FishMasterのロゴ

guitaro44

メバル釣りのエサは生きエサがおすすめ!エサの種類と付け方を紹介!

春を告げる魚といわれるメバル。シンプルな仕掛けで初心者でも釣りやすく、食味もいいことから人気の魚です。今回はメバルのエサ釣りで使われるエサとおすすめの釣り方を紹介します。

メバル釣りでのエサ釣りとルアー釣りの違いを紹介!

出典:photo AC

メバル釣りの狙い目

メバルは夜間にエサを求めて浅いタナへと移動してくるので、夜間に浅いタナを狙っていくのが定石です。
もちろん深いタナをじっくりと探れば日中でも釣れるのですが、底のほうでじっとしており、活性は低い傾向にあります。

狙い目としては常夜灯の付近や岸壁や障害物の影になっている部分です。
メバルは警戒心が強いので、そっとポイントを狙ってみて下さい。

また、メバル(特に小型のメバル)は自身の視界の上方にある獲物を追って捕食するという習性があるので、メバルよりも少し浅い位置を横の誘いで食いつかせるとアタリが多くなります。

アタリを重視するならルアー釣りよりエサ釣り!

今回はエサ釣りに限定して紹介いたしますが、メバリングといわれるルアー釣りでもメバルはよく釣れます。
エサ釣りの方がアタリは多いのですが、ルアー釣りのメリットとして幅広いタナを手早く探ることができるという点が挙げられます。
場所を移動しながら幅広いタナを探ることで、最終的な釣果はルアー釣りに軍配が上がることもあります。
一方エサ釣りの場合はルアー釣りに比べてアタリが多くなるので、比較するポイントとしてはチャンスの数を増やすルアー釣りか、1回の可能性を高めるエサ釣りかという選択肢になります。

メバルに関していうと、エサ釣りでも生きエサと死にエサでは食いのよさがだいぶ違ってきます。
死にエサには見向きもしないメバルが、生きエサになると急に追ってくるなんてこともあります。

今回はエサ釣りの中でも生きエサを中心にご紹介します。

メバル釣りでおすすめなのは生きエサ!

出典:photo AC

メバルは堤防釣りか船釣りがメインになりますが、使われるエサはほとんど同じです。
アオイソメなどの虫エサ、モエビなどの甲殻類、また春を告げる魚といわれるメバルですから、釣果の上がる春というシーズンに合ったシロウオもおすすめです。
船釣りではイカナゴの新子もエサとして使用されます。

共通していえることですが、警戒心の強いメバルでは特に天候などの状況によっても食い気が大きく変わってくることがあります。
状況に見合った選択をすることと状況が変わったときに対応できるような準備が重要です。
また生きエサはその動きがアピールになりますので、弱ってきてしまうとメバルは見向きもしなくなります。
エサはこまめに確認し、弱っていたらすぐに付けかえるようにしましょう。

それでは、それぞれのエサの特徴とおすすめポイントを紹介したいと思います。

モエビ

モエビは大型狙いでも使える、メバル釣りでは一般的なエサになります。
大きいサイズのモエビを選んでしまうと、一気に食いが悪くなってしまいますので、小さいものを選択することが重要です。
またメバルは生きエサの動きが絶好のアピールとなりますので、動きの悪いものや、死んで白くなってしまったものはエサとしては使えません。
サイズの大きいモエビは無駄になってしまいますが、最終的な釣果を考えるとやはりサイズの小さいモエビを使うことをおすすめします。

アオイソメ

虫エサもメバル釣りでは一般的なエサになります。
水温が低いうちは食いが悪いアオイソメですが、ある程度水温が高くなってくると、徐々に食いが良くなってきます。
アオイソメもモエビ同様、動きがアピールになりますので、動きがいいものを使ってください。
またサイズもやはり細くて小さいものの方が食いはよくなります。

アオイソメは独特のにおいであったり、ヌメヌメした体液などが苦手な方も多いと思います。
生きエサですから当然かみついてくることもあります。
そういったことが苦手、またはそもそも虫が苦手だという方にはアオイソメはおすすめしません。
しかし状況によっては虫エサにしかアタリが出ないということもあります。
そのような時はイソメのワームを使ってみるといいでしょう。

シロウオ

メバル同様、春に旬を迎えるシロウオもおすすめのエサです。
サイズは3cmから大きくても6cm程度のものを選択します。
こちらも生きエサですので、動きが大事であることは共通です。
またシロウオの特徴として、丈夫なエサであることが挙げられます。
アピール力を長い時間発揮してくれるので、メバルを食いつかせるには絶好のエサになります。

イカナゴ

メバルの大好物ともいわれるイカナゴ。
こちらは4cmから6cm程度のものを選びます。
船釣りでは定番のエサです。

メバルを釣るためのエサの付け方

出典:photo AC

モエビ

まずはモエビの尾を切ります。
そこから針をきれいに中心を通し、背中側からハリが抜けるように付けます。
付けるのに手間取ってしまうと、それだけアピール力も下がりますので、慎重に且つ手早く付けることが重要です。

アオイソメ

アオイソメは頭側からハリを通します。
ハリが隠れるように上手に胴体を沿わせたら、腹側から針が抜けるように取り付けます。
こちらも当然スピードが重要になってきます。

シロウオ

シロウオは目にハリを通し刺しにし、まるで水中を泳いでいるかのようにカモフラージュします。
比較的丈夫なエサですが、弱ってしまっては元も子もないので、こまめにチェックするようにしましょう。

イカナゴ

イカナゴもシロウオ同様、目を通し刺しにします。
エサの付け方ひとつでも食いは大きく変わってきてしまいますので、正確に手早くつけられることが重要です。

メバル釣りには水温が低いうちはモエビ、水温が上がってきたらアソイソメがおすすめ!

出典:photo AC

大物狙いでも十分に使えるエサでありながら、手軽に手に入るという意味で、モエビとアオイソメがおすすめです。
船釣りの場合はその海を知り尽くした船長に素直に聞いて、仕掛けについてもエサについてもアドバイスをもらうことが、すばらしい釣果への最短距離になります。
天候にも左右されやすいメバル釣りですので、渋いときに当たってしまうというリスクもありますが、大型のメバルが釣れる船釣りもおすすめです。

そんな警戒心の強いメバルを釣るためには、複数のエサを用意して、その日の食い気に合わせたエサのチョイスをできるのがやはり好ましいことと思います。
また、モエビなど小さいサイズのものが少ない時など、エサが無駄になってしまうこともありますが、そこは涙を飲んであくまで小さいサイズのもので勝負する方が最終的な釣果につながるでしょう。

メバルを釣るにはエサもアクションも重要!

今回はおすすめの生きエサを紹介しましたが、もちろん重要なのはエサだけではありません。
選択したエサにあったアクションをすることで、メバルの捕食スイッチをオンにし、エサに食いついてくれるようになります。

またタナの探り位置を変えていくにあたっても、エサは立派なガイドの役を果たします。
食ってはいるけどかからないのか、まったく反応がないのかでは状況は大きく異なります。
まずは浅いタナを探ってみて、まったく反応がないのであれば少しずつ深いタナを探るなど臨機応変さが求められます。

初心者にもおすすめで食味もいいメバルですので、春を感じながらメバル釣りを楽しんで下さい!

関連記事