FishMasterのロゴ

shun21

ダイワのタイラバロッドは超高性能!紅牙シリーズの選び方とおすすめ

釣り具メーカーの最前線を走り続けているダイワ。そんなダイワから出ているロッドの中でも人気なのがタイラバ ロッドです。今回はそんなダイワのタイラバロッド「紅牙シリーズ」を一挙ご紹介します。

当サイトおすすめ!
★ タイラバロッド人気ランキング ★

プロックス カブラバ真鯛 190ML KRM190ML

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 炎月 BB 鯛ラバ B69M-S

Amazonで詳細を見る

アブガルシア オーシャンフィールド OFTC-692LS-80

Amazonで詳細を見る

ダイワのタイラバロッドは超ハイクオリティー!

出典:daiwa

1958年に創業し、それ以来釣り具業界を牽引し続けてきたダイワ。
今では国内はもちろんのこと、そのハイクオリティーな製品は海外でもトップクラスの釣り具として愛されています。

タイラバロッドは、数あるダイワのロッドでも人気のジャンルの一つで、ダイワが創業以来培ってきたロッドテクノロジーと知識をおしみなく注ぎ込んだ高性能ロッドばかりです。
中でも超弾性チタン合金穂先である「メタルトップ」はダイワタイラバロッドの代名詞とも言える技術で、繊細な穂先で鯛のついばむようなアタリも「目感度」、「手感度」で明確に捉えるられる優れものです!

1万円台から6万円台までビギナーからベテランまで満足のいくロッドばかりです。
今回はそんなダイワのタイラバロッド「紅牙シリーズ」を一挙ご紹介します。

タイラバロッドは3つのポイントで選ぶ

出典:daiwa

タイラバロッドにはたくさんの種類があり、浅場から深場、大物から小型まで状況に応じて使い分けます。
はじめてタイラバロッドを買う人はどのようなロッドがいいか迷うかもしれませんが、タイラロバロッドを選ぶときのポイントは3つあり、それは硬さ・長さ・適合ルアーウェイトです!

まず硬さは、L(ライト)〜M(ミディアム)くらいのものが使いやすいでしょう。
タイラバロッドは食い込みの良さが必要で、比較的柔らかい方が食い込みが良く、初心者でも釣りやすいです。
そして慣れてくるにつれて徐々に状況に応じてMH(ミディアムヘビー)など硬めのロッドも使えるようになりましょう。
長さは6ft〜7ftくらいのものが扱いやすく、ピースの数も2ピースの方が持ち運びに便利ですが、1ピースの方が感度・レスポンスともによく使いやすいです。
適合ルアーウェイトは40g〜100gくらいが一般的で、初心者でも使いやすいです。
冬場の深いポイントなどを攻める場合は100g〜200gくらいの重いタイラバにも耐えられるロッドを使うといいでしょう。

ダイワのタイラバといえば紅牙シリーズ!

出典:daiwa

なんと言ってもダイワのタイラバロッドとして有名なのが「紅牙シリーズ」です。
ビギナーからベテランまで幅広い層に絶大な人気があり、シリーズ発売当初から今まで不動の王座を獲得し続けています。
紅牙シリーズは「美しい”紅色”と獲物に食らいつく鯛の鋭い”牙”」を名前の由来に、「より確実に掛ける。そして獲る。」というコンセプトのもと作られてきました。
このコンセプト通り、乗せるフッキングが可能で、一度手にしたらその高感覚を手放せなくなるひともたくさんいます。

紅牙シリーズには主に2つの種類「タイラバモデル」と「タイテンヤモデル」があり、ダイワのタイテンヤロッドもハイクオリティーでおすすめなのですが、今回はタイラバロッドということで、紅牙シリーズのタイラバ モデルについて、その魅力をたっぷりとお伝えします!

