FishMasterのロゴ

forum8

ヒラメの泳がせ釣りの針の選び方!生き餌の付け方も詳しく解説!

ヒラメ釣りの代表的な釣り方と言えば泳がせ釣りです。生きたイワシやアジを使う独特な釣り方ですので、仕掛けがよくわからない人も多いでしょう。

そんなヒラメの泳がせ釣りの船釣りと堤防釣りのおすすめの針、生き餌の付け方などを詳しく解説します。

ヒラメは泳がせ釣りで釣る!

記事1442の画像74197

出典:Foter

ヒラメ釣りは、生きたイワシやアジなどの生き餌を使う「泳がせ釣り」をします。泳がせ釣りの仕掛けには親針と孫針の2つの針を使うのが一般的ですが、親針だけの仕掛けが使われることがあります。

船とおかっぱりではオモリのサイズなど仕掛けは若干異なりますが、針は基本的に同じもので大丈夫です。

ヒラメ釣りの針の選び方

記事1442の画像71696

出典:Foter

ヒラメ釣りで使われる針は、
・チヌ針
・丸セイゴ
・伊勢尼
が一般的です。どれも特性が似ているので、どれを使っても釣果はそれほど変わりません。ですので、好みで選んでしまって大丈夫です。ただ、それぞれ号数による大きさが違うので注意しましょう。

おすすめのサイズは、チヌ針が4号〜7号、丸セイゴと伊勢尼が12号から17号です。サイズは生き餌の大きさに合わせて選びましょう。生き餌は現地調達となることがほとんどで選ぶのが難しいのですが、大中小の複数のサイズを用意しておくと安心です。

孫針の選び方

孫針も同じくチヌ針、丸セイゴ、伊勢尼で問題ありません。サイズも同じで大丈夫ですが、針掛かりを良くするために1号から2号くらい小さめが使われることが多いです。

また、孫針にはトレブルフックを使う方法もあります。トレブルフックは3つの針があるので、針掛かりの良さがかなり優れます。しかし、生き餌が弱りやすく根掛かりがしやすいデメリットがありますので、釣り場に合わせて切り替えるなどすると調子が良いでしょう。

生き餌の針の付け方

記事1442の画像74198

出典:Foter

泳がせ釣りでは生きたイワシやアジなどを餌として使います。生き餌は付け方によって弱りやすかったり外れやすかったりしますので正しい付け方を覚えましょう。また、付け方によって使う針を変えると、生き餌の持ちも良くなりより高い釣果が期待できます。

親針の付け方

鼻掛けにはビーズ付きの針

イワシやアジの生き餌の鼻の穴を通すように掛ける方法です。生き餌への負担が少なく弱りにくいメリットがあります。しかし反面、針掛かりが悪いデメリットがありますが、市販のヒラメ用として売られている針にはビーズが付属してしっかり固定できるようになっています。泳がせ釣りの最もオーソドックスな生き餌の付け方です。

上アゴ掛けはどんな針でも使える

イワシの口の中から上アゴへ抜けるように取り付ける方法です。針掛かりが良く外れづらいメリットがありますが、生き餌の負担が大きく弱りやすいので小さなイワシやアジなどにはおすすめしません。

孫針の付け方

腹掛けはシングルかトレブル

生き餌のお腹に孫針を取り付ける方法です。生き餌の内蔵に針がかからないように肛門付近の皮に通すように引っ掛けます。トレブルフックの場合は一本だけを引っ掛けてください。

ヒラメは海底から餌に食いつく性質があるので、腹掛けは針掛かりの良さが特徴です。ただ根掛かりがしやすいデメリットがあるので根の多い場所では注意しましょう。

背掛けはトレブルがおすすめ

生き餌の背中に孫針を掛ける方法です。背ビレ付近の皮にしっかりと刺します。

腹掛けよりは針掛かりが悪いですが、根掛かりがしづらいので根の多い場所などでは重宝する方法です。根掛かりがしづらいので針掛かりの良いトレブルフックがおすすめです。また、ヒラメから孫針が見えない姿となるので、食いつきが良いという意見もあります。

