FishMasterのロゴ

agasacat

イイダコはテンヤ釣りが面白い!テンヤ仕掛けの仕組みと釣り方解説

イイダコをテンヤ釣りで釣るエサとして昔から使われてきたのがラッキョウ!時には電球も使われてました。
あの白くて上はすぼまった丸い形が、海中ではタコの大好物二枚貝に見えるとか。なんとなくユーモラスなこの釣り方について解説します。

テンヤ釣りはイイダコの習性を利用した仕掛け

記事1527の画像108101

出典:Amazon

イイダコは北海道南部から九州までの日本の周りの海域に生息しています。
場所さえ選べば1年中釣ることができますが、ベストなシーズンはイイダコが育った9月から12 月です。

イイダコは貝に似た白いものに飛びつく習性があります。
この習性を利用して昔からラッキョウ、ネギの白い部分、電球などがイイダコ釣りに使われてきました。

テンヤ仕掛けもその習性を利用した仕掛けで、オモリにラッキョウ・豚の脂身などを付けて釣りを行います。

イイダコテンヤ釣りのタックルは操作性重視で軽量に

記事1527の画像108119

出典:Visual Hunt

イイダコテンヤ釣りのタックルは特に難しい決まりはありません。
誘いをかける時に竿を小刻みに上下しますので、操作性のいい短めのロッドと、小型軽量リールを使用します。

以下にタックルの仕様を記述します。

イイダコのテンヤ釣り用ロッドは先調子で短め

イイダコ用のロッドは長さはあまり必要ありません。
むしろ小刻みに誘うためには2m以下の短いロッドが扱いやすいです。

イイダコは魚のようにつつくのではなく仕掛けに抱きつくように乗ってきます。
のっそりと重みが加わったのを感じたらそれがアタリです。
魚のような引きもありませんので、その重みを敏感にに感じ取れる先調子のロッドがおすすめです。

繊細な穂先がイイダコ釣りもマッチ!ダイワ ワンフグX 180

細くても高い強度を確保し、自重以上に持ち重り感を軽減しているロッドです。
軽快な操作性と穂先の感度の良さはイイダコにもぴったりです。

ダイワ ワンフグX 180・R

全長(m):1.8
継数(本):3
仕舞寸法(cm):94
標準自重(g):95
錘負荷(号):5~15

Amazonで詳細を見る

イイダコのロッドについて詳細は以下の記事をご覧ください。

両軸でもスピニングでも小型軽量がおすすめ

リールは小型軽量であれば、両軸リールでもスピニングリールでも構いません。
底を取るのには両軸が使いやすいです。
また、船から落とすだけでなくちょっと投げて広く探りたいならスピニングが使いやすいでしょう。

使い慣れたものを選んでいただければいいと思います。

タコ釣り専用リール!TAKAMIYA H.B concept OCTOPUS-DX STRONG

カーボンドラグワッシャーを採用したドラグ付オクトパス専用両軸リールです。
タコの強い引きにも負けない大型パワーハンドルを搭載しています。

TAKAMIYA(タカミヤ)リールH.BconceptOCTOPUS-DXSTRONG右ハンドル

ギヤ比:5.3:1
自重:294g
ベアリング数(本体):3
ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:最大 5.5kg
糸巻量1:PE 6号-110m、8号-80m
糸巻量2:ナイロン 8号-95m、10号-80m
巻上長:約60cm/ハンドル1回転
対象魚種:イイダコ・マダコ

Amazonで詳細を見る

ラインは感度に優れたPE0.8-1号

ラインはタコの乗っかる重みを感じやすいように、細めにします。
PEラインの0.8から1号くらいがおすすめです。
リーダーはフロロカーボンの2号を1mから2mくらい使用します。

船長も漁師も愛用!放浪カモメオリジナルPEライン 0.8号 150m

プロも愛用する放浪カモメシリーズです。
カラー、糸の強度、長さをコスト気にせず選ぶことができます。

放浪カモメオリジナルPEライン0.4号-10号150m-1000m国産原料8本編み/4本編みPEクリアホワイトハイビズイエロー5色マルチカラーエクストラパワー8編/4編

はじめての方も安定の放浪カモメPEライン『エクストラパワー』でコストを気にせず、好きな時に巻き替え、いつでも万全のコンディションで釣りを楽しみませんか?

