FishMasterのロゴ

ddaiske35

マダイを船釣りで釣る!初心者におすすめコマセ釣りの仕掛け

マダイを釣る釣り方の中でも王道と呼ばれるコマセ釣り。船釣り初心者でも簡単にマダイを釣ることができるコマセ釣りですが、仕掛けはどのようにすれば良いのかわからない人も多いはずです。今回はコマセ釣りの仕掛けについて紹介します。

船釣りでマダイを釣る方法

記事1305の画像60400

出典:Pexels

船釣りは堤防での釣りよりもさらに大物を釣る確率が高くなり、そして釣ることができる魚についても、高級魚である確率が高いです。その中でもマダイは定番の獲物であり、仕掛けや釣り方によっては初心者でも簡単に釣り上げることができます。

マダイを釣るための釣り方はさまざまありますが、その中でも王道と呼ばれており、初心者でも簡単にマダイをつることができる釣り方が、コマセ釣りです。コマセを入れておくためのビシカゴにコマセを仕込み、針にも餌を取り付けます。マダイコマセ釣りの餌は一般的にオキアミが用いられており、餌の質によってはオキアミのコマセの中にも付け餌として十分なサイズのオキアミが入っていることもあります。

仕掛けについても比較的わかりやすいですが、ハリスの長さが他の釣り方の仕掛けと比べるとかなり長くなるため、糸が絡まってしまうということはよくあります。詳しい仕掛けについては後ほど解説します。

マダイコマセ釣りの仕掛けと必要な道具

記事1305の画像60401

出典:Pexels

ここからは、マダイをコマセ釣りで釣るときの仕掛けについて解説していきます。コマセ釣りは他の釣り方と比べると、竿やリールなどはあまり重要視されていません。しかしその分仕掛けが重要視されます。特にビシカゴや天秤に関しては、マダイ釣り用のものが用意されているので、そのようなものを選ぶとよいでしょう。

また、天秤に関しても短すぎると糸が絡まるなどのトラブルになることが多いため、ある程度長さが必要となります。ここではそれぞれの仕掛けについての説明、そしてマダイのコマセ釣りにおすすめのアイテムを紹介していきます。

ハリスは長めに、針はマダイ用の針がおすすめ

記事1305の画像60402

出典:Pexels

マダイコマセ釣りにおいて竿やリールなどよりも重要になるものが、ハリスです。コマセ釣りの場合は他の釣り方よりもハリスの長さが非常に長く、東京湾や相模湾で、船釣りでマダイを釣る釣り人の多くは、ハリスの長さを6メートルから8メートルの長さに設定しています。また、針についても状況に合わせたものを選ぶとよいでしょう。

ハリスは基本的に3号から4号のものをを選び、長さは長めにとるようにしましょう。長さについても先ほど述べたとおり6メートルから8メートルですが、船釣りの場合船宿であらかじめ決められているということもあるため、もしも使用するハリスの太さや長さが決まっている場合は、その指示に従いましょう。

針についてもマダイ8号から12号などを基本的に用います。しかし、他の獲物がつれるということが多いため、なるべくいくつかの種類の針を用意しておくとよいでしょう。

マダイ師御用達の万能ハリス

ダイワ(Daiwa)ハリスディーフロン船真鯛フロロカーボン220m4号クリアー

メーカー:ダイワ
素材:フロロカーボン
全長:220m
太さ:4号

Amazonで詳細を見る

マダイコマセ釣りではハリスが仕掛けに絡んでしまうということはよくあります。その中でもダイワのハリスは絡まりにくく、糸自体もしなやかであり、非常に扱いやすくなっています。また、マダイ以外にもさまざまな獲物に対応しているため、普段の釣具として持っておくとよいでしょう。

インビジブルハリス

クレハ(KUREHA)ハリスシーガー船ハリス4号

メーカー:クレハ
素材:フロロカーボン
太さ:4号

Amazonで詳細を見る

こちらはクレハから出ているハリスです。こちらもフロロカーボンを使用しており、強くしなやかな性質ですが、色がかなりクリアであり、屈折率も高いため、獲物に見つかりにくいです。また、吸水性も低いため、長時間でも問題ありません。

生粋のマダイハンター

がまかつ(Gamakatsu)真鯛王フック金10号釣り針

メーカー:がまかつ
号数:10号
10本入り

Amazonで詳細を見る

軸の部分が太くなっているため、大型のマダイが食いついたときにもしっかりと捉えてくれます。また、軸が太いためオキアミなどの付け餌をつけたときにも安定します。

マダイも付け餌も離さない

OWNER(オーナー)シングルフックOH細工PEマダイ10号13163

メーカー:オーナー
号数:10号
10本入り

Amazonで詳細を見る

せっかく針につけたオキアミなどの付け餌も、仕掛けを投入している途中に外れてしまっては意味がありません。オーナーの針にはソフトキーパーというものが付いており、そのおかげで餌が外れてしまうということもなくなります。毎回餌が外れてしまって悩んでいるという人におすすめです。