孫針フリーはシングルかトレブル

孫針ありの仕掛けを使いますが、生き餌にはあえて付けず、孫針をフリーにしておく方法です。

孫針なしの親針一本の仕掛けよりは針掛かりが良く、孫針を生き餌に付けるより生き餌への負担が少なく活きの良さをキープできるメリットがあります。弱りやすい小さい個体の生き餌に向いている方法です。ただ根掛かりが一番しやすい方法でもありますので注意しましょう。根掛かりのしやすい場所ならシングルフックがおすすめです。

親針と孫針の付け方

記事1442の画像71707

出典:Freeimages.com

親針と孫針を使った仕掛けの場合、2つの針の長さを調整して針を付ける必要があります。

まず、親針を外掛け結びでハリスに取り付けます。この時、孫針を取り付ける位置との距離感に注意しましょう。親針を取り付けた後ハリスの先端に孫針を取り付けます。

親針と孫針の距離は、付ける生き餌によって調整します。生き餌は現地調達となるので、針の付け方を覚えておくと便利です。

おすすめヒラメ針4選

記事1442の画像71709

出典:Freeimages.com

1.船のヒラメ釣りでおすすめの仕掛け

親針、ハリス、孫針がセットになったヒラメ釣りの完成形仕掛けです。仕掛けを作る必要がないので、初心者の方や作るのが面倒な方におすすめです。

孫針にトレブルフックが使わていますので、針掛かりが良く初心者の方でも釣果が期待できます。。ただ、トレブルフックだと生き餌が弱りやすいので注意しましょう。

ダイワ快適ヒラメ替針SSトリプル950978

メーカー:ダイワ
親針:伊勢尼13号
孫バリ:トレブルフック13号
ハリス:6号
2本セット

Amazonで詳細を見る

2.捨て糸仕様で根掛かりが怖くない

捨て糸がハリスより長いので、エサのイワシを高い位置でも低い位置でも泳がせることが可能です。
フッキング率に優れたトリプル孫鈎仕様。
タナ取りしやすい固定式で、エサ付けしやすい伊勢尼親鈎を使用しています。

OWNER 船ヒラメの基本 トリプル 13-8

針号数:13号
ハリス:8号
幹糸:10号
全長:1.5m

Amazonで詳細を見る

3.ヒラメ釣り定番の丸セイゴ針

丸セイゴはヒラメ釣り定番中の定番の針です。16号のサイズなら大きめの生き餌にピッタリでしょう。親針にも孫針にも使えますが、孫針にはワンサイズ小さい針を使う人もいます。自分で仕掛けを作成すれば生き餌の大きさや釣り場のコンディションに合わせた釣りができるので、たくさん釣りたい人におすすめです。

がまかつ(Gamakatsu)管付丸セイゴ白16号

メーカー:がまかつ
サイズ:16号
色:白
16本入り

Amazonで詳細を見る

4.孫針専用トレブルフック

3つの針があるトレブルフックの針ですが、うち一本は生き餌取り付け専用の針となっています。生き餌用の針は軸が長くて細い仕様になっているので生き餌への負担が少ない優れ物となっています。生き餌を弱らせやすいトレブルフックの短所を補ったおすすめの孫針です。

OWNER(オーナー)トリプルフックヒラメ変型トリプル8号5本13872

メーカー:オーナー
サイズ:8号
5本入り

Amazonで詳細を見る

泳がせ釣りの仕掛けを覚えてヒラメ釣りに挑戦しよう!

記事1442の画像71712

出典:Freeimages.com

ヒラメ釣りは生き餌を使う独特のスタイルが特徴的な釣りです。馴染みのない人にとっては敷居が高いと感じるかもしれません。しかし、ヒラメ釣りは非常に魅力が多い釣りでもありますので、その楽しさに惹かれてヒラメ釣りの虜になっている人もいるほどです。

ヒラメは堤防からも釣れますので、市販されているヒラメ釣りの仕掛けを使えば簡単に挑戦できます。是非、今回紹介した内容を参考にヒラメ釣りに挑戦してみてください!

関連記事