FishMasterのロゴ

shun21

春エギングで大型アオリイカを狙う!3月〜5月の釣り方と特徴を解説

エギングでたくさんのアングラーに人気のアオリイカ。春は秋に並ぶアオリイカの2大シーズンで、1kg〜3kgの大物も狙えるシーズンです。今回はそんな春アオリエギングの釣り方と特徴をご紹介します!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

春エギングは大型アオリイカ狙い!

出典:foter

3月〜5月はショアから大物が釣れる絶好のシーズン

春のエギングで釣れるアオリイカは、1kgはもとより2kg、3kgオーバーの大型イカがショア(岸)から狙えるシーズンとあってたくさんのアングラーに人気のシーズンです。
一般的に、秋の数釣り・春の大物釣りとされています。
夏に孵化したアオリイカが秋と冬の間に育ち、水温の上昇とともに、春先に産卵のため岸近くまで接岸してきます。

春エギングの特徴

春エギングは産卵期のアオリイカを狙うことになるので、釣り上げるのは非常に難しくなります。
なぜかというと、産卵期のアオリイカは卵を守るために非常に神経質になり、簡単にはエギを抱いてくれないからです。
さまざまなサイズ、カラーのエギをローテンションさせるなど、いかに警戒心の強いイカに腕を使わせるかがポイントとなってきます。

春エギングで注意すべき3点

出典:pexels

産卵前のイカは即リリース!

これはすべての釣り人に絶対に守ってほしい点です!
春のアオリイカは産卵期のため卵を持っている可能性があります。
通常、このような卵を抱えた産卵前の個体はエギに対して興味を示さないのですが、たまに卵を持ったイカが釣れることがあります。
卵を持っているかは外見からも分かり、内臓のゲソとは逆端のあたりに白っぽいつぶつぶの物体が見え、それがアオリイカの卵です。
このような個体を釣り上げてしまった場合は、必ず即座にリリースするようにしてください。
他の動物と一緒で、イカも卵を持った個体は弱りやすく、ちょっと地上にいるだけで卵に対するダメージはとても大きいのです。
卵の子どもたちも秋に新子となって私たちを楽しませてくれるはずですので、それまでは優しい気持ちで待ちましょう!

タモやギャフは必須

春エギングで釣れるイカには、1kg以上の大型がたくさん混じってきます。
これをロッドだけで抜き上げようとすると、ゲソが身切れたりすることがあり、アオリイカを痛めたまま海に帰すことになってしまいます。

大きな個体をかけたときは、タモやギャフを使って安全にランディングするようましょう。
ギャフの方がコンパクトで持ち運びに便利ですが、リリースをするのであれば、タモの方がイカへのダメージは少なくて済みます。
ご自身のスタイルに合ったものを使うといいでしょう。

エギのキャスティングは丁寧に!

春のエギングでは、4号などの重いエギが中心で、思いっきりキャストしてしまうと、ロッドの穂先がその重みに耐えられなくなって折れてしまうことがあります。大きなイカを求めて遠投したい気持ちはわかりますが、ロッドが折れてしまっては、意味がありません。
タラシを長くとってキャストすると少ない力でも遠投できます。
春エギングな重いエギを使うときは、丁寧にキャストすることをおすすめします。

春エギングで狙うポイント

出典:foter

ここからは、春エギングで狙うべきポイントをいくつかご紹介したいと思います。
春のイカは産卵期のため、警戒心が強く、あまり動き回らず特定の場所に居着いていることが多いです。
そのためある程度ポイントが縛られ、ピンポイントで狙う釣りになります。

藻の付近は必ずチェック!

アオリイカの産卵場所である藻まわりは、春エギングで必ずチェックすべきポイントです。
どんな藻でもいいわけではなく、アマモやホンダワラという藻はアオリイカが好んで産卵場所に選ぶため、釣れる確率が高くなります。
さらに、できれば少し水深があるところの方がイカぎ隠れる場所も多くなり、絶好のポイントとなります。

潮通しのいい堤防や岬の先端

アオリイカはほかの魚と同じく、潮の流れに乗って回遊するため、潮通しのいい堤防や磯先端付近は必ずチェックです。
春イカはそれほど動き回りませんが、それでも潮通しのいい場所にはエサとなるアジなどの小魚が集まりやすく、産卵で体力を必要としているイカにとっては効率良くエサをゲットできるポイントになることは間違いありません。

春エギングはボトム中心

春のイカは、秋イカのように表層付近まで上がってくることは少なく、ボトム付近にじっとしていることがほとんどです。
そのため基本的にはボトム中心の釣りになります。
また、秋イカが好奇心旺盛で遠くにあるエギでも付いて行ってしまう一方で、春イカは警戒心が強く、ピンポイントでエギを通してあげないと追ってくることは少ないです。
春エギングではボトム中心に万遍なく探ってあげるのが釣果をあげるポイントでね。

春エギングのタックルと釣り方

出典:visualhunt

春イカタックルはパワー重視!

タックルは春の大型イカに負けないパワーを備えたものを使いましょう!
ロッドは8ft〜9ftくらいで、M〜MH(ミディアム〜ミディアムヘビー)のものがおすすめです。
アオリイカのパワーに負けないのはもちろん、4号の重いエギでも快適にキャストすることができます。

リールも3000番台くらいの少し大きいものを使うと、アオリイカのパワーに負けず、巻き取ることができます。
また、春エギングではドラグが出て行くこともよくあるので、少々値段が高くてもドラグ性能が良いものを使いましょう!

