FishMasterのロゴ

x1030ka

アジングに使うワームのカラーはベイトで選びアピール度で調整する!

アジングで使うワームはストレートワームが主流で、カラーバリエーションが豊富。釣り場のベイトに合わせて基準となるパイロットカラーを決め、ワームのアピール度を調整することでその日のアタリワームを探しましょう!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

アジングで使うワームはストレートワームが主流

出典:visual hunt

アジをルアーで釣る「アジング」。現在全国的にブームが来ており、専用のタックルやライン、ルアーが続々と各メーカーからリリースされています。アジングの魅力はサイズに似合わない強い引きと、数釣りができること、そしてなんと言っても食べてもおいしいことですよね。
そんなアジを、アングラーの皆さんは少しでも多く釣りたい!と思われていることでしょう。

今回はアジングで使われるワームのカラーに着目してみましょう。

アジングで使われるワームは各メーカーからリリースされていますが、圧倒的に「ストレートワーム」が主流です。吸い込みバイトをするアジを釣るには、余分なパーツはその妨げとなります。また、ロッドアクションを加えてアピールしますので、素直に動く、と言う意味でもこの形状が好まれます。
ストレートタイプでテール部分がピンテール、スクリューテール、リーチタイプとワームのアクションに変化をつけることができるものや、細かいリブを入れて波動に変化を加えたワームもあります。

詳しくは別記事でご紹介していますのでそちらをご参照ください。

アジングワームのナチュラル系カラーの使い方

出典:visual

フィッシュイーターが好むベイトフィッシュに近い色をしたものです。普段から食べているベイトに色が似ていますので、「マッチザベイト」を基本とするルアーフィッシングではなくてはならないカラーです。利点としては、違和感なくアジのバイトをとれることです。まず初めに投入するなら、これらのカラーからが良いです。代表的なカラーを紹介します。

クリアカラー(ケイムラ)

海のライトゲームでは定番のカラーです。もちろんアジングにも使われ、良く釣れるカラーです。アジが捕食するようなベイトフィッシュのカラーにも近く、違和感がないため、ベーシックかつオールラウンドに使えます。
クリアの中でもクリアホワイト、クリアピンクはアジングワームカラーで多くラインナップされており、最初に投入する「パイロットルアー」としても最適です。
ただし、ただのクリアカラーでは、ナチュラルな分ややアピールに欠けることがあります。最近は、紫外線発光色である「ケイムラ」を練りこんであるものがありますので、アピールを落とすことなく釣りができるよう工夫されています。

reins(レイン)ワームアジアダープロ76mm必殺クリアー#116ルアー

サイズ:76mm(およそ3インチ)
入り数:15本

Amazonで詳細を見る

ブラウンカラー・レッドカラー

ここでいうブラウン・レッドは少し透けたカラーです。アジングワームにはラ必ずインナップされているカラーであり、アジがアミ類や小型のプランクトンを捕食している場合に有効なカラーです。アピール度としては、クリアー系よりもやや劣りますが、前述のベイトを捕食している際には爆発的な釣果を得ることがあります。

34オクトパス1.8インチあめいろ

サイズ:1.8インチ
入り数:8本

Amazonで詳細を見る

グリーンカラー

メバリングワームによくラインナップされているこのカラーは、アジにも効果的です。明かりの下で泳がせても見えにくく、ナチュラルカラーの中でも地味目な色ですが、アピールを落とした方が、食いがいい場合ももちろんあります。状況がわからない時や、プレッシャーが高い時に重宝するカラーですので、ローテーションの1つとして準備しておくといいでしょう。

ダイワ(Daiwa)アジワームアジングメバリング月下美人ビームスティック2.2インチ玉露クリアルアー

サイズ:2.0インチ
入り数:12本

Amazonで詳細を見る

アジングワームのアピール系カラーの使い方

出典:visual hunt

エサに近いならナチュラルカラーがあれば釣りが成立する!そんなことはありません。ナチュラルな分、潮に濁りが入った時や、深場を釣る時は、ややアピールに欠けることがあります。また、エサとなるベイトフィッシュが多すぎる場合、それらに溶け込んでしまうナチュラルカラーでは、バイトチャンスが遠のいてしまうことがあります。
そんな時に使うのが「アピールカラー」。名前の通り派手なこのカラーのバリエーションについて説明します。下に行くほどアピールが高いと思ってください。

ピンクカラー

アジを「サビキ」で釣ったことのある方なら見覚えがある色かと思います。サビキの針につけられている「スキン」もピンクが定番であることから、以前からアジに効く!と認識されているカラーです。実際に、他のカラーではぽつぽつ釣れるが、ピンクでは爆釣!と言う爆発力を持ったカラーでもあります。

エコギア(Ecogear)ルアーアジ職人アジマスト2インチ#292クリアピンクグロウ(夜光)ブルーFlk.11490

サイズ:2.0インチ
入り数:12本

Amazonで詳細を見る

オレンジカラー・イエローカラー

アジングのワームカラーでは必ずラインナップされている定番カラーです。「人が見ても派手だから、さぞかしアジたちにも派手に見えるだろう!」と思われるかもしれませんが、残念なことにアジは色を識別することができません。これらのカラーが活躍するのは「シルエットをはっきりさせたい時」です。水中で見上げると、これらのカラーははっきりとしたワームのシルエットが出ます。「ここにエサが泳いでます!」と言うのをしっかりアピールできる色です。膨張色と違い、遠くからでも派手さでアピールできる色ではありませんが、シルエットがはっきりしている分、存在感は抜群です。月明かりがある日や、街灯の明かりの切れ目など、ワームの存在感を出したい時に活躍するカラーです。

