FishMasterのロゴ

agasacat

テンヤロッドはどう選ぶ?釣りたい魚別おすすめロッドご紹介

テンヤ釣りと聞いてどの魚を思い浮かべますか?
代表的なのはマダイとタチウオだと思います。それぞれに適したテンヤロッドの特徴・選び方を解説し、実際におすすめのテンヤロッドをご紹介します。

テンヤロッドは針とオモリが一体化したテンヤを使うテンヤ釣り専用ロッド!

記事1046の画像49767

出典:Visual Hunt

マダイとタチウオに代表されるテンヤ釣り。今どちらも人気上昇中です。
どちらも、テンヤと呼ばれる針とオモリが一体になったものに餌をつけて魚を釣るという共通点があります。

マダイに代表される一つテンヤは餌にエビを使い、食いついたところに合わせて針を口に引っ掛けて釣り上げます。マダイの他にマゴチなどもこの方式を用いて釣ります。

タチウオが代表の引っ掛けて釣るテンヤの場合は、大きなかぎ針のついたオモリを使います。餌をつけたテンヤにアタリがあったら竿を合わせることによって、大きな針を魚の頭に引っ掛けて釣ります。
この引っ掛けるテンヤはタチウオの他にタコにも用います。

一口にテンヤロッドと言っても、使うテンヤの重さも魚のアワセ方も違うのでそれぞれ全く別物になります。

以下、代表的なマダイとタチウオそれぞれのロッドについて解説します。

マダイのテンヤロッドの特徴と選び方

記事1046の画像49768

出典:Foter

まずはマダイのテンヤロッドについてご説明します。
マダイは軽量な仕掛けと細いラインを使ってゆっくり落としながら誘うのが特徴です。
感度重視の繊細な穂先ながら、マダイの急なツッコミをいなせる柔軟性が必要です。

マダイ用のテンヤロッドのおすすめの長さは2.4m

マダイ専用のテンヤロッドはだいたい2.3mから2.5mくらいの長さで展開しています。
釣り場の深度や潮の流れの速さにより長さの適性が変わってきます。
まず最初の1本なら、2.4mがおすすめです。取り回しが楽で、オールマイティに使いやすい長さです。

マダイ用テンヤロッドのおすすめはテンヤ号数3〜10号の先調子

細いラインを使うタイテンヤの仕掛けは狙う魚の大きさに比べて、軽いオモリを使うのが特徴です。
マダイ用テンヤロッドのオモリ負荷は、だいたい1.5号(5.6g)から15号(56.25g)くらいで展開しています。まずは3号(11.25g)〜10号(37.5g)ぐらいのものがおすすめです。

マダイのテンヤはアタリを感じたら即あわせるのが基本です。そのため、まずは繊細なアタリを捉えやすい、先調子のロッドを選びます。

マダイ用テンヤロッドのおすすめの硬さはM・MH

ロッドの硬さはL(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムハード)・H(ハード)などの記号で表現します。
柔らかいロッドは軽めのオモリが、硬いロッドは重めのオモリに適しています。

釣り場が深い場所・潮の流れが早い場所ではしっかり沈めるために重目のオモリを使うので硬め、逆に浅い場所・穏やかな場所では柔らかめを選びます。
まず最初の1本はM(ミディアム)・MH(ミディアムハード)くらいが使いやすくておすすめです。

タチウオのテンヤロッドの特徴と選び方

記事1046の画像49769

出典:Visual Hunt

次にタチウオのテンヤロッドについてご説明します。
捕食が下手なタチウオは、餌に食いつくというよりはつついているところに大きな針を引っ掛けて釣ります。

また、常にしゃくりながらアタリを待つので取り回しの良い軽いロッドが適しています。

タチウオ用テンヤロッドのおすすめの長さは2m前後です

タチウオ用のテンヤロッドは2m程度がおすすめです。
タチウオは常にしゃくり続ける釣り方です。長時間続けるためにロッドはなるべく軽い方が疲れにくくなります。以前は3m前後のロッドが使われていましたが、軽さと操作性からだんだん短い物が主流になってきています。

タチウオ用テンヤロッドのおすすめの調子は7:3乗せ調子

タチウオ釣りは魚の活性によってかなり差が出ます。
ガンガンアタリがあるときは掛け調子(8:2)が、アタリが少なくてじっくり合わせるときは乗せ調子(7:3)が向いていると言われています。
初めての1本ならあせらず合わせる乗せ調子の方がおすすめです。

タチウオ用テンヤロッドの穂先は感度重視で

タチウオはあの鋭い歯を持っているのに捕食が下手な魚です。餌の小魚にも食いつくのではなく、腹からついばむようにつつくのでアタリは繊細です。
穂先はちょっとした違和感でもアワセられるよう高感度で柔軟性のあるのものを選びます。

マダイ用おすすめのテンヤロッドご紹介

記事1046の画像49770

出典:Shimano

まずはマダイ用のおすすめテンヤロッドをご紹介します。

1.ダイワ 紅牙 テンヤゲーム

マダイ専用の紅牙シリーズテンヤ用の入門モデルです。
チューブラー穂先採用で柔軟にアタリをとらえ、確実にマダイの口をフックします。
ブランクスにはねじれ防止の「X45」を採用してパワーと操作性にもこだわっています。

ダイワ 紅牙テンヤゲーム M-240・V

全長(m):2.40
継数(本):2
仕舞(cm):125
自重(g):107
テンヤ負荷(号):1.5-12
PEライン(号):0.4-1.0

Amazonで詳細を見る

2.シマノ 炎月 一つテンヤマダイSS

入門クラスというよりはスタンダードクラスにふさわしいハイスペックを実現。
穂先は高感度と食い込みの良さを発揮する「タフテック」を採用。ブランクスは「スパイラルX」でブレを解消し、パワーを逃さず発揮します。

