FishMasterのロゴ

hakoo

マダイのフカセ釣り仕掛けを解説!磯からの完全フカセ釣りをマスター

マダイのフカセ釣りは、磯からのウキ釣りが主流です。磯からフカセ釣りでマダイを釣り上げる感覚は、他ではあじわえない強烈な引きを楽しめる魅力があります。大物マダイを逃さないためにも、仕掛けはしっかり準備しておきましょう。

ウキフカセ釣り用仕掛けで磯マダイを釣る!

出典:フォトAC

マダイのフカセ釣りではウキを使った「ウキフカセ」という釣法で、ツケエとマキエを使用してマダイを誘います。竿は2~4号前後のなるべく硬い竿を用意し、道糸3~6号の先に遊動ウキを付け、スピニングリールで磯にいるマダイを狙います。潮通しのいい磯場を探し、水深も浅すぎない10m以上の磯場を狙ってください。この時、風と潮の流れを計算しツケエとマキエを同調させ、マダイにエサと信じ込ませるのがポイントです。

このフカセ釣りでマダイを狙う目的は、魚の王様といわれるマダイと引き勝負できるからです。マダイは低水温でも活発に捕食する魚で、グレやチヌのアタリがないときで急にアタリが出始める特徴をもっています。いきなりググっと竿が引き込まれる感覚は楽しい時間のはじまりです。海面から浮いてくるマダイのシルエット見た瞬間は一生忘れない思い出となります。その瞬間をあじわうためには、どんなシチュエーションでも対応できる仕掛け作りが重要なのです。

マダイのウキフカセ釣り仕掛けおすすめアイテム解説!

出典:フォトAC

ここからは仕掛けの解説をしていきます。フカセ釣りの仕掛けは、竿先から道糸、シモリ玉、遊動ウキ、サルカン、ハリス、ガン玉、ハリとなります。シンプルではありますが、それぞれの道具を理解して、適切なポイントで使うことが必要です。

見やすいオレンジカラーSUNLINEナイロンライン!

サンライン(SUNLINE)ナイロンライン磯スペシャルビジブルプラスHG150m3号パッションオレンジ

カラー:パッションオレンジ
素材:ナイロン
サイズ:150m
号数:3号

Amazonで詳細を見る

ラインは、見やすさを重視した染色されているナイロンラインがオススメです。ナイロンラインは、ライン強度が高く、糸癖がないのでトラブルもおきにくいです。フカセ釣りに有効な道糸は、細いナイロンラインです。サイズは3号が有効です。初心者の方ほど安心感を求め太いラインを選びがちですが、この釣法には向いていません。道糸を細くすることで潮による影響が少なく、ラインコントロールもしやすくなるメリットがあります。

OWNERミックスカラーシモリ玉

OWNER(オーナー)81105シモリ玉(ミックス)2

カラー:ミックス
サイズ:2号

Amazonで詳細を見る

丸い球体や楕円形のシモリ玉が多種にわたり存在しますが、磯フカセ釣りではあまり意識する必要はありません。シモリ玉は、道糸の太さに合わせたサイズ選びが重要です。できるだけシモリ玉の小さいものを選ぶと、仕掛けの沈下スピードに影響なくウキ止めの役割をしっかり果たしくれます。

激しい流れの中でも安定感抜群!キザクラ遊動ウキ

キザクラ(kizakura)ウキMotaeB(オレンジ)

カラー:オレンジ
自重:14.9
サイズ:29.5×37.0mm

Amazonで詳細を見る

フカセ釣りに最も欠かせないのが遊動ウキです。ウキの浮力は、潮の流れの速さによって変わります。ウキの種類には、オモリなしで浮く0号やジンタンを使うG2、ガン玉を使うBの3つをタイプがあります。磯フカセ釣りでマダイを狙う場合は、潮の流れに乗りやすい0~3Bの円錐ウキが有効です。

潮の流れが緩いときや水深の浅いところでは軽い仕掛けを使います。一方、潮の流れが速いときや水深が深い磯場では重い仕掛けを使ってください。ウキの大きさは、遠投する場合は大粒のウキを選び、足元で釣る場合は小粒のウキを選ぶのがポイントです。ウキ下は、竿1本半~3本を目安にオモリ負荷に合わせた使い分けをしてください。

シンプルを追求した基本形!NTスイベルタル型サルカン

NTスイベル(N.T.SWIVEL)タル型サルカンクロ#8

サイズ:8
強度:25kg
入数:14個

Amazonで詳細を見る

サルカンは、仕掛けを連結する金具のことです。タル型サルカンやスナップ付きサルカン、トリプルサルカンなどさまざまな形があります。狙う魚や仕掛けのトータルバランスを考えてサルカンを選んでください。

一見地味に見えるサルカンですが、道糸やハリスなどの糸ヨレを解消する重要な役割も担っています。細いハリスを使用するマダイフカセ釣りの仕掛けにはなくてはならない仕掛けです。私は最も主流なタル型サルカンを使用していますが、興味のある方は他のサルカンもチェックしてみてください。

高性能フロロカーボンハリス!

