールには低価格帯のものから高価格帯のものまで全てに「AR-Cスプール(エーアールシースプール)」が搭載されています。このスプールは、スプールエッジがキャスティングの時のライン放出の妨げにならない形状をしており、どの機種でも高いキャスタビリティを実現しています。

エギングにおけるシマノスピニングリールの選び方

出典:simano

それでは、エギングにおけるスピニングリールの選び方についてお話します。

サイズ(番手)

エギングではアクションとなる「シャクリ」が「エギ」にダイレクトに伝わり、アオリイカがエギを抱いた際に出る多様なアタリを察知するため「PEライン」を用います。エギングで多用されるPEラインは、0.5号から1号です。このラインが150メートルから200メートル巻けるリールが望ましいです。
また、ロッドとのバランスとドラグ力からリールの番手としては2500番から3000番が主流です。
シマノのリールでは2500S番とC3000S番が最もエギングに適した番手となり、エギングモデルのリールはすべてこの番手になります。

ギア比(巻きスピード)  

エギングで使うリールには2種類の巻きスピードがあります。

標記なし(ノーマルギア)  

ベーシックな巻き取りスピードのリールです。ラインスラックの調整もしやすく、丁寧に探ることができます。ただし、強風時などラインを早く巻き取りたいときには何度も巻かなくてはいけません。

HG(ハイギア)

1巻き当たりの巻き取り量がノーマルギアより多いモデルです。素早いラインスラックの巻き取りや、エギの回収ができます。
ただし、シャクリ動作の際に巻き取りすぎてしまうことがあり、エギが不自然な動作をしやすくなります。

好みにもよりますが、初めてエギングリールを購入する場合は、ラインスラックを巻き取りすぎないノーマルギアをお勧めします。

ハンドル  

エギングで使うリールには2種類のハンドルタイプがあります。

シングルハンドル  

ハンドルノブが1つのオーソドックスなハンドルです。ダブルハンドルと比べ、軽く巻き取りパワーがあります。ただし、ハンドルから手を離すと勝手に動くことが多く、ラインスラックを巻き取ってしまうことがあります。

ダブルハンドル  

アームが2手に分かれたハンドルノブが2つ付いたタイプのハンドルです。手を離してもハンドルが勝手に回りません。また、取っ手が二つある分、よそ見をしていてもハンドルをつかみやすいので、アタリの出るラインに集中できます。ただし、重量はシングルハンドルよりも重くなり巻き上げる時のパワーもシングルハンドルに劣ります。

個人の好みになりますが、どちらかと言うとエギングはダブルハンドルが主流です。初めてエギングリールを購入するのであればダブルハンドルをお勧めします。

耐久性と軽さ

エギングは「シャクリ」という動作を行いエギにアクションをさせます。この動作はリールに「かなりの負荷」がかかりますのでリール、特にギアの耐久性の高くなければ、ガタツキやリールの破損につながります。
また、その動作を一日おこなうわけですから、ロッドバランスに合わせた軽いリールでなければいけません。疲れは当然ですが、最悪の場合は手首を痛めることにもつながります。
シマノのリールにはその両方を兼ねそろえたラインナップが充実しています。

エギングに適したシマノスピニングリール紹介

出典:simano

さて、最後にシマノリールの中でエギングにおすすめのリールをいくつか紹介します。

初めてのエギングならこれ!「ナスキー」

シマノスピニングリールのエントリーモデル代表格。
どんな釣りもまず「ナスキー」からと言うくらい豊富な番手が揃っています。
価格は1万円台前半ながらも、「Xシップ」とシマノの最先端のギア「ハガネギア」が搭載されており、タフな使用にも耐えれる耐久性と「コアプロテクト」により高い耐水性も持ち合わせています。
シマノの高い技術を用いて作られたこのリールは「本当にエントリー機種?」と言う品質を誇ります。

シマノ ナスキー C3000DH

C3000DH 
ギア比:5.0
自重:250グラム
他11機種

Amazonで詳細を見る

エギング専用機のエントリーモデル「セフィアBB」 

シマノのエギング専用機「セフィアシリーズ」のエントリーモデルである「セフィアBB」。
エントリー機種ながらもボディーには軽量かつ耐久性の高い「CI4+」を採用しており、軽量なエギングロッドに装着してもバランスも完璧。
また、エントリーモデルながら軽量で巻きの軽さを実現した「クイックレスポンス」シリーズに属しているリールです。
ラインナップも1万円台後半で、個人の好みに合わせたエギング用のラインナップがあります。

