FishMasterのロゴ

nuri

【初心者必見】エギングで着る服装で注意するポイントを解説

エギングで着る服装に注意しないと墨で汚れてしまうことも!今回は釣り初心者に見てほしい、堤防・磯場・テトラ・船と4つの釣り場に合わせた服装ポイントや持っておくと便利な道具について解説します。

当サイトおすすめ!
★ 釣りウェア人気ランキング ★

SHIMANO XEFO・ゴアテックス プレサーバースーツ RB-213P

Amazonで詳細を見る

シマノ XEFO・ゴアテックス COZY SUIT RB-214P

Amazonで詳細を見る

シマノ XEFO・ゴアテックス ベーシック ジャケット RA-27JQ

Amazonで詳細を見る

初心者が注意すべきエギングの服装

記事1232の画像90282

出典:visualhunt

エギングはタックルとエギだけ用意するシンプルな釣りなので、若者を中心に人気の釣り方となっています。揃える道具が少ないため初心者でも始めやすく、おかっぱりから船まで幅広い場所で釣ることができるのも魅力です。

しかし、エギングをする際には服装に気を付けておかないと墨で洋服が汚れてしまったり、日中日焼けしてしまい、翌日以降肌がヒリヒリして痛くなったりなどのトラブルが発生します。せっかくお気に入りの服を着て出かけたのに落ちにくい墨で汚れたら台無しです。今回は堤防・テトラ・磯・船からエギングをやる場合の服装ポイントについて解説していきます。

堤防からのエギングは日焼けと墨汚れに注意!

出典:visualhunt

まずは堤防からエギングをする際に気を付けるべき服装と持っておくと便利な道具を紹介します。

服装の選び方

堤防からエギングをする際、どんな服装でも良いわけではありません。特に気を付けてほしいのは墨汚れと日焼けです。エギングはイカを釣り上げるため、引き上げ方が悪いと墨が飛び跳ねて洋服につくことがあります。服装は汚れても良いものや防水タイプを着ましょう。

エギングは早朝や夕方がピークとなります。釣り始めは太陽が出ていなかったけど、釣っている途中に日が出てきて日焼けしてしまったということを防ぐため、長袖を着ましょう。夏は暑いからといって半袖半ズボンでエギングをしていると蚊やアブなどに噛まれる可能性もあります。肌を露出する場合は、虫よけスプレーや日焼け止めを持っておきましょう。

日焼け対策に!ダイワ DE-6005

UVカットに加え、接触冷感性と吸汗速乾性、遮熱性に優れた涼しいアイスドライ素材を採用しているため、夏場の日焼け対策におすすめのインナーウェアです。
価格は5,000円前後となります。

ダイワ アイスドライ ハイネックロングスリーブラッシュガード DE-6021

サイズ:M
カラー:ブラックウェーブ

Amazonで詳細を見る

防水で墨汚れをブロック!シマノ DSベーシックスーツ RA-027Q

スタイリッシュなデザインの防水ウェアです
。防水・撥水加工によって墨汚れを防いでくれるのはもちろん、夏場でも汗で身体がムレることがないよう透湿タイプとなっています。
価格は上下セットで9,000円前後となります。

シマノ DSベーシックスーツ RA-027Q

サイズ:Lサイズ
カラー:レッド

Amazonで詳細を見る

持っておくと便利な道具

日差しから目を守るための偏光サングラスを持っておくと目の保護にもなるのでおすすめです。海は天候が変わりやすくいきなり日差しが強くなることもよくあります。また、水による光の反射で見にくくなることもあるため、偏光サングラスは常備しておきましょう。

おすすめの偏光サングラス

おしゃれで釣り以外にも活躍するダイワの偏光グラス。
性能も申し分なく、軽くて傷に強いハードコート搭載レンズを採用しています。
価格は4,000円前後となります。

ダイワ DN-4429 ポリカーボネイト偏光グラス ライトグレーシルバーミラー

カラー:ライトグレーシルバーミラー
偏光度(%):99
可視光線透過率(%):20

Amazonで詳細を見る

テトラからのエギングは靴に注意!

記事1232の画像90286

出典:visualhunt

次にテトラ帯でエギングをする際に気を付ける服装や持っておくと便利な道具を紹介します。

服装の選び方

テトラでのエギングは足場が悪いため、堤防より釣り人が少なく、その分広範囲でイカが狙え、釣果が上げやすいのが魅力です。テトラで釣る際の服装は、基本堤防と同じで、長袖長ズボン、偏光サングラスを付けましょう。

テトラ釣りで注意したいポイントが足元です。普通のスニーカーでテトラに行くと滑りやすかったり、フジツボなどの貝が突起物となって歩きにくかったりするので、滑り止めが付いたフィッシングシューズを用意しておくと便利です。

テトラ釣りにおすすめ!アブガルシア レイヤードフーディー2

フード・ネックガード・手のひらが隠れる袖が付いたパーカーです。
手のひらに滑り止めが付いているため、手をついてテトラを移動する際に役立ちます。
価格は2,300円前後となります。