シマノ 炎月SS 一つテンヤマダイ 240MH

全長(m):2.40
継数(本):2
仕舞寸法(cm):123.0
自重(g):113
錘負荷(号):2~15

Amazonで詳細を見る

3.ジャッカル 青帝 PRIZA

各モデルそれぞれテーマに沿った設計で個性的なシリーズです。
長さは2.1m〜2.6m、トップも個性に合わせてチューブラーティップ・ロングソリッドタイプ・ショートソリッドタイプと使い分けています。
テンヤマダイのスタンダードであるスピニングモデル4種に加え、ベイトモデル2種の展開です。
テンヤマダイをやりこみたい方にふさわしいシリーズです。

JACKALL(ジャッカル)ロッド青帝PRIZASTPS-260ML-ST

ロッドタイプ:スピニング
全長:2.6m
テンヤ負荷:1-15号(3.75-56.25g)
ライン(PE):0.4-1.0号

Amazonで詳細を見る

4.シマノ 炎月 一つテンヤマダイ

シマノの炎月一つテンヤマダイシリーズのスタンダードモデルです。
穂先は「タフテックソリッド」を搭載し、しなやかで繊細でありながら強さも兼ね備えています。

シマノ 炎月 一つテンヤマダイ 255MH

全長(m):2.55
継数(本):2
仕舞寸法(cm):130.5
自重(g):137
錘負荷(号):2~15

Amazonで詳細を見る

5.ダイワ 紅牙 テンヤゲーム AIR AGS

AIRという名前にふさわしく、軽量化に加え感度と操作性を追求したシリーズです。
超弾性チタン合金穂先の「メタルトップ」と「AGS(エアガイドシステム)」の組み合わせで操作性アップと高感度を実現しています。
こだわりのマダイ用テンヤロッドをお求めの方におすすめです。

ダイワ(Daiwa)タイテンヤロッド紅牙テンヤゲームエアMH-238MT

ロッドタイプ:スピニング
全長:2.38m
継数:2本
仕舞:124cm
自重:99g
テンヤ負荷:5-15号(18.75-56.25g)

Amazonで詳細を見る

タチウオ用おすすめのテンヤロッドご紹介

記事1046の画像49771

出典:Visual Hunt

タチウオ用のおすすめテンヤロッドをご紹介します。

1.メジャークラフト ソルパラ タチウオ テンヤ

家族でタチウオがコンセプトのソルパラ タチウオ シリーズ!
テンヤモデルは、女性や子供でも使いやすい8.6フィートと、遠投性に優れた9.2フィートの2種類の展開です。
お値段も手頃で、家族の分を揃えるのもおすすめです。

メジャークラフト ソルパラ 太刀魚テンヤ SPX-902ML/Tachi

推奨ルアー (g):7-30
ライン(PE) 0.6-1.5
アクション:レギュラーファースト

Amazonで詳細を見る

2.ダイワ テンヤ タチウオX

ダイワのタチウオ テンヤ入門モデルです。
タチウオに特化した設計でシャープな操作性と感度を追求しています。
1.8mと2mの2種類から選べます。

ダイワテンヤタチウオX180

全長:1.8m
継数:2本
仕舞:95cm
自重:128g
テンヤ荷重:20-60号
錘荷重:30-60号

Amazonで詳細を見る

3.シマノ サーベルマスター テンヤ

極小のアタリも感じられるよう、テンヤタチウオに特化したシリーズです。
調子と硬さを変えた5種類の展開です。
じっくりと食わせる釣りから、積極的にどんどん引っ掛けに行く釣まで、自分の好みの釣スタイルや釣り場のコンディションに合わせて選ぶ楽しみがあります。

シマノサーベルマスターテンヤT82MH180

全長:1.8m
継数:2本
仕舞:94cm
自重:105g
テンヤ号数:30-60号

Amazonで詳細を見る

4.ダイワ メタリア タチウオ

超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」を搭載した高感度なシリーズのタチウオ専用モデルです。タチウオのかすかなアタリを逃さない繊細さを実現しています。また、ダイワの独自テクノロジー「X45」でねじれを抑制してパワーを発揮、ドラゴン級にもパワー負けすることなく対応できます。
調子、長さ、感度を変えて5種類の展開です。

ダイワ(Daiwa)船竿ベイトメタリアタチウオ195釣り竿

ロッドタイプ:ベイト
全長:1.95m
継数:2本
仕舞:103cm
自重:119g
テンヤ号数:30-60号
錘負荷:40-100号

Amazonで詳細を見る

5.がまかつ がま船 タチウオテンヤSR

天候や潮で左右されるタチウオの出方に対応するため、トップの素材を変えて「掛けアワセ」・「乗せアワセ」の2種類展開です。
お財布さえ許せば、2本とも欲しいと思わせる魅力的なシリーズです。

がまかつがま船タチウオテンヤSR掛けアワセ

全長:1.75m
継数:2本
仕舞:100cm
自重:115g
錘負荷:20-50号

Amazonで詳細を見る

まとめ

テンヤ釣りはルアーとエサ釣りを合わせた楽しみ方ができます。マダイもタチウオも釣りの後、料理して味わう楽しみもあります。
細いラインと軽いテンヤでスリリングなほどロッドが曲がるマダイとのファイトを楽しむも良し。
重めのテンヤを常にしゃくってタチウオを誘う駆け引きを楽しむも良し。
予算とお好みにあったテンヤロッドを選ぶ参考になれば幸いです。

関連記事