FishMasterのロゴ

19900728tetsu

サヨリを釣る餌を知ろう!効果的な餌と餌の付け方をご紹介!

サヨリは、サヨリングと呼ばれる方法や、餌での仕掛け釣りで釣ることが可能です。今回はサヨリ釣りに有効な餌や餌の付け方をご紹介いたします。

サヨリ釣りで使われる餌の種類と特徴

サヨリは、堤防でのウキ釣りで良く釣ることができます。ウキ釣りは初心者にもやりやすく人気です。堤防でのウキ釣りでサヨリを釣るために使用される餌は数種類あり、それぞれの餌の特徴(メリット・デメリット)についてご紹介していきます。

オキアミ

出典:photo AC

オキアミは、サヨリを釣るためのツケエとして使用されます。この餌はサヨリ釣りにおいて最も定番の餌になります。この餌は食わせ用として釣り具やで販売されています。

このオキアミのメリットは、サヨリが一番反応が良く食いが良いところです。デメリットとしては、オキアミの頭等が取れてしまうと反応が悪いため、確認や交換が手間であるということです。

ハンペン

はんぺんはスーパー等に売っている白はんぺんを言います。はんぺんは手返しが良く餌持ちが良いため扱いやすい餌になります。ただし、ストローなどで細長く型抜きする必要があるため準備が必要です。

ジャリメ

出典:photo AC

こちらのジャリメもサヨリを釣るためのツケエとして使用されます。
サヨリに食い気がある場合はジャリメが有効でジャリメを使用することで釣果を伸ばすことが可能です。

この餌のメリットとして挙げられるのが餌持ちが良いため、交換の手間を省くことができます。デメリットとして挙げられるのが、見た目になります。初心者の方はこの見た目が苦手だという方もいるのではないでしょうか。
釣りに慣れてきたらジャリメを使いましょう。

コマセ+イワシのミンチ

コマセとはサヨリを自分の釣り場に寄せつけるための撒き餌になります。コマセとイワシのミンチをと海水を混合させ撒くことで効果的にサヨリを寄せ付けることが可能です。

このコマセのメリットは、圧倒的な集魚力です。コマセを使用するのと使用しないのでは釣果が全く違います。
デメリットは、コマセで撒き餌を作る際手が汚れてしまうことです。
そのため、専用のヒシャクを使用すると良いでしょう。
コマセを作る場合に必要なアイテムは水汲みバケツ、コマセバケツ、ヒシャクになります。
以下にご紹介しますので参考にしてみてください。

コマセを作るアイテムをご紹介!

ダイワ 水くみバッカン S(J) ロープ付き

カラー:ブラック
外寸(縦×横×高)(cm):約17×17×19
素材:EVA

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa)撒き餌スプーンロングキャスターライト245-620

カップ幅(mm):45
カップ容量(cc):30
全長(mm):620
マキエをまとめやすい角度5°と遠投性能を追求したカップ形状
長時間使用しても疲れにくいジャストフィットハードグリップ形状
スケール付きシャフト

Amazonで詳細を見る

伸和(SHINWA)コマセバケツ角20ナチュラル(N)

本体サイズ:幅33.5×奥行32×高さ31.5cm
本体重量:1.054kg
原産国:日本
材質:本体・フタ=ポリエチレン、取っ手=ポリプロピレン
容量:20L

Amazonで詳細を見る

サヨリ釣りの餌の針への付け方

出典:photo AC

オキアミとハンペン、ジャリメの針への付け方をそれぞれご紹介いたします。

サヨリ釣りの餌のオキアミの付け方は尻尾の先から!

オキアミの餌の付け方は、オキアミの尻尾の先に針を刺し針先が少しオキアミの体からでるくらいに付けます。慣れるまで針を着けるのが難しいと思いますので、慣れていない方は乾燥させたオキアミを使用するとオキアミの頭が取れずに簡単に餌をつける事ができるでしょう。

サヨリ釣りのはんぺんのつけ方は、針が隠れるように!

サヨリ釣りに使うはんぺんはストローなどで細長く型抜きし、1.5㎝前後にカットします。そして、針がしっかりと隠れるようにつけましょう。はんぺん自体食べ物なので誰でも扱いやすい餌になります。

サヨリ釣りの餌のジャリメの付け方はチョンガケでOK!

ジャリメはサヨリの活性が高い場合に有効です。ジャリメを使う際はそのままだと長すぎるため、1.5cm前後にカットして使いましょう。針の付け方はチョンガケでOKです。チョンガケのため、餌をつける時間が短縮できます。ジャリメは動くので慣れるまで扱いに苦労しますが、慣れると簡単に針をつけることができます。

コマセを撒く時の注意点

出典:photo AC

釣り開始時にまずはコマセを釣りをする足元下にコマセを撒き、サヨリの反応を見ます。釣り場付近ででサヨリを釣っている人がいれば、自分の釣り場付近にサヨリが回遊してくるはずなのでヒシャク数杯分を撒きます。その際に必要以上にコマセを撒くと潮の流れでコマセが流れた場合にサヨリが遠ざかってしまいます。そのため、コマセを撒く際は程よく撒くようにしましょう。

サヨリ釣りの餌はポピュラーなオキアミがおすすめ

サヨリ釣りにおいては最もポピュラーなオキアミがおすすめです。オキアミは釣り初心者の方や子供、女性にも取り扱いしやすく、安定した釣果が期待できるため、サヨリ釣りにおいて非常におすすめの餌になります。

しかし、手が汚れてしまう場合もあるので、ウェットティッシュを用意しておくと良いでしょう。ただし、サヨリの活性が高い場合ははんぺんやジャリメを使うと餌の取り付けが素早く行えるため、はんぺんやジャリメの方が釣れる数は多くなります。

サヨリを釣って味を楽しもう!

サヨリの餌についてご紹介してきましたがいかがでしたか。サヨリはオキアミ、はんぺん、ジャリメ等で釣ることができます。また、コマセを使用することでサヨリを安定的に寄せ付ける事が可能です。サヨリを釣り、お家で天ぷらや煮つけ等を作りサヨリの味を楽しんでみてください。ヘルシーでとてもおいしい魚です。

関連記事