FishMasterのロゴ

arusu

メバルのジグヘッドに迷わない!基礎知識・選び方からおすすめまで

メバル釣りに必要な仕掛けの1つである、ジグヘッド。いざ釣具屋に出向いてみても、あまりの取扱量の多さに、何を選べばよいのか戸惑うと思います。今回は、そのジグヘッドについて理解してもらえるよう、種類や選び方について紹介します!

メバルにあった小さめのメタルジグを選ぼう

記事1061の画像49984

出典:Visual Hunt

ジグヘッドとは、オモリとフックが一緒になった物を指します。ワームと合わせて用いるアイテムです。
メバルは、おかっぱりから狙うのであれば20cm程度の魚です。小魚を捕食しており、表層付近を泳いでいる小魚を下から見上げるように狙っています。その表層にしっかりと合わせるのが、メバル釣り(以降メバリング)の必須条件になってきます。表層に合わせるのを助けてくれるのが、ジグヘッドです。

メバルはゆっくりとしたスピードで引いていくので、ジグヘッドもそれに合わせて小さくなっています。最大でも5g、フックサイズも最大で#3と、とにかくサイズが小さいのが特徴です。

ジグヘッドの形状は丸形と三角型の2種類

記事1061の画像49985

出典:Visual Hunt

メバリングに使うジグヘッドは、形状で大きく2種類に分かれます。それぞれで感触や釣り方や誘い方まで違ってくるので、それぞれ覚えておきましょう。

丸形はジグヘッドの基本形

ジグヘッドの基本形。ただ巻きアクションやフォールアクション(ルアーを真下に落とすアクション)が有効です。
水流を受けやすい形状になっているので、潮の流れの違いを感じ取りやすいです。ジグヘッドの位置を把握しやすいメリットがあります。
カップ状に凹みのついた物や目玉のついたものもあります。カップ状に凹みのついた物は、リールを巻く時の引き抵抗で小さいアタリも分かりやすくなります。

三角形はダートアクションが得意

ダートアクション(右左に動くアクションの事です)が得意なジグヘッドです。三角の形をしていたり、流線型になったり上面がフラットになったりしているものもあります。
三角の形をしているものはレンジ(海の深さの層の事です)キープに優れており、流線型は俊敏な動きに反応しやすいです。上面がフラットのものはリールを巻いている時に浮き上がりにくいなどの特徴があります。

銃弾型は万能型

縦にも横にも動かしやすいので、誘いと食わせの両方ができます。
さらに表層から深層まで幅広く探れる、まさにバランス型のジグヘッドです。
ただ、派手なアクションが苦手なゆえに、スレた(ルアーに対して警戒心の強い魚の事を指します)メバルに有効です。

ジグヘッドは重さごとに役割が違う!

記事1061の画像49986

出典:Foter

先程も軽く触れましたが、ジグヘッドの重さは1g~3gです。中には0.5gなんて物も。重さは適当に選んでよいものではありません。

夜間の釣りやすい夜間では1g、無風状態なら0.5g~1.5g(ごく自然な動きを出したいときは1g)、横風や潮の流れが速い時は1.7g~2g、日中でボトム(海底の事です)を狙う時は2g~3gを使います。

0.5g 食い付きが良くなりますが、飛距離が出なくなります
0.7g 0.5gよりも飛距離が出やすくなり、まだ食いが良いです
1g 一番よく使われる重さです
1.5g 飛距離が出やすく沈むのも早いですが、食いが良くないです
2g 飛距離が出やすい上に風にも強くなり、ボトムを狙うのに向いていますが、食いがかなり悪くなります

フックサイズも選ぼう

狙うメバルのサイズやワームサイズやジグヘッドの重さによって選ぶべきフックサイズも違います。1gの重さで15cm~20cmの標準的なメバルを狙うのであれば、フックサイズは#7~#8を目安にします。大物メバルを狙うなら#5~#3の太軸を選びましょう。

フックの形状も選ぶポイント

針は「し」状になっています。縦軸の部分はシャンク、針先と縦軸の離れ具合をゲイプ幅と言います。
ナローゲイプと呼ばれる、ゲイプ幅が狭い(曲がり具合が鋭い)ものは針掛かりしやすく、ワイドゲイプと呼ばれるゲイプ幅が広い(曲がり具合が鈍い)ものは針から離れにくいです。

シャンクの長いものはただ巻きが得意でレンジキープに優れています。反対にシャンクが短いとリフト&フォールアクション(ワームを上下に動かすアクションの事です)に向いています。

メバリングのおすすめジグヘッド10選!

記事1061の画像49987

出典:Foter

お待たせしました!ここからは、おすすめしたいメバリングのジグヘッドを紹介させていただきます!!
形状別に紹介しておいてあるので、自分に合った形状から選んでみても面白いですよ。

丸形

1. 大手釣り具メーカーDAIWAからのお手頃価格ジグヘッド!

