FishMasterのロゴ

yuicafe

アナゴの釣り餌は何がいい?よく釣れる餌と付け方を徹底解説!

アナゴはどこでも簡単に釣れて、最高に美味しい人気の釣り魚です。肉食でなんでも食べますが、嗅覚を刺激する餌選びが重要になります。ここでは、アナゴがよく釣れる餌を徹底解説!餌の付け方やコツもご紹介します。

アナゴ釣りでよく使われる餌は虫系かワーム!魚を餌にすることもあります!

出典:Visual Hunt

アナゴは船からも岸からも釣ることができ、どちらも基本的には同じ餌を使います。
ここでは、アナゴ釣りによく使われる餌をご紹介していきます。

虫餌

出典:Foter

ジャリメ(石ゴカイ、砂虫)

ジャリメは虫餌の中でも定番の万能餌です。動きでアピールして誘います。身がやわらかく食い込みが良うのでアナゴはもちろんよく釣れますが、他の魚が釣れてしまうこともあります。
釣具屋さんなどで売られていて、1パック500円程度で購入できます。

青イソメ(青虫、青ゴカイ)

ジャリメとともに虫餌の定番として人気で、アナゴ釣りによく使われます。簡単に釣りやすいですが、ジャリメと同じく外道も掛かりやすく、他の魚に餌を取られることもあります。
釣具屋さんなどでジャリメよりも安く手に入ります。

岩イソメ(岩虫、マムシ)

岩イソメもよく使われます。岩イソメは青イソメより大きく、ニオイが強いという特徴があります。嗅覚で餌を感知するアナゴを、強烈なニオイで誘います。集魚力が高いので、他の魚に餌を取られるという難点もあります。

魚介系

出典:Visual Hunt

キビナゴ

アナゴ釣りでよく使われる魚です。アナゴは光るものに集まる習性があるので、皮がキラキラ光る青魚はかなり有効です。
釣り具屋さんでもスーパーでも300円前後で購入できます。冷凍ものでも十分です。
そのまま使うと身がやわらかく餌持ちが悪いので、塩に漬け込むと強度が増し、持ちが良くなります。頭を引きちぎられることも減って釣れやすくなります。

サンマ

アナゴは視覚よりも嗅覚を使って餌を嗅ぎ分けます。サンマはニオイが強く集魚効果が抜群なので、アナゴ釣りにはよく使われます。そのままでは身崩れしやすいので、餌持ちの良い塩サンマがおすすめです。スーパーなどで売られている塩サンマはもちろん、生サンマに塩をまぶして水分を抜き身を締めてもよいです。1cm幅の短冊にカットして使いましょう。内臓を和えるとさらに釣果が期待できます。
アジ、サバ、イワシなども使えますが、アナゴには特にサンマが効果的です。

イカ

イカもアナゴ釣りに有効です。イカは餌持ちの良さが特徴。薄皮を剥いて叩くとやわらかくなって食い込みが良くなります。イカーソメンや塩辛も使えます。

ワーム(加工餌)

虫餌そっくりに加工したもので、魚が好む味やニオイが含まれています。餌持ちがいいのが特徴で、餌とりが多い場所で特に有効です。
色々なカラーが販売されていて、より食い込みの良さを追求したソフトタイプなどもあります。
虫餌や魚介系の餌よりは釣果は落ちますが、補助的な役割で持っておくと役に立ちます。虫餌が触れない!という方にもおすすめです。

マルキュー(MARUKYU)パワーイソメソフト(中)茶イソメ

特徴:ソフトタイプ
長さ:約10cm
本数:15本入り

Amazonで詳細を見る

バークレイ ガルプ! イソメ細身4 ゴカイ(MOR)

■カラー:青イソメ 
■入数:12

Amazonで詳細を見る

アナゴ釣りの餌の付け方を種類ごとに解説!

出典:Visual Hunt

餌の付け方も釣りの大事な要素です。
餌の種類別に付け方を見ていきましょう。

虫餌の付け方

アナゴ釣りで使う虫餌は「通し刺し」にするのが一般的です。「通し刺し」では針の形に沿って餌を付け、タラシをまっすぐにします。餌をカットしてタラシを4cmほどの長さにすると効果的。
縫うようにして針に刺す「縫い刺し」もよく使われます。3回ほど縫い刺して団子状にしましょう。
大型アナゴを狙うならアピール度重視で虫餌を3~4本針に刺す「房掛け」にします。タラシの長さを揃えるとなお良いです。

魚介系の餌の付け方

キビナゴは頭を取って「縫い刺し」にすると食い込みがよく釣れやすいです。サンマやイカは、虫餌の形に似せるため7mm〜8mm幅の短冊状にカットし「縫い刺し」にします。

ワーム(人工餌)の付け方

虫餌と同じく、「通し刺し」か「縫い刺し」にします。「通し刺し」では針の形に沿わせて餌を付け、タラシはまっすぐに。タラシはあまり長くならないようにカットして4cmほどの長さにするのがコツです。

どの餌が一番おすすめ?

出典:Visual Hunt

アナゴ釣りに一番おすすめの餌は、サンマです!
嗅覚で餌を嗅ぎ分け光に集まるアナゴには、強烈なニオイと光りものという特徴を持つサンマ、特に塩サンマが効果的。集魚効果が抜群で塩サンマなら餌持ちも良くなり、釣果も上がります。サンマは虫餌のように外道が釣れることも少ないので、アナゴをメインで狙うならやはりサンマが最もおすすめです。

そして、裏技も!
もともと餌持ちの良いイカソーメンをサンマと一緒に針に刺して使えば、さらに高い効果が期待できます。

アナゴはニオイの強い餌を選んで狙ってみよう!

今回は、アナゴ釣りによく使われる餌と付け方をご紹介しました。アナゴは色々な餌で釣ることができますが、ニオイの強い塩サンマが一番おすすめです。
餌や餌の付け方で釣果は変わってきます。アナゴの食いの状態を見て、餌や付け方を変えてみることも必要です。自分なりに餌を組み合わせたり、付け方を工夫してみるのも面白いですよ。
ぜひ試してみてくださいね!

関連記事