シマノ セフィアBB C3000SDH

C3000SDH 
ギア比:5.0
自重:250グラム
他3機種

Amazonで詳細を見る

巻きの軽さを極めた「ヴァンフォード」

シマノの「クイックレスポンス」シリーズの中価格帯のリールで実用的な番手が全てラインナップされた、最強の中核リールです。
特筆すべきは、クイックレスポンスシリーズの代名詞である「MGLローター」を搭載しています。
従来の巻き出しの軽さをはるかに超えた巻きの軽さは、シャクリの後のラインスラックの巻き取りに全くストレスを与えません。
価格は2万円台ながらフラッグシップモデルにも迫るその性能は、購入して後悔することはありません。

シマノ ヴァンフォード C3000SDH

ギア比:5.3
実用ドラグ力(kg):3.5
最大ドラグ力(kg):9.0
自重(g):180
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):78
糸巻量:ナイロン(lb-m) 5-110、6-95、8-70 / フロロ(lb-m) 4-130、5-100、6-80 / pe(号-m) 0.6-200、0.8-150、1-120

Amazonで詳細を見る

汎用性の高いエギング専用機「セフィアSS」

マグナムライトローターを搭載した「クイックレスポンス」シリーズです。
2万円台ながら高スペックで高価格帯のリールに肉薄する性能を持っています。
デザインもクロと赤を基調としていてかっこいいです。

シマノ セフィアSS C3000SDHHG

ギア比:6.0
実用ドラグ力(kg):3.5
最大ドラグ力(kg):9.0
自重(g):220
PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-110
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):88

Amazonで詳細を見る

シマノエギング専用機のフラッグシップ「セフィアCI4+」

シマノのエギング専用機「セフィア」シリーズのフラッグシップモデルです。
価格は3万円前半。しかし価格以上の性能を持つことを保証します。
「MGLローター」、「ハガネギア」等、シマノの最先端技術を惜しみなく注ぎ込まれています。
不意にヒットした大物にも安心してやり取りができる「リジットサポートドラグ」を搭載しており、モンスターアオリイカをとることにも何ら問題はありません。

シマノ セフィアCI4+ C3000SDHHG

C3000SDH
ギア比:5.0
自重:195グラム
他3機種

Amazonで詳細を見る

攻撃的なまでの感度「ヴァンキッシュ」

シマノの「クイックレスポンス」シリーズのフラッグシップモデルです。
シマノの持つ最高の技術全てが搭載されています。
先に紹介した技術は当然組み込まれており、さらに巻き心地や繊細に水中を感知できるよう「マイクロモジュールギアⅡ」を搭載しています。
持つと今まで感知できなかった水中の状況、流れの変化、イカの感知でき「釣りが上手くなった」と錯覚させるほどの高性能です。
一度手にしたら後戻りできない、手放すことができない最高のリールです。

シマノ ヴァンキッシュ C3000SDH

ギア比: 5.3
実用ドラグ力(kg): 3.5/ 最大ドラグ力(kg): 9.0
自重(g): 175
糸巻量:ナイロン(lb-m) 5-110、6-95、8-70/ フロロ(lb-m) 4-130、5-100、6-80/ PE(号-m) 0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 78

Amazonで詳細を見る

シマノ最強かつ最高のリール「ステラ」 

性能も価格も高いことで知られるステラ!シマノ「コアソリッドシリーズ」の最高峰でありシマノスピニングリール全体のフラッグシップモデルです。
ヴァンッキッシュと比べると重量はありますが、ドライブギアの設計を一から見直し作られた「マイクロモジュールギアⅡ」は巻きあげた時のカタつきを無くした完璧な巻き心地を実現しています。
タフなし使用にも耐え抜き、永く変わらない巻き心地は一生の相棒リールとなること間違いなしです。

シマノリールスピニングリール18ステラC3000SDHHG

C3000SDH 
ギア比:6.0
自重:215グラム
他15機種

Amazonで詳細を見る

エギングに使うシマノスピニングリールのまとめ

出典:visual hunt

今回はエギングで使うシマノのスピニングリールについてご紹介いたしました。
近年のブームにより、エギングロッドは軽く強く作られています。それに合わせてしっかりタックルバランスがとれる軽くて耐久性の強いリールを選びましょう。

当サイトおすすめ!
★ エギングリール人気ランキング ★

ダイワ スピニングリール 17 セオリー 2508PE-DH

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニングリール 2500 フリームス(2018) LT2500S-XH

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 16 ストラディック CI4+ 2500HGSDH

Amazonで詳細を見る

関連記事