FishMasterのロゴ

nuri

アジング初心者必見!ワームの付け方とコツを覚えて釣果をあげよう!

アジングはワームの付け方で釣果が変わってきます!今回は初心者向けにワームの付け方や、真っ直ぐ付けるコツを解説します。ワームの付け方をマスターしてアジの釣果をあげましょう!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

アジングに使うワームはストレートが基本!

記事1138の画像68306

出典:visualhunt

アジングはアジをルアーで釣る方法のことを指します。回遊魚のアジは春から秋にかけて海を集団で泳ぎ回るため、タイミングが合えばルアー紹介でも釣果が期待できる人気のターゲットです。

アジングでは、色んな種類のルアーを使いますが、最もよく使われるルアーはワームと呼ばれる樹脂製のソフトルアーです。虫やエビの形をしたものから、シラスなどの小魚に似せたタイプまであり、臭いや水中での反射によってアジを誘います。

アジングに使うワームはストレート型を!

出典:photo-ac

ワームは色や形状など幅広い種類が存在するため、選ぶのに迷ってしまう方も多いかと思います。アジングに使用するワームはストレートタイプで、シラスをイメージした透明ラメや、エビに見立てたピンク色を選ぶのがおすすめです。アジは中層付近を回遊することが多いため、水中にいるシラスやエビを食す傾向にあります。真っすぐな形をしたワームは水中での泳ぎ方が自然なので、カーリーテールなど他の形状と比べてアジの喰いつきが良くなります。

ワームの動かし方によってジグヘッドを変えよう

出典:pixabay

アジングにおけるワームの動かし方は主に2パターンです。
1つはただ巻きで、ワームを水中の或る一定層を泳ぐようリールをゆっくり巻いていくだけの釣り方となります。ただ巻きで釣りたい場合、ジグヘッドは左右対称の丸型や弾丸型で0.5~2g前後と軽めのオモリに、フックの軸部分が長いロングシャンクのストレートフックと合わせましょう。

あと1つはリフト&フォールさせる方法です。軽く竿を上下に動かしアクションをかけ、その後一定時間竿を動かさずに置くことでワームをフォールさせる釣り方をします。この場合、ジグヘッドはダートタイプといって左右非対称で、横にキビキビした動きができる形状をしているもので、2~5g程度とフォールの速度に合わせて重さを変え、フックの軸部分が短いショートシャンクのストレートフックと合わせましょう。

アジング用ワームの付け方のポイントを解説!

出典:photo-ac

ワームの付け方は、通し刺しやちょんがけなど複数あります。アジングでは主に通し刺しで付けることが多いです。通し刺しはジグヘッドの軸に対してワームを真っすぐ付ける必要があり、これが出来ていないと丁度に響いてくるほど重要な部分です。

以下で付け方のコツと、何故真っすぐ付ける必要があるのかについて解説します。

ワームを真っすぐつけるポイント2つ

ワームを真っすぐつけるポイントは、「事前確認」と「奥まで挿しこむ」の2点です。この2つができているかいないかで釣果がかなり変わってきます。初心者の場合は、まずこの2つをしっかりと覚えてから付けましょう。以下でポイントについてそれぞれ解説します。

ポイント1:事前にフックが出る部分を確認する

ワームを真っすぐに付けるポイントは、ジグヘッドにワームを指す前にフックがどこから出るか確認することです。ジグヘッドの軸の横にワームを当てて、どこからフックを出せばよいか、位置を把握しましょう。その後に、ワームの中心を通るようにフックを刺していき、確認した位置まできたら針先を出します。そのまま奥にワームを入れ込めば完成です。

ポイント2:ワームを奥まで挿す

初心者の場合はワームが水中でズレることによって真っすぐになっていないという事象もよくあります。ワームを真っすぐに付ける際、フックの奥までワームを挿しこまないとアクションをした際にワームが徐々にズレていってしまいますので、しっかり付いているか確認しましょう。また、ワームキーパーがついているジグヘッドを使えばズレは解消できるので、初心者の場合はワームキーパーがしっかりしている商品を選ぶのもポイントです。

ワームを真っすぐにしないと釣果に影響が!

フックがワームの中心部分にきちんと刺さっていなかったり、フックの湾曲した部分にまでワームを通してしまい、真っすぐ付けれていない場合、水中での動きが不自然となってしまいます。そのままアクションをかけても魚に違和感しか与えず、釣果を得ることは非常に難しいです。シラスなどの小魚が泳いでいるように見せるためには、ワームを真っすぐつけることによって、水中で自然な動きを演出でき、バイトに繋げることができるのです。

ワームの付け方を極めてアジングを楽しもう!

今回はアジングで使用するワームの付け方について、何故真っ直ぐ付ける必要があるのか、付け方のコツを解説しました。アジングの釣果を左右するほど重要になってくる付け方。しっかりとマスターしたうえでアジングに望みましょう!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

関連記事