ダイワ ディーフロン 船ハリス200FX 2号 200m

号数:2号
巻糸量(m):200
カラー:ナチュラル
フロロ 比重1.78

Amazonで詳細を見る

ウキと同じぐらいフカセ釣りに欠かせないのが、ハリスです。ハリスは道糸の先に結ぶ糸のことを指し、基本的に道糸より細いものを使います。マダイを狙う場合は、2~5号がオススメです。磯フカセ釣りの場合は、なるべく細いハリスを使うことで潮の流れの抵抗を最小限に抑え、スムーズに沈んでくれます。細い分マダイの警戒心も薄れ、なんなくツケエを食わせることができるメリットもあります。

またフカセ釣りの場合は、根擦れに強いフロロカーボンハリスがオススメです。フロロカーボンはナイロンに比べ比重が高く、水中で早く沈みます。更にラインに水分が吸収される水分吸水率が0%であるため、劣化せず長く使用できるところも強みです。

大型マダイの硬い顎を貫くダイワマダイ用釣り針!

ダイワ(Daiwa)マダイ用釣り針フック9号マダイクワセサクサスD-MAX

サイズ:9号
入数:11本

Amazonで詳細を見る

ハリ選びは、狙う魚や使用するエサ、ハリスよって変わります。上述したハリスに合わせて9号~10号のマダイバリがオススメです。マダイ用のハリがない場合は、グレ用のハリでも代用できます。

またハリ先形状は、針先が内側に向いているネムリ形状のものがいいです。ネムリ形状のマダイバリは、根掛かりしにくい特徴をもっているため下層のマダイを狙う時にストレスなく釣りすることができます。

ハリのカラーは赤系のオキアミカラーを使用することで、マキエとツケエと同化しマダイの警戒心がなくなります。細かいところかもしれませんが、1%でも釣れる確率が上がるのであれば試してみる価値はあります。

ウキの浮力自由自在!ヨーヅリガン玉

ヨーヅリ(YO-ZURI)雑品・小物:[ST]ガン玉C/S入

サイズ:3/2/1/B/2B/3B

Amazonで詳細を見る

釣りに使う重りにはいくつか種類があります。丸玉オモリや割りビシなどさまざまなオモリがある中で、磯フカセ釣りに適しているのがガン玉です。ガン玉は潮の流れによりウキの浮力が変わる場面で大活躍します。ウキの性能をしっかり発揮させるために、小さなガン玉をいれて調整します。

ガン玉の重さは、3B、2B、B、1号、2号、3号がセットになっているものオススメです。なぜなら、磯フカセ釣りで主に使うガン玉サイズは、B~3B前後のもの多いからです。

ツケエ&マキエ

白い煙幕でマダイを誘惑!磯マダイホワイト

マルキュー(MARUKYU)磯マダイホワイト

内容量:1800g

Amazonで詳細を見る

お徳用オキアミセット12kg!

生沖アミ マキエ用 約3kg4個セット

マキエ用の生オキアミです。

Amazonで詳細を見る

マダイのツケエはオキアミがオススメです。オキアミは、魚が好む独特の匂いを広範囲に放ち、それにつられてマダイも食いつきます。オキアミは身が柔らかいので、なるべく身の大きいオキアミを選び、ハリが見えなくなるまでしっかり刺してください。

マキエはオキアミだけでなく、更に集魚効果とまとまりを出すためにエサを配合したものを用意します。
配合エサを作る時のポイントは、用意しておいたオキアミを半分だけ細かく潰しておきます。もう半分はそのままにして集魚剤を配合します。細かく潰したオキアミの方は、沈下速度が速くしっかり下層、中層のマダイまで落とすことができます。これはオキアミに寄ってくるエサ取り防止のために手軽で簡単にできる手法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

配合エサは釣具店やネット販売で売られている「磯マダイホワイト」のような磯マダイ用のものがオススメです。ここでの注意ポイントは、練り込みが甘かったり配合比を間違えると、マキエを投げた時に空中分解してしまうのでしっかり練っておきましょう。

磯フカセ釣りでマダイを狙う魅力

出典:フォトAC

正直、磯からのフカセ釣りでマダイを釣り上げるのは簡単ではありません。しかし、難しいからこそ狙う価値も上がります。全身で大物マダイの強烈な引きを感じられるチャンスはそうそうないです。そのチャンスを逃さないためにも仕掛けひとつひとつに目を配り、魚の王様と呼ばれるマダイと勝負してみてください。今回ご紹介した仕掛けを参考に、磯からのフカセ釣りマダイを狙って見てはいかがでしょうか。

関連記事