FishMasterのロゴ

yamato222

アキアジを釣るならこの餌で決まり!厳選餌ベスト3を公開!

海釣りの王様”シーバス”と並び抜群の人気を誇る”アキアジ”。今回は、文字通り「秋」にしか楽しむことができないアキアジを確実に釣るための”餌”の特徴とその使い方を徹底解説致します!

アキアジ釣りで釣果が期待できる”餌”とその特徴とは?

出典:FOTER

アキアジはその成長度合いに応じて捕食する対象が異なることで有名です。生まれたばかりの幼魚の場合にはユスリカなどを好んで食べ、沿岸に到達する立派な成魚になる際には釣り餌の定番であるオキアミなどを食べるようになるのです。

しかし、”アキアジ釣り”で使われる餌は長年の間釣り人達の間で研究に研究を重ねてきた選りすぐりの”逸品”です。具体的には、サンマやカツオ、さらにはフクラギやイカなどがアキアジ釣りの”餌”として使われることが多いです。

アキアジで使われる餌の最大の特徴は、釣り人によって餌がさまざまな形で”アレンジされる”ということでしょう。餌に”ニンニク風味”や”ショウガ”、”塩締め”などは当然のように用いられ、中にはあの”青大将(蛇)”を餌に付けてアキアジを釣っていたという猛者もいるようです。ルアーやフライの毛針を自分でカスタマイズする楽しさがあるように、アキアジのエサ釣りにはより釣果を出すために”餌をカスタマイズ”する楽しみがあるのです!

アキアジ釣りをするなら使うべき”餌”ベスト3!

出典:FOTER

せっかく時間も手間も予算もかけて行くアキアジ釣り。そんなアキアジ釣りでは確実に釣果をあげて帰りたいですよね。
そこであなたに質問があります。

それは、
”アキアジに最も効果的な餌は何?”
というものです。

実は、多くの人がアキアジ釣りの餌選びで
”何を使ったらいいか分からない!”
という悩みを抱えているそうです。ここではそんな悩みを一掃するために、アキアジ釣りで釣果が期待できる”餌ベスト3”をご紹介させて頂きます!

アキアジ釣りで釣果が期待できる餌”ベスト3”:サンマ!

アキアジ釣りで釣果をあげるための”定番餌”と言えば間違いなくサンマです。
サンマはサンマですが、アキアジ釣りで最も頻繁に使われるのは”サンマの塩締め”です。
釣果を上げるためのポイントとしては”さんまの塩締め”を自作するということです。

また、餌持ちがあまり良くないというデメリットがありますので気持ち多めに準備した方がよいでしょう。
アキアジは、天候・時間・場所などによって好むえ餌の大きさ・臭い・色などが異なるために、様々な風味と大きさのバリエーションを容易しておくことをオススメします。

サンマ フィーレ (骨無し) 1kg(35枚) 冷凍

1kg(35枚)入り

Amazonで詳細を見る

アキアジ釣りで釣果が期待できる餌”ベスト2”:カツオ!

アキアジ釣りでサンマと並びよく用いられるのがカツオです!
サンマよりも餌持ちが長く、アキアジへのインパクト力も同程度ですのでぶっこみ釣りを始めとしたあらゆる用途へ適応可能な優れものです。サンマと同様に”塩締め”をして使うことで効果を上げることができます。

釣具屋さんで簡単に入手できる反面、サンマに比べると若干値段が高いのが難点です。
こちらも大きな餌に大きなこだわりがないようでしたらあらかじめカットされたものを購入することで大きく時間を節約することが可能です!

出典:FOTER

アキアジ釣りで釣果が期待できる餌”ベスト1”:赤イカ!

”アキアジ釣りで釣果を期待できる餌”で見事NO1に輝いたのは赤イカです!
名前こそ赤イカですが、赤く着色されたタイプと銀色や黒色のタイプなど豊富なバリエーションの中から選ぶことができます。水温や時間、海水の濁り具合で使い分けることが釣果を上げるポイントです。

アキアジが好む赤イカですが、最大の特徴はなんといってもその”餌持ちの長さ”です。ぶっこみなどの場合には、カツオやサンマなどを餌にするとカワハギなどのいわゆる外道に餌をすぐに食われてしまう場合が多いですが、赤イカの場合にはこのようなエサ取り対策として抜群の効果を発揮してくれるのです。
往々にして皮つきと皮なしの2パターンに分かれますが、より餌持ちが良いのが皮つきのタイプだということを押さえておくと良いでしょう。

【イカ北海道産】北海道函館産【特大冷凍いか】イカ【3-5杯】1.2kg(★どさんこファクトリー北海道PB箱、メーカー包装品)

まとめて買っておけば都度買いするよりも安上がりです!自分で餌をカスタマイズする楽しみも増えますね!

Amazonで詳細を見る

釣果に大きな違いが!侮れない餌の効果的な付け方とは?

実は、餌の付け方によってその釣果は大きく変わるということを知っている人はほとんどいません。
ここでは、アキアジを釣るにあたっての効果的な”餌の付け方”について見ていきたいと思います!

カツオ・サンマの効果的な餌の付け方とは?

カツオ・サンマの効果的な餌の付け方は、針にそって針が完全に隠れるように付ける”通し刺し”を使います。
こうすることにより、餌持ちを長くすることが可能になり、結果として釣果を上げることができるのです。
仮に、針から余分に大きく餌を出してしまうとカワハギやクサフグなどの餌食いの格好の餌食となってしまうのでなるべく余分な餌を付けないように調整することもポイントです。また、つける際に皮の方から餌を付けることで身がくずれることを防ぐことができますので是非参考にしてみてください!

赤イカの効果的なエサの付け方とは?

赤イカのこうかてきな餌の付け方は”チョン掛け”と呼ばれる一点刺しが一般手的です。これは、多少噛まれたり引っ張られたりしても耐えうる”餌持ちの長さ”ゆえにできることであり、赤イカのメリットを活かした餌の付け方であると言えるでしょう。
食いが悪いときなどは2匹掛けをすることで状況を変えることができる場合もありますので頭に入れておくと良いでしょう。

結論!オススメできるアキアジ釣りの餌とは?

出典:FOTER

アキアジ釣りでは、それぞれの餌の特徴を正確に理解し、最適なタイミングで使うことが非常に大切になります。どの餌を使うかは、事前の情報収集やこれまでの経験を基に判断することをオススメします。いずれにしても、サンマ、カツオ、赤イカの3種類を持っていればいかなる状況下でも対応することができます。
1つ頭に入れておきたいことは、”ニンニク”を用いた味付けや臭い付けをすることで釣果が上がる場合が多いということです。1つのカスタマイズ案として試してみてはいかがでしょうか?

優れた餌選びは優れた釣果に直結する!

もうお分かりかと思いますが、アキアジ釣りにおいて”どの時にどの餌を使うか”ということはとても重要な判断になります。なぜなら、その判断が釣果に直結するからです。
カツオ、サンマ、赤イカの3種類を持参してそれぞれの使用に関するデータ収集を細かく収集しながら経験値を積むことであなたの釣果は目に見えて向上していくことでしょう。あなたがこの文章を通して得た知識で1匹でも多くのアキアジを釣り上げることができるようになることを祈っています!

関連記事