FishMasterのロゴ

nuri

カサゴに最適なジグヘッドの重さとは?状況に合わせた選び方を解説

カサゴをワームで狙うときに使うジグヘッド。実は重さをコントロールすることで釣果に差が出てくるのです。今回は状況に合わせた選び方と重さ別におすすめ商品を紹介します。ジグヘッドを極めてカサゴをたくさん釣り上げましょう!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

カサゴのジグヘッドは2~7gが一般的

記事1116の画像53292

出典:visualhunt

カサゴをワームで狙うガシリングは、メバリングやアジングの道具を用いて釣ることができるため、専用道具を揃えずに釣りを楽しむことができます。足元に落としてちょんちょんと動かすだけで簡単に釣ることができ、初心者からも人気のターゲットとなっています。

カサゴに使われるジグヘッドは2~7g程度が一般的で、堤防やテトラ帯、穴などに落として釣ることがほとんどです。

カサゴ釣りは状況に合わせてジグヘッドの重さを変えよう

記事1116の画像53297

出典:visualhunt

カサゴは海底に潜む根魚として知られています。そのため、カサゴ釣りで重要となってくるのは底を取れるかどうかです。そのため水深や潮の流れによってジグヘッドの重さを変える必要があります。以下で状況に合わせたジグヘッドの重さを詳しく解説します。

水深が2m以下の浅瀬は軽めがGOOD

カサゴ釣りで重要になってくるのは、ジグヘッドを底ぎりぎり取れる軽さにすることです。そのため、2m以下の浅瀬で釣る場合は1~3g前後と軽いジグヘッドを使いましょう。まずは2gを使ってみて底が取れないのであれば3gと重め、2gで反応が鈍い場合は1gと軽めに変えるとアタリが出る可能性が高まります。

水深が深い場所は重めを選ぼう

水深が5m以上ある場所では、底を早く取れる5~7g前後と少し重めのジグヘッドを使いましょう。まずは5gを付けてみて着底した感覚や、ワームの動きが掴めない場合は重めに変えましょう。初心者の場合は必然とジグが重くなるはずです。軽い方が釣果が出やすいですが、底が取れていないと余計釣果が出ませんので、感覚を掴んで慣れるほうが重要です。

潮の流れが速い場所では重めを

潮の流れが速い場所では水深に関係なく底が取りにくくなります。その際は通常より重めのジグヘッドに変えることをおすすめします。同じ水深で普段2gを使っている場合は3~4gにしてみましょう。

カサゴ釣りに使うジグヘッドの形状は2種類

カサゴ釣りに使用するジグヘッドの種類は、丸形と弾丸型の2種類に分かれます。それぞれの形状によって水中での動きが変わりますので、特徴を覚えておくのも重要です。以下でそれぞれ解説します。

安定した動きの丸型

記事1116の画像53303

出典:daiwa.com

丸型のジグヘッドは左右対称の形をしているため、水中で安定した動きをしてくれます。まずは丸型のジグヘッドを使って、細かくアクションをかけて誘ってみましょう。

アクションで誘うなら弾丸型

記事1116の画像53306

出典:daiwa.com

弾丸型は銃弾のように先が尖っているタイプのジグヘッドです。水中での抵抗が少ないため、フォール時に早く落ち、水中を横に長く泳ぐことが得意です。また左右非対称の形状をしているものもあるため、アクションに変化を付けたいときにおすすめです。丸型でアタリが出ない場合は、弾丸型を使ってみましょう。

カサゴ釣りで使うジグヘッドの選び方

出典:pixabay

カサゴ釣りに行く場合、釣り場所に合わせたジグヘッドを複数用意しておきましょう。先述した通り浅瀬の場合は1~3gの重さを揃えておき、深めの場合は5~7gの幅で用意しておきましょう。水深がわからない場合は2~7gの間を3種類ほど揃えておくと良いです。

