FishMasterのロゴ

mondo

磯釣りにタモは必須!必要性とターゲット別に特徴とおすすめを解説!

磯釣りにおいてタモは絶対必要です。自己記録更新のためにはタモが無ければ取り込めません。タモにもリーズナブルな物から高価なものまであり、枠の大きさ、形状、柄の素材など各種あります。そんなタモについて、詳しく解説し、おすすめを紹介しましょう。

磯釣りにタモはどうして必要なの?

出典:visualhunt

磯釣りでは、想定したターゲト以上の大物が良く釣れます。特に外洋の磯においてはその確率は上がります。頑丈な仕掛けのイシダイ釣りやクエ釣りは磯の上に引きずり上げるという方法で取り込めますが、上物釣りと言われる、フカセ釣りや、カゴ釣り、さらにはルアーでの釣りにおいては、ロッドとラインに限界があり、タモなしでは取り込め無い場合が多々あります。

そんな大物が釣れた時や、浮かした時、唇一枚に針が掛かっている場合などにタモがあれば問題なく取り込めます。

あの時タモがあれば!あの大物は自己記録だった!などの後悔をしないためにもタモは必ず携帯しましょう。

タモの種類は?

出典:visualhunt

タモといっても柄は素材や長さが違うだけで、基本的には同じです。違いがあるのがタモ枠です。順に解説しましょう。

丸型

一般的は丸型の枠を使います。全方向性で掬いやすく一番無難です。対象魚のサイズによって直径45cmから60cm位までを使います。

オーバル型

ルアーフィッシングで良くみられる楕円形の形です。形状からシーバスや青物を掬うのに適しています。サイズはS(約35×45cm)からL(約50×65cm)
まであり、ターゲットに応じて使い分けします。

タモの柄の種類は?

タモの柄は取り込み時に重要な役割をします。基本的には柄は振出式で釣り場では邪魔になるのでタモをセットして縮めたままにしています。いざ一人でタモを使う時に、タモの柄を持ち下に向けるとスルスルと伸びなければなりません。更には軽くないと扱いにくくなります。その為には素材はカーボン素材が入っているものが必要となります。含有率によって、重量も変わり、価格も変わるのです。

枠の素材とタイプは?

タモの枠は軽量化の為、一般的にはアルミ製が多いですが、耐久性を持たせるためにステンレスや高価なチタン製などもあります。いずれにせよ、釣行の後の水洗いと手入れが重要ですね!

タイプは固定式と折り畳み式があります。固定式は運搬に邪魔ですが強度があります。折り畳み式は、コンパクトにすることができますが、釣り場で毎回セットする必要があります。折り畳み式が一般的ですが、水洗いと手入れが重要なポイントとなります。

磯釣り用タモは場面に応じて大きさで選ぼう!

出典:photo-ac

磯釣り用のタモ選びは、ターゲットとサイズによって決まります。それでは順に解説していきましょう。

中小型用タモ

フカセ釣りやカゴ釣りの場合、30cmクラス以上にタモが必要となります。大きくても45cm前後の釣り場では、直径45cm~50cmの円形がお勧めです。45cm直径で45cmの魚が掬えるの?という疑問はあって当然ですが、タモの網は直径45cmでも深さが60cm位あるので玉網を袋状態に置き換えた時の容積は相当なものになります。60cmクラスか釣れても、うまく掬えば45cm直径でも掬えるのです!

またタモの柄は仕舞寸法が1m20cm前後で、長さ5m前後がベストです。多くの磯は下まで降りることが出来るので、長すぎると重く扱いにくくなります。また仕舞寸法が70cm前後の短いタイプが主流となっていますが、このタイプはカーボン含有率の高い軽量タイプを使用すると、持ち重りが無くなり扱いやすくなります。

大型用タモ

カゴ釣りでの大物狙いや離島などでの60cmオーバーのメジナ狙いなどでは、直径55cm~60cmクラスの円形がお勧めです。深さも80cmほどあり、ブリやヒラマサなどの80cm以上クラス、マダイの70cm以上クラスも楽々掬えます。底物のイシダイ釣りにも使えます。

掬う魚が大きいとタモの柄もしっかりしたものが必要で、カーボン含有率の高い反発力のいい柄が必要です。仕舞寸法は1m20cm前後で長さ4m前後のものが適しています。仕舞寸法が70cm前後の小継タイプを使用する場合は、カーボン含有率の高い軽量のものを選びましょう。持ち重りが少なく扱いやすくなります。

ルアー釣りでのタモ

渡船で渡る磯の場合は、仕舞寸法の長い円形のタモで併用できますが、地磯でのルアーフィッシングとなると、軽快に移動しながら釣ることが優先されます。その為には仕舞寸法の短い70cmクラスの継数の多いもので、ショルダーベルト付のタイプがお勧めです。また枠は円形よりも楕円形のオーバル型が邪魔にならず、特にシーバスなどの青物系の取り込みに便利です。サイズは、釣れる魚に応じてMサイズ、Lサイズを使用しましょう。

慣れてくるとパーツ買いがお得

磯釣利に使用するタモは、慣れてくと、タモ枠、網、柄とそれぞれパーツで揃えると便利になります。目的地やターゲットによってパーツを組み合わせれば、1本1本買い揃える必要がありません。ここまでくるとベテランの領域ですね!

