FishMasterのロゴ

ahiruahiru

【マダイのぶっこみ釣り決定版】堤防から手軽にマダイを狙おう!

アングラーの間で最も人気のあるターゲットと言っても過言ではないマダイ。沖釣りや投げ釣りでは代表的な魚ですが、実は時期や場所をしっかりと押さえておけば、手軽なぶっこみ釣りでも狙えたりします。今回はそんなマダイのぶっこみ釣りをご紹介します。

フィッシング界の王者、マダイはぶっこみ釣りで釣り上げよう!

記事143の画像27990

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りは最もポピュラーな釣法です。
簡単な仕掛けと手軽な場所での釣りが売りですが、実はそのぶっこみ釣りで高級魚マダイを釣る事が可能となっています。
マダイは普段は水深30~200メートルの岩礁や砂泥底に生息しており、しっかりとした条件がそろえば通年で狙う事ができる魚です。しかし、産卵の為に沿岸へ近づいてくる『乗っ込み』時期である春と、栄養を蓄え越冬する為に沿岸へ餌を求めて近づいてくる『荒食い』の秋であれば、堤防、サーフ等の沿岸部からのぶっこみ釣りで更に釣り上げやすくなっています。
タックルもライトな物でも十分ですので、初心者でもマダイを狙え、釣果を上げる事が出来るのです。
フィッシング界でも王様と名高いマダイを釣り上げる事が出来たときの爽快感はたまらないものとなります。

マダイを狙うならこれ!ぶっこみ釣りおすすめのタックル!

記事143の画像27992

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りではそこまで複雑なタックルは使用せず、マダイがターゲットであってもそれは例外ではありません。
しっかりとマダイ用にタックルを準備すれば、比較的ライトな物でも十分に狙う事が可能となっています。

遠投モデルの磯竿か、しっかりしたパワーを持つ竿を選択しよう

ぶっこみ釣りでは、そこまでキャストの飛距離を出しませんが、それでもおすすめの竿は磯竿の遠投モデルです。
この磯竿の特徴として、魚の食い込みが良い事、穂先が柔らかい事、魚のバラシが容易である事が挙げられ、ぶっこみ釣りの相性が良い性能となっています。
長さは5.3メートルの物がおすすめです。
磯竿の号数はは4~5号の物が良いです。磯竿はハリスの太さを基準に号数表示している為、通常の竿の号数の表示と違っています。注意して下さい。
又、竿を選ぶ際には耐久性の高い竿が良いです。
マダイは餌に食いついた後、非常に力強い動きをします。そのパワーに負けない竿を選択するようにしましょう。
勿論磯竿だけでなく、通常の投げ竿でも十分に狙う事が可能です。
通常の竿を選択するのであれば、錘負荷は10~30号前後、通常の投げ釣りも視野に入れて長さは4~4.2メートル前後の物を用意しましょう。

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングインプレッサ5-53遠投釣り竿

どんな状況や獲物に対しても対応できるスタンダードな磯竿です。『X45』、『V-ジョイント』等のシステムにより、優れたパワー、操作性、スムーズな曲がりを実現しています。
標準全長は5.30メートル、継数は5本、仕舞寸法は120センチ、標準自重は415gです。

Amazonで詳細を見る

マダイ釣りではリールのドラグ機能は必須!

マダイは非常に引きが強い魚ですので、リールは必ずドラグ機能が付いた物を選択しましょう。
置き竿時のトラブルの防止や、食い込み性能の向上が見込めます。
ぶっこみ釣りであれば、ドラグ機能付きの中型スピニングリールがおすすめです。

カストキング(KastKing)リアドラグスピニングリールSharkyBaitfeederIII3000400050006000海水・淡水両用スペアスプール付

淡水、海水両方に対応したスピニングリールで、サイズも中~大型まで揃っています。中型の3000であれば自重317g程の重さです。最大ドラグ8キロのパワーと10+1シールドステンレスボールベアリング等の充実した装備を兼ね備えています。

Amazonで詳細を見る

ぶっこみ釣りではナイロン製のラインが相性良し!

基本的には磯竿の号数と同程度の物か、それ以上の号数のナイロン製ラインを基準にしましょう。
通常の竿であれば、4~5号程度かそれ以上のものを選択して下さい。
上記の通りマダイは強い引きを持つ魚ですので、それに耐えうるしっかりしたラインが必要になります。
ぶっこみ釣りではそこまでの遠投は行いません。よって遠投性に優れたPEラインよりも、潮馴染みや安定性の面からナイロン製ラインの方がおすすめとなります。

爆釣夢追人アトミックスライダー投イエローグリーン5号1000m

ハリスに使用する上質な部分だけをふんだんに使用した『大物対応ライン』です。ヨレにくさ、耐摩耗性、さばきやすさ等優れたラインの性能を持ち、夜釣りにも最適なイエローグリーン色です。

Amazonで詳細を見る

とってもシンプル!マダイぶっこみ釣りの仕掛けについて

記事143の画像27993

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りではそこまで大掛かりな仕掛けは必要ありません。
基本的なポイントを押さえさえすれば、仕掛けの性能自体にもタックル程こだわる必要はないでしょう。

天秤と錘について

ぶっこみ釣りで使用する天秤も、投げ釣りの定番と同じくL型天秤の誘導型を使用するのがおすすめです。
感度やドラグ機能との相性も固定式と比べ優れているので、基本的には誘導式を使用しましょう。
錘は釣り場の水深や状況によっても変わってきますが、竿の号数に合わせる事をおすすめします。
磯竿であれば、4号は錘10~15号、5号は12~20号が目安です。
水深、根がかりの回避性能、操作性、自信の体力等を考慮し錘を選んで下さい。