また、丸型と弾丸型2種類揃えておけば、どちらかで釣果が出なかった場合切り替えることができるのでおすすめです。ボウズを逃れるためには釣り場所を良く知ったうえで必要なジグヘッドを用意しましょう。

重さ別!カサゴ釣りにおすすめのジグヘッド6選

浅瀬で活躍!軽めのジグヘッド(1~5g)

1.軽いジグヘッドならコレ!バークレイ アジデント

丸型ですが、前部分に少しくぼみがあるため、軽くても水の抵抗を感じることでワームの感覚を掴むことができるジグヘッドです。サイズは0.4~2.0gまであるため、軽めのジグヘッドを選ぶならこのような工夫が施された商品がおすすめです。価格は1.0g5個入りで370円前後となります。

バークレイアジデントBerkleyAjident

形状:丸型
重さ:1.0g
入数:5

Amazonで詳細を見る

2.夜釣りに最適!シマノ ソアレタングステン ファインヘッドSS-T

弾丸型に近い形状をしたシマノの丸型ジグヘッドです。フックの針掛かりと外しやすさが評判の高い商品となります。重さは1.2~2.5gまでラインナップされています。グローとケイムラ色の製品は夜行タイプなので夜釣りにも最適です。価格はノーマルカラー、2.0g3個入りで540円前後です。

シマノソアレタングステンファインヘッドSS-T

形状:丸型
重さ:2.0g
入数:3
カラー:ノーマル(シルバー)

Amazonで詳細を見る

3.アクションをかけるなら!メジャークラフト ジグパラヘッド ダートモデル

弾丸型のダートタイプのジグヘッドです。ロッドを上下にアクション掛けると左右にキビキビと動いてカサゴを誘います。重さは0.6~3.0gまでラインナップされており、価格は3g5個入りで280円前後となります。

メジャークラフトジグパラヘッドダートモデルJPHD

形状:弾丸型
重さ:3.0g
入数:5

Amazonで詳細を見る

底を取ろう!重めのジグヘッド(5~7g)

4.深場を攻めやすい!メジャークラフト ジグパラヘッド ブンタダート

タダ巻きで左右にキビキビ動いてくれるダートアクションが特徴の弾丸型ジグヘッドです。深い場所でもスピーディーに探ることができると評判の商品です。5g5個入りでで300円前後とコストパフォーマンスが良く、根掛かりを気にせず攻めることができます。

メジャークラフトジグパラヘッドブンタダートタイプJPBU-DART

形状:弾丸型
重さ:5g
入数:5

Amazonで詳細を見る

5.大物狙いなら!オーナー JH-90 虫ヘッドパワー

良型のカサゴを狙うことができる大き目のフックが付いた丸型ジグヘッドです。テトラなどに潜む大物を狙う際におすすめです。価格は6g4個入りで400円前後となります。

OWNER(オーナー)JH-90虫ヘッドパワーNo.117196g

形状:丸型
重さ:6g
入数:4

Amazonで詳細を見る

6.根がかり知らず!ささめ針 ジャングルジム スリーパーホールドJ304

根がかりしないように底にオモリがあって針が浮くようになっているタイプのジグヘッドです。カサゴを含む根魚を狙う際、ロストが少なくなり、おすすめです。重さは他にも3.5g~14g前後まで揃っています。価格は7g3個入りで430円前後です。

ささめ針(SASAME)ジャングルジムスリーパーホールドJ3047g

形状:弾丸型
重さ:7g
入数:3

Amazonで詳細を見る

ジグヘッドの重さを極めてカサゴをたくさん釣ろう!

今回はカサゴ釣りで使用するジグヘッドの重さについて、状況に合わせた重さの選び方や、ジグヘッドの種類、選び方、おすすめの商品まで紹介しました。浅瀬では1~3gと軽め、深い場所では5~7gの重め、潮の流れが速い場所では通常より1~2g重めにするのがおすすめです。また、丸型と弾丸型の2種類用意することでより釣果が期待できます。ジグヘッドを正しく使ってカサゴをたくさん釣りましょう!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

関連記事