紅牙 EX AGS

ダイワ(DAIWA)タイラバロッドベイト紅牙EXAGSN59HB-SMTタイラバ釣り竿

全長:1.75m
自重:103g
継数:2

Amazonで詳細を見る

紅牙N(乗せ)シリーズの最高峰ともいうべきスペックの紅牙 EX AGS。
タイラバ の原点ともいえる乗せ重視の設計になっており、鯛のアタリに対しオートマチックな乗せが可能なモデルです。
もちろん「メガトップ」を採用しているので、カーボンソリッドならではの360℃均等な曲がりと高感度なティップになり、ベテランアングラーのシビアなコンディションでも存分に力を発揮してくれるロッドです。

紅牙 AGS

ダイワ(Daiwa)タイラバロッド紅牙AGSN69MB-METAL

全長:2.07m
自重:113g
継数:2

Amazonで詳細を見る

名前の通りガイド部分にダイワ独自の「AGS」を搭載したモデルで、ガイド部分にカーボン素材を使用することにより、長時間の釣りでも疲れにくい、大幅な軽量化が実現できました。
また紅牙 AGSには、乗せ重視の「TYPE-N」、掛け重視の「TYPE-K」、そしてキャスティングタイラバ用の「TYPE-C」の3つのタイプがあり、レパートリーも豊富です。
あなたに合ったタイラバスタイルのロッドが見つかること間違いなしです!

紅牙 AIR

ダイワ(Daiwa)タイラバロッドベイト紅牙AIRK67XHB-METAL釣り竿

全長:2.01m
自重:110g
継数:2

Amazonで詳細を見る

紅牙 AIRは、紅牙シリーズの中核をなすモデルで、超軽量化されているのが特徴です。
「HVFナノプラス」テクノロジーを搭載しており、高密度のカーボンを使用することにより強靭なボディを実現、大型の鯛の引きにも負けない強さがあります。
超軽量でいながら上級者でも満足のいくスペックを備え、ダイワ独自の技術がふんだんに注ぎ込まれたモデルです。

紅牙 MX

ダイワ(Daiwa)タイラバロッドベイト紅牙MX69XHB-メタル釣り竿

全長:2.06m
自重:140g
継数:1

Amazonで詳細を見る

「メタルトップ」採用しており、タイラバのアクションや鯛のアタリが手に取るようにわかる高感度モデルです。
超弾性チタンがマダイの繊細なアタリを捉えアングラーの手元に伝えてくれるので、釣果が上がること間違いなしです。
タイラバゲームに必要な高スペックを搭載しながらも、他のハイスペックモデルに比べるとリーズナブルに買えるので、タイラバにも慣れてステップアップにハイスペックモデルが欲しい方にオススメのロッドです。

紅牙

ダイワ(Daiwa)タイラバロッド紅牙N69HB-S

全長:2.06m
自重:115g
継数:2

Amazonで詳細を見る

タイラバロッドのスタンダードモデルで、乗せ重視の「TYPE-N」はもちろん、掛け重視の「TYPE-K」もラインナップに取りそろえており、自分に合ったロッドが選べます。
また、上級者でも十分に満足できるクオリティーで、状況に合わせたサブロッドとしても大活躍します。
ねじれの少ない「X45」などダイワの最新テクノロジーが詰まったタイラバロッドです。

紅牙 X

ダイワ(Daiwa)タイラバロッドベイト紅牙X69HB釣り竿

全長:2.06m
自重:123g
継数:2

Amazonで詳細を見る

タイラバを始めたばかりという方には紅牙 Xがオススメです。
非常にリーズナブルでありながら、カーボンソリッドティップなどが搭載されているので、初心者でもマダイのアタリを食い込ませることができます。
また、「ブレーディングX」を採用しているので、バットパワーがあるのはもちろん、ねじれが非常に少なく、安定してロッド操作をすることができます。
まず最初の1本を探してる方には、絶対おすすめのタイラバロッドです。

タイラバロッドはダイワに決まり!

出典:daiwa

いかがだったでしょうか?

初心者から上級者まであらゆる層のアングラーが満足のいくダイワのタイラバロッド「紅牙シリーズ」。
ダイワ独自の最新テクノロジーを搭載しており鯛をより掛けることができる紅牙シリーズは、あなたのタイラバゲームをより楽しくエキサイティングなものにしてくれること間違いなしです。
タイラバロッドを買われる際はダイワの紅牙シリーズに決まりです!

当サイトおすすめ!
★ タイラバロッド人気ランキング ★

プロックス カブラバ真鯛 190ML KRM190ML

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 炎月 BB 鯛ラバ B69M-S

Amazonで詳細を見る

アブガルシア オーシャンフィールド OFTC-692LS-80

Amazonで詳細を見る

関連記事