ビシカゴはコマセの量を調節しやすいものがよい

記事1305の画像60403

出典:Pexels

コマセ釣りに欠かせない仕掛けといえば、ビシカゴです。ビシカゴについてはサイズがいくつか用意されており、サイズによってコマセを詰めることができる量も異なります。

コマセ釣りにおいては基本的に80号のオモリ付きビシカゴを使用していますが、時期や場所によっては100号を使用します。物によっては号ではなくMやBIGなど、サイズ表記がアルファベットになっているものもありますが、その場合はMからBIGサイズのものを選ぶと良いでしょう。

ビシカゴのサイズについても、船宿でハリスのサイズや状況に合わせて変わってくるため、この部分についてもあらかじめ船宿にて確認しておくとよいでしょう。

ビシカゴにはコマセが出てくるように穴が開いていますが、この穴についても程よい大きさに調節するとよいでしょう。潮流によってはビシカゴに詰めたコマセがすべて流れ出てしまうということがあるため、この部分は細かく調整しましょう。

マダイ引き寄せ人

サニー商事イサキビシ80号

メーカー:サニー商事
オモリ:80号
素材、メッシュ

Amazonで詳細を見る

メッシュ素材となっているため、簡単にコマセを出しやすくなっています。しかし潮流が激しい場合は中のコマセがすべて流れ出てしまいやすくなるため、潮流が穏やかなときに使用するとよいでしょう。

マダイにすべてをささげた鉄仮面

ブラック 真鯛専用 80号鉄仮面 (ステンカン) マル秘の穴構成! 送料無料

メーカー:アマノ釣具
オモリ:80号
素材:ステンレス

Amazonで詳細を見る

マダイのコマセ釣りに特化したタイプのビシカゴです。素材もステンレスであり、初心者には扱いやすいステンカンとなっています。穴の形状などについては企業秘密ということで詳しいことはわかりませんが、潮流によってサイズを使い分けると、マダイを釣る確率も高くなること間違いありません。

テンビンは腕の長い片テンビンかL型テンビンがおすすめ

記事1305の画像60405

出典:Pexels

マダイコマセ釣りは、テンビンがあってこそ仕掛けを安定させることができるものです。基本的にはL型テンビンや片テンビンなどを使用することが多いです。

しかしテンビンを選ぶ際、短すぎるとハリスなどが絡まってしまいやすくなるため、直径1.5mmから2mmのもので、腕長は50mmのものがよいでしょう。

テンビンも地域や船宿によっては決められていることがありますが、基本的にはこのサイズのものが一般的であるため、もしも不安な人はこちらもあらかじめ船宿に確認しておくとよいでしょう。

全マダイ師必須のテンビン

マダイてんびん 夢の天秤 形状記憶 吉見製作所!!

メーカー:吉見製作所
全長:1000mm
色:シュリンプカラー

Amazonで詳細を見る

全長は1000mmと長いですが、コンパクトに収納することが可能であり、さらには形状記憶合金を使用しているため、型崩れすることもありません。色についてもマダイを意識したシュリンプカラーとなっており、まさに夢のテンビンといっても過言でもありません。

孤高の仕事人

OWNER(オーナー)からまん船天秤No.8252035cm

メーカー:オーナー
線径:1.6mm
サイズ:35cm

Amazonで詳細を見る

シンプルな構造になっており、耐久性や感度、強度も申し分ないほどよいです。また、サイズもコマセ釣りに丁度良いサイズであるため、コマセ釣りなどにもかなりおすすめです。

マダイの船釣りは仕掛けが重要

いかがでしたか。今回はマダイのコマセ釣りの仕掛けについて必要な道具などを紹介しました。コマセ釣りにおいては仕掛けが重要であり、コマセを出しすぎず、そして切らすことが無いようにマダイを誘うのが鉄則です。

今回は東京湾や相模湾でマダイを船釣りで狙うときのコマセ釣りの仕掛けについての選び方などを紹介しましたが、地域によってハリスの長さは異なっており、船宿によってはあらかじめ決められていることがありますので、初心者の方はあらかじめ確認するとよいでしょう。また、コマセ釣りの場合、一人でも間違った仕掛けなどをしてしまうと、他の釣り人の仕掛けにも影響を及ぼしてしまうため、船釣りでマダイを釣る場合は、船宿の指示に従いましょう。狙うタナなどはその都度指示が出てくるため、その指示に従えば初心者でも簡単にマダイを釣ることができます。

関連記事