34 キメラベイト あめいろ

■サイズ:2.0インチ
■入数:1パック8

Amazonで詳細を見る

パールホワイトカラー・グローカラー

こちらも海のライトゲーム、特にナイトゲームで重宝されるカラーです。透け感のあるホワイトカラーは、シラスなどのベイトに合わせたナチュラルカラーとなりますが、透け感のない「パールホワイト」等はアピール度が非常に高いカラーです。
ホワイトカラーによく搭載されているのがグロー(蛍光)です。明かりのないエリアでも、少量の光に反応して発光しますので、暗いエリアやディープゾーンを釣る場合に重宝します。ホワイト系、グロー系は広い範囲にアピールができる、膨張色と呼ばれるカラーです。よって、少々離れた距離からでもアジを呼ぶことができます。
ただし、膨張色な分、シルエットはぼやけますので、街灯周りや明るいポイントで使うとアジたちが嫌う場合があります。

エコギアメバル職人パワーシラス2インチパールグロウ(夜光)#10

サイズ:2.0インチ
入り数:12本

Amazonで詳細を見る

アジングワームのカラーローテーション方法

出典:visual hunt

さて、アジングワームのカラーの特徴を書きましたが、ここではそれらのカラーローテーションについて書きたいと思います。

アジングのワームカラーは「今日はコレだけ!」と決めてはいけない

「え?深場を狙うつもりだから、グローカラーだけでいいんじゃないの?」…そんなことはありません。アジングのワームで大切なのは「カラーローテーション」することです。あくまでカラーについては基準となることをお話ししました。
アジングでは「潮が澄み切っているのにアピール系で爆釣」、「濁りが入っているのに地味なナチュラルカラーで爆釣」ということがよくあります。アジングに行くときは必ず数色、最低でも3色から4色はワームカラーを持っていきましょう。例としてはナチュラル系2色にアピール系2色と言う風にバランスよく買っておけば、状況に応じてローテーションができ釣果を伸ばすことができます。

ローテーションは、パイロットカラーからアピール度を順に替えていこう

ローテーション方法は様々ですが、ここでは例を挙げますのでご参照いただければ幸いです。
先程、紹介したカラーをアピール度が高い順で並べると
グロー>オレンジ・イエロー>ピンク>クリア>ブラウン・レッド>グリーン
となります。

カラーローテーションの基本的なやり方

まず基準となるパイロットカラーを決めます。今回は基準をクリア(クリアホワイト)だとします。投げていて反応が悪ければアピール度を落としていきます。今回であればまずブラウン・レッドカラーに替えてみます。それでもまだ渋ければグリーンカラーに、と徐々にアピール度を落としたカラーに替えていきます。

また、クリアカラーに反応はあるが、潮の濁りが入っている、アジは積極的に動いているという時はピンク系、オレンジ系と徐々に上げることで、その状況に応じた一番当たるカラーを見つけることができると思います。

今回この方法を推奨するのは、例えば同じクリアカラーでもクリアピンクとクリアホワイトでどう反応が違うか、徐々に試す方が、今後自分にとっての基準となるカラー選びやシチュエーションに応じてのローテーションの組み立て、次購入するワームカラー選びが行いやすくなる方法だからです。

パイロットカラーは好きな色でOK。自分に最適なローテーション方法をみつけよう

最初に選ぶカラーはフィーリングで構いません。今回ご紹介したカラーの内容を読まれて、「昨日は雨だったから、潮が少し濁ってる!シルエットを出すためにオレンジから投げよう。」でもいいのです。アタリはあるけど食いが悪い場合はアピールを順番に落としていきます。結果、昨日の雨でアジの活性が低く、グリーンまで落としてやっとバイトが多くなった、ということもあります。
 
慣れてくればグリーンで反応がないから一気にオレンジ!といったローテーション方法でも構いません。自分にとっての最適なカラーローテーションを組めるようになりましょう。

アタリカラーかどうかは常に疑うこと

また、カラーローテーションのキモとしては、それが本当にアタリカラーなのか、常に疑うことです。
アジングはアタリが比較的多いので、今アタっているカラーをうっかり使い続けてしまいます。しかし、アジが時合で反応していたとしたらどうでしょう?
友人と釣りに行って自分はオレンジカラーで爆釣!…と思っていたら時合が過ぎたらアタリがない…。逆に、時合の間にカラーローテーションをしていた友人は、時合が過ぎてもブラウン系でその後もコンスタントに釣りあげている、なんてことはよくあることです。
アジが積極的にアタックしてくる時合にこそ、フッキングポイントやアタリの出方でカラーへの判断もしやすい時間です。カラーローテーションをしてその日のアジが好むカラーをいち早く見つけましょう。
 
また、釣れる時合のカラーローテーションは、「嫌いなカラーをなくす」ことにもつながります。ボックスに入っているのに釣ったことのないカラー、ついつい敬遠してしまうカラーというのが1つはあるものです。一度でもそのカラーでアジが釣れれば、それは「アジが釣れるカラー」と認識が変わります。ローテーションの幅も増えますので、積極的に投入しましょう。

複数人で釣りに行く場合は、みんなで違う色を使い、その日のアタリを探してみてもいいですね。

まとめ

出典:visual hunt

今回は、アジングで使うワームのカラーについてご紹介いたしました。
その色が持つ特色について詳細にまとめましたので、その場に合わせて色々と試してみてください。
また、カラーローテーションについては、効率の良さに重点を置いた方法をご紹介しています。
自分の中でのカラーローテーションメソッドが固まった際には、次はアタリの色を超えた、大アタリの色、つまりその場にいる食性が違う大物を釣ることができる色を見つける方法を模索してみてください。
アジングがさらに楽しくなるはずです!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

関連記事