絶対外さない!磯釣り鉄板のおすすめタモ

出典:photo-ac

お勧めのタモをターゲット別、価格帯別に紹介していきましょう。ここでの紹介は、タモ枠、網、柄セットでの紹介です。

中小型~大型までの円形お勧めタモ

ここでは円形の磯釣り用タモを紹介したします。直径45cm~60cmまで、長さは4m~6mクラスです。仕舞寸法は120cm前後から70cm前後まで幅広くあります。

リーズナブルな入門用

プロマリン ブルーベイ磯玉セット450

全長(m)3.95
継数:4
仕舞寸法(約)cm:114
自重(約)g:425

Amazonで詳細を見る

直径45cm枠のリーズナブルな価格品です。
長さ4.5mで扱いやすく、入門者の人にはもってこいのタモです。

中小型~大物までの本格派

ウミネコ 玉網4点セット 全長5.4m 直径55cm枠

標準全長:540cm
仕舞寸法:約108cm
標準重量:520g 
枠重量:150g 
継数:5本 
先経:13.4mm 
元経:27.0mm 
使用素材:カーボン繊維45%
直径:55cm枠

Amazonで詳細を見る

カーボン含有率は低めですが、5m40cmで軽量タイプの本格タモです。
直径55cmで大物も取り込み可能です。

50cm枠の高品質

宇崎日新 玉網 プロステージ ナンバー磯玉網セット 5005

全長:5.00m
継数:5本
仕舞寸法:121cm
自重:590g
元径:30.3mm

Amazonで詳細を見る

50cm枠の大物も可能というカーボン含有率の高い軽量5mタモです。
本格的に使うならこれです。

超軽量の4mタモ

ダイワ プログランド磯玉網 45-40

全長:4m
自重:410g
仕舞:122cm
カーボン含有率:40%
直径:45cm枠

Amazonで詳細を見る

カーボン含有率は低いながらダイワの技術力で軽量化を実現させた本格派です。

60cm枠の大物用タモ

ダイワ プログランド磯玉網 60-50

標準全長:4.94m
継数:5本
仕舞寸法:122cm
自重:565g
先径:17.0mm
元径:30.7mm
カーボン含有率:38%
直径:60cm枠

Amazonで詳細を見る

60cm枠、全長5mの大物専用タモです。
カゴ釣りや離島に、イシダイにも最適です。

ジョイント付きのお得なセット

BLUELARCAL ランディング3点セット

・全長 550cm
・仕舞寸法 63cm
・継数 11本

Amazonで詳細を見る

小継タイプでタモジョイント付きなので持ち運びに便利。
ラバーネットで魚にも優しい。
価格は11,000円前後です。

小継タイプの軽量版です

ダイワ ランディングポール2 磯玉網 45-50.

全長:5.06m
継数:9本
仕舞寸法:70.5cm
自重:587g
先径/元径:12.5/32.0mm
カーボン含有率:53%
直径:45cm枠

Amazonで詳細を見る

カーボン含有率53%ながら、小継としては5mで587gの軽量バーションです。
軽くなった分操作性は上がります。

小継タイプの大物用はこれ!

ダイワ ランディングポール2 磯玉網 60-50.

全長:5.06m
継数:9本
仕舞寸法:70.5cm
自重:587g
先径/元径:12.5/32.0mm
カーボン含有率:53%
直径:60cm枠

Amazonで詳細を見る

小継タイプで60cm枠、5mの軽量版です。
これで磯の大物もバッチリです。

ルアー釣り用オーバル型のお勧めタモ

地磯での移動しながらのルアーフィッシングを想定し、ショルダーベルト付き小継タイプのオーバル型の紹介をしましょう。

入門者にはこれだ!

サンライク ランディングネット 3m/5m/6m

ロッド全長:約3.0m
仕舞寸法:約43cm
継数:9本
重量:約550g
ネット深さ:約40cm

Amazonで詳細を見る

磯からのシーバス釣りなどに適した小継タイプのリーズナブル版です。
長さ、枠の大きさなど3種類のバージョンがあります。

ソルトゲームに最適なランディングセット

メジャークラフト ファーストキャスト ランディングセット LS-500FC

全長(m):5m(枠込み)
継数(pcs):9
仕舞寸法(cm):60.5

Amazonで詳細を見る

数多くのハイコスパで人気があるソルトルアーロッドを出しているメジャークラフトのランディングセットです。
フレームは4つ折りでコンパクトに収納でき、持ち運びも便利です。

磯釣りはタモがなければ始まらない!

出典:photo-ac

磯釣りにタモは必須というのがお分かりいただけたでしょうか。予想外の大物が釣れる磯釣りはタモがなくては始まりません。色んなタイプのある中で自分にあった1本を選び使いこなすことで、タモにも愛着がわき、タモさえあれば大丈夫という確信も感じ取れることでしょう。

関連記事