FishMasterのロゴ

shun21

スロージギングでマダイを狙う!おすすめタックルやルアーを解説!

白身がおいしく魚の王様と呼ばれるマダイ。さまざまな釣り方で狙うことができますが、中でも最近人気なのがスロージギングです。今回は、マダイのスロージギングについて、おすすめタックルからルアー・釣り方まで徹底解説していきます!

マダイをスロージギングで釣る!

出典:visualhunt

魚の王様とも言われ、強力な引きが魅力のマダイは、釣って楽しい食べておいしい魚としてたくさんのアングあらーから人気があるフィッシングターゲットです。
そのマダイを狙う釣り方は、ショアの投げ釣り・カゴ釣りや、オフショアのタイラバなどたくさんありますが、中でも最近人気なのが「スロージギング」です。

ジギングというとガシャガシャ激しいジャークを繰り返しているハードな釣りのイメージが強いですが、スロージギングはその名の通り、ゆっくりとしたアクションが特徴のジギングスタイルです。
マダイは上から落ちてくるものや上に上がっていくものに反応を示しますが、このスロージギングにもとてもいい反応を示すので、マダイ狙いでスロージギングをする人が増えています。
体力勝負の激しいジギングとは違い、マダイのスロージギングは非常にゆっくりとした動きなので、体力に自信のない方や釣り初心者の方でも楽しいやすいジャンルの釣り方になります。

マダイスロージギングで使うおすすめタックル

出典:visualhunt

それではまず、マダイのスロージギングに使うタックルをご紹介していきます。
一般の青物ジギングやライトジギングタックルを流用できないこともないですが、マダイの食わせ具合やスロージギング用のジグの扱いやすさを考えると、タイジギング専用のタックルがベストでしょう!

ロッドは6ft〜7ftを使おう!

マダイのジギングで使うロッドは、6ft〜7ftのタイジギング専用ロッドがいいでしょう。
硬さはM~MH(ミディアム〜ミディアムヘビー)のものがおすすめで、150gのジグなど大きいルアーを使ってもバランスがよく、パワーがあります。
適合ルアーウェイトは、100g〜200gの範囲で対応しているものが理想です。
マダイのスロージギングでのロッド選びのポイントは、穂先の食い込みの良さと150gのジグでも扱えるパワーがあることです。

マダイジギングならダイワの紅牙!

ダイワ18紅牙AIRタイジギング65XHB-メタル

全長(m):1.96
継数(本):2
仕舞(cm):153
自重(g):119
ジグ重量(g):60-150
ラインPE(号):0.8-1.5

Amazonで詳細を見る

大手釣り具メーカーのダイワのマダイブランド「紅牙」から出ているタイジギング専用のロッドです。
タイラバモデルとは違い、ジャークしやすいのと重いジグでも扱えるのがポイントです。
また、「メタルトップ」採用で非常に繊細なティップ部分で、タイのアタリが手に取るようにわかります。

リールは150番代のベイトリールが基本

リールに関しては、150番代のベイトリールがおすすめです。
ルアーを上下にジャークするジギングでは、簡単にラインの出し巻きが切り替えられるベイトリールがおすすめです。
できれば少しキャストできるもの方がオールマイティーに対応できます。

ICカウンター搭載のベイトリール

ダイワ(DAIWA)リールキャタリナIC150SH

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):80
ギア比:7.1
自重(g):225
最大ドラグ力(kg):5.0
標準巻糸量 PE(号-m):1-400、2-200
スプール径(mm):36
ハンドル長さ(mm):60-70

Amazonで詳細を見る

こちらのベイトリールは、ダイワから2018年の9月に出た高剛性ICカウンター搭載のリールです
軽量ながらも、高耐久・強力なロッドになっているので、ロッドを1日中しゃくり続けるスロージギングに最適なリールです。
しっかりとパワーもあり、ベテランでも満足のいくリールとなっています。

ラインはPEの1.5号!

釣りのラインには様々な種類がありますが、マダイジギングで使うラインは、PEの1.5号にショックリーダーはフロロ25lbをつけます。
少し太く感じる人もいるかもしれませんが、重いルアーをしゃくりあげるマダイジギングでは、これくらいの太さがある方が安心です。

PEライン

PEラインは伸びが少なく、ジギングにはぴったりなラインです。
マイクロジギングなどでは1.0号イカのラインをつけますが、スロージギングでは重いルアーを使ったり、しゃくった時の強度を考えると1.5号は必要です。

スロージギング専用PE!

モーリス(MORRIS)PEラインアバニスロージギングスーパーコンダクターLS4300m1.5号10m×5色のマーキングライン

素材:PE
全長:300m
サイズ:1.5号

Amazonで詳細を見る

バリバスから出ているこちらのPEラインは、スロージギング専用の設計になっており、伸びの少ないPEラインはジグのアクションが命のタイジギングでは必須のアイテムです。
また、見やすい色分けで、目感度もアップします!

ショックリーダーはフロロ25lb

ショックリーダーは、フロロカーボンの25lbクラスにしましょう。
何はともあれジギングですので、大型マダイや青物・ヒラメなどが掛かってくることもあり、それに耐えられるだけのラインが必要です。

高感度・低伸度で釣果アップ!

モーリス(MORRIS)ショックリーダーバリバスフロロカーボン30m7号25lbナチュラル

素材:フロロカーボン
全長:30m
強度:25lb

Amazonで詳細を見る

バリバスのフロロショックリーダーで、マダイジギングにオススメのリーダーです。
フロロ素材でできており高感度・低伸度なので、ルアーの操作性が抜群に良くなっています。
スロージギング以外にも使え、幅広いジャンルの釣りで活躍すること間違いない一品です。

スロージギングでマダイを釣る3つのアクション

出典:photo-ac

それではここからは、スロージギングでマダイを釣るときの3つのアクションの仕方についてご紹介します!
スロージギングというくらいなのでゆっくり動かすのですが、その動かし方にも少しコツがあり、それをマスターすればビギナーでもマダイが釣れることもあります。
ぜひ基本の3つのアクションをマスターしてくださいね。

超基本!スローピッチジャーク!