Amazonで詳細を見る

これから始めるなら、こんなお手軽セットもおすすめです。

イイダコにイイセット GokuEvolution Iidako160&PEライン付きリールFriday150

これさえあればすぐに始められる、お手軽イイダコセットです。
ロッドは9:1のゴク先調子の「ゴクエボリューション・イイダコ」でイイダコの乗せ・掛けを楽しむことができます。

船イイダコにイイセットGokuEvolutionIidako160H&PEライン付きリールFriday150(iidakoset-01)120サイズ

ロッド
全長:1.6m
継数:2本
仕舞:82.7cm
自重:112g
錘負荷:5-10号(18.75g-37.5g)

リール
PEライン1号 150m付 ベイトリール Friday 150(ori-082967)

Amazonで詳細を見る

イイダコテンヤ釣りの方法!小刻みに誘うのが特徴

記事1527の画像108125

出典:Amazon

イイダコの釣り方の基本について説明します。

  1. テンヤを真下か、やや前方に落として海底まで沈めます。
  2. イイダコ釣りは浅場なのですぐ着底します 。
  3. 着底を確認したら、すぐに竿先を小刻みに動かしてテンヤを底で踊らせます。
  4. この時、あまりテンヤを大きく底から跳ね上げないようにしましょう。
  5. 誘いに乗ってイイダコがテンヤに抱き着くと、のっそりとした重みを感じるので、素早くリールを巻き取ります。

4の手順でオーバーな動きはかえってイイダコを警戒させてしまいます。
ちょうどテンヤの長さ分くらい小刻みに上下させるのがコツです。
理想の動きは、オモリだけ動いて、後ろのハリは底に着いたままです。

イイダコテンヤ釣りの仕掛けはラッキョウが決め手

記事1527の画像108133

出典:Foter

イイダコのテンヤ釣りで特徴的なのが、疑似餌に使うラッキョウです。

タコが白いものにしがみつく習性を利用して昔から、使用されています。
タコはラッキョウの匂いは平気なのでしょうか?不思議です。

では、以下に仕掛けの詳細について解説します。

テンヤ仕掛けはイイダコ用に小型のものを

タコテンヤ仕掛けは、マダコ用の仕掛けもあります。購入する時はイイダコ用を選びましょう。

また、最初からラッキョウの形をしたワームや瀬戸物が付いていて、ラッキョウその他エサをつけずにそのまま使用できるものもあります。

テンヤ仕掛けは出来合いでOK

テンヤ針にオモリとラッキョウ型の疑似餌がすでに取り付けられた形で、イイダコ用の仕掛けが売られています。
こちらを使用すれば簡単にテンヤ釣りが始められます。

また、利用する船でラッキョウをくくりつけるところまで終わらせた仕掛けを販売してくれます。
船ではオモリの重さが指定されることが多いので持参する場合はあらかじめ確認しておきましょう。

ラッキョウ型のオモリ付きでそのまま使える!ナカジマらっきょテンヤ8号

エサいらずでタコを直撃できます。ラッキョウカラーホワイトの他にピンクもあります。

ナカジマらっきょテンヤ8号ホワイト

タコのご馳走らっきょ型。
全長:76mm

Amazonで詳細を見る

リーダー フロロカーボン

リーダーは1mから2mの範囲内でフロロカーボン1.5号から2号を使用します。

直線/結節強力! シマノ セフィア フロロリーダー

表面をシリコンコーティングしているので水はじき抜群です。
張りがあり、テンヤを動作させやすくなります。

シマノ セフィア フロロリーダー 1.5号

号数: 1.5
最大強力: 7lb/ 3.2kg
長さ(m): 30

Amazonで詳細を見る

イイダコ釣りにあると便利!

タックル・仕掛け以外にイイダコ釣りにあると便利な道具をご紹介します。

逃げられないように口の閉まるネットは必須

たかがネットと侮ることなかれ!これがないと大変です。
釣れたイイダコをバケツクーラーボックスに直接入れておくと逃げられてしまいます。

目の細かいみかんネットや百均で売っている洗濯ネットの大きめのものを持参して、釣れたタコはその中に入れておきましょう。
船によっては釣りの間ネットを貸し出してくれるところもあります。

2-3cmの大きな目のネットではタコが出てきてしまうので、意味がなくなります。

タカ産業タコパラビク

サイズ:95×21×24cm

Amazonで詳細を見る

イイダコテンヤ釣りは餌付けの手間いらず

記事1527の画像110039

出典:Pexels

最初からラッキョウ型の付いたテンヤ仕掛けはもちろんですが、テンヤ針にラッキョウを取り付けて使う場合も、一度つけたらよほど傷つかない限り1日中同じラッキョウで釣り続けることができます。

エサ付の手間がない便利な釣り方です。
最初にラッキョウを使うことを考えた人はすごいですね!こんなに後世まで続くとは夢にも思わなかったことでしょう。

イイダコは、釣った後のお楽しみもたくさんあります。
内臓を取ったら、塩か片栗粉でもんでぬめり取りをしてサッと茹でるまでの下ごしらえさえしておけば、あとは好きな料理に使えます。

使う道具も格安で充分、家族サービスにも最適です。
ぜひ、イイダコ釣り挑戦してみてください。

関連記事