アブガルシア レイヤードフーディー2

色:ネイビー x チャート
スタイル:L

Amazonで詳細を見る

持っておくと便利な道具

テトラでエギングをする際は、フィッシングシューズを履いておくと滑り止めが付いているのでおすすめです。また、ブーツタイプやハイカットタイプよりも丈が短いタイプの方が動きやすくて良いです。

おすすめのフィッシングシューズ

高次元のグリップ力で濡れている場所でも滑りにくい「新型キュービックラジアルソール」を搭載したダイワのフィッシングシューズです。
ローカットタイプなのでテトラでも動きやすいです。
価格は10,000円前後となります。

ダイワ サンドベージュ DS-2302QR

カラー:サンドベージュ
サイズ(cm):24.0

Amazonで詳細を見る

磯からのエギングはライフジャケットを!

記事1232の画像90281

出典:visualhunt

磯は初心者だと中々行きにくいかと思いますが、人も少なく、大物が狙える絶好のポイントです。以下で磯でのエギングにおける服装と持っておくと便利な道具を紹介します。

服装の選び方

磯での釣りは、堤防で述べた長袖・長ズボン・偏光サングラスに合わせて、テトラで紹介した磯靴を付けましょう。磯も足場が悪く、滑りやすいため磯靴が活躍します。また、磯場は堤防やテトラと異なり移動に時間が掛かりますので、レインウェアを持っておくと急な雨に対応することができます。

磯釣りにおすすめ!ウミネコ ウィンドブレーカー UM-CUV01

夏場の磯釣りにおすすめのわずか139gと超軽量の防水ジャケットです。
UVカット率99%なので紫外線からも守ってくれます。
荷物が多くなる磯場での釣行で邪魔にならないためカバンに1つ入れておくと便利です。価格は3,500円前後となります。

ウミネコ ウインドブレーカー UM-CUV01

サイズ:XL
カラー:オレンジ

Amazonで詳細を見る

持っておくと便利な道具

磯でエギングをする際はライフジャケットを用意しておきましょう。万が一海に落ちたときにライフジャケットがあると生存率が高くなります。ライフジャケットはベストタイプがおすすめです。ポケットに道具を入れることができるので荷物も少なくできます。

おすすめのライフジャケット

大きな収納ポケットが付いたダイワのライフジャケットです。
エギケースを入れることもできるので荷物を少なくできます。
価格は12,000円前後となります。

ダイワ フロートゲーム ブラックイエロー DF-6206

サイズ:フリー
カラー:ブラックイエロー

Amazonで詳細を見る

船からのエギングは長靴を履こう!

最後に船からのエギングです。おかっぱりからだと狙えないポイントを探ることができるためスレていない大物イカを狙えるのが魅力です。以下で最適な服装と持っておくと便利な道具を紹介します。

服装の選び方

船でエギングをする場合は、おかっぱりで釣るより少し厚めの洋服を着ましょう。風を遮る場所が無いためおかっぱりよりも気温が下がりやすく、乗船時には暑かったけど釣ってるときに寒くなってきたということが頻繁にあります。首元が隠れる上着やインナーを着ることで寒さを防ぐことができます。

船釣りにおすすめ!ダイワ レインマックス ハイパーハイロフトDW-3407

袖口が2重になっているため水や風の侵入を防いでくれる冬用のレインウェアです。
氷点下を超える寒さでのエギングでも全く寒さを感じなかったと評判の商品です。
価格は20,000円前後と高めですが、冬場の釣りで重宝するウェアです。

ダイワ レインマックス®ハイパーコンビアップ ハイロフト ウィンタースーツ DW-3420

サイズ:l
カラー:ガンメタル

Amazonで詳細を見る

持っておくと便利な道具

船釣りの際は、水が船内に入ってくることがあるため、長靴をはくことをおすすめします。普通のスニーカーだと足が濡れてしまい、足元が冷えてしまいます。快適にエギングをするためにも足元を守ってくれる長靴を持っておきましょう。

おすすめの船用ブーツ

船用のショートタイプのブーツです。
着脱が容易なクロロプレンを内部に採用していて、クッション性も良いです。
価格は6,000円前後となります。

双進 RBB ショートデッキブーツ No.8887

カラー:ブルー
サイズ:L

Amazonで詳細を見る

服装に気を付けてエギングを楽しもう!

今回は初心者がエギングをする際に気を付けたい服装のポイントについて、堤防・テトラ・磯・船それぞれの状況に合わせて解説しました。手軽に始めることができるエギングですが、汚れても良い長袖・長ズボンと偏光サングラスは忘れずに着用しましょう。釣り場に合わせた服装を選んでエギングを安全に楽しみましょう!

当サイトおすすめ!
★ 釣りウェア人気ランキング ★

SHIMANO XEFO・ゴアテックス プレサーバースーツ RB-213P

Amazonで詳細を見る

シマノ XEFO・ゴアテックス COZY SUIT RB-214P

Amazonで詳細を見る

シマノ XEFO・ゴアテックス ベーシック ジャケット RA-27JQ

Amazonで詳細を見る

関連記事