スロージギングで基本になるのが「スローピッチジャーク」です。
スローピッチジャークとは、ロッドを水面と平行の位置から1秒〜1.5秒くらいかけて45度斜めの位置まで持っていくアクションです。
このアクションで、ジグを上下・左右に飛ばすことができて真鯛にアピールしてくれます。
その日によってアタルジャークのスピードは違い速めが効くこともあれば、遅めがいいこともあるので、色々な速さを試してみると、アタリスピードが見つけやすくなります。
基本中の基本のアクションなので必ず覚えましょう!

ロングフォールが有効!

2つ目のアクションは、「ロングフォール」です。
その名の通り、ジグを長く落とすのですが、先ほどのスローピッチジャークを90度のところくらいまで持ってきて、そこから大きくフォールさせます。
この時フォールはテンションをかけていても、かけていなくても構いませんが、これも日によってアタルテンションのかけ方があるので色々試して見てください。
このように大きく落とすことによって近くの真鯛に大きくアピールできるのはもちろん、遠くの魚にもアピールすることができます。

ティップを下げたジャークでジグを馴染ませる

最後のアクションは、「ティップを下げたスローピッチジャーク」です。
これは、1つ目のスローピッチジャークの要領で、今度は下にマイナス45度の位置から水面と平行(0度)のところまでジャークする、いわば下向きのジャークです。
ロッドを下げることで、ジグがロッドの反発で飛ぶことが少なくなり、より潮の流れに馴染むアクションができます。
マダイの食いが悪い時や、ノーマルのジャークで食ってこない時に非常に有効なアクションの仕方です。
覚えていたら絶対に役に立つアクションですので、ぜひ使ってみてください。

マダイスロージギングで使うジグ

出典:visualhunt

ジギングの命ともいうべきルアー「ジグ」。
ここでは、マダイ狙いのスロージギングで使うジグについて解説します。

ルアーのサイズは100g〜200g

マダイのスロージギングでは、100g〜200gが一般的で、150gのジグをメインに水深や潮の流れによって重くしたり軽くしたりします。
潮の流れが速いポイントでは180gなど重めのジグを、遅いところでは130gなどの軽めのものを使用します。

ジグのカラー

マダイのスロージギングにおいて、アカキンカラーは絶対に外せない鉄板カラーです。
アカキンカラーはマダイの反応が非常によく、特に朝・夕マヅメの太陽の光がオレンジがかっている時は大きな効果を発揮します。
他にも、赤系・オレンジ系・グロー系・金系のカラーも実績があり、オススメのカラーとなっています。
ひとつのカラーだけに絞って釣るのではなく、いくつかのカラーバリエーションをもっていって、マダイがスレないように定期的にカラーチェンジするのが、釣果を伸ばすコツです!

スロージギング用を選ぶ!

ジグには細長いものから、丸みを帯びたものまでさまざまな種類がありますが、スロージギングで使うジグは、丸みを帯びたものの方がおすすめです。
なぜなら、丸みを帯びた方のジグは水の抵抗を受けやすく、ひらひらとゆっくりフォールしていきます。
よってしっかりと魚に対してアピールすることができるからです。
逆に、青物ジギングなんかは細長いシルエットの方が効果的とされています。
釣具店にいくとスロージギング仕様のジグがたくさん売っているので、わからない人はそこから気に入ったものを選びましょう!

スロージギングにおすすめのジグ

大人気!コスパ抜群のジグパラ バーチカル

メジャークラフトルアージグパラバーチカルスローピッチJPVSP

重量:120g
全長:105mm

Amazonで詳細を見る

大人気ルアーフィッシング製品メーカーのメジャークラフトから出ているジグ「ジグパラ バーチカル」シリーズのアカキン。
ひらひら綺麗に落ちていく絶妙バランスが特徴で、スロージギングで非常に実績の高いジグです。
千円以下とコスパがいいのでカラー違いも買っておきたいアイテムです。

スローな動きならおまかせ!

シマノ(SHIMANO)メタルジグオシアスティンガーバタフライウイングJTルアー

重量:135g
全長:105mm

Amazonで詳細を見る

シマノから出ているジグで、スローな動きを追求した先に生まれた、スロージギングに最適のジグです。
潮流が速いところや深いところでもしっかりアクションしてくれるので、大型マダイ狙いにも活躍してくれます!

ロングフォールでマダイに魅せる!

ディーパースファクトリースロースキップVB130gマグマNo.16パグロス

重量:130g

Amazonで詳細を見る

ディーパースファクトリーのスロースキップは、スローフォールを得意とするジグで、マダイ狙いのロングフォールにうってつけです。
大きくしゃくりあげた後のロングスローフォールでアピールしてくれるので、マダイ狙いのスロージギングにおすすめのメタルジグです!

スロージギングでマダイを制覇!

出典:daiwa

いかがだったでしょうか?

上級者向けのイメージが強い激しいジギングとは違い、ゆっくりなアクションで意外と簡単に始められるマダイのスロージギング。
タックルの組み合わせや、ジグのアクションのさせ方など知れば奥が深い釣り方でもあります。
また、タイラバで釣れない時などもジグで狙うと釣れることも多いので、タイラバの合間にも楽しめます。
釣って楽しい食べておいしいマダイを、スロージギングで釣ってみませんか?

関連記事