FishMasterのロゴ

nuri

エギに重りを付けてイカを狙おう!種類と状況別の使い方を解説!

エギに重り(シンカー)を付けてコウイカやディープエギングをやってみよう!今回は重りの種類と状況別の使い方、おすすめの商品を解説します。メリット・デメリットを抑えて重りを使いこなしましょう!

当サイトおすすめ!
★ エギ人気ランキング ★

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 3.5号 18g レッドグレープ R04

Amazonで詳細を見る

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ:パタパタQ ラトル (2.5/3.0/3.5号)

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) エギ イカ釣り用 エメラルダス ダートII 3.5号 マーブル-ピンク

Amazonで詳細を見る

エギングで底を取りたいなら重りを使おう!

記事1410の画像57681

出典:visualhunt

エギングとは、エギというエビに見立てた疑似餌を使ってアオリイカやコウイカなどを狙う釣り方のことをいいます。必要な道具はタックルとエギというシンプルな仕掛けで、春には産卵期を迎える大型イカが、秋には子イカの数釣りが楽しめることから釣り人に人気の釣り方です。

エギングで使用するエギは2~3号(6~15g)程度の大きさを使用し、ボトムに落としてから数回上下にしゃくりを入れアクションをかけたあとにフォールさせて釣るのが一般的です。そのため、潮の流れのはやい場所や水深が深い場所では中々エギがボトムにつかないという状況があります。その時に便利になってくるのが重り(シンカー)なのです。

エギング用の重りはアゴにつけるタイプから仮面のようにエギの顔にかぶせるタイプなどの種類があり、重さも0.5g~30gまで幅があります。そのため使用する状況に応じた選び方が非常に重要となってきます。

エギングで重りを付ける状況2パターン

エギングで重りを使う状況は、潮の流れが速い場所と水深が深い場所の2パターンあります。それぞれの状況でどのような重りが良いのか詳しく解説します。

1.潮の流れが速い場所

記事1410の画像57683

出典:visualhunt

潮の流れが速い場所ではエギが流されてしまったり、底に付いた感覚が取れない場合があります。底がきちんと取れないとイカの釣果に響いてくるため、底についたことがわかるようになるまで重さを足しましょう。重すぎるとフォール時のバイトが狙えなくなってしまいますので、状況に合わせてまずは0.5~3g前後の重りを追加し、それでもわからない場合は重めにしていきましょう。

2.水深が深い場所

出典:photo-ac

水深が10m以上の場所でエギングをする場合は、着底を速めるために重りを使います。通常のエギであれば約3秒で1m沈むため、エギを沈ませて30秒以上かかるようであれば重りを使ってみましょう。重さは5g前後のシンカーから付けてみて、フォール時の着底速度を見ながら調整していきましょう。

エギにつける重りの種類は3つ!

出典:photo-ac

エギに重りを付ける場合は、アゴにつけるタイプ、エギの顔に被せるタイプ、糸を体に巻くタイプの3種類あります。それぞれの特徴と選び方について以下で解説します。

1.アゴリグシンカー

アゴリグシンカーはエギが繋がっているサルカン部分や、エギについているシンカーのところに付ける、ナス型や丸型タイプの重りです。コウイカなど底で釣れるイカを狙う際や、水深が深い場所でエギングをする場合はこのタイプの重りを選びましょう。

2.仮面シンカー

仮面シンカーはエギの顔に被せるタイプの重りとなります。1gと軽量の重りから30gと重いものまで幅広くラインナップされています。もう少し飛距離を出したいときや、底はとれているがもう少し重さを乗せたいというときにはこのタイプを選びましょう。

3.糸タイプのチューニングシンカー

糸タイプのチューニングシンカーは、針金のような重りをエギのシンカー部分に巻き付けることで重さを調整することができる重りです。0.1g単位と仮面シンカーよりもさらに細かく重さを調子することができるので仮面シンカーで物足りない部分を調整するときに使うと便利です。

種類別!重りの付け方

出典:photo-ac

アゴリグシンカーの付け方

アゴリグシンカーは2パターンの付け方があります。1つは道糸とエギを繋いでいるサルカン部分につける方法です。サルカンに重りを通すだけなので初心者でも簡単に付けることができます。2つはエギのシンカーに重りを付ける用の穴が開いていて、そこに重りを通す方法です。1つ目の付け方と比べてフォールの際斜めに落ちていくため、より長くフォールさせることができます。

仮面シンカーの付け方

仮面シンカーの付け方は非常に簡単で、エギの顔に仮面をはめ込むだけで完成します。コツがいらないので初心者でも安心して付けられます。

糸タイプの付け方

糸タイプの重りはエギのシンカー部分に巻いてつけます。まず、シンカーの穴の部分に糸重りを引っかけ、横に巻き付けていきます。必要な長さを巻き付け、不要な部分を切り落とし、最後の部分をシンカーの穴にひっかけるか、巻いた部分に入れ込めば完成です。