ダイワ(Daiwa)ジグヘッドアジングメバリング月下美人SWライトジグヘッドSS1.0g#8926324

自重:1.0g
自重(oz):1/32
フックサイズ:#8
入数:4本

Amazonで詳細を見る

針が鋭い上にしっかりとしたつくりのため、普通はアワセられないような極小のアタリやショートバイトもキャッチでき、アワセられるので、直接釣果につながるジグヘッドと言えます。

2. 大手釣り具メーカーSHIMANOから高性能ジグヘッド登場!

シマノソアレタングステンファインヘッドSS-T

1.2g・1.6g・2g・2.5gから選択可能

Amazonで詳細を見る

刺さり具合と軸の強度がとても良いジグヘッドです。飛距離も出やすいです。さらに夜光付きでナイトゲームでも存在感を出せます。
その性能の高さに、感動すること間違いなし!

3. メバル専用設計!釣果アップに繋がるリーズナブルジグヘッド!

オーナー(OWNER)JH-82Gメバルショットグロー0.911566

サイズ: #12
カラー: グロー
フックサイズ:#12
ウエイト:1/32oz

Amazonで詳細を見る

ライントラブルが少なく、安心して使えるジグヘッドです。バレにくく刺さり具合も良いので、釣果アップにも一役買っています。

三角型・矢尻型・流線型

4. 安心のSHIMANOから三角ジグヘッド登場!

シマノSOAREスキップヘッド

0.7g・1g・1.3g・1.6gから選択可能
ヘッドカラー:ケイムラ

Amazonで詳細を見る

吸い込ませやすくバラシづらい、直接的に釣果に貢献してくれるジグヘッドです。
他の部分も問題なし。

5. ダートヘッド定番のベーシックなジグヘッド

メジャークラフトジグパラヘッドダートモデルJPHD

重さ選択可能

Amazonで詳細を見る

ダートジグヘッドといったらコレ!日中のメバリングにおすすめのジグヘッドです。
商品画像を見てもらえらえればわかると思います。ジグヘッドに重さが書いてあるので、確認しやすいです。
ワームキーパーが付いているのもポイントが高いです。

6. 色々なサイズを選べる安定性能ジグヘッド

マルキューシラスヘッドファイン

重さ選択可能

Amazonで詳細を見る

スイミング姿勢が安定しており、ただ巻きでもフォールアクションでも釣果に貢献してくれます。
ワームストッパーの出来がしっかりしているのもポイント。

弾丸型

7. 小さいワームルアーと使う操作性能抜群ジグヘッド

34(サーティーフォー)ストリームヘッド

0.3g・0.5g・1g・1.3gの4つから選択可能

Amazonで詳細を見る

溝がある弾丸形状のジグヘッドです。
この溝のおかげで、抵抗感を増し操作しやすくなります。
フックが短いので、小さいワームルアーと使ってみてください。

8. 「まっすぐ」刺せる、初心者におすすめリーズナブルジグヘッド

ハヤブサ(Hayabusa)FINAメバル専用ジグヘッドまっすぐ#8/1gFS200-8-1

サイズ:#8
自重:1g
針カラー:艶消しブラック
入数:4個

Amazonで詳細を見る

まずは商品画像を見てください。フックとは別に縦軸の部品があると思います。これは、ジグヘッドを真っ直ぐに刺しやすくするための部品です。まさに「まっすぐ」。
これは、ワームとジグヘッドを上手くさせない初心者でも簡単に取り付けられるので、おすすめです!

9. 刺さり性能がありがたい、お手頃価格ジグヘッド

オーナー(OWNER)メバル弾丸JH-831.5g#8

サイズ:#8
カラー:ガンブラック
フックサイズ:#8
ウエイト:1.5g

Amazonで詳細を見る

頭の部分の出っ張りを取れば軽量化出来る、一風変わった弾丸型ジグヘッド。
それだけでなく、刺さり具合もとても良い所もこのジグヘッドのウリ。
ラインを通しやすい形状・水平スイミング可能・根掛かりもしづらいなど、細かな部分でもメバリングに対しての思いやりが届いています。

10. たくさん入っていて嬉しい、刺さり性能抜群ジグヘッド

JAZZ(ジャズ)尺ヘッドDXマイクロバーブRタイプ1.5g#6漁師パック20ケ入り

ウェイト:1.5g
フックサイズ:#6
入数:20個入り

Amazonで詳細を見る

単体でも使える、こちらも一風変わったジグヘッド。
カーボン100と呼ばれる鋼材を使用しており、刺さり具合がとても良いジグヘッドです。
しかし、この商品の一番のウリは入数20個というところ。多少のロストなんか気にせずにガンガン攻められます。

ジグヘッドにもこだわり抜いてメバリングを極めよう!

ワームに使うジグヘッドにも様々な種類があります。しかしその数多くの種類あるジグヘッドも、メリットデメリットを含めて理解できるととても魅力的に感じると思います。商品選びに迷う時も面白く感じるようになるのでは。
ワームルアーを選ぶ時は、一緒にジグヘッドも吟味してあげてくださいね。

関連記事