FishMasterのロゴ

ddaiske35

キハダを釣り上げろ!大物にも耐えられる強靭な仕掛け作りを徹底解説

相模湾を中心に今最も熱いキハダ。特にここ最近は大物も多くつれているため、仕掛け作りもかなり力を入れて作ることが重要となっています。キハダを釣り上げて達成感を得ましょう。

キハダのサイズ事情とコマセ釣り

記事1044の画像77411

出典:Visual Hunt

毎月8月1日には、キハダのコマセ釣りが解禁となります。ここ数年相模湾を中心に、夏の釣りの獲物とされているキハダ。特に今年は大物が釣れたという声が多くあり、釣り人とキハダの熱い戦いが繰り広げられています。すべての釣り人にとってキハダは、一度は大物を釣り上げたいというまさに憧れの獲物でもあります。釣り上げた瞬間の達成感、そしてその後のキハダの料理は、釣り上げた人であればその味もまた格別です。

この時期になるとコマセでのキハダ釣りも解禁となるため、更なる大物を狙うことができます。しかしそれには、大物に耐えられるだけの強靭な仕掛けが必要となります。キハダは大物であればかなりのものであり、コマセ釣りでキハダを狙うと、時にはモンスター級のキハダを釣ることもあります。

大物のキハダにも耐えられる仕掛け作り

記事1044の画像77413

出典:Visual Hunt

キハダというのはかなり大きな魚であり、平均で15kg、大物であれば50kgはゆうに越えるほどの大型魚です。特にコマセのキハダ釣りというのは、そのような大物のアタリが出る確率もかなり高くなるため、予期せぬタイミングで大物が当たる可能性もあります。特に最近は、いつ誰に大物のアタリが出るかわからないほど、大物が多いのです。実際に大物を釣り上げた人の中には、釣り初心者だという人もいます。

ロッドやリールなどのタックルは大物に耐えられるものを使用するのが基本となっていますが、仕掛けもそれなりに強度のあるものをそろえる必要があります。そのときに備えるためにも、仕掛けは大物にも耐えられるようなものが必須となります。ハリスや針はもちろん、コマセ釣りに必要なビシについても、号数の大きいものが必須となります。

船宿ではコマセキハダ釣りに関してビジやハリス、針の号数はどのようなものが良いのか、ハリスは何メートルが良いかなどが決まっているため、自分で仕掛けを作る場合は、あらかじめ船宿に確認しておきましょう。また、船宿によっては、初心者のためにタックルなどをレンタルしてくれたりするところもあるため、その部分についても確認しておきましょう。

ハリスは20号以上のフロロカーボンが鉄則

記事1044の画像77414

出典:Visual Hunt

ハリスに関しては、短くても食いつかないということはありませんが、一般的には最低でも3メートル、長くても6メートルは必要になります。あまり長すぎると船宿によっては禁止となっているところもあるので、長すぎるのもよくありません。相模湾の船宿の多くは、ハリスの長さは3メートルから4.5メートルが良いという船宿が多いため、自分で仕掛けを作る場合も、3メートルから4.5メートルにしましょう。

キハダは平均的なサイズでも15kgとかなり大きめであるため、どうしても強度が必要になります。号数に関しては大きいものを使用したほうが良いでしょう。最低でも20号、大物狙いでも30号のものを使用するのがおすすめです。ハリスは基本的にフロロカーボンが鉄則です。それ以外のハリスであればあっけなく切られてしまうため、キハダを釣るのであれば、素材はフロロカーボンしかありません。

キハダからアコギまで使える優れもの

クレハ(KUREHA)ハリスシーガー万鮪25m30号

メーカー名:クレハ
長さ:25m
号数:30号
素材:フロロカーボン

Amazonで詳細を見る

大物のキハダにも耐えられるクレハの30号フロロカーボンハリスです。その強度さはかなりのもので、ハリスとしてだけでなく、ウクレレやアコースティックギターの弦としても使用できるほどです。

信頼と実績が詰まった人気モデル

クレハ(KUREHA)ハリスシーガー60m24号

メーカー名:クレハ
長さ:60m
号数:24号
素材:フロロカーボン

Amazonで詳細を見る

40年以上前に世界で始めてフロロカーボンハリスを作ったクレハ。そんなクレハのフロロカーボンハリスのなかでもロングセラー商品とされているのがこちらです。長い歴史で築き上げた信頼と実績は何物にも変えがたいです。号数も豊富に用意されているため、さまざまな釣り方や獲物に使うことができます。

