FishMasterのロゴ

mondo

オオモンハタの釣り方を徹底解説!コツを掴めば以外に簡単に釣れる!

人気の出つつあるロックフィッシュの中でもオオモンハタは人気の魚です。引きの強い釣り味の良さと、味の良さで、一気にトップターゲットに上りつめました。そんなオオモンハタの釣り方をオカッパリと船に分けて解説していきましょう。

オオモンハタの特徴を捉えて釣り方をマスターしよう!

出典:visualhunt

スズキ目ハタ科の魚で日本国内の相模湾から九州南岸の太平洋側や沖縄などに生息します。体長は大型で50cm以上になり、平均すると30cm前後が多く釣れます。全体に斑点があるのが特徴で、釣り上げたばかりの時は立縞模様もあります。

食に関しては、高級魚として評価は高く。刺身や煮付け、鍋物に絶品です。

主にオカッパリや船から、岩礁地帯をテンヤタイプのジグヘッドやリグ仕掛けにワームを付けての釣りですが、最近はメタルジグでも釣れることがわかり、釣りの幅は広がっています。食わした瞬間の引きは強烈で、一度釣るとハマってしまうほどです。

このように、釣り味最高、食べて最高という釣り人にとっては憧れの魚です。

オオモンハタの釣り方はルアーと活エサ釣りの2種類!

出典:visualhunt

フィッシュイーターであるオオモンハタは、ルアーや活きエサで釣ります。今ではロックフィッシュというルアーを使った釣りが一般的で、オカッパリや船から、ジグヘッドやリグ仕掛けにワームを付けての釣りや、メタルジグなどを使った釣りが多くなり、活エサをつかった釣りはほとんどする人がいなくなっています。

オオモンハタはどの時期でも釣れる!

釣り時期は一般的には夏場といわれます。しかしオオモンハタがフィッシュイーターであることから、餌になる小魚さえいれば、時期は問いません。
基本的には小魚の多い春から晩秋が最適といえますが、実際釣ったオオモンハタが、キビナゴ、ネンブツダイ、カニとなんでも食べていることから、オールシーズン狙えます。

ワームで狙うオオモンハタの釣り方!

出典:photo-ac

ジグヘッドやリグ仕掛けを使い、ワームを刺した釣り方で、オカッパリ、船とも釣り方の基本は同じです。
ワームを泳がすようにアクションさせないとヒットしないのがオオモンハタで、釣れた釣りではなく、釣った釣りという満足感があります。

ワーム釣りのタックルはロックフィッシュ用のものを使おう!

ロッドはシーバスロッドの8フィート前後が最適で、最近はロックフィッシュ用ロッドが出ています。
リールはスピニングリールの2000番から3000番が扱いやすくお手軽です。
道糸はPEの0.8号~1号がベストで遠投が効きます。
リーダーは重要で根ズレを考慮してナイロンかフロロの4号~5号を使いましょう。
ジグヘッドやリグ仕掛けのオモリは湾内では10g前後、外洋では20g前後を目安にしましょう。

ワームを使う場合の仕掛けはリグ仕掛け!

ワーム仕掛けの場合、今多くの釣り人が使うのがリグ仕掛けのテキサスリグやジカリグです。
テキサスリグはオモリが誘導式で食い込み重視で、ジカリグが海底の荒い場所に実力を発揮します。どちらもフックとオモリを別々に買って作る仕掛けですが簡単に出来ます。
またオーソドックスなジグヘッドも使えます。
ワームは大きいサイズを使います。オオモンハタは口が大きく大きなワームでも丸呑みします。フックも大きくワームも大きくです。

ワームで狙う釣り方はアクションが大事!

オカッパリ、船釣り共にワーム釣りの基本は同じですが、釣り方に若干の違いがあります。それぞれ解説していきましょう。

オカッパリからの釣り方

堤防や磯ともオカッパリからは、遠投の必要があります。着底後リフト&フォールやスイミングなどのアクションを付けます。その日のオオモンハタの活性によって、リフト中に釣れたり、スイミング中に釣れたり、フォール中に釣れたりと、釣れ方に偏りが出ます。

当然のことながら、当日一番釣れるパターンを把握し重点的に狙いましょう。オオモンハタはワームがじっとしていると絶対に釣れません。ここが重要なポイントです。

堤防においては特に基礎部分の捨て石周りが一番ヒットします。根掛かりのリクスもありますが、ワームを泳がすことを考えアクションを付けることが肝心です。

オオモンハタは針掛かりした瞬間、強烈な引きがあります。ここでもたつくと穴に入られます。最初のやり取りは強引さが必要です。
まさに狙い通りに釣れた時の嬉しさは最高のものです。

船からの釣り方

ワームでのオオモンハタ狙いは船からの方が大型が釣れます。外洋の水深10m付近の岩場を船を移動させながら釣ります。

船からはシンカーは25g前後の重めを使い、軽く投げて着底度リフト&フォール中心の釣りになります。またやや遠投してスイミング釣法も効果がありますが、オオモンハタの場合、浅い方の丘側に投げることがコツです。根掛かりのリスクも減り浅場から深場に泳ぐベイトに反応しやすい為です。

一つの場所で釣れなくなったら移動していくのが数釣るコツです。40cm~50cmクラスの大型がメインの為、豪快な釣りが満喫できます。

メタルジグで狙うオオモンハタの釣り方!