ラインは秋イカでは0.6号〜0.8号だったのに対し、春は1.2号くらいの太いものを使う方が安心できておすすめです。
春イカは軽さも大事ですが、パワーにも重点を置いたタックル選びが大切です。

春エギングに使うエギは4号中心

春エギングでは4号のエギを中心に使います。
アオリイカ自体のカラダが大きくなることが理由のひとつで、イカとしては小さなエサをたくさん食べるよりも、大きなエサを1回捕まえる方が効果が良くあまり動き回らずに済みます。
そのため大きなイカは大きなエサを食べる傾向が強いです。

また、ボトム中心の釣りになるので、ある程度重みがあった方が沈下スピードが速く釣りやすいのも重いエギを使う理由です。
4号をメインに使い、状況を見て3.5号や4.5号を持っていると臨機応変に対応できていいでしょう。

春イカエギングのワンポイントアドバイス

最後に、春イカの釣り方に関してワンポイントアドバイスをご紹介しておきます。
エギングのしゃくりは、キレ良く大きくするイメージが強いですが、春エギングではむしろ小さいアクションの方が効果的です!

なぜなら、小さいアクションの方がボトムからエギが離れることがなくレンジをキープしたまま探れるからです。
「春エギングで狙うポイント」でも紹介したように、春イカはボトム付近にいることが多いので、釣り方としてはボトムから離さないようにすることが重要になります。
また、警戒心の強い産卵期のイカには、大きく大胆なしゃくりは逆効果で、むしろ細かいアクションの方がイカの警戒心が弱まることがよくあります。

このように春イカエギングでは、小さなしゃくりでボトム付近を狙うのがおすすめです!

春エギングにおすすめのエギ

出典:daiwa

ラトル音で春イカを攻略!

ダイワ(Daiwa)エギイカ釣り用エメラルダスラトル4.0号金-ピンクミントオシャンティ

サイズ:4.0号
フォールスピード:3.75秒/m

Amazonで詳細を見る

人気釣具メーカーのダイワから出ているエギで、ラトルボールが入っているのが特徴です。
しゃくると中に入っているガラス製のボールが音と波動を水中に起こすので、低活性でシビアなコンディションでも確実にイカを仕留めることができます。

ボトムキープするならコレ

ヤマシタ(YAMASHITA)エギエギーノぴょんぴょんサーチ3.5号18gオレンジレッドR03

サイズ:3.5号
ファールスピード:約3.2秒/m

Amazonで詳細を見る

春エギングに特におすすめしたいのが、ヤマシタから出ているエギ、ぴょんぴょんサーチです。
一般的なエギと違い、前方にミノーのようにリップがついているので、水の抵抗を受けてくれレンジキープが簡単にできます。
ボトムからエギを離したくない春イカの釣りでは、ベビーローテーションになること間違いなしのエギです!

安定した飛行で飛距離アップ

エバーグリーン(EVERGREEN)エギエギ番長4号25gブラウン・エビ・レッド#0301R

サイズ:4号
タイプ:ノーマルシンキング

Amazonで詳細を見る

エバーグリーンの人気エギブランド「エギ番長」から出ているエギで、ブレのない安定した飛行姿勢が特徴の1本です。
初心者でも簡単に飛距離を伸ばすことができるので、春イカが初めての人でもエギを遠投して広範囲に探れます。
また、この赤下地テープがローライト時に力を発揮するので、ナイトエギングにもおすすめです。

イカの有無を手早く確認できる

ヤマシタ エギ王K HF 4号 26g

サイズ:4号
重量:26g
カラー:ブルーベイト B07 BB
全長(針ヌキ):120mm
使用可能な釣法:イカ釣りエギング
タイプ:ベーシック
沈下速度:2.7~3.2秒/m

Amazonで詳細を見る

こちらはヤマシタのエギで、フォールスピードが比較的速い設計になっています。
フォールスピードが速いと速く底が取れるので、春イカ狙いでボトムばっかりを攻めるにはもってこいのエギです。

スローダートが大型アオリに効く!

GANCRAFT(ガンクラフト)ルアー餌木邪4.0号#SC-01赤九絵

サイズ:4号

Amazonで詳細を見る

ガンクラフトから出ている「餌木邪」というシリーズのエギで、春エギングにピッタリです。
「スローダート」をコンセプトの一つにしており、エギの背中部分がフラットになっているので、速度を抑えたダートが可能になりました。
ゆっくりのアクションが基本の春エギングでは絶対に重宝します!

マグキャストで遠距離を飛ばそう!

デュエル EZ-Qマグキャスト 3.5号

重量:19g
サイズ:3.5号
カラー:ゼブラ夜光オレンジ(濁リ潮マスター) ZLOG
約3.2秒/m(sec./m)

Amazonで詳細を見る

人気メーカーデュエルから出ているエギ「マグキャスト」です。
サイズは、3.5号までしかありませんが、マグキャスト搭載によって初心者でもカンタンに飛距離を出すことができます。
広範囲を探ってくには、非常に便利なエギになっています。

春エギング攻略で大物アオリイカをつろう!

出典:visualhunt

いかがだったでしょうか?

春イカエギングはキロアップの大型アオリイカが釣れるベストシーズンです。
キロアップを釣り上げるのはカンタンではありませんが、春エギングに適した場所を攻めれば十分に大きいアオリイカを釣ることは可能です。
ぜひこの機会に春イカエギングを初めてみてはいかがですか?

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

関連記事