針はマグロ専用で大物にも耐えられるものがベスト

記事1044の画像77416

出典:Visual Hunt

針についても、なるべくはキハダ専用のものを使用すると良いでしょう。号数に関しては最低でも14号、大物を狙うのであれば17号の針をチョイスするとよいでしょう。相模湾でキハダを釣り上げる人の多くは、フッキングの良いネムリ針やムツ針を使用しているという釣り人が多いです。そのためキハダ用の針の多くは、ネムリ針になっているものが多いです。

しかしコマセ釣りの場合、餌を針に付ける必要があるため、フッキングのよさはもちろん、餌を付けるときの付けやすさも同時に考える必要があります。ここでは、コマセ釣りのときにも餌を付けやすく、それでいて大物のキハダにも耐えられる針を紹介します。

キハダにすべてをかけた針

OWNER(オーナー)閂キハダXフックNo.1659116号釣り針

メーカー名:オーナー
号数:16号
推奨ハリス:18~24号

Amazonで詳細を見る

キハダ用の針の中でも、付け餌のつけやすさも考慮された針です。徹底的にキハダに特化したこの針は、キハダを攻略するためにさまざまな工夫がされています。餌も付けるときは付けやすく、それでいてキハダが食いついてきても外れにくいようになっているため、非常に安心です。

相模湾の釣り人お墨付きの針

最強鰹鮪針10本入

メーカー名:太陽ベンダーズ
号数:15号
10本セット

Amazonで詳細を見る

キハダ用の釣り針のなかでも、相模湾などの関東近海のキハダに特化した針が、この針です。キハダ用の針として丁度良いネムリ針であり、小型から大物まで、すべてのキハダに対応しています。さらに大物を狙うのであれば、17号がおすすめです。実際に相模湾で大物のキハダを釣り上げた人の多くがこの針を使用しているため、実績についても文句なしです。

ビシは船宿の指示に従おう

コマセ釣りにおいてビシは非常に重要になります。特にキハダの場合は、船宿によって使用する号数が決められています。そのため、ビシの号数に関しては、船宿にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

多くの船宿では80号のビシを指定しているところが多いですが、最近ではより早く狙ったタナに仕掛けるために100号のビシを使うことをすすめている船宿もあります。そのため自分でビシを用意するときは、まずは事前に船宿に確認を取りましょう。

コマセキハダ釣りのスタンダード

ナカジマ 船用ステンカン 6290 M-80号 5穴(12mm)

規格:M-80号
サイズ:Φ42×190mm
自重:約375g

Amazonで詳細を見る

コマセキハダ釣りに多く用いられている80号のビジです。
サイズも大きめであるため、コマセを多く詰めることができます。
さらにはステンカンであるため、初心者でもかなり扱いやすく、コマセの放出量もコントロールしやすいです。

コンマ1秒でも早く仕掛けたい人へ

櫻井釣漁具ニューサニービシ100号BIGBP

メーカー名:櫻井釣漁具
サイズ:φ57×125mm
号数:100号

Amazonで詳細を見る

最近のキハダ釣りは、いつ誰が大物を釣り上げるかわかりません。そのため、少しでも早くタナに仕掛けることが重要となっています。そんなスピード勝負になっている今、早さを求めている人におすすめのビジです。サイズもかなり大きいため、コマセを大量に詰めることが可能となっています。コマセキハダ釣りにスピードを求めている人におすすめです。

キハダ釣りの仕掛けは大物を釣ることも考えよう

いかがでしたか。今回はキハダを釣るための仕掛けについて解説しました。最近相模湾などで釣り上げるキハダというのは平均15kgほどのサイズであり、今年の時点で大物を釣り上げたという人が続出しているほど、今相模湾では大物を釣り上げる人が増えています。特にコマセ釣りになると、大物を釣り上げる確率がかなり高くなるため、今後大物を釣り上げる人はさらに増えていきます。

キハダ以外の獲物を釣るつもりで比較的号数が小さい仕掛けで挑むと、大物のキハダに当たってしまうということはここ最近増えてきています。つまり、いつ誰が大物のキハダを釣り上げてもおかしくないという状況なのです。そのため、もしもキハダを狙うのであれば、大物を狙うつもりで仕掛けを作ることが何よりも重要になってくるのです。同時に、キハダ以外の獲物を狙う場合でも、キハダのアタリが出たときに備えて、強度のある仕掛けを作っておくことも非常に大事です。

関連記事