富士工業(FUJIKOGYO)遊動ジェット天秤2UJO25号

三枚の翼が大きな特徴で、これにより根がかりの大幅な軽減と優れた浮き上がりを実現しています。もちろんアタリの感度も抜群です。

Amazonで詳細を見る

ハリスと針について

マダイがターゲットであるなら、その引きに耐えられるよう太めのハリスを付ける事が大切です。
おすすめはフロロカーボンの8号以上です。しかし、「スレた魚は太ハリスを嫌う」と言われている通り、太くし過ぎると食いつきが悪くなる可能性があるので注意が必要です。
ハリはトラブル防止の為に1本針を用い、10号以上の大きさの物を複数用意しておきましょう。

ささめ針サーフ真鯛

マダイ釣りと言えばこれ!とおすすめできる定番商品です。

Amazonで詳細を見る

マダイ釣りは潮通り、岩礁、水深の深さの読み

記事143の画像27991

出典:visual hunt

マダイは群れで海底深くの岩礁帯を好んで遊泳しています。
ぶっこみ釣りで狙うのであれば、ハイシーズンで沿岸に近づいている春か秋頃に狙いましょう。
この時期であれば比較的浅い海域でも釣る事が出来る為、ぶっこみ釣りの主戦場である堤防などで釣る事が可能になっているのです。

潮通りの良い場所

ぶっこみ釣りで狙うのであれば、潮通りの良い場所を見極めて行いましょう。
マダイは他の魚と同じように、潮の通りが良いと活性が上がり餌への食いつきが良くなります。
堤防であれば先の方や、カーブしている箇所がおすすめです。
又、海底が駆け上がっていたり、立ち上がりが急な箇所であったりすれば、その場所も狙い目となります。海面の色が変わっている箇所や、波が始まったり波の勢いが変わっている箇所をチェックして下さい。
その場所では、大型のマダイが釣れる事が多いです。

岩場の近くや砂泥地

マダイの餌であるカニやエビは岩礁地帯に多く生息している為、マダイもその箇所に回遊してきます。又、岩礁地帯は元々マダイが好んで生息している海域でもあります。
よって海底が岩礁帯であったり、岩場の多い場所であったりすれば狙い目です。

狙える適切な範囲で一番深い場所

沿岸部に近づいているといっても、マダイは元々は深場の海底に生息している魚です。
あまりにも水深が浅い場所だとアタリが渋いので、なるべく海の水深が深い場所を見極めて狙っていきましょう。
マダイは根魚ではありませんが、海底近くを好んで遊泳します。錘の重さを調整しつつ、海底ギリギリのタナを狙っていきましょう。

マダイ釣りに最適な餌はユムシ!他のお勧めの餌も紹介

マダイのぶっこみ釣りでは値段、食いつきの観点から、大物狙いエサとして有名なユムシを使用するのが一番良いでしょう。
ユムシはマダイ以外の小型の魚は食いつきにくいです。しかし、逆に言えばマダイ単体で狙うのであれば効果的な餌となるのです。なかなか食いつかれない為、餌の持ちも良くコストも抑えられます。
一番釣れる餌として有名なのは『タイムシ』です。
この餌は昔マダイ漁でマダイの取りすぎ防止の為に規制がかかった、という話がある程マダイの大好物となっています。
今でも根強い人気がありますが、非常に高価で安くても1匹1000円程かかってしまうのが難点ですね。
金銭面で考えると、マムシ、イソメなど投げ釣りやぶっこみ釣りでは定番の餌の方が安価で済みます。
他にもマダイは甲殻類も食しますので、イワガニやエビも有効です。
もしチヌも一緒に狙いたいのであれば、ボケやホタルイカでも釣る事ができます。

マダイ釣りは適切な準備とこまめなチェックが大事

マダイは誘い等のテクニックよりも、如何に適切な場所に仕掛けを適切に置いておけるかが勝負の釣りです。
しっかりと釣り状況を把握していきましょう。

水深、潮、そして岩礁域の位置を見極め、海底近くに仕掛けを維持しよう

まずはしっかりとマダイの生息している場所を見極め、そしてしっかりと海底近くに仕掛けを置いておく事が大切です。
マダイは上記の解説にあるように岩礁域を好み、海底近くを遊泳しています。その為マダイに仕掛けを認識してもらう為にも、その生息域近くにきちんと餌がついた仕掛けを常に置いておきましょう。その際には根がかりに注意して下さい。
基本は置き竿での待ちですので、複数の竿を用意し数をかけてつつ見極めるのも有効です。
ただしアタリがなかなか来ない時は、軽く底タタキなどの誘いを入れてみるのも有効な手段となります。

カラハリ等が無いよう常に適切な仕掛けを維持しよう

置き竿で待つマダイのぶっこみ釣りでは、10~15分おき位のペースでハリスや餌の状態を確認する事が大切です。
適切な仕掛けが維持されている状態の時間=マダイを釣るチャンスのある時間という事ですので、例えば餌が取られていたり、ハリスの状態が悪いとそれだけ時間の無駄となってしまいます。
少し面倒ですが、マダイ釣りにおいてはその小まめさは直接釣果に関わってきます。

ぶっこみ釣りで簡単にマダイを狙おう!

例えぶっこみ釣りであっても、しっかりと場所や時期を調べる事で、シンプルな仕掛けで人気のマダイを釣る事が出来ます。
マダイはぶっこみ釣りの中でも大型のターゲットであるので、マダイが釣れるようになれば他の魚とも十分に勝負できる証明になります。
是非ぶっこみ釣りでもマダイを狙ってみて下さいね。

関連記事