エギにつけるおすすめの重り9選

ここからは種類別におすすめの重りを3つずつ紹介します。自分が釣る状況に合わせて適切な重りを選んでみましょう。

アゴリグシンカー

取り外しが簡単!マルシン漁具 X-TENSION アジャストシンカー 夜光

重さの微調整に便利な3gのエギング用重りです。ワンタッチで簡単に付け外しができるタイプなので初心者でも使いこなせます。価格は3個入りで350円前後となります。

マルシン漁具X-TENSIONアジャストシンカー夜光[3g]/エギング用シンカー

重さ:3g
形状:丸型
入数:3

Amazonで詳細を見る

3種類の付け方で動きが変わる!ダイワ アゴリグシンカーⅡ

水深の深い場所や、潮の流れが速い場所の両方で活躍できる5gという重さのアゴリグシンカーです。シンカーの下にアイがついているため、エギを付けるサルカンに吊るすだけでなく、重りと糸を真っすぐ繋げることも可能です。価格は3個入りで350円前後となります。

ダイワアゴリグシンカーII5g

重さ:5g
形状:ナス型
入数:3

Amazonで詳細を見る

根掛かりしにくい!デュエル クイックシンカー

根掛かりしにくいナス型タイプのシンカーです。夜光タイプで夜は水中で青く光り、イカを引き寄せます。チューブの上げ下げだけで簡単に取り付けることができるためとても便利な商品となります。価格は10gが2個入りで310円前後です。他にも15~30gまでラインナップされており、水深の深い場所での釣りで活躍します。

デュエル(DUEL)エギ用シンカー:クイックシンカー(10/15/20/25/30g)

重さ:10g
形状:ナス型
入数:2

Amazonで詳細を見る

仮面シンカー

1gからラインナップ!ダイワ 仮面シンカー

エギの形にしっかりフィットするダイワの仮面シンカーです。1gからラインナップされており、重さの調整がしやすく便利な商品です。価格は3個入りで290円前後となります。

ダイワ仮面シンカー1g

重さ:1g
入数:3

Amazonで詳細を見る

ボートエギングに!シマノ エギザイル マスクシンカー

3~3.5号のエギに装着可能なシマノの仮面シンカーです。色は黄色・紫・赤・白などエギに合わせて種類も豊富で、重さも8g~45gまで幅広く揃っています。ボートや船で深い場所でのエギングに持っておきたい商品です。価格は8g2個入りで1,100円前後となります。

シマノエギザイルマスクシンカー

重さ:8g
入数:2

Amazonで詳細を見る

深い場所で有利!ヤマシタ エギ王TRシンカー

ヤマシタの人気エギ「エギ王TR」に使用するタイプの仮面シンカーです。重さは10~60gまでラインナップされています。価格は10g2個入りで550円前後です。

ヤマシタ(YAMASHITA)エギ王TRシンカー10gPU565-492

重さ:10g
入数:2

Amazonで詳細を見る

糸タイプのチューニングシンカー

重さの調整が簡単!第一精工 チューニングシンカー

18cmの長さで約1号(3.75g)を足すことができる糸タイプの重りです。シンカーに簡単に巻くことができます。価格は1.5mmで160円と安いため、エギの微調整に是非持っておきたい商品です。

第一精工チューニングシンカー

太さ:1.5mm
長さ:1.2m
入数:2

Amazonで詳細を見る

夜釣りなら!第一精工 チューニングシンカー グロー

夜光タイプで夜のエギングに最適な糸タイプの重りです。1本25cmで約0.5号(0.19g)の重さを足すことができます。8本入りで価格は380円前後となります。

第一精工チューニングシンカーグロー0.8mm

太さ:0.8mm
長さ:25cm
入数:8

Amazonで詳細を見る

好きなところに貼るだけ!アクティブ 鉛シール

シールタイプになっているため取れにくい鉛シールです。簡単に重さを足したいときにおすすめの商品となります。価格は440円前後です。

ACTIVE(アクティブ)鉛シール1.0mm

太さ:1.0mm

Amazonで詳細を見る

エギ用重りを使ってあらゆる場所でイカを釣ろう!

今回はエギにつける重りについて、状況に合わせた使い方や種類、付け方、おすすめの商品まで幅広く紹介しました。エギングでイカを釣るためには底を取るのがとても大事です。そのため、潮の流れが速い場所や水深が深い場所では重りを使って釣ることをおすすめします。重りを極めればどんな場所でもイカを釣り上げることができるでしょう!

当サイトおすすめ!
★ エギ人気ランキング ★

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 3.5号 18g レッドグレープ R04

Amazonで詳細を見る

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ:パタパタQ ラトル (2.5/3.0/3.5号)

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) エギ イカ釣り用 エメラルダス ダートII 3.5号 マーブル-ピンク

Amazonで詳細を見る

関連記事