出典:photo-ac

今やオオモンハタはメタルジグで狙うターゲットになりました。オカッパリ、船とも狙え、ワーム狙いと二分する釣りになっています。
海底から中層までをアクションを付け誘いながら巻き上げヒットさせるという、青物狙いとは違ったテクニックが魅力的な釣りです。

メタルジグで狙うタックル!

ロッドはシーバスロッドの8フィート前後が最適で、最近はロックフィッシュ用ロッドが出ています。
リールはスピニングリールの2000番から3000番が扱いやすくお手軽です。
道糸はPEの0.8号~1号がベストで遠投が効きます。
リーダーは重要で根ズレを考慮してナイロンかフロロの4号~5号を使いましょう。
メタルジグは20g~50gが中心で、スピンテールジグも多く使われています。

メタルジグで狙う仕掛け!

メタルジグはリーダーにそのままつけるので、一番簡単な仕掛けですね。
メタルジグは湾内では軽め、外洋では重めを使いますが、海底の荒い場所では軽めの方が根掛かりのリスクが減ります。

メタルジグで狙う釣り方!

青物狙いなどではメタルジグは、ダートといって高速で巻き上げますが、オオモンハタは、速度を替えながら変化を付け巻き上げます。オカッパリ、船釣りそれぞれ少し違う釣り方になります。順に解説しましょう。

オカッパリの釣り方

オカッパリではメタルジグはやや軽めを使いましょう。特に磯場では根掛かりのリスクを減らすためです。

磯、堤防とも遠投し、着底後、遅めのダートで誘うわけですが、これにワーム同様スイミングのようにゆっくりした巻きの速度が加わります。時にはリフト&フォールも使います。

オオモンハタが当日どのアクションでヒットするのかを見極める為、色々なアクションを行い、一番釣れるアクションを重点的にするのが釣果を上げるコツです。

またオカッパリの場合は小まめに投入場所を替え、幅広く探ることが重要となります。

船からの釣り方

船からメタルジグで狙う場合は、青物とは違い、オオモンハタ特有となります。通常は着底後、高速で巻き上げるのに対し、オオモンハタは、巻き上げながら落とすという巻き上げリフト&フォールを多用します。これはオオモンハタが中層までは追ってきても、海面近くまでは来ないからです。

この性質を知ったうえでアクションを付けると、釣果に差が出ます。また丘側の浅場に投げ込んで、アクションを付けながらのダートも有効です。

ワーム釣り同様、釣れなくなったら場所移動が重要です。

活き餌で狙うオオモンハタの釣り方!

出典:visualhunt

オオモンハタはエサ釣りでも釣れます。船釣りに限定されますが、胴突き仕掛けでアジなどの活き餌で釣ります。オオモンハタは動くものを食べるフィッシュイーターであることから、この釣りになります。活き餌に飛びつくオオモンハタは大物が多いのでそれなりの準備が必要です。

活き餌で狙うタックル!

2m前後のオモリ負荷30号~60号クラスの強いロッドが必要です。リールは両軸リールまたは電動リールです。ラインはPEの3号~5号で、胴突き部分はナイロンおよびフロロの10号前後を使いましょう。ハリスは10号前後のフロロで1m前後と長く取り、ハリは口が大きい為大型の針を使用しましょう。オモリは潮の速さによって30号~60号までを使い分けましょう。

活き餌で狙う仕掛け!

PEラインにナイロンまたはフロロの10号前後に幹糸を付け、サルカンにハリスを付けます。ハリは泳がせ専用の20号クラスが適しています。サルカンの下にナイロンの5~6号の捨て糸を付け、オモリを付けます。根掛かりした場合オモリだけ捨てるわけです。

活き餌で狙う釣り方!

オオモンハタの餌釣りは、普通の餌ではほとんど釣れず、活き餌を使います。そして釣り方は船からの釣りになります。

オオモンハタは水深10m位の岩礁地帯から生息し50m位の水深までが狙い目です。ただ活き餌での泳がせ釣りの場合、深場より浅場が有利になります。

活き餌はアジやイワシを活かしておいて使用します。ハリを上アゴや背びれ付近に刺します。どちらかといえば背びれ付近が活き餌の泳ぎがいいので、食いが良くなります。

仕掛けを落とし、底を1m~2mほど切ります。これは海底にいるオオモンハタに活き餌を見やすくするためと、確実に餌を泳がすためです。オオモンハタは見つけ次第、食いあがって丸のみするのでアタリは一気に来ます。アタリと同時に強引に巻き上げ底を切ります。先手を取られると根に潜られます。底さえ切れは後は強い引きを味わって楽しみましょう。

オオモンハタ釣りは誘いの釣り!

出典:photo-ac

オオモンハタの釣り方はいかがでしたか。近年流行の兆しが見えるオオモンハタ釣りですが、いままで釣れなかった魚が、狙えば釣れることがお分かりいただけたと思います。オオモンハタはオカッパリ、船を問わず、ワームでもメタリジグでも活エサのようにアクションを付け誘わないと釣れない魚です。この事さえ理解すればオオモンハタは意外に簡単に釣れます。さあ、明日からオオモンハタを狙ってみませんか!

関連記事